【2022年最新】NFT関連銘柄のおすすめランキング!将来性の高い銘柄や選び方を徹底比較

NFT 銘柄

いまだ衰えを知らないNFT市場。

アメリカの調査会社のVerified Market Researchの調査によると、2022年から2030年にかけての市場成長率は年平均37.7%を記録し、30年には約32兆円もの市場にまで成長することが予想されている。

「参考:NFT市場は2030年には約32兆円に

そんな右肩上がりのNFT市場に投資するためには、NFT銘柄への投資が効果的だ。

今回の記事ではNFT銘柄の概要や選び方などを紹介していく。

あわせて仮想通貨や株式投資におけるNFTおすすめ銘柄も紹介しているので、投資の参考にしてほしい。

この記事からわかること
  • NFT銘柄とはNFTを活用した取引や売買に利用される仮想通貨のこと
  • NFT事業に取り組んでいる会社の株式をNFT銘柄と呼ぶこともある
  • NFT銘柄を選ぶ際にはファンダメンタルとテクニカル分析を参考にするべきであること
  • NFT銘柄に投資したい場合はLINE BITMAXの利用が便利であること

NFT事業に取り組んでいる会社の株式をNFT銘柄と呼ぶこともあるが、一般的にはNFT取引の際に利用される仮想通貨のことを呼ぶ。

そのため、NFT銘柄に投資するためには仮想通貨の取引口座が必要だ。

NFT銘柄に投資したい際はLINE BITMAXの利用がおすすめ。

LINE BITMAXはスマホでの感覚的な操作に加えて、LINEアカウントがあれば手軽に開設できる。

仮想通貨取引ができる口座を持ち合わせていない方は、この機会にLINE BITMAXの公式サイトにアクセスしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

目次

NFT銘柄とは

まずはNFT銘柄について以下の3つを中心に紹介する。

NFT銘柄とは?
  • NFTに関連する銘柄のこと
  • さまざまな分野に及ぶ
  • 高い時価総額を記録する銘柄も存在

NFTに関連する銘柄のこと

NFT銘柄とはNFTに関連するさまざまな銘柄のことを意味する。

そもそもNFTとは?
  • Non-Fungible Tokenの略称で、日本語で代替不可能なトークンという意味を持つ
  • ブロックチェーン技術の活用により、デジタルアセットの唯一性が証明される

NFTではブロックチェーンを活用して取引するのが一般的。

例えば、NFTゲームとして有名なThe Sandboxイーサリアム(ETH)のブロックチェーンが利用されている。

以上のことを踏まえると、広義な意味ではイーサリアムもNFT銘柄として捉えることも可能だ。

ただし、一般的にイーサリアムはDappやDEXなどのプラットフォーム制作に利用されるため、NFT銘柄と呼ばれる機会は少ない。

一方で、The Sandboxを例にすると、ゲーム内トークンの「SAND」をNFT銘柄と呼ぶのが一般的である。

その他にも、エンジンプラットフォームでのNFT取引に利用される「Enjin」や、ブロックチェーンゲームのDecentralandに利用される「MANA」などをNFT銘柄と呼ぶ。

また、NFT事業を展開している会社の株式のことをNFT銘柄と呼ぶ機会も増えてきている。

さまざまな分野に及ぶ

NFTと一言で表しても、その種類はさまざまに及ぶ。

主なNFTの種類は以下の通り。

NFTの主な種類
  • アート
  • コレクターズアイテム
  • メタバースやゲーム
  • 音楽
  • トレーディングカード

以上のようにさまざまな種類があるNFTでは、それぞれ利用しているブロックチェーンが異なる。

ブロックチェーンが異なるということは対応している仮想通貨も異なるため、さまざまなNFT銘柄が存在する。

そのため、NFT銘柄に投資する際は、それぞれの特徴を加味したうえで将来性が高い銘柄に投資するべきだ。

高い時価総額を記録する銘柄も存在

NFT銘柄のなかには高い時価総額を記録している銘柄も存在する。

例えば、NFTゲームなどに利用されるブロックチェーン「Flow」は2022年9月時点の仮想通貨における時価総額ランキングで31位を記録。

他にもさまざまな銘柄がトップ50以内に位置している。

高い時価総額を記録する銘柄は値崩れしにくく、価格が激しく落ちる可能性が低い

仮想通貨のなかでも比較的緩やかな値動きが期待できるので、ポートフォリオに加えておくとよいだろう。

そんなNFT銘柄に投資したい場合はLINE BITMAXの利用がおすすめ。

LINE BITMAXの詳細が気になる方は、以下のリンクから公式サイトにアクセスしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

NFT関連銘柄の選び方

NFT関連銘柄を選ぶ際は以下のポイントに注意してほしい。

NFT関連銘柄の選び方
  • 銘柄の特徴やサービス内容を確認
  • リスク許容度にあわせた時価総額の確認
  • テクニカル分析を利用する

銘柄の特徴やサービス内容を確認

NFT銘柄にはそれぞれサービス内容や特徴が異なる。

仮想通貨の場合はブロックチェーンの性能や提供するサービスがそれぞれ異なるため、将来性が高い銘柄を選ぶ必要がある。

特にブロックチェーンにおける処理速度の速さには注意してほしい。

近年では「スケーラビリティ問題」が発生しているため、ブロックチェーンの処理速度は重要視されている。

将来性が高い銘柄を選ぶという意味では、処理速度が速めのブロックチェーンを搭載している仮想通貨がおすすめ。

また、株式のNFT銘柄であれば、どのようなサービスを展開しているのかに注目してほしい。

特に他のサービスにはない特徴を持っている場合は独自性を発揮しやすいため、将来性を見込みやすい

リスク許容度にあわせた時価総額の確認

時価総額を気にして投資する際は自分のリスク許容度を今一度確認してほしい。

リスク許容度にあわせた投資をすることで、投資の結果に後悔しにくくなる。

時価総額が低い銘柄は投資している人が少なく、誰もまだ目をつけていない銘柄と判断可能。

その一方で、プロジェクトが破綻する可能性も高く、損失を計上するかもしれない。

リスク許容度が高ければ時価総額の低い銘柄に投資しても問題ないが、リスクを許容できない場合は時価総額が高めの銘柄がおすすめだ。

特にリスクを許容できない場合は、時価総額ランキングでもトップ100以内に入る銘柄でポートフォリオを組むのがおすすめ。

テクニカル分析を利用する

NFT銘柄に投資する際はテクニカル分析を利用してほしい。

テクニカル分析とは?
  • 過去の値動きをさまざまな指標をもとに分析する手法
  • 今後の値動きを予想するのに役立つ

テクニカル分析は特定の指標をもとに値動きを予想することで、今後の投資タイミングを見極めるのに役立つ

特にローソク足を利用したチャート画面によるテクニカル分析は、多くの投資家の判断材料になっている。

もし本格的にテクニカル分析に取り組みたい場合は、LINE BITMAXの利用がおすすめ。

LINE BITMAXでは初心者でもわかりやすいラインチャートから、本格的な取引におすすめなローソク足チャートまで用意されている。

利用者のレベルにあわせたテクニカル分析を可能にしているので、LINE BITMAX公式サイトで詳細を確認しておこう。

\ 最短5分で申込完了! /

【仮想通貨】おすすめNFT銘柄

仮想通貨におけるおすすめNFT銘柄を5つまとめた。

おすすめのNFT銘柄は以下の通り。

仮想通貨におけるおすすめNFT銘柄5選
  • Enjin
  • SAND
  • Tezos
  • MANA
  • Chiliz

Enjin

ENJIN
引用元:https://ja.enjin.io/
通貨名Enjin Coin
ティッカーシンボルENJ
価格(2022年9月時点)69.90円
時価総額(2022年9月時点)69,902,736,095円
時価総額ランキング(2022年9月時点)73位
主な取引所DMM Bitcoin
bitbank
・Binance
・Kucoin
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事ENJINの今後

Enjin Coin(ENJ)はNFTの作成や配布、取引の場を提供するなど、NFTに関する総合的なプラットフォームを提供しているプロジェクト。

アートやゲーム分野のNFTはもちろんのこと、コレクターズアイテムの生成まで可能にしている。

すでに2万7,000以上のプロジェクトがEnjinプラットフォームで機能していて、ミントされたトークンは約12億。

数多くのプレイヤーが利用していることがわかるだろう。

大手企業も注目していて、ゲーム会社の「スクウェア・エニックス」との提携も果たしている。

DMM BItcoinはENJIN以外にも取り扱い銘柄が多いため、この機会に公式サイトを確認しておこう。

\ 口座開設完了で即時2,000円プレゼント! /

SAND

SAND
引用元:https://www.sandbox.game/en/
通貨名The Sandbox
ティッカーシンボルSAND
価格(2022年9月時点)122.86円
時価総額(2022年9月時点)184,234,442,751円
時価総額ランキング(2022年9月時点)41位
主な取引所Coincheck
・Binance
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事SANDの今後

The Sandbox(SAND)はイーサリアムのブロックチェーンを基盤としたNFTゲーム。

メタバースの仮想空間上のLANDという土地を購入することで、オリジナルのNFTアイテムやキャラクターを制作可能。

アルファ版しかリリースされていないものの、すでに多くの企業が注目していて、adidasやソフトバンク、Coincheckなどの企業とパートナー関係を結んでいる。

直近では「TOKYO Blockchain Game Night」にて優秀賞を獲得するなど、今後もNFTゲームの筆頭としての活躍が期待できるだろう。「参考:公式Twitter

Coincheckにのみ取り扱いがあるので、公式サイトを確認しておこう。

Tezos

Tezos
引用元:https://tezos.com/
通貨名Tezos
ティッカーシンボルTXZ
価格(2022年9月時点)217.58円
時価総額(2022年9月時点)198,283,923,151円
時価総額ランキング(2022年9月時点)39位
主な取引所bitFlyer
GMOコイン
公式サイト公式サイトはこちら

Tezos(TXZ)はこれまで分散型アプリケーションの開発に活用されてきたが、近年ではNFT分野での開発にも注目されている。

特に近年ではUbisoftのゲームでNFTを発行するためにTezosが利用されて、コンシューマーゲームとのコラボを果たした。

他にもobjktやKalamintなどのNFTマーケットプレイスをリリースしており、NFT取引で活用される場面が増えていくことが予想される。

bitFlyerなどの国内取引所に取り扱があるので、公式サイトを確認しておこう。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

MANA

MANA
引用元:https://decentraland.org/
通貨名Decentraland
ティッカーシンボルMANA
価格(2022年9月時点)102.77円
時価総額(2022年9月時点)190,650,976,338円
時価総額ランキング(2022年9月時点)40位
主な取引所DMM Bitcoin
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事MANAの今後

Decentraland(MANA)はイーサリアムブロックチェーンをメインとしたメタバースプロジェクトだ。

Decentralandでは分散型自立組織(DAO)のシステムを採用しているのが特徴的で、非中央集権的な運営体制を確立している。

プログラミング知識がなくてもさまざまなアセットを制作できることから、ゲーム初心者でも問題なく楽しめるNFTゲームだ。

\ 口座開設完了で即時2,000円プレゼント! /

Chiliz

CHZ
引用元:https://www.chiliz.com/jp/
通貨名Chiliz
ティッカーシンボルCHZ
価格(2022年9月時点)27.40円
時価総額(2022年9月時点)164,422,339,124円
時価総額ランキング(2022年9月時点)43位

Chiliz(CHZ)は海外サッカークラブなどのスポーツクラブとファンたちの交流を深める場を提供するプロジェクト。

Chilizではスポーツクラブのファントークンを獲得できる取引所を提供していたり、ファン投票や報酬がもらえるプラットフォームを提供していたりする。

ファントークンとは?
  • スポーツクラブが発行する仮想通貨の総称
  • FCバルセロナやパリサンジェルマンFCなどのサッカークラブが発行している

時価総額ランキングにおいても2022年9月時点で43位につけており、今後もますます活躍が期待される。

Chilizに限らず、仮想通貨に投資しておきたい方はLINE BITMAXの口座を開設して、仮想通貨の値動きを確認しておこう。

\ 最短5分で申込完了! /

【株式投資】おすすめNFT銘柄

株式投資におけるおすすめNFT銘柄も3つ記しておく。

仮想通貨だけでなく、株式においても投資したい方は参考にしてほしい。

株式投資におけるおすすめNFT銘柄3選
  • メルカリ
  • Dapper Labs
  • Gaudiy

メルカリ

メルカリ
引用元:https://about.mercari.com/

メルカリはフリマアプリ「メルカリ」を提供する会社で、個人がモノの売買を簡単にできる仕組みを提供している。

そんな個人間の取引を提供しているメルカリだが、近年ではNFT事業にも積極的だ。

メルカリは2021年12月に日本のプロ野球リーグに属するパ・リーグ6球団とNFT事業での提携を発表。

パ・リーグ6球団の名場面がNFTとしてコレクションできるサービス「パ・リーグ Exciting Moments β」の提供を開始した。

本サービスはすでに第6弾まで発表されていて、第2弾のコレクションは90%程度完売している。

NBA Top Shotがスポーツ業界でのNFTで成功したように、活用がうまくいけばパ・リーグ Exciting Moments βも大衆化する可能性があるだろう。

Dapper Labs

Dapper Labs
引用元:https://www.dapperlabs.com/

Dapper LabsはブロックチェーンサービスやNFT事業を展開しているカナダの会社。

2018年の設立以来、以下のサービスを主に提供してきた。

Dapper Labsが提供してきたサービス
  • NFTゲーム…NBA Top Shot
  • NFTゲーム…CryptoKitties
  • ブロックチェーン…Flow

今やブロックチェーン業界において欠かせない存在へと成長している。

特にNBA Top ShotはNFTトレーディングカードの成功モデルとして、多くの企業が参考にしている。

すでに紹介したメルカリの「パ・リーグ Exciting Moments β」も少なからず影響を受けていることは間違いない。

また、NFTゲームが注目されるきっかけとなったCryptoKittiesもDapper Labsからリリースされている。

NFT市場を牽引するDapper Labsに投資しておけば、さらにNFTが盛り上がった際によい影響を受けられるかもしれない。

Gaudiy

Gaudiy
引用元:https://gaudiy.com/

GaudiyはWeb3時代においてクリエイターとファンをつなげるためのプラットフォーム「Gaudiy Fanlink」を提供している会社。

既存のプラットフォームありきで作品が評価されにくい環境を払拭するため、独自のコミュニティシステムを通じてファンの熱量が正しくクリエイターへと伝わるエコシステムの構築を目指す。

これまでジャンプ漫画「約束のネバーランド」やスマホゲームの「22/7 音楽の時間」などが利用してきた。

今後も非中央集権的な考えが浸透していく可能性があることから、Gaudiyのサービスがより注目される可能性も十分にあり得る

NFT銘柄の今後の見通し/将来性

NFT銘柄の今後の見通しは以下の通りである。

NFT銘柄の今後や将来性について
  • 市場規模が拡大することによる好循環
  • 徐々に流行が下火になっている
  • 大衆がNFTを利用しやすい環境が整備されつつある

市場規模が拡大することによる好循環

NFT市場が拡大していけば、NFT銘柄の価値も上昇しやすい。

実際にNFT市場が拡大していく予想を残す専門家も多く、株式会社グローバルインフォメーションの調査によると、2022年の30億米ドルから2027年には136億米ドルにまで成長する予想が発表されている。

「参考:NFT(非代替性トークン)の市場規模、2027年に136億米ドル到達予測

以上のようにNFT市場の規模が拡大していけば、相対的にNFT銘柄の価値もあがっていくだろう。

徐々に流行が下火になっている

長期的には市場規模が成長していく予想を立てる専門家もいるが、NFTブームは衰退の兆しが見えつつある。

例えば、世界最大規模のNFTマーケットプレイスとして知られている「OpenSea」だが、2022年1月のアプリダウンロード数は1日あたり18万件を記録していた。

しかし、同年5月の1日あたりのアプリダウンロード数は約2万件にまで落ち込んでしまっている。

以上のことを踏まえると、NFTのブームは下火になりつつあることが伺えるだろう。

とはいえ、NFTの可能性自体に変化があったわけではないため、今後開発が進んでいけば再び注目が集まる可能性も十分にあり得る。

大衆がNFTを利用しやすい環境が整備されつつある

NFT取引といえば煩雑な準備が必要であるため、初心者が利用しにくい環境であった。

しかし、近年では誰でもNFTを利用しやすいように環境が整備されつつある

例えば、LINE NFTではLINE BITMAXに登録しておくことで、簡単に取引が利用可能だ。

スマホの感覚的な操作でNFT取引ができれば、初心者でも気兼ねなくNFT取引に集中可能になる。

NFTの取引が気軽にできるようになれば、NFT銘柄の価値があがっていく可能性も高い。

LINE NFTの利用にはLINE BITMAXの登録が必要なので、この機会に公式サイトにアクセスして詳細を確認しておこう。

\ 最短5分で申込完了! /

NFT銘柄に関するQ&A

NFT銘柄を購入するタイミングは?

NFT銘柄を購入する際は、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析に取り組んでほしい。

分析結果をもとに適切なタイミングで購入できれば、将来的な値上がりも狙える

NFT銘柄の価値が下がる可能性は?

規模が拡大しつつあるNFT市場だが、なかには価値を下げる銘柄も存在する。

特にロードマップ通りにプロジェクトが進んでいない銘柄は要注意

プロジェクトが破綻して、損失を計上する可能性も考えられる。

NFT銘柄のまとめ

この記事で重要なポイントは以下の通り。

この記事からわかること
  • NFT銘柄とはNFTに関連する仮想通貨や株式のこと
  • NFT銘柄を選ぶ際は時価総額を参考にしながら、リスク許容度にあわせて投資するべきであること
  • 市場規模が拡大しつつあるが、流行が下火なってきていることも事実であること
  • NFT銘柄に投資したい場合はLINE BITMAXの利用が便利であること

Web3時代を象徴するNFT銘柄は、市場規模の拡大に伴い、さらに価格をあげる可能性も秘めている。

NFT銘柄への投資を検討している方は、LINE BITMAXの口座を開設しておき、取引を有利に進めてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

NFT 銘柄

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる