MetaMask(メタマスク)とは?使い方/始め方やメリット・デメリットを徹底解説

メタマスク

現在の仮想通貨市場では様々なプラットフォームが開発されており、いろいろな場面で暗号資産ウォレットを使用する機会が増えてきている。

数ある暗号資産ウォレットの中でも、最も有名なウォレットとしてはMetaMask(メタマスク)が挙げられるだろう。

この記事では、そんなMetaMask(メタマスク)の始め方や使い方、メリット・デメリットなどを詳しく解説していくので、気になる方はぜひ最後まで参考にしてみてほしい。

この記事からわかること
  • MetaMask(メタマスク)とは、仮想通貨やNFTなどのトークンを保管できるお財布の役割を持つ暗号資産ウォレットのこと
  • MetaMask(メタマスク)は、基本的にイーサリアムブロックチェーンで発行された仮想通貨に対応している
  • MetaMask(メタマスク)があれば、NFTマーケットプレイスやDeFiプラットフォーム、ブロックチェーンゲームなどを利用することができる
  • MetaMask(メタマスク)を利用するためには、あらかじめDMM Bitcoinなどの取引所でイーサリアム(ETH)を準備しておく必要がある

MetaMask(メタマスク)は基本的にイーサリアムブロックチェーンに対応しているウォレットなので、利用するためには事前にイーサリアム(ETH)を準備しておく必要がある。

これからMetaMask(メタマスク)の利用を検討している方は、ぜひこの機会にイーサリアムを購入できるDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてはいかがだろうか。

目次

MetaMask(メタマスク)とは

metamask_top
引用:MetaMask

MetaMask(メタマスク)とは、イーサリアム系の仮想通貨やNFTを保管できる暗号資産ウォレットだ。

複数ある暗号資産ウォレットの中でも、常にインターネットと接続している「ホットウォレット」に分類されており、Google Chromeをはじめとしたブラウザの拡張機能として利用できる。

現在リリースされている様々なDeFi関連のプラットフォームやNFTマーケットプレイスに対応しており、仮想通貨に触れる上では必須となるウォレットと言ってよいだろう。

これから仮想通貨に触れていく予定の方は、とりあえずアカウントを作成しておいて損はないウォレットとなっている。

今後、MetaMask(メタマスク)を使って仮想通貨への参入を考えている方は、イーサリアムを取引できるDMM Bitcoinの公式サイトもチェックしてみてほしい。

MetaMask(メタマスク)の始め方

次に、MetaMask(メタマスク)の始め方をWebブラウザと、スマホアプリ別にご紹介していく。

MetaMask(メタマスク)をダウンロードする手順で失敗したくない方は、ご紹介する手順通りに手続きを進めるようにしよう。

Webブラウザでの始め方

metamask
引用:MetaMask

WebブラウザでMetaMask(メタマスク)を始めるためには、まずMetaMask公式サイトにアクセスして「Download」のボタンをクリックする。

画面が切り替わったら、Google Chromeの拡張機能にMetaMask(メタマスク)を追加しよう。

ダウンロードが完了したら画面に沿って手続きを進め、ログイン時に使用する「パスワード」の設定を行い、ウォレットにアクセスするための「シークレットフレーズ」をしっかり控えておく必要がある。

特に「シークレットフレーズ」は紛失すると2度とウォレットにアクセスできなくなるだけでなく、他の人に知られると大切な資産を盗まれてしまう危険性がある。

自分の大切な資産を守るためにも、シークレットフレーズは必ず大切に保管するようにしよう。

スマホアプリでの始め方

metamask-app

次に、スマホアプリでMetaMask(メタマスク)を始める手順を見ていく。

まず、iPhoneユーザーはApp Store、AndroidユーザーはGoogle PlayでMetaMask(メタマスク)を検索し、自分のスマホにアプリをダウンロードしよう。

ダウンロードが完了したら、ブラウザと同様に「パスワードの設定」「シークレットフレーズの保管」を行い、画面に沿って手続きを進めていく。

全ての手続きが完了したら、スマホでも同じようにMetaMask(メタマスク)を使用することが可能となるだろう。

今後、MetaMask(メタマスク)の利用を検討している方は、まずDMM Bitcoinの公式サイトでイーサリアムの準備をしておくようにしよう。

MetaMask(メタマスク)の使い方

ここでは、MetaMask(メタマスク)を使うための手順について詳しく解説していく。

いまいちMetaMask(メタマスク)の使い方を把握できていない方は、この機会にしっかり確認しておこう。

MetaMask(メタマスク)の使い方
  • 国内の仮想通貨取引所でイーサリアムを取引する
  • 取引したイーサリアムをMetaMask(メタマスク)に送金する
  • MetaMask(メタマスク)を様々なプラットフォームに接続して利用する

国内の仮想通貨取引所でイーサリアムを取引する

MetaMask(メタマスク)を使うためには、まず国内の仮想通貨取引所でイーサリアムを取引する必要がある。

基本的にイーサリアムはどの取引所でも購入できるが、まだ取引所のアカウントを作成していない方は、国内取引所の中でも人気が高いDMM Bitcoinが非常に使いやすいだろう。

引用:DMM Bitcoin公式サイト

DMM Bitcoinのアカウントを作成できたら銀行振り込みなどで日本円の入金を行い、イーサリアムを取引していこう。

取引したイーサリアムをMetaMask(メタマスク)に送金する

イーサリアムの取引ができたら、次にMetaMask(メタマスク)に送金する手続きを進めていこう。

metamaskへの送金
引用:MetaMask

イーサリアムを送金するためにはMetaMask(メタマスク)を開き、画面上部が「イーサリアムメインネット」になっていることを確認したら、赤枠で示した箇所をクリックする。

クリックしたらMetaMask(メタマスク)への送金アドレスをコピーできるので、国内取引所の管理画面に貼り付け、送金を完了させよう。

MetaMask(メタマスク)を様々なプラットフォームに接続して利用する

MetaMask(メタマスク)にイーサリアムの送金ができたら、様々なプラットフォームに接続して利用していこう。

MetaMaskメタマスクの使い方1
引用:OpenSea

例として、OpenSeaとMetaMask(メタマスク)を接続する場合、まずは画面右上にある財布のアイコンをクリックする。

MetaMaskメタマスクの使い方2
引用:OpenSea

次に、上記画像の赤枠で示しているように「MetaMask」を選択すれば、OpenSeaとの接続が完了し、NFTを購入することができる。

これからMetaMask(メタマスク)で様々なサービスを利用したい方は、ぜひこの機会にイーサリアムを購入できるDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてほしい。

MetaMask(メタマスク)のメリット

ここでは、MetaMask(メタマスク)を使用するメリットを解説していく。

MetaMask(メタマスク)を利用することで具体的にどのようなメリットを得られるのか知りたい方は、ぜひチェックしてみて欲しい。

MetaMask(メタマスク)のメリット
  • 複数の仮想通貨をまとめて管理することができる
  • 様々なブロックチェーンのプラットフォームで利用できる
  • スマホアプリで使用することができる
  • MetaMask(メタマスク)上で仮想通貨をスワップ(交換)できる

複数の仮想通貨をまとめて管理することができる

MetaMask(メタマスク)の大きなメリットとして、複数の仮想通貨をまとめて保管できることが挙げられる。

現在、MetaMask(メタマスク)ではEthereum(イーサリアム)やPolygon(ポリゴン)、BNB(バイナンス)、Avalanche(アヴァランチ)などに対応しており、これらのブロックチェーンで発行しているトークンは全てまとめて管理することが可能だ。

ブロックチェーンの切り替えもワンクリックで行うことができるため、簡単にウォレットのアドレスを確認できるのも利便性が高いポイントと言えるだろう。

様々なブロックチェーンのプラットフォームで利用できる

MetaMask(メタマスク)は、NFTマーケットプレイスやDeFiプロトコル、ブロックチェーンゲームなど様々なプラットフォームで利用できる暗号資産ウォレットとなっている。

イーサリアムやポリゴン、バイナンスチェーンなどのブロックチェーンで開発されているプラットフォームであれば、基本的にMetaMask(メタマスク)を利用できるので、非常に汎用性が高いと言えるだろう。

まだ暗号資産ウォレットを作っていないという方は、MetaMask(メタマスク)さえ作成しておけばほとんどのプラットフォームを利用することが可能と言える。

スマホアプリで使用することができる

MetaMask(メタマスク)のメリットとして、始め方の手順でご紹介したようにスマホアプリで使用できることも挙げられる。

iPhoneとAndroidの両方のスマートフォンにも対応しているので、誰でもMetaMask(メタマスク)をスマホで手軽に利用できるだろう。

スマホにダウンロードしておけば、場所を選ばずにどこでも仮想通貨を取引することが可能となる。

MetaMask(メタマスク)上で仮想通貨をスワップ(交換)できる

MetaMask(メタマスク)を使用すれば、仮想通貨をスワップ(交換)することも可能だ。

一般的に仮想通貨のスワップをする際は、Coincheck(コインチェック)などの中央集権的な暗号資産取引所や、Uniswapといった分散型取引所(DEX)を利用する必要がある。

しかし、MetaMask(メタマスク)であれば、取引所を通さずともウォレットに入っている仮想通貨を別のトークンに交換することが可能なので、非常に利便性が高いと言えるだろう。

これからMetaMask(メタマスク)を使っていきたい方は、ぜひこの機会にイーサリアムを取引できるDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみて欲しい。

MetaMask(メタマスク)のデメリット

次に、MetaMask(メタマスク)のデメリットについても確認しておこう。

非常にメリットが多いMetaMask(メタマスク)だがデメリットも存在しているので、利用前にしっかり確認しておくことをおすすめする。

MetaMask(メタマスク)のデメリット
  • 対応しているブロックチェーンが限られている
  • インターネットと接続したホットウォレットなので、セキュリティ面に心配がある
  • 利用できるブラウザの種類が少ない

対応しているブロックチェーンが限られている

基本的にMetaMask(メタマスク)は、イーサリアム系の仮想通貨に対応しているウォレットであるため、対応しているブロックチェーンが限られるというデメリットがある。

特に近年、NFTやDeFiでも大きく需要が伸びてきているSolana(ソラナ)のブロックチェーンに対応していないことは大きなデメリットと言えるだろう。

また、仮想通貨の王道であるビットコインのブロックチェーンに対応していないことも、MetaMask(メタマスク)の欠点として考えることができる。

インターネットと接続したホットウォレットなので、セキュリティ面に心配がある

MetaMask(メタマスク)は常にインターネットと接続しているホットウォレットに分類されており、セキュリティ面に心配があると言える。

特に近年、MetaMask(メタマスク)から仮想通貨やNFTがハッキングされて盗まれる事件が多発しているため、ホットウォレットを使用する際は十分に気をつける必要があるだろう。

長期保有する仮想通貨や高価なNFTを保管する場合は、MetaMask(メタマスク)ではなくやはりコールドウォレットを使用することを推奨する。

利用できるブラウザの種類が少ない

MetaMask(メタマスク)の最後のデメリットとして、利用できるブラウザの種類が少ないことが挙げられる。

2022年8月現在、MetaMask(メタマスク)が対応するブラウザは以下の通りとなっている。

MetaMask(メタマスク)が対応しているブラウザの種類
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Brave
  • Microsoft Edge

今後、利用できるブラウザの種類も増えていくと思われるが、現状MetaMask(メタマスク)を利用するためには上記のブラウザを使用する必要があるだろう。

MetaMask(メタマスク)に関するQ&A

記事の最後に、MetaMask(メタマスク)に関するよくある質問をご紹介していく。

下記の3つのよくある質問について、順番に確認していこう。

MetaMask(メタマスク)に関するQ&A
  • MetaMask(メタマスク)にビットコインは送金できる?
  • シークレットフレーズとはどのようなもの?
  • MetaMask(メタマスク)に仮想通貨を保管しても大丈夫?
MetaMask(メタマスク)にビットコインは送金できる?

2022年8月現在、MetaMask(メタマスク)はビットコインのブロックチェーンに対応していないため、ビットコインは送金することができない。

基本的にMetaMask(メタマスク)はイーサリアムブロックチェーンに対応するウォレットなので、その点は注意しておこう。

ただし、イーサリアムブロックチェーンに対応したWBTC(ラップドビットコイン)であれば、MetaMask(メタマスク)に送金することも可能だ。

シークレットフレーズとはどのようなもの?

シークレットフレーズとは、MetaMask(メタマスク)などの暗号資産ウォレットにアクセスするためのパスワードと考えればよい。

このシークレットフレーズを他の人に知られてしまうと、預けている資産を全て盗まれる可能性があるので、しっかり保管しておく必要があるだろう。

MetaMask(メタマスク)に仮想通貨を保管しても大丈夫?

MetaMask(メタマスク)に保管する仮想通貨は、あくまで普段使いのものにしておくのがよいだろう。

先ほども少しご紹介したように、MetaMask(メタマスク)は常にインターネットと接続されているホットウォレットに分類されるので、どうしてもハッキングされてしまう危険性は把握しておく必要がある。

しっかりと長期間保有する仮想通貨に関しては、Ledgerをはじめとしたコールドウォレットに保管しておくと安全だろう。

MetaMask(メタマスク)のまとめ

今回の記事では、暗号資産ウォレットとして最も利用されているMetaMask(メタマスク)の特徴やメリット・デメリットなどを解説してきた。

記事の最後に、今回ご紹介した内容をもう一度振り返っていこう。

この記事のまとめ
  • MetaMask(メタマスク)とは、仮想通貨やNFTなどのトークンを保管・管理することができる暗号資産ウォレットのこと
  • MetaMask(メタマスク)は、基本的にイーサリアムブロックチェーンで発行された仮想通貨やNFTに対応しているウォレット
  • MetaMask(メタマスク)があれば、NFTマーケットプレイスやDeFiプラットフォームに接続して、サービスを利用することができる
  • これからMetaMask(メタマスク)を利用していきたい方は、イーサリアムなどの仮想通貨を取引できるDMM Bitcoinも要チェック

ご紹介してきたように、MetaMask(メタマスク)は様々なプラットフォームで利用でき、かつ複数のトークンをまとめて管理できるなど非常に利便性が高いと言えるだろう。

これからMetaMask(メタマスク)を利用するためには、まず国内の暗号資産取引所でイーサリアム(ETH)などを仮想通貨を購入しておく必要がある。

数ある国内取引所の中でもDMM Bitcoinは非常に人気が高くユーザーからの評判も良いので、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトも詳しくチェックしてみてはいかがだろうか。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

メタマスク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる