Maker(MKR)・DAI(ダイ)とは?MakerDAOの今後の見通し/将来性を徹底解説

近年の仮想通貨市場においては、米ドルなど法定通貨の価格と連動するステーブルコインの存在感がより高まっている。

中でも、仮想通貨を準備資産・担保にしている「仮想通貨担保型ステーブルコイン」では、DAI(ダイ)と呼ばれるステーブルコインが大きな人気を獲得していると言えるだろう。

この記事では、DAI(ダイ)を発行を行っているMakerDAOというプロジェクトの特徴や今後の見通し、投資する上での注意点などを詳しく解説していく。

この記事からわかること
  • MakerDAOとは、ステーブルコインDAI(ダイ)の発行を目的としたDeFiプロジェクトのこと
  • MakerDAOは、数あるDeFiプロジェクトの中でもTVL(Total Value Locked)が多く、人気が高い
  • MakerDAOでは、MKRという独自のガバナンストークンを発行している
  • これからMakerDAO・MKRに投資したい方は、国内取引所の中でも人気が高いCoincheckも要チェック

MakerDAOでは、独自のガバナンストークンであるMKRという仮想通貨を発行しており、投資先としても人気の銘柄だ。

これからMKRへの投資を検討している方は、まず原資となる仮想通貨を購入できるCoincheckを詳しくチェックしてみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

目次

MakerDAO・MKRとは

MakerDAO_top
引用:MakerDAO公式サイト
通貨名Maker
シンボルMKR
価格(2022年9月現在)104,547.94円
時価総額(2022年9月現在)102,209,309,807円
時価総額ランキング(2022年9月現在)56位
主な取引所Binance、FTX、Coinbase、KuCoinなど
公式サイトMakerDAO公式サイト

MakerDAOとは、ステーブルコインの一銘柄であるDAI(ダイ)という仮想通貨を発行しているDeFiプロジェクトだ。

プロジェクト自体は2014年に正式リリースされており、DeFiプラットフォームとしては非常に長い歴史を持っていると言えるだろう。

また、MakerDAOは特定の管理者がいる組織によって運営されているわけではなく、DAO(自律分散型組織)という非中央集権的なコミュニティによって運営されていることも大きな特徴となっている。

今後、仮想通貨市場の成長に伴い、より大きな役割を担っていくことが期待できるサービスと言える。

これからMakerDAOへの投資を考えている方は、国内取引所の中でも人気が高いことで知られるCoincheckにもアクセスしてみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

MakerDAO・MKRの基本的な特徴

ここでは、MakerDAO・MKRの基本的な特徴について、もう少し詳しく確認していこう。

MakerDAO・MKRの基本的な特徴
  • ステーブルコインのDAI(ダイ)の発行を目的としたDeFiプロトコル
  • DeFiプロジェクトの中でもTVL(Total Value Locked)ランキングが高い
  • ガバナンストークンのMKRを発行している

ステーブルコインのDAI(ダイ)の発行を目的としたDeFiプロトコル

先ほどもご紹介したように、MakerDAOはステーブルコインのDAI(ダイ)の発行を目的としたDeFiプロトコルだ。

ステーブルコインDAI(ダイ)の発行の仕組みとしては、プラットフォーム内にイーサリアムなどの仮想通貨を預け入れることで、その金額に応じたDAI(ダイ)が発行される。

こういったステーブルコインのことを「仮想通貨担保型」と呼んでおり、ボラティリティが激しい仮想通貨の特性上、必ず発行額以上の仮想通貨を担保に入れるという特徴がある。

DAI(ダイ)は数あるステーブルコインの中でも非常に人気が高いことから、MakerDAOは今後も継続した需要が発生するプロジェクトと言ってよいだろう。

DeFiプロジェクトの中でもTVL(Total Value Locked)ランキングが高い

TVL-1
引用:DappRadar

MakerDAOの特徴として、様々なDeFiプロジェクトの中でもTVL(Total Value Locked)ランキングが高いという点が挙げられる。

TVL(Total Value Locked)とは、そのプロジェクトの中に預け入れられている仮想通貨の価値の合計を意味しており、そのプロジェクトがどれだけユーザーから支持されているかを判断する指標となっている。

2022年9月現在、上記の画像の通りMakerDAOは全てのDeFiプロジェクトの中でもTVLランキング1位となっており、非常に需要が高いプラットフォームであることがよくわかるのではないだろうか。

ガバナンストークンのMKRを発行している

MakerDAOの最後の特徴としては、ガバナンストークンのMKRを発行していることだろう。

ガバナンストークンとは、組織の方向性を決める際の投票に利用できる機能があり、トークン保有者によって意思決定が行われる。

つまり、MKRを保有していれば、MakerDAOの運営に関わることが可能となる。

これからMKRの購入などを考えている場合、まず原資はとなる仮想通貨を購入できるCoincheckを確認することを推奨する。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

【2022年最新】MakerDAO・MKRの現在の価格推移

MakerDAO・MKRの現在の価格推移
引用:TradingView

ここでは、MakerDAO・MKRの現在の価格推移を見ていこう。

上記は、MakerDAO・MKRの2022年の価格推移を表しているチャートとなっているが、継続した下落相場に直面していることがよくわかるだろう。

この理由としては、FRBによる継続的な利上げなどの金融政策や物価の急激な高騰、ロシア・ウクライナ間の戦争など様々な問題により、仮想通貨などのリスク資産が売却されていることが挙げられる。

中でもFRBによる利上げは仮想通貨市場に大きな影響を及ぼしており、今後のMakerDAOの価格動向にも密接に関わっているだろう。

これからMKRを少しでも購入してみたい方は、アプリが見やすく使いやすいCoincheckの公式サイトもチェックすることを推奨する。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

MakerDAO・MKRの過去の価格推移

次に、MakerDAO・MKRの過去の価格推移も解説していく。

MakerDAO・MKRの過去の価格推移
  • 2021年1月〜6月のMakerDAO・MKRの価格推移
  • 2021年7月〜12月のMakerDAO・MKRの価格推移

2021年1月〜6月のMakerDAO・MKRの価格推移

MakerDAO・MKRの過去の価格推移1
引用:TradingView

上記のチャートは、2021年1月〜6月のMakerDAO・MKRの価格推移であるが、4月後半〜5月にかけて大きな価格上昇を記録していることがよくわかるだろう。

これはMakerDAOだけではなく、ビットコインをはじめ仮想通貨市場全体が上昇相場となり、それに影響を受けた形となっている。

しかし、その後に中国での仮想通貨禁止のニュースが報道され、一気に価格を下落させている。

2021年7月〜12月のMakerDAO・MKRの価格推移

MakerDAO・MKRの過去の価格推移2
引用:TradingView

2021年7月〜12月のMakerDAO・MKRは、そこまで大きな価格変動は見せなかった。

一時的に上昇を見せた場面はあったものの、そこまで長続きはせずに大局ではレンジでの推移が継続していたと言えるだろう。

今後、MKRの取引を検討している方は、数ある国内取引所の中でも人気が高いCoincheckの公式サイトにもアクセスしてみてほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

MakerDAO・MKRの今後の予想/将来性

次に、MakerDAO・MKRの今後の将来性・動向の予想を確認していこう。

MakerDAO・MKRの今後の予想/将来性
  • ステーブルコインDAI(ダイ)の需要がさらに高まる
  • DeFi市場が成長することでガバナンストークンMKRの価格上昇が期待できる
  • 担保にしている仮想通貨からUSDCを除外する可能性がある

ステーブルコインDAI(ダイ)の需要がさらに高まる

今後、仮想通貨市場が大きく成長するに伴い、ステーブルコインDAI(ダイ)の需要がさらに高まっていくことが予想できる。

というのも、近年ではステーブルコインの存在感が日々増しており、2022年9月現在の仮想通貨の時価総額ランキング3位はUSDT、4位USDCとステーブルコインがランクインしている。

DAI(ダイ)に関しても、ランキング14位と躍進していることから、今後はさらなる需要が発生しても何らおかしくないだろう。

DeFi市場が成長することでガバナンストークンMKRの価格上昇が期待できる

DeFi市場が成長することで、独自のガバナンストークンであるMKRの価格上昇も期待することができる。

ここまででもご紹介したように、MakerDAOは数あるDeFiプロジェクトの中でも人気が高く、すでに確固たる地位を築いていると言えるだろう。

今後、DeFiへの大きな資金流入があればMakerDAOに流れてくる可能性は非常に高く、ガバナンストークンMKRの価格にもよい影響を与えることが予想できる。

担保にしている仮想通貨からUSDCを除外する可能性がある

MakerDAOの今後の予想として、担保資産からステーブルコインのUSDCを除外する可能性がある。

実際、MakerDAOの共同創設者であるRune Christensen氏は、8月11日に以下のような発表を行なっている。

DeFi(分散型金融)プロジェクト「MakerDAO」の共同創設者Rune Christensen氏は11日、公式Discordチャンネルで、ステーブルコイン「ダイ(DAI)」の担保資産から「USDC」を除外することを検討する考えを示した。

USDCが、中央集権型の米ドルステーブルコインであることを懸念。この考えの背景には、米財務省が仮想通貨ミキシングサービス「Tornado Cash」を制裁対象に指定した経緯がある。財務省の発表を受けて、USDCの発行元である米サークル社らは、制裁リストにあるアドレスをブラックリスト化するなどの対応を行なった。

引用:MakerDAO共同創設者、DAIの担保資産からUSDCを除外する考え示す

内容の詳細は省くが、イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏はこの発表に懸念を表しており、今後の動向に注目が集まっている。

これからMKRへの投資を検討している方は、まず原資となる仮想通貨を購入できるCoincheckの公式サイトを詳しく確認してみてほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

MakerDAO・MKRを購入するタイミング・買い時

ここでは、今後MakerDAO・MKRを購入するのによいタイミング・買い時を解説していく。

MakerDAO・MKRを購入するタイミング・買い時
  • 価格がある程度底打ちしたタイミング
  • 仮想通貨市場が上昇相場に転じるタイミング

価格がある程度底打ちしたタイミング

MakerDAO・MKRの買い時として、価格がある程度底打ちしたタイミングが挙げられる。

基本的に価格が底打ちをすればある程度の期間はかかるものの、そこから上昇相場に反転していくため、長期的には利益を挙げられる可能性が高くなる。

しかし、価格の底打ちを判断するのは非常に難しいので、下落が発生するたびに少しずつ買い増しをしていくのがよい戦略となるだろう。

仮想通貨市場が上昇相場に転じるタイミング

MakerDAO・MKRの購入のタイミングとして、仮想通貨市場が上昇相場に転じるときもよいと言える。

特にビットコインの半減期では他のアルトコインも大きく上昇することが多いので、そういったタイミングを狙うのもおすすめと言えるだろう。

これからMKRの購入を検討している方は、アプリが使いやすく初心者でも安心のCoincheckの公式サイトをチェックするのがよいだろう。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

MakerDAO・MKR投資のリスク/注意点

ここでは、MakerDAO・MKR投資におけるリスク・注意点を解説していく。

今後、MakerDAOへの投資を考えている方は、しっかり確認することを推奨する。

MakerDAO・MKR投資のリスク/注意点
  • ステーブルコインDAI(ダイ)のディペッグの可能性
  • 他のライバルとなるステーブルコインの登場
  • ハッキングされるリスクがある

ステーブルコインDAI(ダイ)のディペッグの可能性

MakerDAO・MKRの投資リスクとして、ステーブルコインDAI(ダイ)のディペッグの可能性がある。

ディペッグとは、1DAI=1ドルの価格から乖離していくことであり、例としてTerra(LUNA)が発行していたUSTの崩壊が挙げられるだろう。

確率としては低いかもしれないが、DAIもUSTのようなディペッグが発生する可能性も否定できない。

他のライバルとなるステーブルコインの登場

MakerDAO・MKRに考えられる注意点として、他のライバルとなるステーブルコインが登場することも考えられる。

実際、AaveやCurveといったDeFiプラットフォームでも独自のステーブルコインの発行を計画しているため、今後の動向には注視しておく必要があるだろう。

ハッキングされるリスクがある

MakerDAO・MKRの最後の注意点として、ハッキングされるリスクが挙げられる。

MakerDAOなどのDeFiプラットフォームは、基本的に開発コードがオープンソース化されており、ハッカーによってコードの脆弱性を見破られる可能性がある。

ユーザー側としてはハッキングを防ぐ方法はないかもしれないが、こういったリスクがあることは事前に把握しておくようにしよう。

MakerDAO・MKR投資におすすめの取引所

最後に、MakerDAO・MKRへの投資をする際に、アカウント作成しておいて損はないおすすめの取引所をご紹介していく。

MakerDAO・MKR投資におすすめの取引所
  • DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Coincheck (コインチェック)

Coincheck (コインチェック)

Coincheck-top
引用:Coincheck (コインチェック)公式サイト
名称Coincheck (コインチェック)
取扱銘柄18銘柄
最低取引額500円以上
サービス取引所
販売所
Coincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
Coincheck NFT
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheck (コインチェック)は、これまでのアプリダウンロード数が520万ダウンロードを記録している非常に知名度が高い仮想通貨取引所となっている。

また、通常のトレード機能以外にも「Coincheck NFT(β版)」「貸暗号資産」「Coincheckつみたて」なども利用することが可能であり、Coincheckだけで複数のサービスにまとめてアクセスすることができるだろう。

今後、MakerDAO(MKR)などの仮想通貨に投資をしていきたい方は、Coincheckのアカウントを一つ保有しておいても損はないと言えるのではないだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin
引用:DMM Bitcoin (DMMビットコイン)公式サイト
名称DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
取扱銘柄現物:13銘柄
レバレッジ取引:20銘柄
最低取引額0.0001BTC
サービス取引所
販売所
レバレッジ取引
BitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)は、国内企業の中でも非常に有名なことで知られるDMMグループが運営を行っている仮想通貨取引所だ。

DMMグループでは、証券会社などを運営するノウハウを持っており、DMM Bitcoinも取引画面が非常に見やすく、使いやすいという大きな特徴を持っている。

また、数多くある国内取引所の中でも最大規模となる20種類もの仮想通貨をレバレッジ取引することができ、大きな利益を獲得したい方には使いやすい取引所と言えるだろう。

これからMakerDAO(MKR)への投資を検討している場合は、海外取引所への送金用としてDMM Bitcoinの公式サイトのアカウント作成も考えてみてほしい。

\ 口座開設完了で即時2,000円プレゼント! /

bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyer
引用:bitFlyer (ビットフライヤー)公式サイト
名称bitFlyer (ビットフライヤー)
取扱銘柄17銘柄
最低購入金額(BTC)0.00000001BTC
サービス取引所
販売所
bitFlyer Lightning
ステーキングリワードサービス
レバレッジ取引
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyer (ビットフライヤー)は、6年連続ビットコイン取引量No.1にも輝く実績を持っている人気の仮想通貨取引所だ。

また、国内最大級となる17銘柄もの仮想通貨をラインナップしており、2022年8月からはMakerDAO(MKR)の取り扱いを開始している。

MakerDAO(MKR)を日本円で購入できる数少ない国内取引所なので、手軽にMakerDAO(MKR)の取引をしたい方はぜひbitFlyerの公式サイトを詳細に確認することを推奨する。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

MakerDAO・MKRの今後の予想のまとめ

今回の記事では、ステーブルコインDAIを発行するDeFiプラットフォーム、MakerDAOの特徴や今後の予想・見通し、過去の価格推移などを詳しく解説してきた。

記事のまとめとして、今回の内容を再度チェックしていこう。

この記事のまとめ
  • MakerDAOとは、ステーブルコインであるDAI(ダイ)の発行を目的としたプラットフォームのこと
  • MakerDAOは、DeFiプロジェクトの中でもTVL(Total Value Locked)1位であり、非常に人気が高い
  • MakerDAOでは、ガバナンストークンのMKRという独自トークンを発行している
  • これからMakerDAO・MKRに投資したい方は、取引画面が使いやすいと評判のCoincheckも要チェック

ご紹介してきたように、MakerDAOではMKRという独自トークンを発行しており、時価総額ランキングでも上位に位置する大型銘柄だ。

投資先の仮想通貨としても非常に人気が高く、今後も注目していく必要がある銘柄と言えるだろう。

これからMKRへの投資を少しでも考えている方は、このタイミングで利用者からの評判が良いCoincheckをチェックしてみてほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる