OpenSea(オープンシー)の使い方/始め方やNFTの出品方法・ガス代を徹底解説

OpenSea

OpenSeaは、NFTを購入したり、販売することが可能なNFTマーケットプレイスだ。

世界トップクラスの規模を持っており、多数のチェーン・ジャンルに対応している。

NFTをはじめるなら、まずチェックしておきたいNFTマーケットプレイスであると言えるだろう。

この記事では、OpenSeaの使い方/始め方から出品方法、ガス代などについて、解説している。

この記事からわかること
  • OpenSeaはNFTマーケットプレイス
  • 世界トップクラスの規模を持つ
  • NFTの作成も可能
  • 利用には仮想通貨とウォレットが必要
  • NFTの売買や転送などに伴ってガス代必要

OpenSeaは、NFTマーケットプレイスだが、決済通貨やNFTの転送などに伴って仮想通貨が必要になる。

まだ、仮想通貨を持っていないなら、仮想通貨を購入できる国内仮想通貨取引所での口座開設からスタートしよう。

まだ国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXであれば、普段から利用しているLINEから口座開設〜取引までを完結させることができる。

OpenSeaの利用にあたって1つのハードルとなる仮想通貨の購入を気軽に済ませることが可能なので、口座開設しておこう。

\ 最短5分で申込完了! /

目次

OpenSeaとは

これから、代表的なNFTマーケットプレイスの1つであるOpenSeaの概要について解説していく。

OpenSeaの基本的な部分をチェックしていこう。

世界トップクラスのNFTマーケットプレイス

まず、OpenSeaの大きな特徴として挙げられるのが「世界トップクラスのNFTマーケットプレイスである」という点だ。

NFTマーケットプレイスとは、NFTを取引可能なサービスを提供している場所のようなイメージで、NFTバージョンのオークションサイトやフリマアプリのような存在だ。

NFT全体の市場規模が大きくなりにつれて、現在多数のNFTマーケットプレイスが登場している。

その中でも、知名度・取引量などからOpenSeaは代表的な存在だ。

仮想通貨に関するさまざまなデータを収集している「DappRadar」によると、OpenSeaの取引量は世界第一位だ。(参照元:DappRadar)

2022年9月7日時点で、1日1,200万ドルの取引がOpenSeaにて行われている。

多ジャンル・多チェーンのNFTを扱う

NFTマーケットプレイスは、他のマーケットプレイスと差別化するために、何らかのコンセプトや特徴を持っていることが少なくない。(ゲームやアートなどジャンルを絞るなど)

一方で、OpenSeaは「多ジャンル・ファイル形態のNFT」を幅広く取り扱っている。

OpenSeaのExploreしてみると、以下のような項目が確認でき、多数のジャンルが備わっていることが分かるだろう。

(Exploreは、OpenSeaにてNFTを探す機能)

OpenSea内のジャンル(一例)
  • アート
  • ドメインネーム
  • 音楽
  • 写真
  • スポーツ
  • トレーディングカード

また、OpenSeaでは、イーサリアムはもちろん、PolygonKlaytnSolanaといったチェーンにも対応している。

扱っているジャンルやチェーンなどの観点から「さまざまなNFT」を取引できるNFTマーケットプレイスであると言えるだろう。

作成〜販売まで可能

OpenSeaは、NFTマーケットプレイスでありながら「NFTの作成」も可能だ。

NFTを作成するとなると、難しく感じられるかもしれないが、それほど難しくはない。

OpenSeaに各ファイル(画像ファイルなど)をアップロードするだけで、NFT化することができる。

もちろん、OpenSeaにて作成したNFTは、そのままOpenSeaにて販売することも可能だ。

上記のように、OpenSeaではNFTの作成〜販売までを担っている。

OpenSeaを利用してみたいという方は、まずは仮想通貨を保有しておこう。

NFTの購入やNFTの転送などに伴って、仮想通貨が必要になることが多いためだ。

まだ、仮想通貨を購入する取引所での口座開設が済んでいないなら、、国内仮想通貨取引所のLINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXであれば、日頃から使い慣れたアプリのLINEから、気軽に口座開設〜取引が可能になっている。

\ 最短5分で申込完了! /

OpenSeaの始め方

これから、OpenSeaのはじめ方について解説していく。

OpenSeaをスタートするための準備を整えていこう。

仮想通貨の準備

OpenSeaをはじめるなら、まずは前提として仮想通貨の保有しておく必要がある。

OpenSeaの閲覧のみといった用途であれば、仮想通貨が不要なものの、NFTの利用にはNFTの転送や購入などに伴い仮想通貨が必要になる場面が多い。

NFTを利用していく・扱ってみたいという方なら、OpenSeaの利用に限らず、まずは何らかの仮想通貨を保有しておくとなにかと利便性が高い。

まだ、仮想通貨を保有していないという方は、LINE BITMAXなどの国内仮想通貨取引所で口座開設を済ませておこう。

\ 最短5分で申込完了! /

ウォレットの作成

NFTの取り扱いやOpenSeaの利用には、MetaMaskなどのウォレットの作成が必要になる。

というのもNFTは、厳密にはブロックチェーン上で取り扱われている非代替トークン(Non-Fungible Token)だ。

つまり、仮想通貨と同じようにブロックチェーンを行き来するトークンの一種である。

そのため、仮想通貨を管理するのにウォレットが必要なように、NFTを管理していくにはウォレットが必要になる。

MetaMaskなどのウォレットの作成は数分程度で済むため、予め済ませておこう。

OpenSeaとの接続

ウォレットの作成が完了したら、以下の手順でOpenSeaと接続しておこう。

OpenSeaにアクセスし、右上のウォレットマークを選択

OpenSea
引用元:OpenSea

利用するウォレットを選択し、ウォレットの承認を済ませる

OpenSea
引用元:OpenSea

上記の手順で、OpenSeaと接続することによって、ウォレットの中に入っているNFTをOpenSea上で取り扱うことが可能になる。

このとき、OpenSeaに接続するウォレットは、NFTを転送またはNFTを管理する予定のウォレットを使用しよう。

前述したとおり、NFTの取り扱いやOpenSeaをはじめるには、仮想通貨が必要になる。

仮想通貨を保存するための国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXであれば、使い慣れたアプリのLINEから口座開設〜取引を完結させることが可能だ。

\ 最短5分で申込完了! /

OpenSeaの稼ぎ方

次に、OpenSeaの稼ぎ方について解説していく。

OpenSeaを利用して、利益を出していく方法をチェックしていこう。

NFTを作成して出品

もっとも初期費用が少なくスタートできるのが、NFTを作成して出品することだ。

Polygonなど、ガス代の安いチェーンを利用すれば、初期費用を押さえてNFTデビューすることが可能だ。

一方で、自身でNFTの作品を作らないといけない(画像など)ため、実際に売れるようなNFTを作るにはセンスなどが必要になるだろう。

OpenSeaのNFTは上部の「Create」の欄から、NFT化したいファイルをアップロードすることで作成可能だ。

OpenSea
引用元:OpenSea

初期費用を押さえてはじめたい・NFTを作ってみたいという方は、OpenSeaの「Create」を活用すると良いだろう。

NFTを購入し転売

次に挙げられるOpenSeaの稼ぎ方が、NFTを購入し転売するというものだ。

前述の通り、OpenSeaはNFTマーケットプレイスのため、NFTを売買する場所だ。

これは、OpenSea外で購入したNFTも対象になっており、OpenSeaが扱っているチェーンのNFTなら基本的に出品可能になっている。

そのため、OpenSeaで購入したNFTや外部で購入したNFTを、OpenSeaにて出品・転売していくことで利益を出していくことができる。

OpenSeaの出品は「My Collection」など、自身の保有しているNFTを閲覧できる画面から、NFTを選択することで出品可能だ。

必ずしも、購入したNFTの価格が上昇するとは限らないため、投機的な側面もあり一定のリスクがあることは押さえておこう。

購入したNFTを活用してBCGなどをプレイ

OpenSeaでは、BCG(ブロックチェーン上に構築されたゲーム)などで利用可能なNFTも出品されている。

BCGでは、人気の高まりによってゲームをプレイするだけで大金を稼ぎ出すようなプレイヤーも登場している。

そのため、BCGで活用可能なNFTを購入し、各BCGをプレイすることで利益を出していくといったことも可能だろう。

前述したようなOpenSeaの稼ぎ方を試みには、ガス代の支払いやNFTの購入資金などに伴って、仮想通貨が必要だ。

まだ、仮想通貨を保有していないという方は、仮想通貨を購入できる国内仮想通貨取引所での口座開設を済ませよう。

国内仮想通貨取引所選びに迷っているなら、LINE BITMAXをチェックしてみよう。

LINE BITMAXであれば、LINEから口座開設〜取引を完結させることが可能であり、初心者でも気軽にスタートすることができる。

\ 最短5分で申込完了! /

OpenSeaでの買い方・購入方法

次に、OpenSeaでのNFTの買い方・購入方法を解説していく。

OpenSeaにてNFTを入手する方法をチェックしていこう。

購入するNFTの目星を付けておく

OpenSeaには、前述の通り、幅広いジャンル・チェーンのNFTが取り扱われている。

そのため、予め購入するNFTやコレクション には、ある程度の目星を付けておくのがおすすめだ。

例えば、BCGやメタバースでの応用を考えているのであれば、The SandboxやDecentralandなどのNFTをチェックすることで、好みのNFTが見つかるかもしれない。

また、NFTを購入する際は利用するチェーンも決めておこう。

イーサリアムで発行しているNFTはイーサリアムのチェーン上、Solanaで発行しているNFTはSolanaチェーン上でしか基本的に利用できない。

OpenSea内でNFTを調べる

ある程度の目星が付いたら、前述したExploreやサーチ機能を利用して、NFTを調べていこう

OpenSeaでは、各コレクション(シリーズや各作品のテーマが決まっているNFTの集まり)の中で、料金や販売形式などを指定して検索できる機能が付いている。

予算や望ましい販売形式などを指定しながら、NFTを探していこう。

出品覧から購入

気になるNFTが見つかったら、クリック or タップして出品覧を覗いていこう。

出品覧では、各NFTの以下のような情報をチェック可能だ。

OpenSeaの出品覧で確認できる項目
  • 各作品のタイトルなどの概要
  • 現在の価格
  • 決済通貨
  • ドルベースの価格
  • 各NFTのこれまでの価格の推移
    (人気の高まっているものは価格が上昇していることが多い)

NFTの詳細をチェックして、購入するべきか否かをチェックしていこう。

上記のようにOpenSeaでNFTを購入するには、仮想通貨が必要だ。

仮想通貨を保有していないという方は、国内仮想通貨取引所で口座開設を行うことからはじめよう。

まだ、国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないという方は、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXでは、LINEから口座開設〜取引を完結させることが可能となっている。

また、初めての仮想通貨でも気軽にスタートすることができるため、この機会に口座開設することをおすすめする。

\ 最短5分で申込完了! /

OpenSeaでの売り方・出品方法

これから、OpenSeaでの売り方・出品方法について解説していく。

OpenSeaで自身のNFTを販売する方法を押さえていこう。

何らかのNFTを用意/作成

まずは、販売するNFTを何らかの形で用意するか、NFTを作成していこう。

前述したような手順で作成したNFTやOpenSea内で購入したNFTはもちろん、OpenSeaの対応チェーンにあるNFTであれば、基本的に出品可能だ。

例えば、BCGを通した入手したNFTなども、OpenSeaで取り扱っているものであれば、出品可能になっている。

ただし、前述したとおり、予めOpenSeaに接続しているウォレットに、販売したいNFTを転送している必要があるため、確認しておこう。

自身の「Collected」欄から出品するNFTを選択

OpenSeaでは、自身のウォレットに入っているNFTを「My Collections」などの欄からチェックすることができる。

自身が保有しているNFTの中から、出品したいNFTを選択していこう。

値段など各種設定をして出品

出品する画面にアクセスしたら、値段や販売形式といった基本的な出品条件を入力することで、OpenSeaに出品することが可能になる。

出品を済ませたら、あとは売れるのを待つのみだ。

これまで、フリマアプリやオークションサイトなどを利用したことがある方なら、それほど複雑な手順は感じられないだろう。

OpenSeaで扱うNFTの購入や転送などには、仮想通貨が必要になる。

まだ、仮想通貨を保有していないという方は、国内仮想通貨取引所のLINE BITMAXをチェックしてみよう。

LINE BITMAXであれば、LINEから気軽に口座開設〜取引を完結させることができる。

\ 最短5分で申込完了! /

OpenSeaを始めるならLINE BITMAX

LINE BITMAX-top
引用元:LINE BITMAX
現物取引BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
XRP(リップル)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
LN(リンク)
レバレッジ取引最大2倍(売りのみ)
最小取引数量1円相当額より可
入金手数料無料
売買手数料無料
日本円出金手数料LINE Payを利用:110円(税込)
銀行口座を利用:400円(税込)
仮想通貨出庫手数料0.001 BTC
0.005 ETH
0.15 XRP
0.001 BCH
0.001 LTC
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○(LINEアプリに一体化)
公式サイトLINE BITMAX
関連記事LINE BITMAXの評判

OpenSeaの利用には、仮想通貨が必要であり、仮想通貨の購入には国内仮想通貨取引所での口座開設が必要だ。

まだ、国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないという方に、チェックしてほしいのがLINE BITMAXだ。

LINE BITMAXは、メッセンジャーアプリのLINEが母体になっているということもあり、口座開設〜取引までをLINE1つで完結させることができる。

また、シンプルな取引画面で取引可能なっており、仮想通貨の取引にハードルを感じているという方でも、気軽に利用できるだろう。

取り扱っている銘柄も、代表的な仮想通貨は揃っているため、OpenSeaやNFTの取り扱いに伴って必要な初期費用を利用することができる。

OpenSeaに興味があるなら、LINE BITMAXの口座開設からスタートしよう。

\ 最短5分で申込完了! /

OpenSeaに関するQ&A

OpenSeaを利用する際に手数料(ガス代)はどのくらいかかりますか?

ガス代は、タイミングやチェーンによって大きく変動する。

2022年9月時点で、イーサリアムのOpenSeaで200円程度だ。
(参照元:Etherscan)

対応していないNFTはある?

OpenSeaが対応しているイーサリアム・Polygon・Klaytn・Solana以外のチェーンで発行されているNFTを利用することはできない。

OpenSeaの利用にリスクはある?

代表的なものに、偽物のNFTを購入するリスク、盗品などのNFTを購入してしまうリスク、NFTの価格変動などが挙げられる。

特に、盗品のNFTを購入してしまうと、OpenSea内の販売に一定の制限がかかるケースもあるため、注意が必要だ。

OpeaSeaのまとめ

この記事では、OpenSeaについてさまざまなポイントから解説した。

この記事からわかること
  • OpenSeaはNFTマーケットプレイス
  • 世界トップクラスの規模を持つ
  • 多数のチェーン・ジャンルに対応
  • 購入・販売はもちろん、作成にも対応
  • 利用にはガス代などが必要

OpenSeaは、NFTを扱うならまずチェックしてみたいマーケットプレイスの1つだ。

頻繁にアップデートを行っており、対応しているチェーンも増えつつある。

今後も、動向やアップデートに注目したいNFTマーケットプレイスであると言えるだろう。

OpenSeaの利用には、ガス代の支払いやNFTの決済通貨・転送などに伴って、仮想通貨が必要だ。

まだ、仮想通貨を購入する国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXであれば、LINEから口座開設〜取引までを完結させることが可能になっており、シンプルな取引画面で取引居可能なことから、初心者でも気軽に利用できるはずだ。

複雑に感じられる仮想通貨を、シンプルで使いやすいLINE BITMAXからスタートしよう。

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

OpenSea

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる