仮想通貨のIEOとは?ICOとの違いや最新情報/今後の予定・参加方法を徹底解説

IEO

仮想通貨のIEOについて興味はありつつも、いまいちどのようなものかがわからない人も多いのではないだろうか。

本記事では、IEOとはどういうものかをICOとの違いも交えて、わかりやすく解説する。

この記事からわかること
  • IEOは、取引所が新しいコインを投資家に売って資金調達すること
  • 数年前に流行したICOは、プロジェクト運営者が新規発行トークンを販売し、資金調達することだった
  • IEOは、取引所がその社会的信用を賭けて、厳重かつ責任をもって新規トークンのプロジェクトを精査するため、信頼性が高い
  • IEOが実施された後、新規トークンは取引所へ上場する流れ
  • 新規トークンがその後価格を伸ばせば、売却益を得られる可能性がある
  • IEOは成功する事例もあれば、失敗する事例もあるため、必ず成功するとは限らない
  • IEOの申し込みをするには、取引所の口座開設(アカウント取得、本人確認込)が必要
  • IEOには誰でも参加できるが、抽選で落選して申込できない可能性もある
  • 国内で次回予定されているのはCoincheckによるFiNANCiE(フィナンシェ)のIEO

仮想通貨のIEOは、新規トークンを先行販売価格で購入できる。

その後トークンの価格が上昇すれば、売却益を得られる可能性もある。

IEO参加のハードルが高い方は、取引銘柄の多いDMM Bitcoinで仮想通貨取引に慣れるのがおすすめなので、公式サイトを確認してみてほしい。

目次

仮想通貨のIEOとは

出典:Coincheck

仮想通貨のIEOとは何かをこの章では説明する。

ICOとの違いを意識することで、IEOがわかりやすく理解できるため、表も用いた。

IEOの理解の参考にしてほしい。

ICOとの違い

IEOとは、取引所が新しいコインを投資家に売って資金調達することをいう。

一方、一昔前に流行したICOでは、プロジェクト運営者が、新しいコインを投資家に売って資金調達を行った。

IEOとICOの違いは、主催者が取引所か、プロジェクト運営者かの違いである。

IEOは、取引所が第三者として社会的信用を賭けてプロジェクトの審査を行う。

よって、ある程度の信頼性と安全性が担保されているのが魅力だ。

IEO(Initial Exchange Offering)ICO(Initial Coin Offering)
発行主体企業、プロジェクト企業、プロジェクト
発行するものトークン(仮想通貨)トークン(仮想通貨)
審査仮想通貨取引所なし
取引所への上場トークン(仮想通貨)状況による

IEOがどういったものがわかるにつれ、参加したい気持ちが強まるかもしれない。

現在のところ予定されているフィナンシェトークンのIEOに興味がある人はCoincheckを確認しておくと良いだろう

また、初心者の方はスマホから簡単に取引ができるDMM Bitcoinがおすすめなので、この機会に口座開設しておくと良いだろう。

国内外IEOの過去の事例

ここでは、過去に行われたIEOで国内のものを2つ、海外のものを1つ、事例として説明する。

パレットトークン(PLT)

HashPalette
出典:Coincheck

パレットトークン(PLT)のIEOは、2021年7月にCoincheckで実施された。

パレット(Palatte)はブロックチェーンネットワークの名称で、漫画やアニメ、音楽などのエンターテイメントコンテンツに特化しているプラットフォームのことでもある。

そのパレット(Palatte)上の基軸通貨がパレットトークンだ。

日本発のIEOだったパレットトークンは、その後価格が20倍も高騰し、成功事例となった。

IEO価格は1枚4.05円だったが8月23日には98.89円へ上昇、なんとIEO価格の24倍を記録した。

2022年7月25日現在、PLTトークンは21.63円で、IEO価格の5倍となっている。

過去の最高値を考慮すると、パレットトークン(PLT)はIEOによって爆上げしたと言えるだろう。

FCRコイン(FCR)

FCR
出典;FC RYUKYU

FCRコインは、琉球フットボールクラブ株式会社が提供する「FC RYUKYU SOCIO」というプラットフォーム上で流通する仮想通貨だ。

FC RYUKYU SOCIOでは、コインを使って選手やチームを応援ができる。

また、FRCトークンを利用して、チームの意思決定にかかわる投票にも参加が可能だ。

FCRトークンのIEOは、2022年4月27日にGMOコインによって開催された。

FCRトークンのIEO価格は2.2円で、5月18日に2.369円へと上昇。

その後、いっきに急落して、6月15日には0.4円となった。

2022年7月25日時点では、0.52円前後で、IEO価格からおよそ4分の1まで下がってしまった。

IEOが必ずしも大成功とはならない一つの事例と言えるだろう。

BitTorrent

BitTorrentX
BitTorrent

BitTorrentとは、2003年に公開されたソフトウェアで、P2Pネットワークを介してファイルを共有するサービスだ。

2018年にはTron財団によって買収され、BitTorrentのプラットフォーム上でBTTトークンを発行した。

2019年にBinanceにとって記念すべき初のIEOとして、BitTorrentのIEOが開催された。

IEO開催時点でのBTTの販売価格はおよそ0.00012ドルUSD。

2019年5月末には0.001861USDを記録し、10倍以上の価格となった。

BitTorrentのIEOは順調に価格を伸ばした一例と言えるだろう。

ちなみに、その後、BTTは2021年4月に0.0046ドルまで価格は急上昇した。

海外仮想通貨取引所PoloniexがBTTをステーキングの対象通貨としたことに起因する。

今は0.0008ドルと下がってしまったが一時期の高騰は勢いのあるものだったと言えるだろう。

予定されている国内IEO|フィナンシェトークン

Coincheck
出典:Coincheck

Coincheckでは、フィナンシェトークンのIEOを2022年夏に予定していると発表した。

昨年2021年11月29日に上記を発表してから、新たな追加発表はない。(参考:Coincheckの発表)

参加要件など、詳細は未定で、今後の発表が待たれるところだ。

フィナンシェは、ブロックチェーンを活用した新世代クラウドファンディングのプラットフォームで、2019年1月にgumiの創業者である國光宏尚氏らが設立した。

プラットフォーム上では、さまざまなスポーツやクリエイター達のプロジェクトが顔を並べている。

主催者側はプロジェクト上でトークンを発行できる仕組みとなっている。

IEOで提供されるトークンは、それらの個々のプロジェクトで発行されるトークンではなく、フィナンシェのプラットフォームトークン(おそらくガバナンストークン)の予定だ。

仮想通貨取引を始めたい方は、レバレッジ取引もできるDMM Bitcoinがおすすめなので、この機会に公式サイトを確認しておこう。

仮想通貨のIEOのメリット

ここでは、IEOのメリットについて解説する。

IEO参加の検討をする上で、参考にしてほしい。

取引所がプロジェクトを精査するため、信頼性が高い

IEOではICOと異なり、プロジェクト運営者ではなく、取引所がコインを投資家に売って資金調達をする仕組みだ。

取引所がプロジェクトの発行元企業、そのプロジェクト自体の安全性と将来性など総合的かつ入念に審査した上で、IEOの実施を判断する。

ICOと違い、取引所が第三者として社会的信用を賭けて審査を実行を行うだけあって、信頼性が高い。

取引所への上場が決まっている

IEOは取引所への上場を前提に新規トークンの販売が行われる。

取引所はプロジェクトの信頼性、将来性を精査して、責任をもって新規トークンを上場させる。

ICOの場合は、ひどいときは販売だけ行われて上場がされないため、投資家がトークンを売ることができない事態もあった。

IEOは、取引所への上場が決まっているという点で、投資家にとっては安心と言えるだろう。

口座開設していれば、誰でも参加できる

IEOは、その取引所に口座開設さえしていれば、誰でも参加が可能だ。

特に難しい手続きや設定は必要なく、参加方法もシンプルな場合が多いので安心してほしい。

条件も、取引所の指定する仮想通貨を決まった数、保有しておけばよいなどシンプルだ。

参加人数が多い場合は、抽選が行われる。

IEO取引はハードルが高いが、仮想通貨取引に興味があるという方は、多数のキャンペーンを実施しているDMM Bitcoinがおすすめなので、公式サイトを確認しておこう。

仮想通貨のIEOのデメリット

ここではIEOのデメリットについて解説する。

IEOには注意しなければいけない点はリスクも存在する。

抽選が外れる場合がある

IEOは申し込みをしても、抽選で落選する可能性がある。

多くの人がIEOに関心を寄せ、期待度が高くなり、申し込みが殺到する場合が多いためだ。

注目度が高いほど、倍率も高くなり購入しにくくなる側面がある。

たとえば、パレットトークン(PLT)の倍率は、コインチェックによると24.11倍だったという。

IEOは申し込んでも抽選で落選して参加できない可能性があることを留意しておこう。

価格が暴落するリスクもある

IEOは、先行販売の価格よりもトークンの価値が上がる可能性もあるが、同時に、下がる可能性もある。

取引所が十分に審査を行い選定したトークンであるため、まったく価値がなくなってしまう可能性は低い。

しかし、過去の例を分析すると、上場直後に一時高騰するもその後は価格を落としていく場合もある。

必ずトークンの価値が高騰するわけではないことをしっかり心に留めておこう。

仮想通貨のIEOに参加する方法

IEOに参加する方法はシンプルだ。

ここでは、CoincheckのIEOに参加する場合を例として、必要な手順を説明する。

Coincheckの口座開設

IEOは取引所で開催されるため、その取引所のアカウントと口座を保有している必要がある。

口座開設にはある程度時間がかかるので、余裕をもって早めに口座開設をしておこう。

Coincheckの場合は、スマホのアプリから登録すると、審査後、すぐ口座が利用できるようになる。

しかし、パソコンのブラウザで口座開設手続きをすると、後日ハガキの到着をもって口座開設完了となる。

IEOの条件の仮想通貨を購入する

IEOの申し込みページを参照し、申込に必要な条件を確認しよう。

そして、購入に必要な日本円、手数料などを銀行振込などで、取引所へ入金する。

仮想通貨の保有が条件となっている場合は、入金した日本円で購入する必要がある。

参加申し込みをする

IEOへの参加申し込みを行う。

Coincheckにログイン後に、左側にIEOという箇所があるため、クリックして申込画面へ進もう。

出典:Coincheck

Coincheckでは、今後、フィナンシェのIEOが開催される予定があるため、公式サイトを確認しておくと良いだろう。

一方で、初心者の方にはスマホアプリの使いやすさや取引銘柄の多さに定評があるDMM Bitcoinがおすすめなので、この機会に公式サイトを確認してみてほしい。

仮想通貨のIEOに関するQ&A

CoincheckのIEOに参加するには本人確認も必要ですか?

アカウント登録だけではなく、本人確認も済ませて、口座開設する必要があります。

海外でIEOを実施している取引所はありますか?

Binance、Bybit、FTX、KUCOINなど広く行われています。

仮想通貨のIEOのまとめ

本記事では、IEOの特徴、メリット、デメリット、過去の事例、参加方法などについて解説した。

この記事のまとめ
  • IEOは、Initial Exchange Offeringの略
  • IEOは、新規トークンのプロジェクト運営者ではなく、取引所が新しいコインを投資家に売って資金調達すること
  • をいう
  • ICOは、プロジェクト運営者が新規発行トークンを販売し、資金調達することだった
  • IEOは、取引所がその名を賭けて、厳重かつ責任をもって新規トークンのプロジェクトを精査するため、信頼性が高い
  • IEOが実施された後、新規トークンは取引所へ上場する
  • IEOは成功する事例もあれば、失敗する事例もあるため、必ず成功するとは限らない
  • IEOの申し込みをするには、取引所の口座開設(アカウント取得、本人確認込)が必
  • IEOには誰でも参加できるが、抽選で落選して申込できない可能性もある

取引所の告知による内容を自身でも精査して、応援してみたいトークンであれば、国内で行われる次回のIEOに参加してみると良いだろう。

仮想通貨取引の経験が浅い方は、取扱銘柄が国内の中でもトップクラスのDMM Bitcoinが使いやすいので、この機会に公式サイトを確認してみてほしい。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

IEO

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる