NFTマーケットプレイスのおすすめランキング!選び方や注意点を徹底解説

NFTに興味はあるけれど、どこで購入すればよいか迷っていないだろうか?

本記事では、NFTマーケットプレイスとは何かを始め、国内外のおすすめのマーケットプレイス3つや、NFTの購入・出品の仕方を解説する。

読み終われば、どのNFTマーケットプレイスが自分に向いているかわかるようになるだろう。

この記事からわかること

NFTは、アートなどの画像データや音楽、動画のデータに紐づくトークン
NFTは、コンテンツに紐づいて、唯一無二の価値を証明する保証書のようなもの
NFTマーケットプレイスとは、クリエイターが制作したNFTを出品・販売できるサイト
クリエイターだけではなく、NFTを購入したユーザー同士の売買もできると
LINE BITMAXを利用すれば、LINE Payから入金し、仮想通貨を売買できる
NFTマーケットプレイスによって、取り扱うNFTのジャンルが異なる

自分に合うNFTマーケットプレイスを見つければ、NFT購入に一歩近づくことができる。

本記事では、NFTの購入の仕方についても、画像を用いて解説したので、参考にしてみてほしい。

仮想通貨を取引するには、LINE BITMAXが便利だ。

LINEをよく利用するユーザーであれば、LINE Payから入金ができるので、使いやすいだろう。

仮想通貨取引所の口座開設をしていない人は、ぜひこの機会に検討してみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

目次

NFTマーケットプレイスとは?

ここでは、NFTマーケットプレイスとはどういうものかを説明する。

NFTとは

NFTとはNon Fangible Token(ノンファンジブルトークン)の略で、日本語では非代替性トークンの意味となる。

わかりやすくいうと、NFTは、アートなどの画像データや音楽、動画のデータに紐づくトークンのことだ。

コンテンツに紐づいて、唯一無二の価値を証明する保証書のようなものと考えるとよいだろう。

NFTが写真やアート、ゲームアイテム、音楽や動画データなどに付与されて、それらのデータが「1点もの」だということが証明される。

NFTマーケットプレイスとは

NFTマーケットプレイスとは、クリエイターが制作したNFTの出品・販売したり、それをユーザーが購入したりできるサイトのことだ。

NFTを購入すれば、利用者同士が保有しているNFTを取引もできるのが特徴だ。

NFTマーケットプレイスでできること
NFTを作成・発行
NFTを購入
NFTを販売

利用者は上記のような取引を通じて、自由にNFTの売買ができる。

さらに、NFTマーケットプレイスでは、クリエイターにはロイヤリティ収入が入る仕組みとなっている。

クリエイターの作品が二次販売されたとき、一定の割合で利益がクリエイターに還元されるのだ。

クリエイターにとっては、作品されるたびに利益が入る仕組みとなる。

NFTマーケットプレイスで扱われるコンテンツの種類

NFTマーケットプレイスで扱われる作品やアイテムは多岐に渡る。

どのようなNFTに1番興味があるだろうか?

NFTマーケットプレイスには、それぞれ得意とする分野がある。

自身の興味のある分野に応じて、マーケットプレイスを選んでみるとよいかもしれない。

デジタルアート
・デジタルミュージック
・フォトグラフ(写真)
・ゲームアセット
・トレーディングカード
・ブロックチェーンドメイン
・ユーティリティトークン(会員証のようなもの)

マーケットプレイスによって、決済通貨はそれぞれ異なる。

NFTを購入するのに、一般的に広く使われているのは仮想通貨イーサリアムだ。

LINE BITMAXでは、LINE Payからイーサリアム購入用の資金を簡単に入金できる。

これからNFTマーケットプレイスで、NFTを購入してみたい人は、LINE BITMAXの口座開設を行うと便利である。

\ 最短5分で申込完了! /

おすすめ国内NFTマーケットプレイス

ここでは、おすすめの国内NFTマーケットプレイスをピックアップした。

どれも大手グループや取引所が運営する信頼性の高いマーケットプレイスなので、安心してチェックしてみよう。

LINE NFT

LINE NFT
LINE NFT
名称LINE NFT
取扱コンテンツデジタルアート
ゲームアセット
トレーディングカード

決済通貨LINK
LINE Pay
手数料なし
対応ウォレットLINE BITMAX Wallet
対応ネットワークLINE独自のプライベートブロックチェーンを利用
公式サイトhttps://nft.line.me/

LINE NFTは、LINEの延長線上のように利用できるマーケットプレイスだ。

NFT購入時は、LINE Payによる日本円決済と、仮想通貨LINKでの決済が選べる。

LINE NFTで購入したNFTは、LINE BITMAX Walletで管理が可能だ。

そのLINE BITMAX Walletによって、LINEの友達にNFTを送ったり、受け取ったりすることができる。

また、LINE NFTを支える独自ブロックチェーン「LINE Blockcain」は現在のところ無料である。

イーサリアムネットワークを利用するマーケットプレイスと異なり、ガス代がかからないことも魅力の一つである。

LINE NFTの決済で利用する仮想通貨LINKを購入したい人は、LINE BITMAXを利用するとよいだろう。

LINE Payで入金し、購入することもできるし、LINE BITMAX Walletとの連携もスムーズに行える。

LINE BITMAXは、LINE NFTでNFTの取引をしたい人に向けて、1番のおすすめの取引所である。

\ 最短5分で申込完了! /

Coincheck NFT

Coincheck NFT
出典:Coincheck NFT(β版)
名称Coincheck NFT(β版)
取扱コンテンツデジタルアート
ゲームアセット
トレーディングカード

決済通貨イーサリアム他
手数料購入・出品:無料
販売手数料:10%
出庫手数料:0.01〜0.16ETH
対応ウォレットメタマスク
対応ネットワークイーサリアム
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/nft

Coincheck NFT(β版)は、仮想通貨取引所Coincheckの展開するNFTマーケットプレイスだ。

Coincheckで口座開設すれば、誰でも利用することができる。

NFTがオフチェーンに保存される方式を採っているため、ガス代がかからないのが魅力だ。

「オフチェーンに保存される」とは、NFTがブロックチェーン上に記録されるのではなく、Coincheckが管理する内部データベースに保存されることを意味する。

また、NFT購入時にオファーする場合は、イーサリアムだけではなく、Coincheckで取り扱っている10種類以上の通貨で可能だ。

取り扱っているNFTも有名どころを抑えているのがポイントで、以下のようなものがある。

Coincheck NFT(β版)で扱う主なNFT

  • 土地…『The Sandbox』『Decentraland』『Othersides』
  • カード…『Sorare』『CryptoSpells』
  • ジェネレイティブ…『Generativemasks』『ArtBlocks』『Meebits』

上記のように、Coincheck NFT(β版)では多彩なNFTを扱っているので、興味のある人は、Coincheckの口座開設をおすすめする。

Coincheckは、シンプルなインターフェイスで、取引のしやすさに定評がある。

取扱通貨も、17種類と幅広いため、開設しておいて損はない取引所だ。

Adam by GMO

Adam by GMO
出典:Adam by GMO
名称Adam by GMO
取扱コンテンツデジタルアート
漫画
イラスト
動画など
決済通貨イーサリアム
日本円(クレジットカード)
手数料販売手数料:5%
クレジットカード決済手数料:3%
振込手数料:300円(日本円取引)
対応ウォレットメタマスク
対応ネットワークイーサリアム
公式サイトhttps://adam.jp/

Adam by GMOは、GMOインターネットグループ傘下のAdam by GMO株式会社が運営するNFTマーケットプレイスだ。

NFTアートや、漫画やイラスト、動画を中心に1000点以上のNFTが取引されている。

クレジットカード決済ができるので、必ずしも仮想通貨を取引しなくても、作品を購入できるのが便利だ。

また、購入したNFTをAdam by GMO内で二次販売でき、その際の売り上げの一部はロイヤリティとして、クリエイターへ還元される。

Adam by GMOで、購入したいNFTが見つかった人は、LINE BITMAXでイーサリアムを購入してみるとよいだろう。

メタマスクへ送金し、Adam by GMOのWebサイトに接続することで、決済ができるようになる。

\ 最短5分で申込完了! /

おすすめ海外NFTマーケットプレイス

海外のNFTマーケットプレイスを3つピックアップした。

どれも規模の大きい見ごたえのあるマーケットプレイスだ。

OpenSea

Open Sea
名称OpenSea(オープンシー)
取扱コンテンツデジタルアート
ゲームアセット
トレーディングカード
デジタルミュージック
プロックチェーンドメイン
ユーティリティトークン
決済通貨イーサリアム
Matic
Klaytn
SOLなど
手数料販売手数料:2.5%
対応ウォレットメタマスク
コインベースウォレット
ファントム
グローなど
対応ネットワークイーサリアム
クレイトン
ポリゴン
ソラナ
関連記事OpenSeaの特徴

OpenSeaは2017年12月にサービスを開始した、世界最大級のNFTマーケットプレイスだ。

2022年1月の取引高は48億ドルを超えるなど、圧倒的な規模を誇るマーケットプレイスと言えるだろう。

出典:DuneAnalytics

事前審査がないため、誰でも気軽にNFTを作成し出品できるのが魅力で、作成までならガス代はかからない。

売り手は、販売するときに、固定価格、オークションを選択できる。

買い手は、オファーを出して、金額を提示して購入する方法もある。

NFTを販売するときは、ロイヤリティ設定(二次販売された場合に作者に入る報酬)ができるのも魅力だ。

OpenSeaでは、イーサリアムだけではなく、MaticSolanaなどさまざまな仮想通貨で決済できる。

今後もさまざまなチェーンに対応していくことが考えられる。

Rarible

rarible
出典:Rarible
名称Rarible
取扱コンテンツデジタルアート
ゲームアセット
デジタルミュージック
フォトグラフ
決済通貨イーサ
Sol
XTZ
IMX
Flow
Matic
手数料販売手数料:2.5%
対応ウォレットメタマスク
Coinbase wallet
WalletConnect
対応ネットワークイーサリアム
Solana
XTZ
Immutable X
Flow
Polygon
公式サイトhttps://rarible.com/

RaribleはさまざまなNFTの購入、出品、販売ができるマーケットプレイスだ。

OpenSeaと同様に、RaribleではNFTの出品の際に事前審査がないため、気軽に利用できる。

アート作品からゲームアイテムまで品揃えが幅広いのが魅力と言えるだろう。

洗練されたインターフェイスであるため、初心者でもNFTを探しやすいのが特徴だ。

また、Raribleでは、市場流動性マイニング制度を導入しているため、NFTを売買すると、RaribleのガバナンストークンRARIを獲得できる。

そのため、Raribleの今後についてコミュニティ投票できるなど、プラットフォーム運営に携われる。

他のNFTマーケットプレイスよりも、全体的にNFTが安価であるのも魅力だ。

初心者にとってハードルの低いNFTマーケットプレイスと言えるだろう。

SuperRare

superrare
名称SuperRare
取扱コンテンツデジタルアート
決済通貨イーサリアムのみ
手数料一次販売:手数料15%
二次販売:手数料10%
対応ウォレットメタマスク
対応ネットワークイーサリアム
公式サイトhttps://superrare.com/

SuperRareは2018年にサービスを開始したNFTマーケットプレイスだ。

アートに焦点を当てたプラットフォームで、本格的な作品が豊富に取引されている。

SuperRareは出品するアーティストの作品に対して、厳正な審査を行うことで有名だ。

審査を通過したアーティストの作品だけが、SuperRareに出品されるので、作品のクオリティは高い。

また、SuperRareはVRギャラリーも運営している。

そのため、コレクターが購入したNFTは、VRギャラリーで公開も可能だ。

本物の画廊や美術館のように、質の高いアート作品を鑑賞できる魅力がある。

また、アーティストやコミュニティメンバーに配られるガバナンストークン「RARE」があれば、議決権が得られる。

他のマーケットプレイスよりもレベルも値段も高いが、アートに興味がある人は要チェックのマーケットプレイスと言えるだろう。

NFTマーケットプレイスの選び方

ここからは、NFTマーケットプレイスの選び方を説明する。

どのようなNFTマーケットプレイスからNFTを購入するか迷った場合に参考にしてほしい。

扱うNFTのジャンルで選ぶ

どのような種類のNFTを購入したいかによって、選ぶべきNFTマーケットプレイスは異なる。

NFTマーケットプレイスには、さまざまなジャンルを均等に扱っているところもあれば、単一種類のジャンルのみを扱っているところもある。

たとえば、OpenSeaやRaribleは、デジタルアートを始め、写真、音楽、ゲームアセットなど取扱いは多岐にわたる。

一方、SuperRareや、Adam by GMOなどは、デジタルアートが中心だ。

Coincheck NFT(β版)は、ゲームアイテム、メタバース内の土地、ジェネレイティブアートが多い。

LINE NFTは、イラスト中心に展開がされている。

様々なNFTマーケットプレイスにアクセスして、出品されている作品の傾向を掴んでみることをおすすめする。

決済方法で選ぶ

NFTマーケットプレイスを選ぶときは、決済方法にも注意しよう。

なぜなら、マーケットプレイスによって、仮想通貨の必要の有無が異なるからだ。

たとえば、LINE NFTであれば、LINE Payでの支払いができる。

また、Adam by GMOではクレジットカード決済が可能だ。

しかし、OpenSeaなどの海外のNFTマーケットプレイスは、基本的に仮想通貨を用意しなければいけない。

仮想通貨が必要なときは、仮想通貨取引所LINE BITMAXを利用すると便利だ。

銀行以外に、LINE Payからも入金できるので、仮想通貨購入がスムーズである。

まだ口座開設をしていない人は、この機会にチェックしてみよう。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTマーケットプレイスの使い方

ここからは、NFTマーケットプレイスの具体的な使い方をLINE NFTを例に説明する。

LINE NFTは、LINE Pay決済のNFTとLINK決済のNFTに分かれている。

現在LINK決済のNFTよりも、LINE Pay決済のNFTのほうが多い。

LINE Pay決済のNFTを購入する場合は、LINKは不要なので、ほしいNFTを選んで、LINE Payで支払いをしよう。

LINK決済でNFTを購入する場合を例に手順を解説する。

LINE Pay決済を選ぶ人は手順の④からを参照してほしい。

NFTマーケットプレイスでの買い方/購入方法

①LINE BITMAXへアクセスする

購入画面

まず、LINEアプリを起動し、右下のウォレットをタップする。

その後、赤枠のLINE BITMAXをタップしよう。

\ 最短5分で申込完了! /

②入金を行う

購入画面

画面下の「入出金/入出庫」をタップする。

その後、画面が切り替わるため、メイン口座:日本円の「入金」ボタンをタップしよう。

購入画面

次に、左のように入金方法の選択画面となる。

どちらか選んで入金を行おう。

銀行口座からの振込の場合は、振込先が表示されるので、各自でその振込先に日本円を振込する方法となる。

③LINKを購入する

購入画面

次に、LINE BITMAXの下のボタンから「ホーム」をタップする。

ホーム画面には仮想通貨一覧が表示されているので、そこからLINKをタップする。

購入画面

下のほうにある「買う」をタップすると、LINKの購入画面が表示される。

購入したい金額を現金で入力し、「買う」をタップする。

そして「OK」をタップしよう。

「購入しました」と表示されたら「OK」をタップする。

これで、LINKの購入は完了だ。

④NFTマーケットプレイスにアクセスする

購入画面

ここでは、例としてLINE NFTにログインする。

マーケットもしくはストアにアクセスし、画面右上にログインボタンがあるので、ログインしよう。

スマホの場合は右上の三本線(赤枠)をクリックすると、ログインが表示される。

⑤マーケットもしくはストアでほしいNFTを探す

購入画面

再度、右上の三本線をクリックすると、左のような画面になるので、マーケットかストアかを選択する。

マーケットをタップすると、ユーザー同士のNFT売買画面が表示される。

ストアをタップすると、一次販売のページが表示される。

購入画面

今回はストアからNFTを探す場合を例に説明する。

ストア画面で好きなNFTを探そう。

見つかったらそのNFTをタップする。

購入画面

下のほうに「購入する」というボタンがあるので、クリックする。

LINE PayもしくはLINKでの購入が可能だ。

購入画面

購入画面へ進んだら、注意事項を読んで、「同意する」のチェックボックスにチェックを入れる。

「決済へ進む」をタップすると、LINE BITMAXが起動して、決済が進む。

決済完了となったらOKをタップしよう。

これで、NFT購入は完了だ。

NFTマーケットプレイスでの売り方/出品方法

出品画面

LINE NFTを開き、自身のプロフィールにアクセスする。

その後、保有中のNFTの中から、出品するNFTを選択しよう。

すると、左のような画面となるので、「出品する」をタップする。

出品画面

販売方法を「仮想通貨LINK」もしくは「円」の二択から選択する。

その後、販売価格を決めて、「確認する」をタップする。

パスワード入力などを進めれば、出品完了だ。

LINE BITMAXでは、LINKの購入ができる。

購入してから、特にウォレットに送金しなくても、そのままLINE NFTで決済ができるので、非常に便利だ。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTマーケットプレイスに関するQ&A

NFTマーケットプレイスで詐欺に遭うことはありますか?

規模の大きいNFTマーケットプレイスでは、詐欺のアカウントも存在するので、注意しよう。

たとえば、公式のマークがついていない、公式サイトやTwitter、Discord、Instagramなどがリンクされていないものは注意が必要だ。取引数が極端に少ないものは偽物の可能性がある。

NFTで投資は可能ですか?

NFTを購入したときよりも、高く売ることができれば、利益を出すことはできる。

しかし、どのNFTが購入時よりも高い価格で売れるかの予想は難しい。

NFT購入時のガス代を節約したい場合はどうすればよいですか?

ガス代のかからないLINE NFTや、Coincheck NFT(β版)を選ぶのも手段だ。

しかし、それらに所有したいNFTがない場合は、OpenSeaやRaribleでイーサリアム以外のネットワークを選んで検索してみるとよい。

イーサリアムと比べると、ガス代は抑えれるはずだ。

NFTマーケットプレイスのまとめ

本記事では、NFTマーケットプレイスはどのようなものかをまとめた。

この記事からわかること

LINE NFTでは、LINE Pay決済が利用できる
Coincheck NFT(β版)はCoincheckの口座開設さえすれば、誰でも利用可能
Adam by GMOはクレジットカードで決済ができる
OpenSeaは世界最大手のNFTマーケットプレイスで、誰でも無料でNFTを作成できる
Raribleは使い勝手のよいインターフェイスで、比較的安価なNFTが多い
SuperRareは審査制のNFTマーケットプレイスであるため、高品質なアートNFTが多く出品されている
NFTマーケットプレイスには詐欺アカウントも多く存在するため、公式マークがついていない場合は要注意

NFTマーケットプレイスは、それぞれ持ち味がある。

日本円で決済してNFTを購入できるものもあれば、仮想通貨取引をしてNFTを購入する必要があるマーケットプレイスもある。

まずは、それぞれのサイトにアクセスして、どのような雰囲気のものを自分は購入したいと感じるかをチェックしてみてほしい。

もし、購入に仮想通貨が必要なNFTが入手したい場合は、LINE BITMAXが便利だ。

スマホ1つで、LINE Payからも入金できるため、この機会にLINE BITMAX公式サイトを確認しておこう

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる