NFTアートとは?作品例・作り方や購入/販売方法を初心者にもわかりやすく解説

NFTアート

NFTアートとは、非代替トークンであるNFTを活用して作成されたアートのことだ。

NFTアートの登場によってデジタルデータをアートとして取引可能となり、画像データなどが資産価値を持つようになった。

中には、数億円で取引されるNFTアートも登場しており、注目度は年々高まりつつある。

この記事では、そんなNFTアートについて以下の観点から解説している。

この記事からわかること
  • NFTアートはNFTを活用したアートのこと
  • 非代替性や偽造が不可能といった特徴を持ち唯一無二の証明が可能
  • マーケットプレイスを活用して容易に取引できる
  • 数億円で取引されるNFTアートも

NFTアートの購入や管理には、ガス代の支払いや決済通貨として仮想通貨が必要な事が多い。

まだ、仮想通貨を購入できる国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXであれば、使い慣れたLINEから口座開設〜取引までを完結させられる。

また、「LINE NFT」というNFTマーケットプレイスを利用することも可能になっている。

NFTアートに興味があるなら、LINE BITMAXからスタートしよう。

\ 最短5分で申込完了! /

目次

NFTアートとは

NFTアートとは、NFTを活用して作成されたアートのことだ。

NFT(Non Fungibke Token)の略で、日本語では非代替性トークンと訳されることが一般的になっている。

NFTアートでは、偽造や代替性の問題からこれまで資産価値を持たすことができなかったデジタルデータ(アート)を、NFTを活用して資産価値を持たせることが可能だ。

NFTアートは、今後もさまざまな応用が実装されつつあり、多様な可能性が考えられる。

そんなNFTアートを扱う場合は、仮想通貨を保有しておくと何かと便利だ。

まだ、仮想通貨を保有していないという方は、仮想通貨を購入できる国内仮想通貨取引所での口座開設からスタートしよう。

国内仮想通貨取引所であるLINE BITMAXであれば、普段から使い慣れているLINEから気軽に口座開設〜取引を済ませることができる。

また、LINE BITMAXで口座開設を済ませることで「LINE NFT(NFTのマーケットプレイス)」を利用することも可能になる。

NFTアートが気になるものの、何からスタートしてよいか分からないという方は、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTアートの特徴

これから、NFTアートの特徴について、以下の5点から解説していく。

NFTアートの5つの特徴
  • NFTの仕組みを活用
  • 唯一無二の存在証明
  • かんたんに売買可能
  • コレクションとステータス
  • 二次流通とインセンティブ

NFTアートが注目されている特別なポイントを把握していこう。

NFTの仕組みを活用

NFTとは「代替不可能な性質」を持つトークンのことで、ブロックチェーン上で行き来しているトークンの1種だ。

NFTアートを理解するには、「NFT」への理解が不可欠なため、大前提となるNFTへの理解を進めていこう。

各ブロックチェーン上では、さまざまなトークンが行き来している。

例えば、一般的に仮想通貨と呼称されているものは、代替性を持つトークンで流通していることが一般的だ。

通常の仮想通貨として利用されているトークンでは、1ETHは他の1ETHと同じ価値を持ち、代替可能な性質を持っている。

各トークンの性質・特徴はトークンの規格で決定されるが、NFTは数ある規格の中で「代替不可能な性質を持つ規格」として発行されているトークンである。

NFTに活用されている代表的な規格にイーサリアムの「ERC-721」が挙げられ、多数のNFTがERC-721の規格を活用して作成されている。

NFTアートでは、基本的に上記のような特性を持つ規格を用いて、作成されている。

NFTによる代替不可能&偽造不可能な性質

通常デジタルデータは代替可能なものであり、かつ偽造が容易に可能になっている。

一方で、NFTアートとして扱われているデジタルデータは、代替不可能であり偽造もほぼ不可能だ。

これは、前述したようにNFTが代替不可能な性質を持つことが起因している。

現在、流通している一般的なNFTアートでは、そんなNFTにデジタルデータの一部のデータを記録することで、NFTアートの非代替性を証明している。

また、NFTはブロックチェーン上に流通していることから、ブロックチェーンの性質上、各NFTに記録されているデータを変更・改ざんすることが難しく、偽造がほぼ不可能だ。

上記のような代替不可能・偽造不可能な性質を活用することで、NFTアートはデジタルデータでありながら、唯一無二の存在として資産価値を持たせることが可能になった。

かんたんに売買可能

NFTアートは、NFTマーケットプレイスなどで容易に売買可能になっている。

NFTマーケットプレイスとは、NFTを取引できるサービスのことで、NFTにおけるフリマアプリやオークションサイトのようなものだ。

数百万円〜数億円といった規模のNFTが、NFTマーケットプレイスで取引される事例も見られ、このような高額な取引であっても仮想通貨さえ保有していれば誰でも参加できる。

通常、高額なアートの取引というのは、クローズな場で行われることも少なくないため、かんたんに誰でも取引に参加できるというのも、NFTアートの特徴の1つだろう。

コレクションとブランド

NFTアートでは、一定のコンセプトを持ったNFTの集まりを「コレクション」として呼称することが一般的だ。

利用者の観点から見たときに、コレクションはブランド名などと近い性質を持つ。

価値の高い・知名度の高いコレクションから出たNFTアートは、無名のNFTアートと比較して高額に取引されることが多い。

技術的な観点では、同一のコントラクトアドレスを持つものもをコレクションとして扱ったり、マーケットプレイス独自のコレクションの枠組みを持つものなどが存在する。

二次流通とクリエーターへのインセンティブ

NFTアートでは、二次流通においてもクリエーターへのインセンティブを設定することが可能だ。

これまでのアートで、二次流通においてクリエーターが恩恵を受けることはほぼ不可能だったが、NFTアートでは可能になる。

例えば、Aというアーティストが1%の二次流通におけるインセンティブを設定し、NFTアートを販売したと仮定しよう。

Bという人物が1万円でそのNFTアートを購入し、Cに10万円で転売したとする。

この場合、Aには1,000円のインセンティブが返ってくることになる。

こういったクリエーターの権利を守るといった性質を持つのも、NFTアートの魅力の1つだ。

上記のような特徴を持つNFTアートが気になるという方は、まずはNFTを扱うにあたって必要な事が多い仮想通貨を購入してみよう。

仮想通貨の購入なら、安心の国内仮想通貨取引所であるLINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXならLINEから口座開設〜取引を完結可能で、NFTを取引可能な「LINE NFT」を利用することも可能だ。

LINE BITMAXからNFTアートへデビューしていこう。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTアートの代表例

これから、NFTアートの代表例について、前述したコレクションから解説していく。

現在、NFTアートには、さまざまなコレクションが存在しているが、その中でも代表的な「Crypto Punks」「BAYC」「MAYC」という3つをチェックしていこう。

Crypto Punks

Crypto Punks
引用元:Larva Labs

Crypto Punksは、代表的なNFTコレクションの1つだ。

イーサリアム上で発行されており、NFTアートの老舗(初期に登場したプロジェクト)としても知られている。

細かな値段は、各NFTアートによって異なるものの、高いものでは数億円で取引された実績もある。

BAYC

BAYC
引用元:BAYC

BAYC(Bored Ape Yacht Club)の略で、こちらもCrypto Punks同様に、知名度の高いNFTコレクションの1つだ。

BAYCでは、猿をテーマにしたNFTアートを発行しており、人気の高いNFTアートは数億円程度で取引されたこともある。

また、BAYCを運用している「Yuga Labs」は著名なVCから4億ドルを超える資金調達を行っており、メタバースの構築なども行っている。

MAYC

MAYC
引用元:OpenSea

MAYCも、前述したBAYCの運用を行うYuga Labsが運用するNFTコレクションだ。

MAYCについても、BAYC同様に高い人気を持っている。

MAYCを保有していると、MAYCを保有者を対象としたコミュニティへの参加やトークン(Apecoin)の配布といったインセンティブがついてくる。

上記のようなNFTアートの購入は、仮想通貨を保有していくと何かと利便性が高い。

まだ、仮想通貨を保有していないという方は、仮想通貨を購入できる国内仮想通貨取引所への口座開設からスタートしよう。

まだ、国内仮想通貨取引所の口座を持っていないなら、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXであれば、日頃から使い慣れているLINEから口座開設〜取引までを完結させることができる。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTアートの将来性/今後の見通し

これから、NFTアートの将来性や今後の見通しについて解説していく。

NFTアートのこれからをチェックしていこう。

既存IPの進出

NFT関連事業や、NFTアートへなどに進出する企業が増えつつある。

特に、既に知名度の高いIP(キャラクターや作品などの知的財産)を持つ企業の進出が著しい。

例えば、大手ゲームメーカーのスクエニ(スクウェア・エニックス)は、今後NFTを活用したゲームやエンタメの事業への進出を発表している。(参照元:CoinPost)

上記のような既に魅力的なIPを保有している企業によるNFTアートやNFTゲームへの進出は、国内外を問わず確認できる。

NFTアートやNFTゲームの注目度が高まりにつれ、上記のような取り組みが増えていく可能性はあるだろう。

NFTを活用したAMMなどの応用

NFTアートをはじめとしたNFTの領域では、ブロックチェーン上に構築されたさまざまなプロジェクトによって、応用が進んでいる。

例えば、AMMでNFTの取引が可能になるSudoSwapなどが登場している。

AMMとは?

AMMとは、自動マーケットメイカーのこと。

スマートコントラクトを用いて需要と供給に応じて自動的にレートを調節し、取引を可能にする仕組み。

一般的には、仮想通貨を取引するDEX(分散型取引所)などの取引方法として採用されている。

Sudoswapを活用することで、分散性の高い環境でNFTが取引可能なるのはもちろん、NFTを流動性プールに提供することにより、利益を出すことも可能だ。

また、この他にもNFTを担保に仮想通貨を貸し出すプロジェクトなども登場しており、NFTとFinance(金融)の領域をかけ合わせた領域も形成されれつつある。

今後も、ブロックチェーン上で上記のような取り組み・プロジェクトが登場する可能性があり、NFTアートを活用したさまざまな運用が可能になっていく可能性があるだろう。

上記のような可能性を持つNFTアートをはじめるなら、仮想通貨を保有していくと利便性が高い。

まだ、仮想通貨を購入できる国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXをチェックしてみよう。

LINE BITMAXであれば、LINEから口座開設〜取引までを完結させることができる。

また、「LINE NFT」というNFTマーケットプレイスを利用すれば、NFTアートの取引も可能だ。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTアートの作り方/始め方

これから、NFTアートの作り方・始め方について「NFTアートを作る場合」と「NFTアートを購入する場合」の2点から解説していく。

NFTアートをはじめるための準備を進めていこう。

NFTアートを作る場合

NFTアートを作る場合は、まず前提となるアート(何らかのデジタルデータ)を創作する必要がある。

Photoshopなどの画像編集ソフトを活用して、作品を作っていこう。

作品が作れたら何らかの方法で、作品をNFT化してNFTアートにする必要がある。

方法はいくつかあるが、大手のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaなどであれば、マーケットプレイスからデジタルデータをNFT化させることもできる。

NFTアートが完成したら、NFTマーケットプレイスなどで出品することで販売していくことも可能だ。

NFTアートを購入する場合

NFTアートを購入する場合は、基本的にNFTマーケットプレイスを利用することになる。

現在、多数のNFTマーケットプレイスが登場しており、その種類は膨大だ。

しかし、多くの方は国内仮想通貨取引所などが運用するNFTマーケットプレイスか、OpenSeaなど海外大手NFTマーケットプレイスを利用することになるだろう。

購入したいNFTアートに応じて、利用したいNFTマーケットプレイスを決定していこう。

国内仮想通貨取引所などの国内NFTマーケットプレイスであれば、取引所の口座開設が必要になることが多いが、日本円から購入できるケースもある。

一方で、OpenSeaなどの海外大手のNFTマーケットプレイスでは、ウォレットの作成と仮想通貨の保有が必要となる。

いずれのケースでも、予め仮想通貨を保有しておくと利便性が高い。

そのため、NFTアートをはじめる場合は、国内仮想通貨取引所から仮想通貨を購入しておこう。

まだ、国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXからチェックしてみよう。

LINE BITMAXなら、LINEから口座開設〜取引を済ませることが可能で、初心者でも気軽にスタートしやすいはずだ。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTアートの売り方

次に、NFTアートの売り方について解説していく。

細かな手順は、各NFTマーケットプレイスで異なってくるため、利用するNFTマーケットプレイスに応じて、予め詳細はチェックしておこう。

これから、解説するのはあくまで「一般的なNFTマーケットプレイスの売り方」になるため、参考程度に読み進めてほしい。

ウォレットの作成と転送

まず、多くのNFTマーケットプレイスでは「ウォレット」が必要になる。

ウォレットとは仮想通貨を管理しておく場所のようなものだ。

各ウォレットによってNFTの対応状況は異なってくるが、NFTも管理可能になっているものが多い。

そのため、利用したいマーケットプレイスで対応しているウォレットの作成を進めていこう。

ウォレットを作成したら、NFTアートをウォレットに転送していこう。

NFTアートがウォレットに存在する状態になれば、この手順は完了だ。

NFTマーケットプレイスへの登録

NFTアートがウォレットに存在する状態になったら、次にNFTマーケットプレイスに登録しておこう。

NFTマーケットプレイスによって細かな手順は異なってくるが、海外大手のNFTマーケットプレイスであれば、ウォレットのみで登録が完了するケースが多い

このとき、登録するウォレットは、予めNFTアートを転送したウォレットを登録しよう。

一方で、国内仮想通貨取引所などが提供するNFTマーケットプレイスの場合は、予め口座開設などが必要になるケースもあるため、注意が必要だ。

NFTマーケットプレイスでの出品

最後に、NFTマーケットプレイスへの登録などが完了したら、NFTアートを実際に出品していこう。

多くのマーケットプレイスでは、販売価格や販売形式(オークション or 固定価格など)などの項目を設定することで、かんたんに出品が可能だ。

実際に、NFTアートが売れたらNFTアートを転送し、仮想通貨を受け取ることで取引が完了する。

上記のように、NFTを販売する場合はガス代(ブロックチェーン上の手数料)などで、仮想通貨が必要になる事が多い。

まだ、仮想通貨を保有していないという方は、国内仮想通貨取引所での口座開設を済ませていこう。

国内仮想通貨取引所の1つであるLINE BITMAXであれば、日頃から利用しているLINEから口座開設〜取引までを完結させることができる。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTアートを売買できるマーケットプレイス

これから、NFTアートを売買できるマーケットプレイスをいくつか紹介していく。

利用するNFTマーケットプレイスを選定する際の参考にしてみてほしい。

Coincheck NFT

CoincheckNFT
引用元:Coincheck NFT

Coincheck NFTは、国内仮想通貨取引所のCoincheckが運営しているNFTマーケットプレイスだ。

さまざまなNFTを扱っているが、特にBCG(ブロックチェーンゲーム)関連のNFTに強い

一例になるが、以下のようなNFTを扱っている。

Coincheck NFTで取り扱っているNFT
  • Decentraland
  • Art Blocks
  • The Sandbox
  • CryptoSpells
  • Sorare

BCG関連のNFTが気になるという方は、Coincheck NFTを利用してみると良いだろう。

ただし、利用にはCoincheckでの口座開設が必要となるため、気になる方は予めCoincheckで口座開設を行っておこう。

Opensea

Opensea
引用元:OpenSea

OpenSeaは、世界最大級のNFTマーケットプレイスだ。

画像・音楽・動画・トレーディングカードなど、非常に多種多様なNFTを売買する可能になっている。

海外発のサービスのため、国内のサービスと比較すると安全性やサポートの手厚さは相対的に落ちる。

しかし、海外のNFTアートを購入したい・本格的にNFTアートに触れたいという方はチェックしてみると良いだろう。

上記のようなNFTマーケットプレイスを利用したいなら、まずはNFTを購入する際の決済通貨となる仮想通貨を購入していこう。

まだ、仮想通貨を購入できる国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXであれば、LINEから気軽に口座開設〜取引を完結させることが可能だ。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTアートに関するよくある質問

NFTアートのデータはどこに存在しているのか?

NFTアートの画像データや音楽データなど、視覚で分かるデータがどこに保存されているのか?と疑問に感じた方もいるだろう。

NFTはあくまで「デジタルデータに関連するデータ」をトークンを活用して、ブロックチェーン上に持ってきているものだ。

つまり、画像のデータ自体がブロックチェーン上に乗っている訳ではない。

細かな画像データなどの保存方法は、マーケットプレイスや各NFTアートで異なってくる。

場合によっては、中央集権的な方法(マーケットプレイスなどのサーバー)で保存されていることもあり、NFT保有における一種のリスクでもある。

所有にはどんなリスクがある?

NFTアートは高額で取引されているケースもあるが、仮想通貨と同様に価格変動が非常に激しく、損失がでる可能性がある。

また、NFTマーケットプレイス内では、画像だけを模倣した偽物のNFTが出品しているケースもあり、注意が必要だ。

NFTアートのまとめ

この記事では、NFTアートについてさまざまな点から解説した。

この記事のまとめ
  • NFTアートはNFTを活用したアートのこと
  • デジタルデータでありながら、唯一無二の存在を証明可能
  • NFTマーケットプレイスなどで容易に取引可能
  • 数億円の価格がつくNFTアートも
  • NFTマーケットプレイスを利用することで売買できる

NFTアートは、同じくブロックチェーン上で機能している仮想通貨と比較すると、まだまだ歴史が浅い領域だ。

しかし、日々利用方法や応用方法が模索されており、魅力的なNFTアートやプロジェクトが登場しつつある。

今後も、NFTアート関連のトピックは今後も目が離せないと言えるだろう。

NFTアートの購入には、仮想通貨を保有しておくと何かと便利だ。

まだ、仮想通貨を購入する国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXをチェックしてみよう。

LINE BITMAXであれば、使い慣れたLINEから口座開設〜取引が可能で、取引画面も初心者が操作しやすいように設計されている。

また、LINE Blockchainで発行されたNFTを取引可能な「LINE NFT」というマーケットプレイスも利用可能となっている。

NFTアートに興味があるなら、LINE BITMAXからスタートしよう。

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

NFTアート

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる