仮想通貨Kishu Inu(KISHU)とは?今後の見通し/将来性や買い方を徹底解説

Kishu Inu(KISHU)とは、紀州犬をモチーフにして開発されたミームコインと呼ばれる仮想通貨の一種類だ。

現在の仮想通貨市場では、DogeやShiba Inuなどの有名なミームコインが取引されており、一度は名前を聞いたことがある方も多いだろう。

この記事では、そんなKishu Inu(KISHU)の特徴や今後の将来性・予想、またKishu Inu(KISHU)への投資におすすめの取引所などを解説していくので、ぜひ最後まで参考にしてみてほしい。

この記事からわかること
  • Kishu Inu(KISHU)とは、紀州犬をモチーフにして開発されたミームコインに分類される仮想通貨のこと
  • Kishu Inu(KISHU)は一部の熱狂的なファンによって運営されており、コミュニティ要素が強い特徴がある
  • Kishu Inu(KISHU)では、Kishu Swapという独自の分散型取引所(DEX)をリリースしているなど他のミームコインとは異なる特徴がある
  • これからKishu Inu(KISHU)への投資をしていきたい方は、まずCoincheckなどの国内取引所で原資となる仮想通貨を購入する必要がある

2022年9月現在、残念ながらKishu Inu(KISHU)は国内仮想通貨取引所では取引できないため、海外取引所を利用する必要がある。

まずは、国内取引所の中でも評判のよいCoincheckで、原資となる仮想通貨を取引することを推奨する。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

目次

Kishu Inu(KISHU)とは

Kishu-Inu_top
引用:Kishu Inu公式サイト
通貨名Kishu Inu
シンボルKISHU
価格(2022年現在)0.00000006607円
時価総額(2022年現在)6,401,689,248円
時価総額ランキング(2022年現在)3044位
主な取引所Gate.io、Uniswap、OKX、MEXCなど
公式サイトKishu Inu公式サイト

Kishu Inu(KISHU)とは、もともとは「ネタ」として開発されたミームコインと呼ばれる仮想通貨の1銘柄となっている。

特徴として、一部の熱狂的なKishu Inu(KISHU)ファンによって運営が行われており、コミュニティの色が強い仮想通貨と言えるだろう。

後にも詳しくご紹介するが、ミームコインとしてはめずらしく独自の分散型取引所(DEX)をリリースしているなど、他のミーム系銘柄とは一線を画した特色を持っている。

これからKishu Inu(KISHU)への投資を検討している方は、国内取引所の中でも評判のよいCoincheckもあわせてチェックしてみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Kishu Inu(KISHU)の基本的な特徴

ここでは、Kishu Inu(KISHU)の基本的な特徴を以下の3つに厳選して解説していく。

Kishu Inu(KISHU)の基本的な特徴
  • 紀州犬をモチーフにして作られたミームコイン
  • コミュニティ要素が強い特徴がある
  • Kishu Swapという分散型取引所(DEX)がリリースされている

紀州犬をモチーフにして作られたミームコイン

ここまででも少し触れたように、Kishu Inu(KISHU)は紀州犬をモチーフにして作られたミームコインと呼ばれる仮想通貨だ。

ミームコインの代表的な銘柄としては、DogeコインやShiba Inuなどが挙げられるが、Kishu Inu(KISHU)もこれらの銘柄を模倣して作られた「ネタコイン」となっている。

しかし、もともとは「ネタコイン」として開発されたものの、現在では大きな規模のコミュニティにまで成長したことは紛れもない事実と言えるだろう。

コミュニティ要素が強い特徴がある

Kishu Inu(KISHU)の特徴として、非常にコミュニティ要素が強い仮想通貨であることが挙げられる。

実際、Kishu Inu(KISHU)は一部の中央集権的な管理者がいる組織によって発行されているわけではなく、熱狂的なファンで構成されるコミュニティによって行われている。

こういった一部のリーダーが存在せず、メンバーによって分散的に運営が行われている組織のことをDAO(自律分散型組織)と呼んでおり、誰でも匿名でコミュニティに参加することが可能だ。

また、プラットフォームで取引することで2%のKishu Inu(KISHU)が付与されるなど、ユーザーを非常に大切にしていることも特徴として挙げられるだろう。

Kishu Swapという分散型取引所(DEX)がリリースされている

Kishu-Swap
引用:Kishu Inu公式サイト

Kishu Inu(KISHU)の最後の特徴として、Kishu Swapという独自の分散型取引所(DEX)がリリースされていることも挙げられるだろう。

現在、ミームコインと呼ばれる仮想通貨は多数リリースされているものの、こういった独自のサービスを展開するプロジェクトはまだ数が少ないと言える。

仮想通貨の発行だけでなく様々な付随サービスを提供している点は、Kishu Inu(KISHU)のメリットと言えるのではないだろうか。

これからKishu Inu(KISHU)への投資を考えている方は、この機会にCoincheckにもアクセスしてみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

【2022年最新】Kishu Inu(KISHU)の現在の価格推移

Kishu-InuKISHUの現在の価格推移
引用:TradingView

ここでは、Kishu Inu(KISHU)の現在の価格推移を見ていこう。

上記は2022年のKishu Inu(KISHU)の価格推移を表すチャートとなっているが、継続した下落相場に直面していることが分かるだろう。

この理由としては、アメリカのFRBによる継続した利上げ政策によるものであり、仮想通貨や株式などのリスクアセット全体が売却されていることが挙げられる。

当面の間は仮想通貨市場が上昇相場に転換することは考えづらく、FRBによる政策によって今後のKishu Inu(KISHU)の相場も大きく影響されると考えて問題ないだろう。

これからKishu Inu(KISHU)の投資・取引を検討している方は、原資となる仮想通貨を購入できるCoincheckもチェックしてみてほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Kishu Inu(KISHU)の過去の価格推移

次に、Kishu Inu(KISHU)の過去の価格推移をいくつか時期を区切って見ていこう。

Kishu Inu(KISHU)の過去の価格推移
  • 2021年5月〜8月の価格推移
  • 2021年9月〜12月の価格推移

2021年5月〜8月の価格推移

Kishu-InuKISHUの過去の価格推移1
引用:TradingView

上記は2021年5月〜8月のKishu Inu(KISHU)の価格推移であるが、上場時には大きな価格上昇が起きていることがよく分かるだろう。

しかし、その上昇はあくまで一過性のものとなっており、その後は上昇を打ち消す大きな売りが入っていることがチャートで確認できる。

大きな下落が発生してからは、一定の価格を推移するレンジ相場へと移行している。

2021年9月〜12月の価格推移

Kishu-InuKISHUの過去の価格推移2
引用:TradingView

次に、2021年9月〜12月のKishu Inu(KISHU)の価格推移を確認していこう。

結論として、2021年9月〜12月はそこまで大きな値動きを見せることはなかったと言えるだろう。

10月後半から11月にかけて一度価格の上昇は起きているものの、そこまで大きな上昇幅とはならず、再び下落相場を継続させるプライスアクションとなっている。

今後、Kishu Inu(KISHU)の購入を検討している方は、まずユーザーからの評判のがよいCoincheckにアクセスすることを推奨する。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Kishu Inu(KISHU)の今後の予想/将来性

次に、Kishu Inu(KISHU)の今後の将来性・予想を確認していこう。

Kishu Inu(KISHU)の今後の予想/将来性
  • 他の犬系ミームコインの動向によっては大きく価格が上昇する
  • 大手の仮想通貨取引所への上場
  • 人気が陰りを見せると大きく価格が下落する可能性がある

他の犬系ミームコインの動向によっては大きく価格が上昇する

Kishu Inu(KISHU)の今後の予想としては、他の犬系ミームコインの動向によっては大きく価格が上昇すると考えられる。

もちろん銘柄によっても異なるが、犬系ミームコインはDogeやShiba Inuなど他の大型銘柄の価格に影響されることが多く、ある程度の相関性が確認されている。

もしDogeやShiba Inuなどが大きく上昇する局面があれば、Kishu Inu(KISHU)も大きなプライスアクションを起こす可能性も考えられるだろう。

大手の仮想通貨取引所への上場

今後の動向によっては、Kishu Inu(KISHU)も大手の仮想通貨取引所へ上場する可能性がある。

特にDogeやShiba Inuは様々な仮想通貨取引所で取引が行われており、すでに仮想通貨の時価総額ランキングでも上位に位置するほどだ。

もし、Kishu Inu(KISHU)のコミュニティが大きな盛り上がりを見せれば、大手取引所での取り扱いも開始されるかもしれない。

人気が陰りを見せると大きく価格が下落する可能性がある

ここまではポジティブな予想をご紹介してきたが、もちろんKishu Inu(KISHU)の人気が陰りを見せると大きく価格が下落する可能性もある。

特にKishu Inu(KISHU)はコミュニティ要素が強いミームコインなので、価格の上昇にはコミュニティの活性化は欠かせない要素だ。

今後のKishu Inu(KISHU)の将来性を見ていくためには、コミュニティの動向にはしっかり確認していく必要があるだろう。

これからKishu Inu(KISHU)へと投資をしていきたい方は、ぜひこの機会にCoincheckの公式サイトも詳しく確認することを推奨する。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Kishu Inu(KISHU)を購入するタイミング・買い時

これからKishu Inu(KISHU)への投資をしていきたい方に向けて、おすすめの購入するのタイミング・買い時も紹介していく。

Kishu Inu(KISHU)を購入するタイミング・買い時
  • 価格が底打ちをするタイミング
  • ビットコインの半減期が訪れるタイミング

価格が底打ちをするタイミング

Kishu Inu(KISHU)を購入するタイミング・買い時として、価格が底打ちをするタイミングが挙げられる。

価格がある程度底打ちをした後はすぐに価格が回復しなくとも、その後に上昇相場に転じていくため、長期的なスパンでは大きなリターンを狙うことができるだろう。

しかし、価格が底打ちするタイミングで購入するのは非常に難しいため、下落が発生するたびに分割して購入していくことが重要と言えるだろう。

ビットコインの半減期が訪れるタイミング

Kishu Inu(KISHU)の買い時としては、ビットコインの半減期が訪れるタイミングもよいだろう。

実際、仮想通貨はビットコインの値動きに連動する傾向が強いため、ビットコインが上昇する場面ではアルトコインも大きなリターンを得られやすい。

次のビットコインの半減期は2024年に来るとされているので、そこに向けて少しずつ準備するようにしよう。

これからKishu Inu(KISHU)への投資を考えている方は、原資となる仮想通貨を購入できるCoincheckを確認してみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Kishu Inu(KISHU)投資のリスク/注意点

Kishu Inu(KISHU)への投資を検討している場合、事前にリスク・注意点についても確認していこう。

Kishu Inu(KISHU)投資のリスク/注意点
  • ボラティリティが非常に激しい
  • 他のミームコインとの相関性が考えられる
  • 全ての仮想通貨の中でも時価総額ランキングが低い

ボラティリティが非常に激しい

Kishu Inu(KISHU)の投資の注意点としては、ボラティリティが非常に激しいことが挙げられる。

実際、Kishu Inu(KISHU)の価格推移でもご紹介したように、ボラティリティが激しい仮想通貨であることがよく分かったのではないだろうか。

ボラティリティが激しい分、大きな利益を得られる可能性もあるが、逆に損失を発生させてしまう危険性があることも知っておくべきだ。

他のミームコインとの相関性が考えられる

Kishu Inu(KISHU)の注意点として、他の犬系ミームコインとの相関性が考えられることもある。

他のコインとの相関性が強いということは、自分が把握していないニュースなどに影響を受けて大きく価格を下落させる可能性があることは事前に知っておいた方がよいだろう。

全ての仮想通貨の中でも時価総額ランキングが低い

Kishu Inu(KISHU)の最後の注意点・リスクとして、全ての仮想通貨の中でも時価総額ランキングが低いことがある。

一般的に時価総額と取引の流動性が悪い傾向があるため、タイミングによっては思うように取引が成立しない可能性が考えられるだろう。

Kishu Inu(KISHU)投資におすすめの取引所

最後に、Kishu Inu(KISHU)への投資を検討してる方におすすめの国内取引所を3つに厳選して紹介していく。

今後どの国内取引所を利用するか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてほしい。

Kishu Inu(KISHU)投資におすすめの取引所
  • DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Coincheck (コインチェック)

Coincheck (コインチェック)

Coincheck-top
引用:Coincheck (コインチェック)公式サイト
名称Coincheck (コインチェック)
取扱銘柄18銘柄
最低取引額500円以上
サービス取引所
販売所
Coincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
Coincheck NFT
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheck (コインチェック)は、数ある国内取引所の中でも最大規模となる18銘柄もの仮想通貨をラインナップしている取引所だ。

また、取り扱い通貨が多いだけでなく、これまでのアプリダウンロード数が520万ダウンロードを突破しているなど、ユーザーからの評価が高い仮想通貨取引所となっている。

「Coincheckつみたて」「Coincheck NFT」など、様々な機能を提供していることも利用する大きなメリットと言えるだろう。

仮想通貨のトレード以外のサービスも利用してみたいという方は、Coincheckの公式サイトも詳細に確認することをおすすめする。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin
引用:DMM Bitcoin (DMMビットコイン)公式サイト
名称DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
取扱銘柄現物:13銘柄
レバレッジ取引:20銘柄
最低取引額0.0001BTC
サービス取引所
販売所
レバレッジ取引
BitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)は、日本国内にて様々なインターネット関連事業を行っているDMMグループが運営する仮想通貨取引所となっている。

2022年9月現在、国内でも複数の仮想通貨取引所がサービスを提供しているが、DMM Bitcoinは国内最大規模となる20種類もの仮想通貨をレバレッジ取引をすることができる。

また、仮想通貨の取引画面も使いやすいと評判であることに加え、顧客から預かっている資産をコールドウォレットで保管しているなど、安心感を持って利用することができるだろう。

これからKishu Inu(KISHU)への投資を考えている方は、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトにもアクセスしてみてはいかがだろうか。

\ 口座開設完了で即時2,000円プレゼント! /

bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyer
引用:bitFlyer (ビットフライヤー)公式サイト
名称bitFlyer (ビットフライヤー)
取扱銘柄15銘柄
最低購入金額(BTC)0.00000001BTC
サービス取引所
販売所
bitFlyer Lightning
ステーキングリワードサービス
レバレッジ取引
詳細bitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyer (ビットフライヤー)は、国内取引所でも最大級となる15種類もの仮想通貨の現物投資ができる取引所だ。

また、6年連続でビットコイン取引量No.1を記録しているなど、非常に流動性が高い仮想通貨取引所であることはユーザーにとって大きなメリットと言えるだろう。

今後、Kishu Inu(KISHU)の購入を検討している方は、海外取引所への送金用アカウントとしてbitFlyerの公式サイトも詳しくチェックしてみてほしい。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

Kishu Inu(KISHU)の今後の予想のまとめ

今回の記事では、紀州犬をモチーフにしたミームコインであるKishu Inu(KISHU)の特徴や今後の予想、投資における注意点・リスクなどを解説してきた。

最後に、今回の記事の内容についてもう一度まとめていく。

この記事のまとめ
  • Kishu Inu(KISHU)とは、紀州犬をモチーフにして開発が行われたミームコイン
  • Kishu Inu(KISHU)は熱狂的なファンによって運営されており、コミュニティ要素が強い仮想通貨
  • Kishu Inu(KISHU)では、Kishu Swapという独自の分散型取引所(DEX)をリリースしているなど他のミーム系プロジェクトにはない特徴がある
  • これからKishu Inu(KISHU)への投資をしていきたい方は、まずCoincheckで原資となる仮想通貨を購入するのが推奨される

ご紹介したように、Kishu Inu(KISHU)は熱狂的なファンによって運営されているコミュニティ要素の強い仮想通貨だ。

これからKishu Inu(KISHU)を取引していきたい方は、まず国内取引所にて原資となる仮想通貨を購入する必要がある。

数ある国内取引所の中でも、Coincheckはアプリが使いやすく初心者でも安心して利用できるので、少しでも気になる方は公式サイトをチェックしてみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる