ライトコイン(LTC)とは?特徴や今後の予想/将来性を徹底解説

ライトコイン

ライトコイン(LTC)は、高速で低コストな決済手段として開発された仮想通貨であり、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するためのサブアセットでもある。

Googleの元エンジニアでありビットコインのマイナーでもあるチャーリー・リー氏によって2011年に考案された。

2022年現在も高い時価増額を誇り、シンプルさと利便性が長きにわたり評価されていることがわかる。

この記事では、ライトコインの特徴や価格動向、将来性、リスクおすすめの取引所などについて徹底解説する。

この記事からわかること
  • ビットコインの4倍の処理速度&超低コストで取引が完了する
  • 4年に1度の半減期があり、次回は2023年8月予定
  • 専用ウォレット「Litecoin Core」で匿名性を持ったまま取引可能
  • 「OmniLite」というトークン発行やNFT発行などのプラットフォームを展開する
  • ライトコインを取引するならDMM Bitcoinが利用しやすい

ライトコインは、スマートコントラクトプラットフォームや決済手段としても注目されており、今後、企業やプロジェクトで採用される可能性もある。

10年以上も高い時価総額を保ち、人気の高い仮想通貨であることから、信頼性も高い。

半減期を前にライトコインを入手するなら、国内取引所「DMM Bitcoin」の口座を開設してみてはいかがだろうか。

各種手数料が無料で、初心者でも使いやすいので、一度公式サイトをチェックしてみていただきたい。

目次

ライトコイン(LTC)とは

LTC公式サイト
出典:Litecoin公式サイト
通貨名LTC(ライトコイン)
現在価格¥7,095
時価総額¥501,417,159,712
時価総額ランキング21位
発行上限84,000,000枚
承認方式PoW
発行年2011年
取扱いのある国内取引所DMM Bitcoin、Coincheck、GMOコイン、bitFlyer、LINE BITMAX、BITPOINTなど
公式サイトライトコインの公式サイト
関連記事仮想通貨のおすすめランキング
2022年7月時点

LTC(ライトコイン)は、金と銀の関係のように、ビットコインとライトコインの立ち位置になるべく誕生した。

「サブアセット」「ビットコインの軽量版」などと呼ばれているが、その機能性はビットコインをはるかに超え、今やビットコインの4倍ものスピードでトランザクションを処理する。

2011年の発行から10年以上経った現在でも、時価総額ランキング21位であり、十分な出来高を誇っている仮想通貨だ。

世界中と国内の取引所でも必ずと言っていいほど上場している。

スケーラビリティ問題の解決や、安全な独自ウォレットのリリースにより、仮想通貨業界で絶対的な存在となった。

そんなライトコインを売買するなら、国内大手の仮想通貨取引所であるDMM Bitcoinを利用してみてはいかがだろうか。

DMM Bitcoinは、現物取引、レバレッジ取引、Bitmatch注文など様々な方法でトレード可能だ。

使い勝手が良く、初心者から中上級者まで利用しやすいので、一度DMM Bitcoinの公式サイトを覗いてみてほしい。

ライトコイン(LTC)の基本的な特徴

ライトコインの基本的な特徴を5つ解説しよう。

もともとビットコインのサブコインとして開発されたため、ビットコインを意識した特徴が多い。

しかし、ビットコインと異なる点も多いため、その違いやライトコイン独自の機能を確認していただきたい。

ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために開発された

スケーラビリティ問題とは

ビットコインのブロックサイズの上限により、ガス代高騰や取引速度の遅延が発生する問題。

ビットコインは、開発当初からスケーラビリティ問題が指摘されており、その解決策としてライトコインは開発された。

ライトコインは、1ブロックに取り込める取引データの量を増やし、取引速度を高めることに成功する。

その結果、ビットコインに比べて4分の1の速度でブロックを生成し、取引速度を改善させたのだ。

取引速度が速いと、承認するマイナーの作業もスムーズになるためガス代を軽減することも可能である。

ビットコインを元に開発されるも、はるかに上回る性能を持ち、海外では決済手段として扱われる人気の仮想通貨となった。

2021年には、世界2000以上の提携先と店舗でライトコイン決済が採用されるほどだ。

2018年の海外のフィンテックニュースにおいて、ライトコイン9900万ドル(130億円程度)が取引時間わずか2分30秒、ガス代は0.4ドル(50円程度)で送金されたと報じられ話題になったほどだ。

メジャーな仮想通貨で初めて「Segwit」を実装した

SEGWIT
出典:Medium記事

今でこそSegwitは一般的な機能としてビットコインでも採用されているが、メジャーなアルトコインとして初めて実装したのはライトコインだ。

Segwitとは、取引データのサイズを縮小させて1ブロックに取り込めるデータ量を増やすための機能である。

これにより、対応できるデータ容量の増加、トランザクションの高速化、ガス代の削減が実現したのだ。

具体的には以下の通りになる。

ライトコインビットコイン
処理速度1ブロック生成に2.5分1ブロック生成に10分

ライトコインはビットコインの4倍もの速度で処理できるようになった。

Segwitは2015年後半にアイデアが発表され、2017年にライトコインのマイナーによる75%の賛同を経た上で導入している。

Segwitの導入には、マイナーのコンピューターの変更が必要だったので高いハードルがあったが、ビットコインにも導入された経緯があり、すぐにライトコインでも導入が実現した。

時価総額が高く安定しているライトコインだからこそ、早期に実現したといえる。

LTCの半減期は84万ブロックごとに訪れる

ライトコインビットコイン
発行上限8400万枚2100万枚
半減期84万ブロック生成時
(次回予測2023年8月)
21万ブロック生成時
(次回予測2024年)

ライトコインには、ビットコインと同じく半減期が存在する。

半減期とは、マイニングを行うマイナーへの報酬が半減する時期であり、報酬配布後に売却される通貨量増加によるインフレ防止の措置だ。

半減期ごとに売却量は減少するため、需要が引き締まり、インフレ対策とともに価格上昇にも期待できる。

ビットコインが21万ブロックごとに対して、ライトコインは84万ブロックごとに半減期が訪れる予定だ。

この時期、ライトコイン保有者は価格変動に応じるためチャートから離れられないだろう。

専用ウォレット「Litecoin Core」で安全に資産管理できる

Litecoin Core
出典:Litecoin Coreウォレット

ライトコインは公式ウォレットとして「Litecoin Core」を提供している。

パソコンを起動してLitecoin Coreを開かなければネットワークに接続しないため、ハッキングのリスクを最小限に抑える特徴がある。

Windows、Mac、LinuxなどのOSに対応しているので、興味があれば必ずライトコインの公式サイトからダウンロードしてほしい。

Litecoin Coreへ仮想通貨を送金するなら、国内取引所のDMM Bitcoinを検討してみてはいかがだろうか。

DMM Bitcoinはライトコインをはじめ19種類もの仮想通貨を取り扱っており、レバレッジ取引にも対応している。

初心者でも使いやすく、サポートも充実しているので、一度DMM Bitcoinの公式サイトに目を通してみてほしい。

ライトコイン(LTC)の過去の価格推移

ライトコインは過去から現在まで比較的価格が安定している。

何度か暴落に近い落ち方をするも立ち直りも早い。

これまでのライトコインの価格動向を確認してみよう。

2017年~2021年まで比較的安定

出典:TradingViewのチャート

LTCは全体的に価格が安定している。

2017年が仮想通貨投資元年だとすれば、2018年年初には可能性に賭けた投資者が多く参戦して価格上昇となった。

2018年から2019年にかけて、米国や中国の仮想通貨規制に伴い価格は下落傾向だ。

2020年は大きな変動を見せず、2021年に入り急上昇している。

仮想通貨業界のバブルであり、DeFiやブロックチェーンゲーム、NFTで盛り上がりを見せ、ライトコインの価格も良い影響を受けているのがわかる。

2021年5月には最高値で400ドル(約54,000円)を超える高長期であった。

2019年8月に半減期を迎えたため、その2~3か月前には価格が高騰している。

2022年の価格は下落傾向

チャート
出典:TradingViewのチャート

2022年に入ると価格は下落し停滞中だ。

7月時点では50ドル前後となっている。

5月のTerraLUNA騒動やセルシウスの破産問題、米CPIの上昇によるリスク投資への回避など、様々な要因によるものだ。

それでも他の仮想通貨に比べて小幅な下落で済んでおり、ライトコインの安定性は計り知れない。

ライトコインを購入するなら、初心者でも使いやすいDMM Bitcoinを検討してみてはいかがだろうか。

Bitmatch注文を使えば希望に近い価格で約定できるので利用しやすいだろう。

まずはDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてほしい。

ライトコイン(LTC)の今後の予想

ライトコインの今後と将来性について予測して解説しよう。

近年、アップデートやセカンドレイヤーの導入でさらに機能性が高くなり、将来有望なプロジェクトに成長したとわかるだろう。

プライバシー機能「MinbleWinble」含む大型アップデートを

BREAKING: After years of development, Litecoin’s #MWEB – Mimblewimble Extension Block upgrade will be included as part of the #Litecoin Core 0.21.2 release candidate, which also includes the security and privacy enhancing #Taproot upgrade. https://litecoin-foundation.org/litecoins-pivotal-mweb-upgrade/

Twitter

ライトコインは2022年3月、「MinbleWinble(ミンブルウィンブル)拡張ブロック」を含む「Litecoin Core 0.21.2」の大型アップデートを行った。

MinbleWinble拡張ブロックとは、ライトコイン財団で2年以上の開発期間を経て構築されたプライバシー機能だ。

利用者が情報を受け取ったり、利用する際などに許諾の意思を示す行為である「オプトイン」方式を取り入れている。

つまり、取引内容を匿名性にしたまま取引できるため、自分でプライバシーを守る選択ができる。

その結果、決済手段の仮想通貨としては適任となり、将来的にライトコインの活躍の場が広がるだろう。

セカンドレイヤー「OmniLite」で様々な機能に対応

Omnilite
出典:OmniLite公式サイト

2021年にライトコインは、トークン作成プラットフォーム「Omni Lite」をローンチした。

ライトコインのセカンドレイヤーであり、仮想通貨・NFT・スマートコントラクトの構築が可能だ。

作成したトークンなどはライトコインのブロックチェーンを介して簡単に取引できる。

分散型クラウドファンディングも可能となっており、様々な可能性を持つ機能といえるだろう。

将来的に、ライトコインのセキュリティや財団の恩恵を受けながらトークン発行などを行うプロジェクトが増えると、ライトコインのエコシステム拡大にも繋がると考えられる。

2023年8月頃に半減期の予定

回数日時マイニング報酬の減額
1回目2015年8月25日50LTC→25LTC
2回目2019年8月5日25LTC→12.5LTC
3回目2023年8月(予想)12.5LTC→6.25LTC

ライトコインはビットコインと同じく、マイニング報酬が半減される「半減期」を4年に1回迎える。

1回目は2015年8月、2回目は2019年8月に実施されており、次回の半減期は2023年の8月頃だと予想できる

前回は半減期の2~3か月前まで価格が上昇しており、半減期を迎えるころには利確の売りが先行して価格が落ちた。

そのため、半減期の数カ月前からライトコインを準備しておくと価格上昇に期待できるかもしれない。

ライトコインを購入するなら、初心者でも簡単に売買できるDMM Bitcoinを利用してみてはいかがだろうか。

ネットバンキングや銀行振込を使ってすぐに日本円を入金できるので、一度公式サイトにも目を通していただきたい。

ライトコイン(LTC)の買い時

ライトコインの買い時について解説しよう。

ただし、仮想通貨の将来価格を完全予測することは不可能なので、あくまで参考程度にしていただきたい。

比較的安定しているとはいえ、仮想通貨の購入にはリスクが付き物であると認識しておこう。

半減期の前に購入する

ライトコインの次の半減期は2023年8月頃だと考えられるので、その数カ月前に価格の上昇に期待できる。

利確の売りが発生する前に売却することを踏まえて、早めに準備しておくのが得策だと考えられる。

必ず価格上昇するとは約束できないが、高騰に期待してライトコインを購入するなら、現在から2023年に入ってすぐまでの時期が買い時といえるだろう。

ビットコイン暴落時である現在は低リスクで購入できる

BTCチャート
出典:TradingViewのチャート

ライトコインの価格はビットコインに大きな影響を受ける。

2022年7月のビットコインの価格は約290万円であり、2021年の10月頃に750万円を超えていたことを考えると半値以下だ。

世界情勢を考えるとすぐにビットコインの価格が上昇するとはいえないが、価格的には低リスクで購入できる時期でもある。

短期間の利益ではなく、長期間で見て価格上昇に期待するなら現在が買い時ともいえるだろう。

ライトコインで現物取引やレバレッジ取引を楽しむなら、DMM Bitcoinの利用を検討してみてはいかがだろうか。

DMM Bitcoinは、国内でも特に多い19種類の仮想通貨でレバレッジ取引が可能だ。

ライトコインなら証拠金850円で取引できるので、一度公式サイトにも目を通してみてほしい。

ライトコイン(LTC)投資のリスク/注意点

ライトコインは2011年の発行以降、常に時価総額の上位にランクインする安定性の高い仮想通貨だ。

しかし、どんな仮想通貨にもリスクや注意点は存在する。

ここではライトコインの投資リスクを2つにしぼって解説しよう。

システム開発・決済手段としてトップではない

ライトコインは、「Omni Lite」によりトークン、NFT、スマートコントラクトを開発するプラットフォームを展開するが、スマートコントラクトプラットフォームといえばEthereum(イーサリアム)やPolkadot(ポルカドット)が強靭なネットワークを持っている。

初めて開発するならイーサリアムが多く、ライトコインの注目度は低いかもしれない。

また、「Segwit」で処理速度と手数料を大幅に改善させたが、海外送金でトップを走るのはRipple(リップル)とも考えられる。

様々な機能があるにもかかわらず、各機能に特化した別の巨大プロジェクトの壁があるため、ライトコインは2番手になることも少なくないだろう。

トップを意識するならリスク要素があると言えるが、ここまで長く上位に入る仮想通貨は貴重な存在だと認識すべきだ。

ビットコインのサブアセットだが取引量は少ない

ビットコインのサブアセットとして、機能を比較されたり、BTC価格の影響を受けやすかったりするのはライトコインの特徴だ。

しかし、取引量は徐々に減少しており、2018年の一時期は時価総額ランキング7位だったのが、2022年の現在には21位となっている。

仮想通貨の種類が膨大な数に増えており、プラットフォーム系やゲーム系トークンの増加でライトコインが押し出されている感はあるだろう。

ビットコインの軽量版といえど、ビットコインには及ばない取引量なので、そもそも比較すべきではない。

ライトコインという単一のプロジェクトとして見れば、2万を超える仮想通貨の中で20位前後を維持するので精鋭だ。

ライトコインを購入するなら取引手数料や入出金手数料が基本無料であるDMM Bitcoinを利用してみてはいかがだろうか。

特に、他社では毎回発生する出金手数料が、DMM Bitcoinなら無料なので利用しやすい取引所だ。

ライトコイン(LTC)投資におすすめの取引所

ここからは、ライトコインの売買におすすめな国内取引所を3選紹介しよう

取引方法や手数料についても解説するのでぜひ参考にしてほしい。

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin-top
出典:DMM Bitcoin公式サイト
取引所名DMM Bitcoin
取扱い通貨BTC、ETH、XRP、TRX、LTC、BCH、XLM、ETC、OMG、ENJ、BAT、MONA、ADA、DOT、IOST、XTZ、XEM、QTUM、XYM
販売所手数料無料(スプレッド有り)
取引所手数料BitMatch注文:取引単位あたり1~61円
入金手数料無料(振込手数料負担)
出金手数料無料
送金手数料無料
レバレッジ取引2倍まで
レバレッジ手数料:ポジション金額の0.04% 
最小発注数量販売所:0.0001 BTC
Bitmatch注文:0.010BTC
関連記事DMM Bitcoinの評判
2022年7月時点

DMM Bitcoinは、手数料無料の項目が多く、細かい出費を気にせずトレードを楽しめる取引所だ。

ライトコインの現物取引とレバレッジ取引に対応しており、レバレッジは最大2倍で取引できる。

また、BitMatch注文という希望価格をマッチングしてくれる機能もあり、希望に近い注文が通りやすい。

ライトコインのBitMatch注文なら手数料が最小発注量で220円なので、他社で何千円もかかるスプレッドを考えるとかなりお得に取引可能だ。

スマホアプリのみで口座開設や取引も可能となっているので、一度DMM Bitcoinの公式サイトをチェックしていただきたい。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer-top
出典:bitFlyer公式サイト
取引所名bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱い通貨BTC、ETH、XRP、XYM、LINK、DOT、XTZ、XLM、XEM、BAT、ETC、LTC、BCH、MONA、LSK
販売所手数料無料(スプレッド有り)
取引所手数料0.01~0.2%(通貨で異なる)
入金手数料クイック入金(住信SBIネット銀行):無料
クイック入金(住信SBIネット銀行以外):330円
出金手数料三井住友銀行:220円(3万以上は440円)
三井住友銀行以外:550円(3万以上は770円)
送金手数料0.0004 BTC(通貨により異なる)
レバレッジ取引2倍まで
レバレッジ手数料:建玉金額の絶対値×0.04%
最小発注数量販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001BTC
関連記事bitFlyerの評判
2022年7月時点

bitFlyerは、ライトコインを含め15種類の仮想通貨を取り扱っており、約1円から購入することが可能だ。

業界最長7年以上のハッキング被害ゼロであり、セキュリティ対策を徹底しているのもわかるだろう。

ライトコインは販売所形式での取引となるので、bitFlyerが設定した売買価格が基軸となる。

また、かんたん積立を使うとライトコインを1円単位で積立できるため、自動でコツコツ購入するなら便利な機能だ

少額トレーダーや初心者でも利用しやすいように購入ハードルを下げているので、気になる方は公式サイトを覗いてみてほしい。

Coincheck (コインチェック)

Coincheck
出典:Coincheck公式サイト
取引所名Coincheck(コインチェック)
取扱い通貨BTC、ETH、XRP、BCH、ETC、LSK、XEM、LTC、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ、OMG、PLT、SAND
販売所手数料無料(スプレッド有り)
取引所手数料無料(振込手数料負担)
入金手数料銀行振込:無料(振込手数料負担)
コンビニ:770円(3万円以上1,018円)
クイック:770円(3万円以上1,018円)
※コンビニ入金、クイック入金は受付一時停止
出金手数料407円
送金手数料0.0005 BTC(通貨により異なる)
レバレッジ取引
最小発注数量500円相当
関連記事Coincheckの評判
2022年7月時点

CoinCheckは、最短1日で取引開始できる国内大手の仮想通貨取引所だ。

仮想通貨の販売所だけでなく、ビットコイン取引所、つみたて、NFT、貸し暗号資産、ステーキングなども提供しており、活用の幅が広い。

独自のNFTプラットフォームを持っており、ライトコインを含む取扱い仮想通貨で売買可能だ。

スマホアプリも使いやすく、初めてでも感覚で操作できるシンプルな見た目であるため、過去にはダウンロード数No.1を獲得した。

アプリで簡単に口座開設や本人確認が可能となっているので、CoinCheckを利用するなら一度公式サイトもチェックしてみてほしい。

ライトコイン(LTC)の今後の予想のまとめ

この記事では、ライトコインの特徴や価格動向、おすすめの取引所などについて徹底解説した。

ライトコインはシステム構築や処理速度が優れており、将来的にあらゆるプロジェクトの構築や決済手段の採用にも期待できることがわかった。

もう一度ライトコインの重要ポイントをまとめよう。

この記事のまとめ
  • もともとビットコインのサブアセットとして開発された
  • BTCと同じく4年ごとに半減期が訪れており、次は2023年8月の予定
  • 専用ウォレット「Linecoin Core」はセキュリティと安全性が高い
  • 2023年7月時点のライトコインの価格は7200円前後
  • ライトコインを購入するならDMM Bitcoinが使い勝手が良く利用しやすい

ライトコインは、トークン発行などのプラットフォーム「OmniLite」や、匿名性の取引を採用した「MinbleWinble」アップデートなど、機能性を高める様々な開発が行われている。

2021年9月には、大手決済サービスの「Paypal」がライトコインの送受信に対応したこともあり、将来的にプロジェクトや企業の決済方法としても導入される可能性があると考えられる。

今のうちからライトコインを準備するなら、国内取引所DMM Bitcoinを利用してみてはいかがだろうか。

ライトコインを含む19種類もの仮想通貨に対応しており、アルトコイン取引するなら口座開設しておきたい取引所だ。

土日祝を含めた365日サポートも行っているので、まずは公式サイトに目を通してほしい。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

ライトコイン

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる