仮想通貨OMG(オーエムジー)とは?今後の見通し/将来性や特徴を徹底解説

OMG

仮想通貨OMG(オーエムジー)は、2022年7月現在の時価総額ランキング113位の仮想通貨である。

今や、仮想通貨の種類は20000種類を超えているため、OMGはかなりランキング上位の仮想通貨だと言える。

そんなOMGの今後についても興味を持っている方もいるだろう。

そこで今回は、OMGについて詳しく解説していく。

OMGの特徴やこれまでの価格推移、今後の将来性やリスクについても紹介するのでぜひ参考にして欲しい。

この記事からわかること
  • OMGはイーサリアムを基盤として2017年に開発された
  • 「More Viable Plasma」と呼ばれるネットワークを使用し、取引手数料も低く処理速度も速い
  • OMGは途上国でオンライン決済を普及するために開発された
  • OMGの最高値は2018年1月の約2800円
  • OMGはDMM Bitcoinやコインチェック、GMOコインで売買することが可能

OMGを手に入れるには国内取引所のアカウント作成が必須である。

DMM Bitcoinは、口座のアカウント作成をした方全員に2000円プレゼントのキャンペーンを行っている。

2022年8月1日までとなっているため、まだの方は今のうちに申し込みをしてみてはいかがだろうか。

目次

OMG(オーエムジー)とは

引用元:OMG公式サイト
名称OMG Network
シンボルOMG
現在の価格(2022年7月現在)¥260.08
時価総額(2022年7月現在)¥36,474,922,067
時価総額ランキング(2022年7月現在)113位
購入できる取引所国内取引所:DMM BitcoinコインチェックGMOコイン
海外取引所:Binance、Bitfinex、Coinbase Exchange
公式サイトhttps://omg.network/

OMGは、イーサリアムをベースに作られた仮想通貨であり、ERC-20規格が使用されている。

ERC-20とは、イーサリアムブロックチェーンのトークン規格で、イーサリアムブロックチェーンと互換性を持つ通貨を作るための規格。

OMGは2017年に「OmiseGo」という名称で開発されたが、2020年6月に「OMG Network」という名称に変わった。

OMGを開発した「Omise株式会社」はタイに本拠地を構えているが、代表取締役は日本人の長谷川潤氏である。

そして、現在OMGはDMM Bitcoinやコインチェックなど日本の仮想通貨取引所でも取引が可能。

その中でも、DMM Bitcoinはレバレッジ取引ができる仮想通貨の取り扱い数が国内No.1である。

そのため、少ない投資額でも大きなリターンが狙える。

少ない資金で投資を始めたい方は、ぜひDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみよう。

OMG(オーエムジー)の基本的な特徴

では、OMGにはどのような特徴があるのだろうか。

今回はOMGの基本的な特徴を3点紹介していくので順番に見ていこう。

OMG(オーエムジー)の基本的な特徴
  • OMGは貧困層でもオンライン決済を可能にするために開発された
  • OMGはイーサリアムよりも低コストかつ処理スピードも高速
  • OMGは2021年にOMG NetworkからBOBA Networkに移行された

OMGは貧困層でもオンライン決済を可能にするために開発された

まずOMGが開発された目的は、東南アジアの貧困層でもオンライン決済を可能にするためである。

タイをはじめとする東南アジアでは貧困の差が広がっており、銀行の口座やクレジットカードを持っていない方も多い。

そこで、OMGは貧困層でも仮想通貨を使ってオンライン決済を可能にするために開発された。

実際に、タイのマクドナルドでは2017年からOMGを使って代金を支払うことが可能となっている。

このように、クレジットカードを持っていない貧困層でも簡単にオンライン決済ができる。

OMGはイーサリアムよりも低コストかつ処理スピードも高速

2つ目の特徴は、イーサリアムよりも低コストかつ処理スピードが高速だという点である。

イーサリアムは送金する際に、ガス代と呼ばれる手数料がかかってしまう。

近年はイーサリアムの需要が高まったことで、イーサリアムの送金手数料も高くなっている。

東南アジアの貧困層にとっては、こうした手数料も大きな負担となってしまう。

ただ、OMGでは「More Viable Plasma」という独自のネットワークを使用しているため、イーサリアムの約3分の1ほどのコストで送金が可能となっている。

処理スピードもイーサリアムは毎秒15件ほどだが、OMGは毎秒4000件ほどの取引が可能である。

OMGは2021年にOMG NetworkからBOBA Networkに移行された

最後3点目の特徴は、2021年にOMG NetworkからBOBA Networkに移行されたという点である。

BOBA Networkは、独自にBOBAというトークンを発行しており、国内取引所ビットバンクでも取り扱いされている。

BOBA Networkも、イーサリアムより低コストかつ高速な処理スピードを実現するために開発されたネットワークだ。

ただ、BOBA NetworkではOMGを利用できる機会はない。

そのため、OMG Networkと比べてもあまり変化はないと言える。

これまで述べたような特徴を持つOMGを入手するためには、国内取引所のアカウント作成が必要だ。

DMM Bitcoinは、大手DMMグループが運営しているためセキュリティ面も強い。

ぜひDMM Bitcoin公式サイトで、情報を確認してみてはいかがだろうか。

【2022年最新】OMG(オーエムジー)の現在の価格推移

ここからは、OMGの現在の価格推移について見ていこう。

今後OMGを購入する際の参考にして欲しい。

直近3ヶ月間のOMGの価格推移は下記の通りである。

OMG 現在価格チャート

2022年5月上旬から5月中旬にかけて価格が急下落していることがわかる。

5月中旬から6月中旬にかけては価格の変化はあまりなかったが、6月後半にかけて価格がまた下がっている。

そのため、直近3ヶ月で利益を得た人はほとんどいないと予想できる。

ただ、7月中旬から少し価格が上がっているため、今後もそのまま価格が上がっていく可能性はある。

今のうちにOMGを入手したい方は、最短1時間で申し込みが完了するDMM Bitcoinでアカウント作成をしてみよう。

OMG(オーエムジー)の過去の価格推移

先ほどは、直近3ヶ月のOMGの価格推移を紹介したが、ここからはより長いスパンでの価格推移を見ていこう。

今回は期間を3つに区切って、2018年〜2020年の価格推移を紹介していく。

OMG(オーエムジー)の過去の価格推移
  • 2018年1月〜2018年12月の価格推移
  • 2019年1月〜2019年12月の価格推移
  • 2020年1月〜2020年12月の価格推移

2018年1月〜2018年12月の価格推移

まず、2018年1月〜2018年12月のOMGの価格推移は下記の通りである。

OMG 2018年1月〜12月の価格チャート
引用元:Tradingview

2018年1月〜12月にかけて価格は大きく下落している。

2018年1月は28USDだったのに対し、2018年12月には2USDになっており、マイナス14倍の価格にまで下がっている。

2017年に起こった仮想通貨バブルが終わったため、仮想通貨全体の価格が下がったと予想される。

1月〜5月までは上昇と下落を繰り返していたが、5月以降は下落する一方だった。

この1年間は利益を得た人と損をした人の差が激しかったと予想できる。

2019年1月〜2019年12月の価格推移

続いて、2019年1月〜12月の価格推移を見ていこう。

OMG 2019年1月〜12月価格チャート
引用元:Tradingview

2019年は、1月〜7月にかけては価格が上昇しているが、7月以降は価格が急下落している。

2019年の12月は、この1年間では最安値となっており0.6USDほどの価格である。

7月の最高値の時期と比べると、12月は約4分の1ほどの価格にまで下がっている。

そのため、7月以降にOMGを購入した人はほとんど損をしていたと考えられる。

2020年1月〜2020年12月の価格推移

最後に2020年1月〜12月の価格推移を見ていこう。

OMG 2020年1月〜12月チャート
引用元:Tradingview

2020年は、1年を通して見ても価格が上昇していることがわかる。

特に、8月中旬に一気に価格が上昇しており、短期間で約3倍になっている。

この短期間で何があったのだろうか。

それは、名称をOmiseGOからOMG Networkに変えたということである。

リブランドしたことで、投資家からの注目が集まり価格の上昇につながったと考えられる。

この最高値の時に売り抜けた人は、かなり利益を得たのではないだろうか。

8月中旬以降は価格が下がったが、その後は大きな変化は見られなかった。

今回は、2018年〜2020年を1年ごとに区切って解説したが、最高値の2018年1月ごろの28USDTと比べると、だんだん価格が下落していったことがわかった。

ただ、時期によっては価格の値動きが激しいため、今後も急上昇する可能性は十分考えられる。

OMGを少しでも保有しておきたい方は、スマホだけでアカウントが作成できるDMM Bitcoinを検討してみてはいかがだろうか。

OMG(オーエムジー)の今後の予想/将来性

これまでのOMGの価格動向を見てきたが、今後のOMGについてはどうなっていくのか気になっている方も多いだろう。

そこで、今後のOMGの予想や将来性について少し説明していこう。

価格が上がるのかもしくは下がるのか、いくつか説明していくのでぜひ参考にしてほしい。

OMG(オーエムジー)の今後の予想/将来性
  • 今後の価格は仮想通貨市場全体の動きに影響される
  • 国内取引所に上場すれば価格が上がる可能性がある
  • 今のところ目立ったプロジェクトはないため価格上昇は期待できない

今後の価格は仮想通貨市場全体の動きに影響される

そもそも、仮想通貨の価格は市場全体の動きによってかなり影響される。

例えばビットコインが値上がりすると、それに伴って他のアルトコインも値上がりすることが多い。

このように、ビットコインの値動きに影響されるアルトコインが多いため、今後のOMGの価格もビットコインの値動き次第だと考えられる。

2022年7月現在は、ビットコインも価格が下がっているため、今のところはOMGの価格は上がらないと予想できる。

国内取引所に上場すれば価格が上がる可能性がある

続いて、今後国内取引所に上場すれば価格が上がる可能性がある。

例えば2021年4月に、国内取引所コインチェックにOMGが上場した際は、反響が大きく価格も値上がりした。

このように、国内取引所に上場したトークンは値上がりしやすい傾向にある。

そのため、今後国内取引所に上場すれば価格が上がる可能性はある。

今のところ目立ったプロジェクトはないため価格上昇は期待できない

OMGに関して今のところ目立ったプロジェクトはない。

OMG Networkも終了し、BOBA Networkに移行されており、OMGの用途はないといえる。

以前はオンライン決済に使われていましたが、今後のプロジェクトが出てこない限りは価格の上昇は期待できないだろう。

OMGを少しでも買いたい方は、ぜひDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみよう。

OMG(オーエムジー)を購入するタイミング・買い時

現在は価格が下がっているOMGだが、購入するタイミングはいつがいいのだろうか。

ここからは、OMGの買い時について詳しく解説していく。

OMG(オーエムジー)を購入するタイミング・買い時
  • OMGの価格が下がっているタイミング
  • 仮想通貨全体の価格が下がっているタイミング
  • OMGの今後のプロジェクトが発表されたとき

OMGの価格が下がっているタイミング

まず最初のOMGの買い時は、OMGの価格が下がっているタイミングである。

仮想通貨の投資で利益を得るためには、価格が低いときに買い、価格が上昇した時に売らないといけない

そのため、価格が上昇しているタイミングで買うのではなく、価格が下落しているタイミングで買った方が利益を得やすい。

2022年に入ってからは、OMGの価格は下落傾向にあるため、今後の上昇に備えて買ってもいいだろう。

仮想通貨全体の価格が下がっているタイミング

2つ目のOMGの買い時は、仮想通貨全体の価格が下がっているタイミングである。

先述したが、OMGなどのアルトコインはビットコインの価格に影響されやすい。

そのため、ビットコインの価格が下がっているタイミングの方が、今後値上がりした時に利益を得やすくなる。

よって、ビットコインの値動きを常にチェックしておくことで買い時を逃す確率は低くなるだろう。

OMGの今後のプロジェクトが発表されたとき

3つ目のOMGの買い時は、今後のOMGのプロジェクトが発表された時である。

2020年8月にOmiseGoからOmise Networkに名称を変えた際も、OMGの価格が急上昇した。

この事例から、今後もしOMGに関しての新プロジェクトが発表されたり、何かしらの新着情報があったりする際は値上がりする可能性がある。

その時に備えて、今のうちに国内取引所のアカウントを作っておくことをオススメする。

DMM Bitcoinなら、取引手数料が無料なので利益を得やすくなっている。

ぜひ公式サイトで詳しい情報を確認してみよう。

OMG(オーエムジー)投資のリスク/注意点

仮想通貨の投資は大きな利益を得る可能性はあるが、もちろんリスクもある。

そこで今回は、OMGを投資する際のリスクや注意点についても紹介していく。

OMGに限らず、他の仮想通貨を投資する際にも気をつけてほしい。

OMG(オーエムジー)投資のリスク/注意点
  • 短期間では利益を得ることができない場合がある
  • 価格変動が激しいので高額を投資しすぎると大きく損をしてしまう可能性がある
  • 今後価格が上がらない可能性がある。

短期間では利益を得ることができない場合がある

仮想通貨全体にいえることだが、短期間では利益を得ることができない場合がある。

仮想通貨はボラティリティが高いので、短期間で利益を得る方もなかにはいる。

ただ、よっぽど仮想通貨の知識がなかったり、世界情勢を理解しておかないと短期間でどの仮想通貨が伸びるかを見極めるのは難しい。

そのため、OMGを投資する際も短期での利益を狙うのではなく、長期で利益を狙う方がいいと考える。

価格変動が激しいので高額を投資しすぎると大きく損をしてしまう可能性がある

過去のOMGの価格推移を見てきたが、価格変動はかなり激しかった。

そのため、一気に高額を投資し過ぎてしまうと、価格が下がった時のリスクが大きくなってしまう

例えば、実際に2018年1月に28USDだったOMGを100万円分買っていたとする。

そのOMGを2018年12月まで保有していた場合、2USDにまで価値は下がっているので100万円が約7万円にまで減っていることになる。

このように買い時を間違えると、大きく損をしてしまう可能性がある。

そのため、一気に大きく投資をするのではなく、少額をコツコツと積み立てて投資する方がリスクを減らせる。

今後価格が上がらない可能性がある。

OMGの価格は2018年〜2022年にかけて下落傾向にある。

そのため、今後もずっと価格が下がり続ける可能性も考えられる。

今後目立ったプロジェクトもないため、安易にOMGに投資をするのはリスクが高いだろう。

今後仮想通貨の投資を始めていきたい方は、最短1時間でアカウントの作成ができるDMM Bitcoinがおすすめだ。

OMG(オーエムジー)投資におすすめの取引所

実際にOMGに投資する際は、国内取引所のアカウントを作る必要がある。

その中で、どの国内取引所を選べばいいか分からない方も多いだろう。

そこで、今回はOMG投資にオススメの取引所を順番に紹介する。

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

引用元:DMM Bitcoin公式サイト
取扱通貨数販売所:12種類
レバレッジ取引:19種類
最低取引数量(BTC)販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド及びレバレッジ手数料あり ※BitMatch注文を除く)
入金手数料無料
出金手数料無料
レバレッジ2倍
公式サイトDMM Bitcoinの公式サイト

DMM Bitcoinはレバレッジ取引が可能な銘柄が19種類あるため、少ない資金で大きな利益を狙える。

ただ、リスクも大きいためレバレッジ取引をする際は十分に気をつけよう。

そして、取引手数料や入出金手数料が無料なのもDMM Bitcoinの大きな特徴である。

無駄な手数料を取られないため、利益を得やすくなっている。

今後国内取引所を利用したいと考えている方は、まずDMM Bitcoinのアカウント作成をしてみてはいかがだろうか。

Coincheck (コインチェック)

Coincheck
引用元:コインチェック公式サイト
取扱通貨数販売所形式:17種類
取引所形式:5種類
最低取引数量(BTC)販売所形式:500円
取引所形式:0.005BTCかつ500円
取引手数料販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:無料
入金手数料銀行振込:無料
コンビニ入金:3万円未満…770円
       3万円~30万円…1,018円
クイック入金:3万円未満…770円
       3万円~50万円…1,018円
       50万以上…入金金額の0.11%+495円
※コンビニ入金、クイック入金は受付一時停止
出金手数料407円
レバレッジなし
公式サイトコインチェック公式サイト

コインチェックの特徴は、取扱銘柄数の豊富さとスマホアプリのダウンロード数が国内No.1だという点である。

他の取引所にはない銘柄にも投資をすることができるため、多くの仮想通貨に投資をしたい方にはオススメだと言える。

またスマホアプリも人気なため、スマホでも取引画面が見やすく手軽に投資をすることが可能。

興味のある人は、ぜひコインチェック公式サイトを確認してみてほしい。

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

引用元:GMOコイン公式サイト
取扱通貨数21種類
最低取引数量(BTC)販売所形式:0.00005BTC
取引所形式:0.001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:Maker -0.01%,Taker 0.05%
レバレッジ取引:無料(スプレッド及びレバレッジ手数料あり)
入金手数料無料
出金手数料無料
大口出金(20,000,001円を超える出金)の場合:400円
レバレッジ2倍
公式サイトGMOコイン公式サイト

GMOコインは21種類もの銘柄を取り扱っており、国内の取引所では一番多い。

また、基本的に取引手数料や入出金手数料は無料なので利益を得やすい。

顧客満足度もかなり高く、セキュリティの高さも人気の秘訣である。

GMOコイン公式サイトで、詳細を確認してみよう。

OMG(オーエムジー)の今後の予想のまとめ

今回はOMGについて特徴や今後の予想について解説してきた。

過去の価格推移を見ると下落傾向にあるOMGだが、今後のプロジェクト次第では価格が上がる可能性もあるだろう。

ただ、今のところは価格が上がる可能性はあまり高くないため、少額から投資を始めた方が良いと考える。

この記事からわかること
  • OMGの価格は2018年から比べて下落傾向にある
  • OMGは東南アジアの貧困層でもオンライン決済を可能にするために開発された
  • OMGはイーサリアムよりも低コストかつ処理スピードも高速
  • OMGは今後国内取引所に上場すれば価格が上がる可能性はある
  • OMGを入手するには、取引手数料が無料のDMM Bitcoinがオススメ

OMGを手に入れるには国内取引所のアカウント作成が必須である。

DMM Bitcoinは、新規アカウント作成で全員に2000円プレゼントキャンペーンを行っている。

まずは2000円から投資を始めてみてもいいだろう。

お試しで仮想通貨の投資を始めたい方は、ぜひDMM Bitcoinの公式サイトを見てみよう。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

OMG

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる