MT4が使える仮想通貨/ビットコイン取引所は?特徴やメリット・デメリットを徹底解説

仮想通貨の取引は原則24時間おこなわれているので、常日頃からチャート画面を確認し続ける必要がある。

しかし、既存のアプリではチャートの画面が確認しづらく、細部まで値動きを確認できなかった経験はないだろうか。

そこで、仮想通貨の取引では「MT4」を利用して取り組むのをおすすめする。

この記事ではMT4での仮想通貨取引について以下のポイントを中心にまとめた。

この記事からわかること
  • MT4とはFXなどで利用される無料の取引ツールであること
  • 自動売買ツールのほかにも50種類以上のインジケーターを搭載していること
  • 国内取引所ではMT4を導入している国内取引所がないこと
  • 国内取引所ではMT4を利用できないが、Coincheckのアプリはシンプルで使いやすいこと

MT4は初心者から上級者まで満足できる機能を備えた取引ツール

50種類以上のインジケーターに加えて自動売買機能など、高度な取引を実現するためには欠かせない機能が備えられている。

そんなMT4だが、実は国内仮想通貨取引所では実装していないのが現実

しかし、国内取引所でMT4を利用できないからといって、高度な取引ができないわけではない。

国内取引所のCoincheckであれば、線チャートからローソク足チャートまで用途にあわせて値動きを確認できる。

MT4に引けを取らない取引を可能にするため、この機会にCoincheckの公式サイトを確認してほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

目次

仮想通貨のMT4取引とは

仮想通貨のMT4取引についてまず概要から紹介する。

仮想通貨のMT4取引とは
  • 世界的に利用されている取引ツール
  • ハイレベルなテクニカル分析が可能
  • 取引の選択肢が多い

世界的に利用されている取引ツール

MetaTrader4
引用元:https://www.metatrader4.com/ja

MT4は主にFXのトレーダーが利用する取引ツールで、ロシアのMetaQuotes Software社が開発した。

FX市場においては最も人気の高いプラットフォームといわれていて、トレーダー御用達のツールである。

MT4がそれだけの人気を誇る理由は、その性能に由来する。

MT4の特徴は以下の通りだ。

MT4の特徴
  • 50種類以上のインジケーターを利用可能
  • 自動売買が可能
  • スマートフォンでも利用できる

以上の特徴を持つことから世界中の人に利用され、今やFXや株取引には欠かせない存在である。

ハイレベルなテクニカル分析が可能

MT4では50種類以上のインジケーターを利用できることから、ハイレベルなテクニカル分析が可能だ。

インジケーターとは?
  • 相場分析のためのサポートツール
  • チャートを視覚的にわかりやすくし、適切なタイミングでの取引を補助する

インジケーターはトレンドを把握するための手法と、トレンドでは把握しきれない要素を加味したオシレーター系の手法に分かれる。

それぞれの手法の主なインジケーターは以下の通りで、MT4でも利用可能だ。

MT4でも利用できる主なインジケーター特徴
移動平均線(トレンド系)・特定の期間における終値の平均値をもとにした折れ線グラフ
・折れ線が上向きであれば上昇トレンド、下向きであれば下降トレンドと判断できる
ボリンジャーバンド(トレンド系)・移動平均線の上下に2本ずつ表示される折れ線
・標準偏差で算出された折れ線内に約90%で相場が収まる
一目均衡表(トレンド系)・ローソク足と5本の補助線から構成される・
5本の補助線のうち先行する2本を雲と呼び、ローソク足が雲を抜けることでトレンド転換する可能性が高まる
RSI(オシレーター系)・相場が買われすぎか売られすぎか判断する指標
・数値は0〜100で表示され、一般的に70〜80%で買われすぎ、20〜30%で売られすぎと判断する
MACD(オシレーター系)短期と中期の移動平均線を利用して相場の動きを予測する指標

以上の他にもさまざまなインジケーターがMT4では用意されている。

そのため、個人の好みにあわせてカスタマイズしながら取引に取り組むことも可能だ。

取引の選択肢が多い

MT4ではチャート上から注文することはもちろん、自動売買にまで対応している。

特に他のトレーダーと同じタイミングで注文できる取引シグナルのコピーを利用すれば、相場の知識が乏しい方でも細かな注文に対応可能。

3,200を超える無料と有料のシグナルを有効に使いながら取引すれば、時間のない方でも仮想通貨取引に取り組める

しかし、国内取引所ではMT4を利用できる環境が整備されていないのが現状。

そこで、なるべく見やすいチャート画面を利用するためにCoincheckが使いやすい

Coincheckではローソク足折れ線グラフなど、トレーダーのレベルに合わせたチャート画面を選択できる。

取引開始まで最短で1日しかかからないので、この機会にCoincheckの公式サイトから口座を開設しておこう。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

仮想通貨をMT4で取引するメリット

仮想通貨をMT4で取引するメリットは以下の3つである。

仮想通貨をMT4で取引するメリットとは?
  • 無料で利用できる
  • 自動売買により注文漏れが発生しにくい
  • さまざまなOSに対応

無料で利用できる

​​

グラフ
引用元:https://www.metatrader4.com/ja/trading-platform/technical-analysis

MT4は無料で利用できる取引ツール。

50種類以上のインジケーターやカスタマイズ性が高いチャート画面が用意されているにもかかわらず、無料で利用できる点はメリットといえる。

ほかにも有料の取引ツールも用意されているが、特にこだわりがなければMT4の機能で十分。

自動売買により注文漏れが発生しにくい

MT4ではEAというシステムを利用して自動売買も利用可能

EAを利用すればあらかじめ決めたアルゴリズムをもとに、コンピューターが自動で取引してくれる。

特に相場が24時間動き続ける仮想通貨の市場においては、特定の基準をもとに自動で注文してくれる点は便利だ。

また、事前に設定した判断基準で注文してくれるため、感情に左右される取引になりにくい。

感情に左右されにくい取引ができれば、無駄な損失を計上する可能性も下がるだろう。

さまざまなOSに対応

MT4はさまざまなOSに対応しているのが特徴的。

MT4に対応しているOSは以下の通り。

MT4に対応しているOS
  • iOS
  • Android
  • Windows7以降のPC
  • macOS

以上のようにMT4は主要なOSに対応しているので、操作する機種を選ばない

特にAndroidやiOSなどのスマートフォンでも利用できる点は、相場が常に動いている仮想通貨の世界では重宝する。

しかし、主要な国内取引所ではまだMT4が利用できなく、取引所本来のチャート画面の見やすさが成功のカギを握っている。

そこで、国内取引所で見やすいチャート画面を利用したいのであればCoincheckが使いやすい

Coincheckのチャート画面では、ローソク足が最短5分単位で表示される。

短期決戦で取引したいデイトレーダーにとっては、5分単位の値動きを確認できる点は便利だろう。

申し込みから最短1日で取引できるので、この機会に公式サイトから詳細を確認してほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

仮想通貨をMT4で取引するデメリット

MT4での取引にメリットが発生する一方で、デメリットも発生する点には注意してほしい。

そこで、仮想通貨をMT4で取引するデメリットを2つ紹介する。

仮想通貨をMT4で取引するデメリットとは?
  • 国内取引所ではMT4が利用できない
  • 初心者には扱いが難しい

国内取引所ではMT4が利用できない

国内取引所ではMT4の利用ができません。

MT4は世界的に有名なツールだが、国内で実装している取引所は存在しない。

そのため、MT4を利用した仮想通貨取引をしたい場合は海外取引所を利用するのが一般的

bybitやクリプトGTなどの海外取引所では、MT4を利用した仮想通貨取引が可能だ。

ただし、海外取引所を利用するとなると以下のリスクがつきまとう。

海外取引所のリスク
  • 取引が停止になるリスク
  • 取引所がいきなり閉鎖するリスク
  • 出金停止になるリスク

以上のように海外取引所にはさまざまなリスクがつきまとうため、あくまでも自己責任で利用してもらいたい

初心者には扱いが難しい

MT4はさまざまな機能が用意されているが、使いこなせるかどうかは自身の知識量次第である。

例えば、インジケーターは50種類以上利用できるが、そのすべてを理解しているトレーダーはそれほどいないはず。

また、自動売買のレギュレーションも素人からすれば理解しにくい。

そのため、MT4はある程度投資への理解がある人向けのツールであり、初心者にとっては扱いづらい面は拭い切れない

基本的な注文だけであれば利用しやすいが、取引で利益をあげようとすればインジケーターやチャート画面への理解は必須。

さらに、投資を取り巻く環境や政治など外的な要因も加味する必要があるため、それなりに勉強は必要だ。

高機能なMT4を利用しているからといって慢心するのではなく、日々の勉強の積み重ねが仮想通貨取引を成功させるカギとなる。

取引ツールがおすすめの取引所

国内取引所では取引所ごとに取引ツールの特徴が異なる。

そこで、取引ツールがおすすめの取引所を4つまとめた。

国内取引所で仮想通貨取引をおこないたい方は参考にしてほしい。

取引ツールがおすすめの取引所4選
  • Coincheck
  • DMM Bitcoin
  • bitFlyer
  • GMOコイン

Coincheck

Coincheck-top
引用元:https://coincheck.com/ja/
取引所名Coincheck(コインチェック)
取り扱い通貨BTC、ETH、ETC、LSK、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ、OMG、SAND、DOT
販売手数料無料(スプレッドあり)
取引所手数料無料(銀行振込負担)
入金手数料・3万円未満…770円
・3万円以上30万円以下…1018円
出金手数料407円
最小取引単位0.0005 BTC
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事Coincheckの評判

Coincheckダウンロード数No.1を記録した国内仮想通貨取引所

2021年より放送を開始したテレビのCMが販促につながり、2022年上半期には520万ダウンロードを突破した。

特に近年のCoincheckでは2021年下半期にデザインのリニューアルに取り組んでいるのも印象的。

UIやUXを意識したデザインはもちろんのこと、価格アラートなどの機能も段階的に改善してきた。

常にユーザーが仮想通貨取引に集中できる環境を提供しているCoincheckだからこその取り組みだろう。

また、Coincheckでは仮想通貨取引以外にもさまざまな仮想通貨サービスを提供している。

Coincheckが提供する仮想通貨サービスは以下の通り。

Coincheckが提供する仮想通貨サービス一覧
  • Coincheckつみたて
  • Coincheck IEO
  • Coincheck NFT(β版)
  • Coincheckでんき
  • Coincheckガス
  • Coincheckアンケート
  • 貸暗号資産サービス
  • ステーキングサービス(β版)
  • OTC取引サービス

近年のトレンドであるNFT取引にまで対応しているCoincheckを利用すれば、仮想通貨取引に困ることはないだろう。

この機会に公式サイトで詳細を確認して、ぜひ口座を開設してみてほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

DMM Bitcoin

DMM-Bitcoin Top
引用元:https://bitcoin.dmm.com/
取引所名DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
取り扱い通貨(現物)BTC、ETH、XRP、AVAX、CHZ、TRX、ZPG、LTC、XLM、ETC、BCH、BAT、ENJ、OMG、MONA
販売手数料無料(スプレッド有り)
取引所手数料BitMatch注文(BTC)…37円
入金手数料無料(振込手数料負担)
出金手数料無料
最小取引単位販売所…0.0001BTC
Bitmatch注文…0.010BTC
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM BitcoinはDMM.comが運営する国内仮想通貨取引所。

販売所の手数料だけでなく、入金や出金にかかる手数料がかからないため、取引だけに集中できる。

また、DMM Bitcoinのチャート画面はさまざまなレベルの方にあわせて設計されているのが特徴的

DMM Bitcoinでは以下の取引ツールを利用できる。

DMM Bitcoinで利用できる取引ツール特徴
STモード(アプリ)・簡単かつシンプルな取引ツール
・値動きが一目でわかる折れ線チャートを搭載・スワイプ操作で注文可能
EXモード(アプリ)・チャート画面のカスタマイズが可能な注上級者向けの取引ツール
・高機能なチャート画面やインジケーターの利用も可能
PC版取引システム・取引に必要な機能が揃えられている取引ツール
・本格的な取引を実現するためにカスタマイズ機能が豊富

上記の機能を使い分ければ、MT4にも引けを取らない取引を実現できるだろう。

\ 口座開設完了で即時2,000円プレゼント! /

bitFlyer

bitflyer-top
引用元:https://bitflyer.com/ja-jp/
取引所名bitFlyer(ビットフライヤー)
取り扱い通貨BTC、ETH、XRP、MATIC、MKR、XYM、LINK、DOT、XTZ、XLM、XEM、BAT、ETC、LTC、MONA、BCH、LSK
販売手数料無料(スプレッド有り)
取引所手数料ビットコイン…約定数量 × 0.01~0.15%BTC
入金手数料・住信SBIネット銀行…無料
・住信SBIネット銀行以外…330円
出金手数料・三井住友銀行…220円(3万円以上440円)
・三井住友銀行以外…550円(3万円以上770 円)
最小取引単位0.0004BTC
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは業界最長の7年以上ハッキング被害を受けていない国内仮想通貨取引所

ハッキング被害がネックになりがちな仮想通貨取引所において、ハッキング被害を経験していない点は安心できるだろう。

bitFlyerを利用する際は「bitFlyer Lightning」の利用を検討してほしい。

bitFlyer Lightningとは、ビットコイン(BTC)やアルトコインの現物やFX、先物取引に対応した取引所。

従来のビットコイン販売所とは以下のポイントが異なる。

bitFlyer Lightningとビットコイン販売所の違い
  • ユーザー同士の取引が可能になる
  • 最大2倍のレバレッジ取引が可能

以上のポイントに加えて、bitFlyer Lightningではさまざまな注文方法に対応している。

本格的なチャート画面をもとに取引をしたい方はbitFlyer Lightningを利用するとよいだろう。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

GMOコイン

GMOコイン-top
引用元:https://coin.z.com/jp/
取引所名GMOコイン
取り扱い通貨BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM、BAT、OMG、XTZ、QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、FCR、DOGE
販売手数料無料(スプレッド有り)
取引所手数料(BTC)Maker…-0.01%
Taker…0.05%
入金手数料無料
出金手数料基本無料(大口出金400円)
最小取引単位0.00001 BTC
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事GMOコインの評判

GMOコインはGMOインターネットグループが運営する国内仮想通貨取引所。

これまでさまざまな金融サービスを提供してきたGMOグループのノウハウが使われているため、安心して取引できる環境が整えられている。

そんなGMOコインでは、仮想通貨レバレッジ専用の取引ツールとして「WebTrader」が用意されているのが特徴的。

高性能チャート機能を提供している「TradingView」を採用しているWebTraderでは、81種類のインジケーターが用意されている。

さらに、ローソク足の時間設定も1分から1ヶ月まで対応していて、幅広い期間でのチャート分析が可能だ。

利用料金も無料であるため、MT4の代替品として利用を検討してほしい。

仮想通貨のMT4取引に関するQ&A

仮想通貨取引でMT4を利用するためには?

MT4に対応している国内仮想通貨取引所がないため、必然的にMT4を利用するためには海外取引所を利用することになる。

MT4に対応している取引所はbybitやクリプトGTなどあるが、いずれも海外取引所のリスクは忘れてはいけない。

海外取引所には以下のリスクがともなう。

海外取引所のリスク
  • 取引が停止になるリスク
  • 取引所がいきなり閉鎖するリスク
  • 出金停止になるリスク

上記のリスクを理解したうえで海外取引所を利用してほしい。

MT4のおすすめ注文方法は?

MT4にはさまざまな注文方法が用意されている。

そこで、初心者でも利用しやすいMT4のおすすめ注文方法を以下に記載しておく。

MT4のおすすめ注文方法特徴
成行注文・現在価格で注文する方法
・約定しやすいが、想定した価格とはずれる可能性がある
指値注文・約定する価格を設定しておく注文方法
・条件が揃えば、自動で注文してくれる
逆指値注文・一定の価格で注文して、損失を防ぐ注文方法
・自身のリスク許容度にあわせた注文が可能
IFD注文新規注文と指値を同時に注文する方法
OCO注文価格が上昇または下降する2パターンを想定して注文する方法

仮想通貨のMT4取引のまとめ

ここまで仮想通貨のMT4取引について以下のポイントを中心に紹介した。

この記事のまとめ
  • MT4はロシアのMetaQuotes Software社が開発した高機能取引ツールであること
  • 50種類以上のインジケーターが利用可能で、本格的なテクニカル分析が可能であること
  • 自動売買にも対応していて、常に板に張り付いていなくても注文できること
  • MT4に対応している国内取引所はないが、CoincheckやDMM Bitcoinなどのアプリでも十分に仮想通貨取引ができること

MT4は国内取引所では扱いがないため、アプリの標準機能を利用して仮想通貨取引をする必要がある。

しかし、Coincheckなどのアプリを利用すれば、MT4にも劣らない仮想通貨取引が可能

よほど細かな注文をしない限りはMT4の利用がなくても十分に取引できるので、まずはCoincheckの公式サイトから詳細を確認してほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる