NFTとは?始め方や仕組み・購入方法を初心者にもわかりやすく解説

NFT

2021年から社会的なブームとなったNFT。

しかし、NFTという言葉だけが一人歩きして、そもそもNFTとは何なのかがわからない人も多いのではないだろうか。

本記事では、NFTとは何か、そしてその始め方や作り方を解説する。

この記事からわかること
  • NFTは、Non-Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略
  • NFTとは、唯一無二の価値を証明する保証書のようなものと言える
  • デジタルコンテンツ(画像、音楽など)そのものがNFTではない
  • NFTによりデジタルアートなど様々なものに、1点ものの価値が担保される
  • デジタルコンテンツにNFTのデータが付与されている
  • ブロックチェーン技術によりNFTの信頼性は担保される
  • NFTは、クリック1つで簡単に取引可能
  • NFTはサービスやプラットフォームをまたいで取引できる
  • NFTアートには、スマートコントラクト機能によりロイヤリティ設定ができる
  • LINE BITMAXを利用すれば、スマホひとつで簡単に入金し、イーサリアムを購入できる

NFTとはデジタルコンテンツに付与された保証書データのようなものだ。

NFTアートが流行しているが、画像ファイルそのものがNFTなのではなく、保証書(鑑定書)の役割を担うデータの部分をNFTと捉えるのが正確なところだ。

本記事では、詳細にNFTについて解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。

NFTを購入してみたい人は、LINE BITMAXを利用することをおすすめする。

特に、LINE Payを利用する人は、スマホ1つで簡単に取引所(LINE BITMAX)へ入金ができる。

ぜひ、LINE BITMAXの口座開設を検討してみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

目次

NFTとは

NFTとは、そもそも何か疑問に感じている人もいるだろう。

本章では、NFTとは何なのかに焦点を当てる。

NFTとはデジタルコンテンツに付与された保証書データのようなもの

NFTは、Non-Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略。

日本語では、非代替性トークンの意味となる。

非代替性とは、代替不可能、取り換えができないことを意味する。

トークンは、代用貨幣の意味となる。

しかし、アートの画像や動画、音楽データそのものは、NFTではないので注意が必要だ。

より詳しく言うと、NFTはそれらのデジタルコンテンツに紐づいたデータ部分と言える。

つまり、NFTとは、唯一無二の価値を証明する保証書のようなものと言える。

NFTには1点ものの価値がある

NFTは1点ものの価値がある。

たとえば、パソコンには一つ一つシリアルナンバーが付与されている。

そのパソコンの保証書には、シリアルナンバーが記載されている。

パソコンAの保証書を、パソコンBの修理に利用したくても、シリアルナンバーが異なるため、修理には利用できない。

つまり、その保証書は、替えがきかない、1点ものであることを意味する。

NFTもアートなどの画像データに付与されることで、1点ものの価値を発揮する。

これまで、画像データは制限なくコピーされてしまっていた。

しかし、NFTの登場をもって、画像データに紐づけることができるようになった。

NFTが書き換えられたらどうするのかと懸念するかもしれない。

しかし、NFTのデータの信頼性はブロックチェーン技術によって担保されている。

ブロックチェーンは分散型ネットワークにより、相互監視がなされる。

よって、NFTデータの書き換え、改ざん、複製、消去等は行えない。

たとえば、以下のようなものは、デジタルコンテンツにNFTが付与されている例だ。

  • メタバース(The Sandboxなど)の土地
  • オンラインチケット
  • ゲーム内のアイテム
  • トレーディングカード
  • デジタルアート

本記事を読んで、NFTの購入をしてみたくなった人は、LINE BITMAXの口座開設をおすすめする。

特に、LinePayを利用している人は、LINE BITMAXへの入金がスピーディに行えるため、この機会に公式サイトを確認して欲しい。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTの特徴/仕組み

ここでは、NFTの特徴と仕組みについて、解説する。

NFTは唯一無二を証明できる

NFTの特徴の1つ目は、デジタルデータに「唯一無二」の性質を付与できる点だ。

NFTは、ブロックチェーン技術によって、それぞれ固有の識別情報が与えられている。

NFTの発行から取引履歴までが、すべて改ざん不可能な形で記録されているということだ。

それによって、不正やコピー、改ざんは事実上、起こりえない仕組みとなっている。

唯一無二、1点ものとしての価値は、今後も幅広い分野で活用されることになるだろう。

NFTは取引がしやすい

NFTの特徴の2つ目は、取引がしやすい点だ。

NFTの売買などのやりとりは、ブロックチェーン上で行われるため、信頼性が担保されている。

しかも、すべてインターネット上で行われるため、やりとりはスピーディだ。

たとえば、NFTマーケットプレイスのOpenSeaで、自分の保有するNFTを友人に送る場合、トランスファー(転送)画面に友人のMetaMaskのアドレスを貼り付けて実行するのみだ。

取引は、ブロックチェーン上で監視され、承認され、記録される。

クリック1つで、購入や移転ができるのは、実用的だ。

それによって、今後、NFTはますます普及することが考えられる。

NFTは、プラットフォームをまたいで取引可能

NFTの3つ目の特徴は、プラットフォームをまたいで取引ができる点だ。

たとえば、あるゲームで獲得したアイテムは、そのゲームと無関係のマーケットプレイスでも取引できる。

つまり、ゲームとは関係がないOpenSeaでも、アイテムの売買が可能となる。

現状、NFTはほとんど「ERC-721」という規格を用いて、イーサリアム上で発行されている。

よって、ERC-721に対応していれば、ウォレットやマーケットプレイスをまたいで、取引可能なのだ。

NFTはスマートコントラクトでロイヤリティ設定ができる

NFTの4つ目の特徴は、スマートコントラクト機能を利用して、プログラムを設定できる点だ。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で自動的に契約を実行できる機能である。

たとえば、OpenSeaでは、一次創作者が作成したNFTの二次流通手数料を設定できる。

スマートコントラクト機能を利用して、転売された際の徴収も自動的に行えるのだ。

しかも、相互運用性もあるため、サービスをまたがったとしても、二次手数料は一時創作者に支払われる。

NFTはスマートコントラクトを利用して、クリエイターエコノミーにも貢献していると言えるだろう。

OpenSeaにNFTを売買してみたい人は、LINE BITMAXでイーサリアムを購入するとよいだろう。

スマホ1つで入金、取引、MetaMaskへの送金が行えるので、非常に便利だ。

気になる人は、LINE BITMAXのWebページをチェックしてみることをおすすめする。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTのメリット

ここからは、NFTのメリットについて解説する。

デジタルデータの希少性が担保される

NFTのメリットの1つ目は、NFTによってデジタルデータに希少性や付加価値を付与できる点だ。

これまで、デジタルデータは簡単にコピーができたため、高額となることはあり得なかった。

しかし、NFTによって唯一無二の「1点もの」としての価値が証明されるようになった。

有名なBeeple氏の「Everyday – The First 5000 Days」は、クリスティーズのオンラインオークションで、日本円で約75億円された。

それも、世界にたった一つの唯一無二性が評価されたゆえの金額である。

また、CryptoPunksやBored Ape Yacht Clubも、NFTによって世界で1つしかないことを証明されている。

希少性が担保されたことで、データに付加価値がついた例と言えるだろう。

NFT
出典:Beeple Everyday:The first 5000 days

誰もが取引ができる

NFTのメリットの2つ目は、誰もが取引可能な点だ。

たとえば、NFTアートであれば、誰もがイラストや写真のデータを作成し、マーケットプレイスのミント機能を利用してNFTを発行することができる。

これまで、個人のクリエイターが、自分の作品を手軽に販売できるプラットフォームが存在しなかった。

しかし、作品にNFTを付与することで、コピー改ざんが不可能なものとして、マーケットプレイスを通じて販売ができるようになった。

NFTによって、誰もが安心して作品を販売できるようになったと言えるだろう。

クリエイターの収益が担保される

NFTのメリットの3つ目は、NFTにはクリエイターの収益を担保する仕組みがある点だ。

前述したように、NFTではスマートコントラクト機能によってロイヤリティ設定ができる。

一度設定すれば、別のマーケットプレイスに転売されたときも、そのロイヤリティの設定は維持される。

クリエイターが自身の作品をコントロールできる画期的な仕組みだと言えるだろう。

NFTの購入に興味を持った人は、LINE BITMAXを利用すると便利だ。

「スマホでかんたん本人確認」を利用すれば、簡単にスマホ1つで本人確認を行える。

特にLINEユーザーであれば、LINE内の機能としてLINE BITMAXがあるため、スムーズに利用ができるだろう。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTのデメリット/課題

NFT市場は、急激に普及しているが、法整備が追いついていないなど、問題も散見される。

ここでは、NFTのデメリットと課題について説明する。

法的な定義が遅れている

NFTのデメリットとして最初に挙げられるのは、法整備が後追いとなっている点だ

日本ではまだ、NFT固有の規定がないのが実情だ。

資金決済法や金融商品取引法で、そもそも、NFTの法的な定義がされていない。

仮想通貨については、資金決済法で財産的価値と定義されている。

しかし、NFTの場合は、定義だけでなく、ルールも法的に定められていない。

法的な整備が遅れているため、非常に未整理な状態と言える。

法的なトラブルに発展した場合は、定義されていない状態で、法律をどう解釈するかをめぐって、議論が複雑なものとなりやすいだろう。

それ以外でも、法的整備が遅れているがゆえに、マネーロンダリングなど違法取引が起きやすいリスクともなる。

法的な整備は現段階での喫緊の課題と言えるだろう。

ガス代の高騰が起きやすい

ガス代とは、NFTの発行、購入、出品、送付などのタイミングで発生するマイナーへの手数料だ。

現在、NFTはほとんどイーサリアムネットワーク上で取引されているため、ガス代は仮想通貨イーサリアムで支払われる。

ガス代が高騰している原因は、2021年以降、NFTの取引をする人が増えていることにある。

特に、NFTの取引が多い地域、時間帯にトランザクション数が増えるため、ガス代は高騰する傾向がある。

高いときは、ガス代だけで数千円以上から数万円必要となる場合もあるほどだ。

価格が変動しやすい

NFTの4つ目のデメリットは、価格が変動しやすい点だ。

NFTそのものの価格は変わらなくても、2022年以降、仮想通貨市場が下落を続け、冬の時代を迎えている。

仮想通貨市場は、米株式市場と連動しているため、米国の利上げが続く気運が高まると、大きく下落する状況だ。

投資としてNFTを購入した場合は、売却しようとするタイミングによっては、価格変動の影響を受けて、損をしてしまうこともあり得るだろう。

NFTの将来性・今後の見通し

ここからは、NFTの将来性と今後の見通しについて解説する。

実物資産の証明書としてのNFT

現在、NFTはゲームやアートだけでなく、実物資産(ワイン、ウィスキー)の所有権証明の分野でも、実用化が進んでいる。

たとえば、高級なワインやウィスキーには、偽物品が多く存在する。

偽造を防ぐためにICチップやプルーフタグ(シール)を活用しているが、物理的に取り外しできるものゆえ、効果には限界があるのが実情だ。

そこで、NFTを利用してワインやウィスキーの取引が成立するプラットフォームが設立されている。

ワインの生産者から仲介業者を通して、消費者の手に届くまでの履歴が、すべてブロックチェーン上に記録され、透明化される仕組みだ。

誰から誰の手に渡ったかの流通履歴が逐一NFTに記録されるため、不正を防ぎやすい。

NFTが果たす役割は、兌換券のようなもので、同時にワインやウィスキーの所有権も証明される。

実物資産の証明と共に、トレーサビリティも担っているため、非常に有効なNFTの利用の仕方と言えるだろう。

ウォレットが本棚代わりとなる

NFTが近い将来実現するのではないかと思われる2点目は、電子書籍のNFT化だ。

現在、コミックや小説が好きな人は、現物の本以外に、電子書籍で本を購入するという手段が選択できる。

その場合の問題点は、サブスクやKindle、楽天などの様々な電子書籍サービスなどで読書した本が、複数のサービスのプラットフォーム内に保存される点だ。

たとえばシリーズもので読んだコミックも、各プラットフォームの本棚にバラバラに保存されてしまう。

自分の読んだ本なのに、プラットフォーム別に管理されてしまう点は、リアルの本棚と大きな違いがある。

しかし、電子書籍にNFTが付与されれば、ウォレットに購入した書籍NFTが並ぶ。

限りなく、リアルの自分の本棚管理に近くなるのだ。

具体的には、アートNFTと同じように、自分の読んだ本のコレクションをウォレット上で管理できるようになる。

近い将来、電子書籍にNFTが付与されるようになれば、友人同士、自分のウォレットの本棚を見せ合うことも可能となるだろう。

NFTの可能性を知るにつれて、実際にNFTを購入してみたいと思い始めた人もいるかもしれない。

その場合、LINE BITMAXに日本円を入金して、イーサリアムを購入し、MetaMaskへ送金することで、実際にNFTを購入できるようになる。

LINEユーザーであればLINEアプリ内にLINE BITMAXがあり使い勝手がよいため、口座開設を検討してみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTの買い方・始め方

次に、NFTの買い方を紹介する。

これからNFTを始めてみたい人は、ぜひ参考にしてほしい。

仮想通貨取引所で仮想通貨を購入

LINE BITMAX

NFTを購入するには、仮想通貨が必要だ。

仮想通貨を購入するためには、まず、仮想通貨取引所に日本円を入金する。

ここでは、LINE BITMAXの画面を例に説明する。

日本円が入金できたら、イーサリアムを購入しよう。

ウォレットに仮想通貨を送金

LINE BITMAX

イーサリアムを購入できたら、自分のウォレットに送金する。

具体的には、ウォレットのアドレスを確認し、取引所の送金画面の宛先へ貼り付ける。

LINE BITMAX

左のように、イーサリアムに着金していたら、購入の準備完了だ。

NFTマーケットプレイスで作品を購入

ほしいNFTが出品されているNFTマーケットプレイスにアクセスしよう。

ここでは、OpenSeaを例に説明する。

OpenSeaのTOP画面を開いたら、「Explore」をクリックすると、さまざまな作品を閲覧できる。

NFT

ほしいNFTが見つかったら、画像の上をクリックしてみよう。

以下のような個別画面となったら「Buy Now」をクリックする。

Buy now
出典:OpenSea

後は、画面に従い、ガス代を承認して購入するだけだ。

NFTを購入してみたくなった人は、仮想通貨取引所はLINE BITMAXをおすすめする。

入金に銀行振込だけではなく、LINE Payも利用できるのが便利なので、気になる人はぜひ口座開設してみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTの作り方/売り方

次に、NFTの作り方と売り方を、OpenSeaを例にして紹介する。

主な手順は以下だ。

NFTの作り方、売り方

  1. オリジナルアートのファイルを用意する(イラスト、写真、音楽など)
  2. NFTマーケットプレイスのプラットフォームで出品の手続きをする
  3. 販売設定を行

オリジナルアートのファイルを用意する(イラスト、写真、音楽など)

OpenSeaでは、下記のオリジナルアートを出品できる。いずれも100MBまでだ。

  • JPG、PNG、GIF、SVG(画像)
  • MP3、MP4、WEBM、WAV、OGG、GLB、GLTH(音声、動画)

どのツールやソフトを使ってオリジナルアートを作成してもかまわないが、上記のファイル形式で出力するようにしよう。

作品名、ディスクリプションなどの詳細の入力を行う

OpenSeaのTOP画面を開き、「Create」をクリックする。

Opensea
Create

次に、ファイルをアップロードする。

名前、必要に応じて自身の公式サイトのURL、ディスクリプション(詳細)を入力する。

NFTアートを何枚提供するか、ブロックチェーンは何を選ぶかなども設定する。

その後、画面一番下の「Create」をクリックしよう。

MetaMaskが起動したら、署名をクリックする。

出品設定を行う

この後、いよいよ作成したNFTを「出品」(販売)する手続きを行う。

この段階では、まだ出品手続きは行えていないので注意しよう。

販売するために、まず、NFTの画面右上に「Sell」ボタンがあるため、クリックする。

Sell

次に、固定価格、もしくはオークションを選択して、価格を設定する。

最後に、「Complete Listing」をクリックする。

このあと、OpenSeaでは初回の出品のときのみ、ガス代が発生する。

MetaMaskが起動するので、確認ボタンを押して先へ進めよう。

Complete listing

LINE BITMAXでは、スマホひとつで簡単に購入したイーサリアムをMetaMaskなどのウォレットへ送金できる。

LinePayをよく活用するなら、入金も簡単だ。

まだLINE BITMAXの口座開設をしていない場合は、検討してみるとよいだろう。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTの作品

ここでは、NFTの作品を紹介する。

購入の参考にしてほしい。

Crypto Beautiful

Crypto Beautifulは、女性をモチーフにした、その名の通り美しいNFTコレクションだ。

アフリカで活動する門田瑠衣子氏が設立した。

収益の一部はブロックチェーンゲームを通じて、アフリカの若者がお金を稼げるようにする「Ruiko Africa Guild」に寄付される。

門田瑠衣子
出典:OpenSea Crypto Beautiful

WAKA’s Illustration

WAKA’s Illustrationは、イラストレーターWAKAが描く迫力のある動物の表情が魅力のコレクションだ。

同アーティストは、ASAGIというコレクティブルコレクションもあるので、興味のある人は、ぜひチェックしてみてほしい。

WAKA
出典:OpenSea WAKA’s Illustration

Monet nekoshima’s Light Art collection

Monet nekoshima’s Light Art collectionは、光を使った表現が得意なMonet(モネ) nekoshima氏が描いた印象的な人物画のコレクションだ。

OpenSeaだけではなく、Foundation(NFTマーケットプレイス)でも出品しているので、チェックしてみてほしい。

Monet
OpenSea Monet nekoshima’s Light Art collection

OpenSeaには、さまざまな魅力的なNFTアートが出品されている。

購入したお気に入りのNFTをSNSのプロフィールアイコンにしている人も多い。

もし、NFTを購入してみたくなったら、まずはスマホ1つで簡単に本人確認できて便利なLINE BITMAXの口座開設を行うのをおすすめする。

\ 最短5分で申込完了! /

NFTのまとめ

本記事では、NFTは、唯一無二の価値を証明する保証書のようなものであることを解説した。

この記事のまとめ
  • NFTとは、唯一無二の価値を証明する保証書のようなものと言える
  • デジタルコンテンツ(画像、音楽など)そのものがNFTではない
  • NFTによりデジタルアートなど様々なものに、1点ものの価値が担保される
  • 現状、NFTの法整備は後追いとなっている
  • NFTを正確に定義した法律がない
  • ガス代高騰による費用面のデメリットがある
  • 仮想通貨の価格変動のため、投資としてNFTを購入した場合、タイミングによっては損失を抱える可能性がある
  • NFTは実物資産の証明書の役割も担える
  • NFTによってトレーサビリティ(追跡可能性)が向上する
  • LINE BITMAXを利用すれば、スマホ1つで入金やイーサリアムの取引ができる

NFTには、メリットもデメリットも存在するが、NFTアート以外にも、多くの可能性を秘めているのは確かだ。

NFTを知るには、実際、取引してみるのもよい方法と言える。

LINE BITMAXでは、簡単に仮想通貨を購入し、ウォレットへ送金ができるため、NFTの購入を検討している人は、ぜひ活用してみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

NFT

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる