日経平均株価(日経225/日本株)とは?今後の見通し/将来性や価格推移を徹底予想

日経225 今後

ニュースでよく見聞きする「日経平均株価」について、言葉は知っていても詳しく理解していない方は多いだろう。

今回は、日経平均株価(日経225)についてその特徴や今後の動向・見通しについて徹底解説していくので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事からわかること

・日本経済新聞社が発表する株価指数であり、東証上場銘柄から選んだ代表的な225銘柄の平均株価
・定期的に銘柄の入れ替えが行われる
・日経平均株価(日経225)の今後の見通し/将来性は、「ウクライナ問題」「インフレ動向」「米国の金利」が今後のカギ
・2022年内の3万円回復を期待する専門家もいる
・IG証券ではCFD取引で少額から取引が可能で、今なら新規口座開設で5万円キャッシュバック実施中

ig証券

日経平均株価(日経225)とは、日本経済新聞社が東証上場銘柄から選んだ代表的な225銘柄の平均株価を意味する。

IG証券はイギリスのロンドンに本拠地を置く世界第一位のCFDカンパニーの子会社であり、少額からの株式投資が可能である。

全17,000銘柄以上の金融商品を取り扱っており、取引手数料も最安値であるためおすすめだ。

今なら新規口座開設で5万円キャッシュバック実施中なので、ぜひこの機会にIG証券で株式投資を始めてみよう。

目次

日経平均株価(日経225)とは

それではまず、日経平均株価(日経225)とはなにか確認をしていこう。

ぜひ、株式投資の参考にしていただきたい。

日経平均株価(日経225)とは

日本経済新聞社が発表する株価指数であり、東証上場銘柄から選んだ代表的な225銘柄の平均株価
・定期的に銘柄の入れ替えが行われる
・上位構成銘柄は日経平均株価の変動への影響(寄与度)が大きい

1つずつ解説していくので、ぜひポイントを押さえてほしい。

日経平均株価(日経225)とは

日経平均株価とは、

日本経済新聞社が発表する株価指数であり、東証上場銘柄から選んだ代表的な225銘柄の平均株価を意味する

日経平均株価は、略して「日経平均」や「日経225」と呼ばれることが多い。

225銘柄は日本を代表する企業の中からバランスよく選出されており、日本経済全体の動向を知る指標としてニュースなどで報道されている。

定期的に銘柄の入れ替えが行われる

日経平均株価の構成銘柄は定期的に入れ替えが行われている。(原則として年1回、10月初め)

特定の業界に影響を受けすぎないように、業界(技術、金融、消費、素材、資本財・その他、運輸・公共の6つの分類)のバランスを保っているのだ。

また、入れ替えが行われる際には取引が頻繁に行われているか(流動性の高さ)や銘柄の安定性なども考慮されている。

日経平均株価の上位構成10銘柄

こちらが現在の日経平均株価の上位構成10銘柄である。(2022年3月時点)

コード銘柄名比率 (%)
9983ファーストリテイリング7.91
8035東京エレクトロン7.67
9984ソフトバンクグループ3.91
9433KDDI3.16
6367ダイキン工業2.94
6954ファナック2.74
4063信越化学工業2.41
6857アドバンテスト2.34
6098リクルートホールディングス2.09
4543テルモ1.95

上位構成銘柄は技術関連の業種が多く、225銘柄のうち10銘柄で37%を占めていることがわかる。

上位構成銘柄は日経平均株価の変動への影響(寄与度)が大きい特徴があるため、225銘柄のうち多くの銘柄が株価を上げていても、上位構成銘柄が大きく下落した場合に日経平均株価が下がってしまうことが起こり得る。

日経平均株価は225銘柄全体の値動きを表すとは言い切れないということを覚えておいてほしい。

IG証券は、イギリスのロンドンに本拠地を置く世界第一位のCFDカンパニーの子会社である。

CFD取引により、手元の資金が少なくてもレバレッジを利用して大きな利益を得ることが可能であるため人気が高い。

ぜひこの機会にIG証券公式サイトで詳細を確認しておこう。

日経平均株価(日経225)のこれまでの価格推移

それでは、日経平均株価(日経225)のこれまでの価格推移を見ていこう。

こちらが直近15年間の日経平均株価の価格推移である。(2007年〜2022年)

チャート
引用:Tradinng View

直近15年間で株価の大きな動きがあった時期を確認していこう。

まず、2008年には米国のリーマンショックの影響を受けて日経平均株価は1万8000円台から一時的に8000円を切るところまで大きく下落している。

その後約5年間はレンジが続いていたが、2013年に安倍内閣が発足したことでアベノミクス景気により上昇トレンドとなった。

その後のポイントとしては、世界的なコロナショックの影響で2020年に日経平均株価は2万4000円台から1万6000円台まで一時的に大きな下落を見せた。

2021年台にかけてはワクチン接種率の向上などにより、相場は回復を見せている。

そして、2022年の年始からは米FRB(連邦準備制度理事会)の金融引き締め加速やロシアのウクライナ侵攻などの影響で現在にかけて下落トレンドとなっている状況だ。

IG証券では、CFD取引により、小額資金でもレバレッジを利用して大きな利益を得ることが可能だ。

現在、口座開設と取引により最大5万円キャッシュバックキャンペーンを開催中なのでぜひこの機会にIG証券の口座を開設してみよう。

日経平均株価(日経225)の今後の見通し/将来性

続いて、日経平均株価(日経225)の今後の見通しを確認していこう。

ぜひ、ポイントを押さえて投資の参考にしていただきたい。

2022年の予想・見通し

ウクライナ問題・インフレ動向・米国の金利が今後のカギ

2022年の日経平均株価の見通しを立てるうえで、「ウクライナ問題」「インフレ動向」「米国の金利」が今後のカギとなってくるだろう。

ウクライナ問題ではロシアとの戦争が早期停戦となれば株価は上昇することが見込まれるが、深刻化すると資源価格の高騰とインフレの加速により株価は下落すると見込まれる。

また、米連邦準備制度理事会(FRB)は今年は3月、5月、6月と大幅な利上げを行なっており下落トレンドとなった。

今後も7月、11月、12月と米国の利上げが続くと予想されている。

米国の利上げにより必ずしも日経平均株価が下落するとは限らないが、米国の経済状況に影響を受ける可能性は高いため注目しておく必要がある。

2022年内の3万円回復を期待する専門家も

ウィズコロナの時代となりつつあるなか、今年は世界的に経済が回復し、経済成長が続くと予想されており相場の回復を期待する専門家も多い。

企業業績については、市場の予想どおり全体で10%増益と見ており年末には日経平均株価は3万円を越えると見られている。

しかし、今後のカギとなる「ウクライナ問題」「インフレ動向」「米国の金利」の問題が解消されなければ株価は2万6000~2万9500円と予想する専門家もおり、見立てが割れている状態だ。

今後10年の予想・見通し

専門家の多くは今後10年かけて徐々に日経平均株価は上昇すると見通しを立てている。

その理由としては、今後日本企業への期待が高まると考えられているためだ。

他国から機械、鉄鋼、半導体など様々な業種で日本の質の高い技術を求める傾向になると考えられる。

10年後には日経平均株価が10万円まで上昇すると見込んでいる専門家もいるほどだ。

また、岸田首相が掲げる「新しい資本主義」への期待も高まっているため、長期的に見ると日経平均株価は上昇していくとみられる。

IG証券はイギリスのロンドンに本拠地を置く世界第一位のCFDカンパニーの子会社だ。

CFD取引では少額からの投資が可能であるため人気が高まっている。

今なら新規口座開設で5万円キャッシュバック実施中なので、ぜひこの機会にIG証券で株式投資を始めてみよう。

日経平均株価(日経225)におすすめの証券会社

日経平均株価(日経225)への投資を考えている方におすすめのネット証券会社を紹介していく。

株式投資におすすめなIG証券とSBI証券について、それぞれ詳しく紹介するのでぜひ参考にしていただきたい。

この記事からわかること

・【世界第一位のCFDカンパニーIG証券
・【個人取引シェアNo.1】SBI証券

1つずつ紹介していくので、ぜひポイントを押さえてほしい。

世界第一位のCFDカンパニー】IG証券

ig証券
証券会社の名称IG証券
購入できる金融商品外国為替、個別株(国内)、投資信託、ETF(国内)など
取引方法CFD取引
取引手数料日本株:110円(税込)
米国株:16.5米ドル
デモ口座あり
公式サイトIG証券の公式サイト

株式投資を始めるなら、IG証券がおすすめだ。

IG証券は、イギリスのロンドンに本拠地を置く世界第一位のCFDカンパニーの子会社である。

CFD取引により、小額資金でもレバレッジを利用して大きな利益を得ることができるためおすすめだ。

全17,000銘柄以上の金融商品の取引が可能であるため、自分が投資したい銘柄が見つかるだろう。

また、IG証券ではデモ口座が提供されており、仮想のお金で投資の経験が積めるため初心者にも使いやすいだろう。

IG証券では現在、口座開設と取引により最大5万円キャッシュバックキャンペーンを開催している。

口座開設は無料で数分で完了するため、ぜひこの機会にIG証券の口座を開設してみよう。

個人取引シェアNo.1】SBI証券

証券会社の名称SBI証券
購入できる金融商品国内株式、外国株式、投資信託、債券、先物・オプション、FX、債券、CFD 他
取引方法現物取引、信用取引等
取引手数料・国内株式取引における「アクティブプラン(1日の約定代金合計に手数料がかかるプラン)」では100万円までの手数料が無料
デモ口座なし
公式サイトSBI証券の公式サイト
関連記事SBI証券の評判

SBI証券は証券口座開設数が800万を突破しており、ネット証券で個人取引シェアNo.1を誇る証券会社である。

株式投資やETF投資信託など投資商品を豊富に揃えていることが最大の魅力だ。

また、取引手数料も業界最安水準であるため初心者から上級者まで幅広く人気がある。

NISAやつみたてNISAにも対応しているため節税しながら投資をすることも可能なため興味のある人にはおすすめだ。

初心者向けコンテンツも充実しており、投資知識がなくても安心して投資を始められるため、この機会にSBI証券公式サイトを確認しておこう。

日経平均株価(日経225)に関するよくあるQ&A

続いて、日経平均株価(日経225)に関するよくある質問について解説する。

ぜひ株式投資の参考にしていただきたい。

この記事からわかること

・日経平均株価の買い時はいつですか?
・CFD取引について詳しく教えてください

1つずつ解説していくので、ぜひポイントを押さえてほしい。

日経平均株価の買い時はいつですか?

前述したように、今後長期的に相場が回復していくと考えると、いまが「買い」を入れるタイミングであると言える。

チャートで前回高値を超えて上昇トレンドとなった時や、移動平均線と株価が大きく離れた時がそのタイミングであるためチャート分析をして見極めよう。

また、米国など他国の経済指標に影響を受けやすいため、経済指標の発表前などに「買い」を入れるのは控えておいた方がよいだろう。

IG証券のCFD取引であれば「買い」だけでなく「売り」も可能であり取引チャンスが増えるためおすすめだ。

CFD取引について詳しく教えてください

CFD取引とは、「Contract For Difference」の略で日本語では差金決済を意味する。

現物での受け渡しを行わずに、反対売買によって出た金額の差で決済することで利益が得られる仕組みだ。

買いだけでなく、売りも可能であるためさまざまな局面で投資をすることが可能なことがメリットだ。

また、レバレッジを利用して少額で大きなポジションを保有できるため人気がある。

CFDをするなら、世界的なCFDカンパニーであるIG証券がおすすめなので、この機会に公式サイトを確認しておこう。

TOPIXとの違いはなんですか?

TOPIXは、東証プライム市場に上場している全銘柄の時価増額を数値化した株価指数を指している。

一方、日経225は日本経済新聞社が選出した225銘柄から計算された株価指数を指している。

日経平均株価(日経225)の今後のまとめ

いかがであっただろうか。

こちらが今回の日経平均株価(日経225)の評判/口コミの記事のまとめである。

この記事からわかること

・日本経済新聞社が発表する株価指数であり、東証上場銘柄から選んだ代表的な225銘柄の平均株価
・定期的に銘柄の入れ替えが行われる
・日経平均株価(日経225)の今後の見通し/将来性は、「ウクライナ問題」「インフレ動向」「米国の金利」が今後のカギ
・2022年内の3万円回復を期待する専門家もいる
・IG証券ではCFD取引で少額から取引が可能で、今なら新規口座開設で5万円キャッシュバック実施中

日経平均株価(日経225)とは、日本経済新聞社が東証上場銘柄から選んだ代表的な225銘柄の平均株価を意味する。

日経平均株価の今後の見通しとしては、「ウクライナ問題」「インフレ動向」「米国の金利」が今後のカギとなるため注目しておく必要がある。

IG証券はイギリスのロンドンに本拠地を置く世界第一位のCFDカンパニーの子会社である。

レバレッジを利用して少額からの株式投資が可能であるため多くの投資家に人気が高い。

全17,000銘柄以上の金融商品を取り扱っており、取引手数料も最安値であるためおすすめだ。

今なら新規口座開設で5万円キャッシュバック実施中なので、ぜひこの機会にIG証券で株式投資を始めてみよう。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

日経225 今後

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる