Osmosis(OSMO)とは?特徴や今後の見通し/将来性を徹底解説

現在の仮想通貨市場では、DMM BitcoinやCoincheckをはじめとした中央集権的な取引所で仮想通貨の売買を行うことが一般的と言えるだろう。

しかし、今後は中央集権的な管理者がいない分散型取引所(DEX)の利用が一般化するとの予想もあり、今後の動向が注目されている。

この記事では、Osmosis(OSMO)と呼ばれるCosmos(コスモス)上の分散型取引所の特徴や今後の動向をわかりやすく解説していく。

また、Osmosis(OSMO)を購入するタイミング・買い時や、投資をする上での注意点などもご紹介していくので、ぜひ最後まで参考にしてみてほしい。

この記事からわかること
  • Osmosis(OSMO)とは、中央集権的な管理者がいない分散型取引所(DEX)および独自トークンのこと
  • Osmosis(OSMO)は、Cosmos(コスモス)ブロックチェーン上で開発が行われている
  • Osmosis(OSMO)では、Superfluid staking(超流動的ステーキング)と呼ばれる独自のステーキングサービスを提供している
  • これからOsmosis(OSMO)の取引をするためには、Coincheckなどの国内取引所から海外取引所にビットコインなどを送金する必要がある

2022年9月現在、Osmosis(OSMO)は国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所を利用する必要がある。

これからOsmosis(OSMO)の投資を考えている方は、国内取引所の中でも人気が高いCoincheckを確認してみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

目次

Osmosis(OSMO)とは

Osmosis_top
引用:Osmosis公式サイト
通貨名Osmosis
シンボルOSMO
価格(2022年8月現在)169.93円
時価総額(2022年8月現在)47,997,809,453円
時価総額ランキング(2022年8月現在)218位
主な取引所Osmosis、MEXCなど
公式サイトOsmosis公式サイト

Osmosis(OSMO)とは、2021年6月に正式リリースされたばかりの分散型取引所(DEX)だ。

分散型取引所(DEX)とは、中央集権的な管理者がいない取引所となっており、特定の条件を満たした際に自動的に取引が行われるスマートコントラクトを用いて運営が行われている。

また、スマートコントラクトは誰でも確認できるブロックチェーン上に記述されているため、非常に透明性が高いと言えだろう。

そんなOsmosis(OSMO)では、独自トークンのOSMOを発行しており、プラットフォーム上の様々な場面にて使用されている仮想通貨となっている。

これからOsmosis(OSMO)への投資に興味がある方は、原資となる仮想通貨を購入できるCoincehckの公式サイトもチェックしてみてほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Osmosis(OSMO)の基本的な特徴

ここでは、Osmosis(OSMO)の理解を深めるために、特徴についてより詳しく解説していく。

Osmosis(OSMO)の基本的な特徴
  • Cosmos(コスモス)ブロックチェーン上の分散型取引所(DEX)
  • Superfluid staking(超流動的ステーキング)を提供している
  • AMM(自動マーケットメーカー)での取引形式を採用している

Cosmos(コスモス)ブロックチェーン上の分散型取引所(DEX)

Osmosis(OSMO)の特徴としては、Cosmos(コスモス)ブロックチェーン上で開発されている分散型取引所(DEX)であることが挙げられる。

Cosmos(コスモス)とは、異なるブロックチェーンを繋ぐことを目的に開発されたプロジェクトであり、リリース直後から大きな注目を集めているブロックチェーンだ。

Osmosis(OSMO)は、そんなCosmos(コスモス)を基盤にして作られた分散型取引所であることから、クロスチェーンに対応しているという大きな特徴・メリットを持っている。

Superfluid staking(超流動的ステーキング)を提供している

Osmosis(OSMO)の特徴として、Superfluid staking(超流動的ステーキング)のサービスを提供していることも挙げられるだろう。

Superfluid staking(超流動的ステーキング)とは、複数のステーキングを同時に利用できる独自のサービスとなっている。

例えば、取引に利用する流動性プールにトークンを預け入れるのに加え、ブロックチェーンのセキュリティの目的としてもOSMOをステークすることが可能だ。

このSuperfluid staking(超流動的ステーキング)を利用することで、ユーザーは両方からステーキング報酬を獲得できるという大きなメリットがある。

AMM(自動マーケットメーカー)での取引形式を採用している

Osmosis(OSMO)は、AMM(自動マーケットメーカー)での取引形式を採用している分散型取引所だ。

AMM(自動マーケットメーカー)とは、2種類以上の仮想通貨が溜められた流動性プールを使用して売買を行う取引形式であり、スマートコントラクトを活用して自動的に取引が行われる。

多くの取引所で採用しているオーダブック形式の取引ではないものの、初心者でも簡単に利用できる特徴を持っている。

これからOsmosis(OSMO)の取引に興味がある方は、国内取引所の中でも使いやすいCoincheckもチェックしてみてほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

【2022年最新】Osmosis(OSMO)の現在の価格推移

OsmosisOSMOの現在の価格推移
引用:TradingView

ここでは、2022年7月〜9月までのOsmosis(OSMO)の価格推移を確認していこう。

上記は7月〜9月のOsmosis(OSMO)の価格推移を表したチャートであるが、狭い値幅で動くレンジ相場が続いていると言えるだろう。

ここ最近は、FRBによる大幅な利上げによって暴落していた仮想通貨市場だが、一旦の利上げの一服感によって大きな価格変動がない相場が続いている。

しかし、FRBによるさらなる金融引き締め政策が継続するのであれば、Osmosis(OSMO)の価格にも大きな影響を与える可能性が高いと言えるだろう。

今後、Osmosis(OSMO)の購入・投資を検討している方は、まずは原資となる仮想通貨を購入できるCoincheckにもアクセスしてみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Osmosis(OSMO)の過去の価格推移

ここでは、Osmosis(OSMO)の過去の価格推移をチェックしていこう。

Osmosis(OSMO)の過去の価格推移
  • 2022年1月〜3月までの価格推移
  • 2022年4月〜6月までの価格推移

2022年1月〜3月までの価格推移

OsmosisOSMOの過去の価格推移1
引用:TradingView

上記チャートは、2022年1月〜3月のOsmosis(OSMO)価格推移を示しているチャートだ。

チャートの通り、2022年1月には大きな価格上昇を見せており、18ドルを超える価格を記録している。

しかし、その後はこれまでの上昇幅を打ち消す売りが入っており、7〜12ドルを推移するレンジ相場に切り替わっている。

2022年4月〜6月までの価格推移

OsmosisOSMOの過去の価格推移2
引用:TradingView

2022年4月〜6月までのOsmosis(OSMO)は、一貫した下落相場が続いた期間となっている。

特に4月から5月頭までは大きな下落が続いており、2ドルを下回る価格まで下落を進行させてしまった。

現状、圧倒的に売りが強いチャート形状となっているため、しばらくの間は低迷相場が継続することが予想できるだろう。

これからOsmosis(OSMO)の購入に少しでも興味がある方は、アプリが使いやすいと評判のCoincheckも確認してみてほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Osmosis(OSMO)の今後の予想/将来性

これから本格的にOsmosis(OSMO)の取引を考えている方は、ここで解説する今後の将来性予想はしっかり確認することをおすすめする。

Osmosis(OSMO)の今後の予想/将来性
  • 分散型取引所(DEX)の需要が高まることでユーザーが増加する
  • ユーザーが増加することで独自トークンのOSMOの価格上昇が期待できる
  • 有名な仮想通貨取引所に上場する

分散型取引所(DEX)の需要が高まることでユーザーが増加する

今後、分散型取引所(DEX)の需要が大きく高まることにより、Osmosis(OSMO)を利用するユーザーが増加することが考えられるだろう。

冒頭でも少しご紹介したように、今後の仮想通貨市場では中央集権取引所から分散型取引所へとトレンドが転換するとの予想があり、大きく注目されているトピックとなっている。

実際にそういったトレンドが発生すれば、Osmosis(OSMO)をはじめとした分散型取引所の利用者数が急増することは十分に考えられる。

ユーザーが増加することで独自トークンのOSMOの価格上昇が期待できる

Osmosis(OSMO)を利用するユーザーが増加することで、独自で発行しているOSMOの価格上昇も期待できるだろう。

Osmosis(OSMO)の注目が集まれば、それだけ独自トークンのOSMOへの関心も増加することが考えられる。

注目が集まることでトークンを買い支えるユーザーが一定数現れると予想できるため、価格にもよい影響を与えるのではないだろうか。

有名な仮想通貨取引所に上場する

Osmosis(OSMO)の最後の予想としては、有名な仮想通貨取引所への上場が考えられる。

もちろん上場するかどうかはOsmosis(OSMO)の需要や人気の増加が必要となるが、可能性としては十分に考えられるだろう。

仮にBinance(バイナンス)などの大手取引所への上場が決定すれば、大きく価格変動する可能性も予想できる。

これからOsmosis(OSMO)の購入・取引を検討している方は、まずは原資となる仮想通貨を購入できるCoincheckを確認することを推奨する。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Osmosis(OSMO)を購入するタイミング・買い時

ここでは、Osmosis(OSMO)を購入するおすすめタイミング・買い時を確認していこう。

Osmosis(OSMO)を購入するタイミング・買い時
  • ポジティブなニュースが発表されたタイミング
  • 仮想通貨市場全体が上昇相場に突入したタイミング

ポジティブなニュースが発表されたタイミング

Osmosis(OSMO)の買い時としては、ポジティブなニュースが発表されたタイミングが挙げられる。

これはOsmosis(OSMO)だけに限られたことではないが、仮想通貨はポジティブなニュースが発表されたタイミングで大きく価格を上昇させることはめずらしくない。

もし、Osmosis(OSMO)にとってよいファンダメンタルズが公表された際に取引することで、大きな利益を獲得できる可能性があるだろう。

仮想通貨市場全体が上昇相場に突入したタイミング

Osmosis(OSMO)を購入するおすすめの時期として、仮想通貨市場全体が上昇相場に突入したタイミングもよいだろう。

特に仮想通貨はビットコインの値動きに影響されることが多く、市場では2024年に来るとされているビットコインの半減期に大きく注目している。

もちろん必ずしもOsmosis(OSMO)ビットコインと相関性を見せるとは限らないが、ビットコインの半減期はOsmosis(OSMO)を購入するタイミングとして検討してもよいと言える。

これからOsmosis(OSMO)への投資を考えている方は、国内取引所の中でも評判がよいCoincheckも詳しく確認してみてほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Osmosis(OSMO)投資のリスク/注意点

これからOsmosis(OSMO)への投資を考えている方は、ここでご紹介するリスク・注意点についても事前に確認しておくようにしよう。

Osmosis(OSMO)投資のリスク/注意点
  • まだサービスがローンチされてからの期間が短い
  • うまく新規ユーザーを獲得できない可能性がある
  • 大手の仮想通貨取引所に上場していない

まだサービスがローンチされてからの期間が短い

Osmosis(OSMO)の投資のリスク・注意点としては、まだサービスがローンチされてからの期間が短いことがあるだろう。

ローンチされてからある程度の期間が経過しているサービスであれば一定のユーザーやファンが定着していると考えられるが、Osmosis(OSMO)はまだ業界において確立した地位を築いているとは言い難い。

今後、何か大きな問題が発生した際には、短期間でユーザー離れを起こしてしまう危険性は考慮しておく必要があると言える。

うまく新規ユーザーを獲得できない可能性がある

Osmosis(OSMO)の注意点として、うまく新規ユーザーを獲得できない可能性があることも挙げられる。

上記でもご紹介したように、Osmosis(OSMO)はまだサービスを開始してから日が短く、多くのユーザーを確保しているわけではない。

非常に期待値が高いプロジェクトであることは間違いないが、新規ユーザーを獲得できなければトークンの価格にも大きく影響してくることは十分に考えられるだろう。

大手の仮想通貨取引所に上場していない

Osmosis(OSMO)の最後のリスクとして、大手の仮想通貨取引所に上場していないことも考えられる。

大手の仮想通貨取引所に上場していないということは多くのユーザーの目に触れにくく、取引ボリュームも増加していかない傾向があるだろう。

取引の流動性が悪いとタイミングによってはうまく取引が成立しない可能性もあるので、その点はあらかじめ知っておいた方がよいと言える。

Osmosis(OSMO)投資におすすめの取引所

最後に、Osmosis(OSMO)への投資におすすめできる国内の仮想通貨取引所を解説していく。

Osmosis(OSMO)投資におすすめの取引所
  • DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Coincheck (コインチェック)

Coincheck (コインチェック)

Coincheck-top
引用:Coincheck (コインチェック)公式サイト
名称Coincheck (コインチェック)
取扱銘柄18銘柄
最低取引額500円以上
サービス取引所
販売所
Coincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
Coincheck NFT
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheck (コインチェック)は、国内取引所の中でも最大規模となる18銘柄の仮想通貨を売買できる仮想通貨取引所となっている。

また、「Coincheck NFT」「Coincheckつみたて」「Coincheck ガス」といった複数の機能・サービスを提供しており、ユーザーにとって様々な選択肢を与えていることは大きな強みと言えるだろう。

これからOsmosis(OSMO)をはじめとした仮想通貨投資を始めていきたいという方は、海外取引所への送金用アカウントとしてCoincheckの公式サイトも確認してみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin
引用:DMM Bitcoin (DMMビットコイン)公式サイト
名称DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
取扱銘柄現物:13銘柄
レバレッジ取引:20銘柄
最低取引額0.0001BTC
サービス取引所
販売所
レバレッジ取引
BitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)は、複数のインターネット事業を展開しているDMMグループによる人気が高い仮想通貨取引所だ。

特徴としては、取引画面が非常に使いやすいことであり、これから本格的に仮想通貨取引を始めていきたい方にも利用しやすいと言えるだろう。

また、DMM Bitcoinは数ある国内取引所の中でも最大級となる20銘柄のレバレッジ取引ができるので、少ない資金で大きな利益を得られる可能性がある。

今後、Osmosis(OSMO)の購入を考えている方は、まずはこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトを詳しく確認してみてほしい。

\ 口座開設完了で即時2,000円プレゼント! /

bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyer
引用:bitFlyer (ビットフライヤー)公式サイト
名称bitFlyer (ビットフライヤー)
取扱銘柄15銘柄
最低購入金額(BTC)0.00000001BTC
サービス取引所
販売所
bitFlyer Lightning
ステーキングリワードサービス
レバレッジ取引
詳細bitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyer (ビットフライヤー)は、複数ある国内取引所でも非常に人気が高い取引所であり、業界でも最大級となる15銘柄の仮想通貨を売買することができる。

また、6年連続ビットコイン取引量No.1の記録を樹立しているなど、ユーザーからの評判も高いことは大きな特徴として挙げられるだろう。

これからOsmosis(OSMO)への投資を検討している方は、このタイミングでbitFlyerの公式サイトにもアクセスしてみてはいかがだろうか。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

Osmosis(OSMO)の今後の予想のまとめ

今回の記事では、Cosmon(コスモス)ブロックチェーン上で開発されている分散型取引所であるOsmosis(OSMO)についてご紹介してきた。

最後に、記事の内容をもう一度振り返っていこう。

この記事のまとめ
  • Osmosis(OSMO)とは、中央集権的なリーダーが不在の分散型取引所(DEX)および独自トークンのこと
  • Osmosis(OSMO)は、Cosmos(コスモス)というブロックチェーンにて開発が行われている
  • Osmosis(OSMO)では、Superfluid staking(超流動的ステーキング)という特徴的なステーキングサービスを利用できる
  • これからOsmosis(OSMO)の取引をするためには、まずは国内取引所の中でも人気が高いCoincheckのアカウントを作成するのが推奨される

ご紹介したように、Osmosis(OSMO)は現在注目を集めている分散型取引所であり、今後の動向には期待することができるだろう。

2022年9月現在、残念ながらOsmosis(OSMO)は国内取引所ではラインナップされていないため、取引するためには海外の取引所を利用する必要がある。

これからOsmosis(OSMO)への投資を考えている方は、原資となる仮想通貨を購入できるCoinchcheckにもアクセスしてみてほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる