モナコイン(MONA)の今後の予想/将来性や価格推移を徹底解説

モナコイン

Web3.0プラットフォームの開発やその普及に大きく貢献している仮想通貨。

日を追うごとに機能性や実用性の高い通貨が開発され、その種類はすでに10,000種類を超えているという。

そんな仮想通貨の中には、半ばネタとして開発されたミームコインも少なくない。

中でも、日本初となる仮想通貨のモナコイン(MONA)に興味を持っている方も多いのではないだろうか。

この記事ではモナコイン(MONA)の特徴や今後の予想などについて解説していく。

この記事からわかること
  • モナコインはアスキーアートをモチーフにして作られたミームコイン
  • 国内でのコミュニティ規模は大きく、根強いファンが多い
  • アトミックスワップやSegwitなど、実用性にも優れている
  • ビットコインと似た作りになっており、非中央集権型で管理されている
  • 海外層の認知度の低さや採用しているコンセンサスアルゴリズムが課題
  • モナコインは取引所上場時や通貨の半減期が購入のチャンス
  • 国内取引所に多く上場しており、比較的簡単に入手できる

モナコイン(MONA)は非中央集権型で管理・発行される仮想通貨の一種だ。

実はその歴史は古く、モナコイン(MONA)のリリースは仮想通貨バブル到来以前の2014年にさかのぼる。

これまで決済面はもちろんのこと、ユニークな活用方法によって度々注目を集めてきた。

現在では多くの国内取引所に上場していることからも、その認知度は高いといえるだろう。

各ある取引所の中でも、DMM Bitcoinはモナコイン(MONA)を始めとした数多くの仮想通貨の取り扱いに対応している。

興味のある方はぜひDMM Bitcoin公式サイトから、その詳細をチェックしてみてほしい。

目次

モナコイン(MONA)とは

モナコイン(MONA)
引用:モナコイン
名称モナコイン
シンボルMONA
現在の価格(2022年7月現在)$0.4851
時価総額(2022年7月現在)$31,884,324
時価総額ランキング(2022年7月現在)473位
取引可能な取引所DMM BitcoinCoincheckGMOコイン
詳細モナコイン公式サイト

モナコイン(MONA)は2014年1月にリリースされた、日本初となる仮想通貨である。

匿名掲示板の「2ちゃんねる」が発祥となっており、同掲示板内でのアスキーアートである「モナー」がモチーフとなって開発されている。

そのキャッチーな名称や成り立ちから根強いファンが多く、仮想通貨コミュニティの中では国内最大と言われるほどだ。

モナコインは国内取引所での上場がメインとなっており、ビットコインイーサリアムといった主要通貨と同様、比較的入手しやすいのがポイントだろう。

特に、DMM Bitcoinでは仮想通貨取引にかかる手数料が無料のため、余計なコストをかけずにモナコイン(MONA)を入手できる。

興味のある方はぜひDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてほしい。

モナコイン(MONA)の基本的な特徴

ここではモナコイン(MONA)が持つ以下の特徴について解説していく。

モナコイン(MONA)の基本的な特徴
  • コンセンサスアルゴリズムにPoWを採用
  • アトミックスワップに対応
  • 世界初のSegwitの導入

コンセンサスアルゴリズムにPoWを採用

モナコイン(MONA)は取引内容をブロックチェーンにつなぎ込む際のルール(コンセンサスアルゴリズム)にPoWを採用している。

PoWとは、ブロックチェーンへのつなぎ込みを行う際のカギ(ハッシュ値)をネットワークに参加するユーザー全員で探し出す仕組みのことだ。

最初にカギを見つけたユーザーが取引承認(マイニング)を行い、新規発行されるモナコイン(MONA)を早い者勝ちで獲得できるのがポイントである。

イメージとしては、不特定多数で行われるビーチフラッグに近いだろう。

アトミックスワップに対応

モナコイン(MONA)はアトミックスワップに対応しているため、実用性が高いのも特徴だ。

アトミックスワップとは?

仮想通貨取引所を介さず、ユーザー間で直接仮想通貨取引が行える仕組み。

ブロックチェーンの種類を問わずに、柔軟な取引が行えるのが特徴。

アトミックスワップは従来の仮想通貨と比べても、ユーザー間に第三者が入らないので余計なコストや手間がかからない。

また、仮想通貨の送金と受け取りが同時点で行われるため、送金の遅延や仮想通貨の持ち逃げといったリスクがないのも魅力だろう。

モナコイン(MONA)はさまざまな仮想通貨とのアトミックスワップに対応することで、実用性や利便性を証明している。

世界初のSegwitの導入

モナコイン(MONA)は世界初となるSegwitを備えている点も特徴である。

Segwitとは?

個々の取引データ量を圧縮することで、処理速度を向上させる技術。

従来のモナコイン(MONA)は送金速度に難を抱えており、決済通貨としての利便性は良いとは言い難かった。

しかし、Segwit機能を実装したことにより約90秒という、ビットコインの1/10の処理速度を実現している。

後にビットコインもSegwitを導入しており、モナコイン(MONA)はビットコインに大きな影響を与えたといえるだろう。

そんなモナコイン(MONA)は、国内取引所から簡単に入手可能だ。

DMM Bitcoinではスマホから手軽に仮想通貨取引を行えるので、興味のある方はDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてほしい。

【2022年最新】モナコイン(MONA)の現在の価格推移

ここでは2022年最新のモナコイン(MONA)の価格を見ていこう。

現在の価格推移は以下の通りだ。

現在の価格推移
引用:TradingView

モナコイン(MONA)には仮想通貨市場の低迷が少なからず影響している。

この背景には、インフレ対策としての米国の金融政策やテザー社のUSTディペッグ事件が大きく絡んでいるといえるだろう。

モナコイン(MONA)自体に不穏なニュースはないものの、仮想通貨市場に価格が引っ張られている。

現在は$0.4ほどと、モナコイン(MONA)全盛期と比べても1/30ほどにまで価格が落ちている状態だ。

しかし、通貨の下落時はその分仮想通貨を入手しやすい。

DMM Bitcoinであれば取引画面の見やすく、手元から簡単に仮想通貨取引が行えるだろう。

興味のある方はぜひDMM Bitcoin公式サイトから詳細をチェックしてみよう。

モナコイン(MONA)の過去の価格動向

では、過去の価格動向はどのようになっているのだろうか。

ここでは以下の期間に分けて、モナコイン(MONA)の価格動向をチェックしていこう。

モナコイン(MONA)の過去の価格動向
  • 2015年10月8日〜2017年12月31日
  • 2018年1月1日〜2020年12月31日
  • 2021年1月1日〜2021年12月31日

2015年10月8日〜2017年12月31日

2015年10月8日〜2017年12月31日
引用:TradingView

2015年〜2016年の間では、モナコイン(MONA)に大きな価格変動は見られず、$0.01付近を推移。

そのまま価格推移を続けていくが、2017年4月より徐々に価格が上向き始める。

同年7月にはモナコイン(MONA)が半減期を迎えたことが、価格にプラスの影響をもたらしたといえるだろう。

また、同年10月には国内取引所bitFlyerに上場したことにより、$0.04ほどで推移していた価格は一気に$14付近にまで上昇。

リリース当初と比べても140倍近く価格高騰し、モナコイン(MONA)は一気に注目を集めた。

2018年1月1日〜2020年12月31日

2018年1月1日〜2020年12月31日
引用:TradingView

2018年〜2020年は価格が下落傾向にあり、モナコイン(MONA)が伸び悩んだ時期といえる。

2017年12月からの売りの圧力が継続し、2018年は全体的に下落相場で推移。

$14と高騰していた価格は、2018年の年末では1/10にまで下落した。

2019年からは価格を少し持ち直すが、全体を通して大きな価格変動は見られない。

同年6月には、CoinCheckへの上場をきっかけに一時$7まで価格が跳ね上がるものの、その後は再度下落して推移している。

2021年1月1日〜2021年12月31日

2021年1月1日〜2021年12月31日
引用:TradingView

2021年は仮想通貨市場にとってマイナスなニュースが多く、モナコイン(MONA)も下落の波に逆らえない状況であった。

年初から5月頃にかけては順調に価格を伸ばしているものの、その後は価格が上向くことなく推移。

同時期には各国の仮想通貨規制による影響からビットコインの価格が急落し、モナコインもビットコインの急落を受けて価格を落としている。

現在、手頃な価格であるモナコイン(MONA)は、DMM Bitcoinをはじめとした国内取引所で入手できる。

興味のある方はぜひDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてほしい。

モナコイン(MONA)の今後の予想/将来性

モナコイン(MONA)の今後を考える上では、以下の2つのポイントが重要になってくるだろう。

モナコイン(MONA)の今後の予想/将来性
  • モナコインの海外進出の実現
  • コンセンサスアルゴリズムの見直し

モナコインの海外進出の実現

モナコイン(MONA)の活用が広く普及していくかは、海外進出の実現がカギとなるだろう。

事実、モナコイン(MONA)の取り扱うほとんどの取引所が国内取引所である。

日本でこそコミュニティが活発であるが、世界的に見ると市場規模はまだまだ小さいのが現状だ。

モナコイン(MONA)の実用が普及していき、海外から注目を集められれば、将来的に世界中でのモナコイン(MONA)活用が現実味を帯びてくるだろう。

コンセンサスアルゴリズムの見直し

モナコイン(MONA)が採用しているPoWは批判的な意見が多いのも課題となっている。

PoWは膨大な電力消費によって環境へ与える負荷が大きく、その点を指摘する有識者も少なくない。

今後モナコイン(MONA)のコンセンサスアルゴリズムが見直されるかは定かではないが、現在主流の仮想通貨の流れに乗っていけるかは将来性を大きく左右してくる。

モナコイン(MONA)の取引は、DMM Bitcoinを始めとした国内取引所から簡単に行える。

興味のある方はDMM Bitcoin公式サイトから、その魅力に触れてみてほしい。

モナコイン(MONA)を購入するタイミング・買い時

モナコイン(MONA)を入手したい場合、なるべく安く、利益が見込めるタイミングで入手するのが望ましい。

ここではモナコイン(MONA)の購入タイミングや買い時について解説していく。

モナコイン(MONA)を購入するタイミング・買い時
  • 取引所への新規上場
  • 通貨の半減期
  • 仮想通貨市場の低迷時

取引所への新規上場

新たに取引所へ上場するタイミングを見計らい、モナコイン(MONA)の入手を進めるのがおすすめだ。

なぜなら、仮想通貨の新規上場のタイミングでは概ね価格上昇に転じているためである。

事実、モナコイン(MONA)に関しても2017年7月のbitFlyer上場時は、直近で価格の高騰を見せている。

bitFlyer新規上場
引用:TradingView

しかし、必ずしも仮想通貨上場によって価格が高騰するとは限らない。

そもそも通貨への注目度があるのか、将来性はあるのかといったことも大きく影響するため、あらかじめ情報収集した上で仮想通貨取引を行うべきだろう。

通貨の半減期

モナコイン(MONA)は3年に1度のペースで通貨の半減期を迎えるため、そのタイミングを見計らって入手するのもおすすめだ。

半減期とは?

仮想通貨のマイニングによる新規発行量を半分に減らすための期間。

マイニングによる新規発行量を減らすことで、通貨の希少性を高めることができ、結果としてモナコイン(MONA)の価格上昇に繋がる仕組みだ。

現に、2回目の半減期である2020年9月には半減期による期待から取引が活発化し、半減が実施される9月以前から徐々に価格の上昇が見られている。

モナコイン半減期
引用:TradingView

モナコイン(MONA)の次回の半減期は2023年9月頃だろうと予想されている。

実施頻度は少ないものの、これまでの流れからすると価格上昇を大いに期待できるので、入手の狙い目といえるだろう。

仮想通貨市場の低迷時

仮想通貨市場が低迷している際も、モナコイン(MONA)の買い時といえる。

普段よりも安価に仮想通貨を入手でき、今後の価格高騰する伸び代が十分にあるためだ。

しかし、モナコイン(MONA)を始めとしたアルトコインの多くは、ビットコインの価格動向に大きく引っ張られる。

今後ビットコインへのプラスのニュースがあれば、ビットコインに連動して価格変動する可能性も考えられるだろう。

DMM Bitcoinではモナコイン(MONA)の取り扱っており、スマホから簡単に取引できるのが魅力である。

この機会にぜひDMM Bitcoin公式サイトをチェックし、モナコイン(MONA)入手の準備をしておこう。

モナコイン(MONA)投資のリスク/注意点

現在入手がしやすいモナコイン(MONA)であるが、投資する際には以下の点に気を付けておきたい。

モナコイン(MONA)投資のリスク/注意点
  • 過去にハッキング被害に遭っている
  • 直近で大規模なアップデートがない

過去にハッキング被害に遭っている

モナコイン(MONA)は過去に大規模な攻撃を受け、直近の取引内容が消失するという事件が起きている。

その被害額は1,000万円とされており、国内取引所の多くがモナコイン(MONA)の取り扱いに一時制限をかける事態にまで至った。

その結果、仮想通貨としての不信感が一気に強まり、実際に事件が起きた2018年5月には価格を1/5にまで落とした。

仮想通貨の安全性を図る上では、不正な利用やハッキング被害に遭ってないかは重要な指標となる。

そのため、仮想通貨としての安全面を考慮した上で、自己責任で取引を行っていただきたい。

直近で大規模なアップデートがない

モナコイン(MONA)は直近で大規模なアップデートがない点も不安要素となっている。

大抵の仮想通貨は市場の動向に合わせてアップデートを行ない、新しい機能性や利便性の向上に努めている。

しかし、モナコイン(MONA)は最初の数年こそアップデートに対応していたものの、2018年より更新が止まっている状態だ。

技術革新の流れが早い仮想通貨市場でアップデートがされないことにより、他の通貨と比べても技術的な後れを取る可能性は否定できない。

現在、モナコイン(MONA)は国内取引所から日本円で取引が行える。

中でもDMM Bitcoinは取引手数料が不要であるため、興味のある方はぜひDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてほしい。

モナコイン(MONA)投資におすすめの取引所

では、実際にモナコイン(MONA)を扱うのはどのような取引所なのだろうか。

ここではモナコイン(MONA)を取り扱う主要な国内取引所について解説していく。

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin-top
引用:DMM Bitcoin
名称DMM Bitcoin
暗号資産数現物取引:11種類
レバレッジ取引:15種類
売買手数料無料 ※BitMatch取引手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM BitcoinはDMMグループが運営する国内大手の仮想通貨取引所である。

その特徴は、仮想通貨の取引に関する手数料のほとんどが無料となっている点だ。

モナコイン(MONA)を始めとした11種類の仮想通貨を、余計なコストをかけずに頻回に取引できるのは魅力的だろう。

また、DMMグループが提供する堅牢なセキュリティは、ユーザーへ取引の安心感を与えるポイントとなっている。

ユーザーから預かった資産はコールドウォレットで管理され、ネットと切り離した状態で顧客の資産を保管。

DMM Bitcoinの資産とは別個となっているため、不正アクセスによる資産紛失の心配がない。

取引画面の視認性や操作性が優れているため、ぜひDMM Bitcoin公式サイトから詳細をチェックしてみよう。

Coincheck (コインチェック)

Coincheck
引用:Coincheck
名称Coincheck
暗号資産数17種類
売買手数料無料(※振込手数料を除く)
入金手数料銀行振込:無料
コンビニ入金:3万円未満:770円、3万円以上:1,018円
クイック入金:3万円未満:770円、3万円以上50万円未満:1,018円、50万円以上:入金額×0.11%+495円

※コンビニ入金、クイック入金は受付一時停止
出金手数料407円
提供サービス販売所
取引所
Coincheck NFT(β版)
Coincheckつみたて
貸暗号資産サービス
公式サイトCoincheck公式サイト

Coincheckは金融の大手マネックスグループが運営する国内取引所である。

操作性の優れたスマホアプリを配信しており、ダウンロード数はNo.1を記録するほどのユーザー数を誇る。

直感的にスマホから仮想通貨を購入でき、仮想通貨初心者でも利用しやすいユーザインタフェースが特徴だ。

また、取り扱い通貨数も17種類と豊富であり、モナコイン(MONA)を始めとしたIOST、XEMといったアルトコインも数多く取り扱っているのが魅力だろう。

さらに、取引手数料は無料に設定されているため、頻回な取引でもコストの心配をする必要がない。

ユーザーと直接取引できる取引所でも、スプレッドを除けば低コストからの取引可能だ。

仮想通貨に慣れたユーザーからも利便性に定評があるため、興味のある方はぜひCoincheck公式サイトをチェックしてみよう。

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

GMOコイン(ジーエムオーコイン)
引用:GMOコイン
名称GMOコイン
暗号資産数22種類
売買手数料無料 
入金手数料無料
出金手数料無料(※大口出金の場合:400円)
提供サービス販売所
取引所(現物・レバレッジ取引)
暗号資産FX
貸暗号資産
つみたて暗号資産
公式サイトGMO公式サイト

GMOコインは上場企業を複数抱えるGMOグルーブが運営する国内取引所である。

インターネット・広告・メディアなどの事業で培ってきた技術力をGMOコインで活かしているのがポイント。

堅牢なセキュリティや運営資金と別で資産管理を行っており、信頼性が高いといえる取引所だろう。

また、国内トップとなる22種類の取り扱い通貨数を誇るのも魅力のひとつだ。

ビットコインといった主要通貨の他、ポルカドットやDAIなど他の取引所では見られない仮想通貨が数多くラインナップされている。

さらに、アカウント作成は3STEPから簡単に行えるのも特徴だ。

最短即日からの仮想通貨取引に対応しているため、興味のある方はGMOコイン公式サイトから詳細をチェックしてみるとよいだろう。

モナコイン(MONA)の今後の予想のまとめ

ここまでモナコイン(MONA)の特徴や今後の予想について解説してきた。

今回の内容をまとめると以下の通りである。

この記事のまとめ
  • モナコインはアスキーアートをモチーフにして作られたミームコイン
  • 国内でのコミュニティ規模は大きく、根強いファンが多い
  • アトミックスワップやSegwitなど、実用性にも優れている
  • ビットコインと似た作りになっており、非中央集権型で管理されている
  • 海外層の認知度の低さや採用するコンセンサスアルゴリズムが課題
  • モナコインは取引所上場時や通貨の半減期が購入のチャンス
  • 国内取引所に多く上場しており、比較的簡単に入手できる

モナコイン(MONA)は国内での需要が高く、大手取引所に数々上場していることからも、通貨としての人気は見てとれるだろう。

しかし、モナコイン(MONA)の将来性を不安視する声は少なくない。

コンセンサスアルゴリズムであるPoWやハッキング事件などの不安要素はあるものの、今後いかにこうしたマイナス要素を払拭していけるかがポイントとなるだろう。

現在、モナコイン(MONA)はDMM Bitcoinから手軽に入手できる。

取引手数料がかからず、セキュリティにも定評があるため、ぜひDMM Bitcoin公式サイトをチェックして詳細を確かめてほしい。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

モナコイン

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる