iDeCO(イデコ)のおすすめ銘柄/商品や金融機関を紹介!メリット・デメリットは?

ideco おすすめ

将来に向けての資産形成に注目が集まるなか、iDeCoに興味を持っている方は多いだろう。

今回の記事では、iDeCoとはなにか、iDeCoのおすすめ銘柄を選ぶ方法などついて詳しく解説する。

また合わせて、iDeCoにおすすめの証券会社も紹介するのでぜひ参考にしていただきたい。

この記事からわかること
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の一つ
  • 運用益が非課税になるなど税制優遇があるため注目が高まっている
  • iDeCoを選ぶ4つの方法は、「元本確保型」または「元本変動型」「インデックス型」または「アクティブ型」投資地域」「投資対象
  • iDeCoにおすすめの証券会社は、SBI証券LINE証券楽天証券

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の一つで、運用益が非課税になるなど税制優遇があるなど様々なメリットがあるため人気が高まっている。

iDeCo(イデコ)を始めるなら、個人取引シェアNo.1のSBI証券がおすすめだ。

また、SBI証券のiDeCoは15年を超える運営実績を誇り、iDeCoの加入者数が最も多い証券会社である。

運営管理手数料が無料であるため、コストを押さえてiDeCoの運用が可能なので、この機会にSBI証券で口座開設しておきましょう。

目次

iDeCo(イデコ)とは

まず、iDeCo(イデコ)とはなにかを詳しく説明する。

ぜひ、ポイントを押さえていただきたい。

iDeCo(イデコ)とは
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の一つ
  • 国民年金・厚生年金などと組み合わせることで、より豊かな老後生活を送る一助となる
  • 運用益が非課税になるなど税制優遇があるため注目が高まっている

iDeCo(イデコ)とは、「個人型確定拠出年金」のことを指し

公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の一つ

こちらがiDeCoの概要表だ。

実施主体国民年金基金連合会
加入者① 国民年金の第1号被保険者(20歳以上60歳未満の自営業者等)
② 厚生年金保険の被保険者(国民年金の第2号被保険者)
③ 国民年金の第3号被保険者(専業主婦(夫)等)
④国民年金の任意加入被保険者
掛金の拠出加入者個人が拠出
拠出限度額①国民年金の第1号被保険者:月額68,000円

②厚生年金保険の被保険者
・厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施している場合:月額12,000円
・企業型DCのみに加入している場合:月額20,000円
・企業型年金を実施していない場合:月額23,000円
・公務員、私学共済制度の加入者:月額12,000円

③ 国民年金の第3号被保険者:月額23,000円

④国民年金任意加入被保険者:月額68,000円
受取時期原則60歳以降

iDeCoは、老後資金を自分で積み立てる制度であり、国民年金・厚生年金などと組み合わせることで、より豊かな老後生活を送る一助となるため注目が高まっている。

iDeCoの加入は任意であり、申し込み・掛金の拠出・掛金の運用の全てを自分で行い、掛金とその運用益との合計額を給付を60歳以降に受け取ることができるのだ。

運用商品には定期預金、保険商品、投資信託などがあり、iDeCoを取り扱っている金融機関(証券会社等)で加入手続きをすることができる。

iDeCo(イデコ)の税制メリット

まずは、iDeCoの3つのメリットを紹介する。

運用益が非課税

1つ目のメリットは、運用益が非課税となることである。

一般的に金融商品の運用益は課税対象(20.315%)となるが、iDeCoでは運用益がすべて非課税となるためお得である。

月の掛金の全額が所得控除の対象

2つ目のメリットは、iDeCoで支払った毎月の掛金の全額が所得控除の対象になることが挙げられるだろう。

年末調整や確定申告の際に所得からiDeCoの掛金を差し引くことで、所得税や住民税の負担が軽減されるのである。

積立金の受け取りにも控除枠を利用可能

3つ目のメリットは、積み立てたお金を受け取る時にも控除枠を利用できることだ。

一度にまとめて受け取る場合は「退職所得控除」、分割で受け取る場合は「公的年金等控除」が適用されるため税金を安く抑えることが可能なのである。

iDeCo(イデコ)を始めるなら、iDeCo加入数No.1SBI証券おすすめだ。

豊富な種類の商品を取り扱っているため、ご自身のニーズに合った銘柄が見つかるだろう。

まだSBI証券の口座をお持ちで無い方はこの機会に口座を開設してみよう。

iDeCo(イデコ)の銘柄・商品の選び方

ここでは、iDeCo(イデコ)の銘柄・商品を選ぶ方法について詳しく解説する。

ぜひ、ポイントを押さえて投資の参考にしていただきたい。

iDeCo(イデコ)の銘柄・商品の選び方
  • 「元本確保型」または「元本変動型」
  • 「インデックス型」または「アクティブ型」
  • 投資地域
  • 投資対象

それでは1つずつ解説していく。

「元本確保型」または「元本変動型」

1つ目のiDeCoを選ぶポイントは、ご自身のリスク許容度に合わせて「元本確保型」と「元本変動型」のどちらを選択するかである。

「元本確保型」は、定期預金や保険などあらかじめ決められた金利で運用されているため、満期には元本と利息が保証されており安全性の高い商品である。

一方で「元本変動型」は投資信託を指し、運用状況によって元本が変動するが、運用次第で大きな運用益を受け取れる可能性がある。

「元本確保型」はリターンは低くてもリスクを抑えることを重視したい人におすすめであり、「元本変動型」は多少のリスクはあってもハイリターンを狙いたい方におすすめだ。

「インデックス型」または「アクティブ型」

2つ目のiDeCoを選ぶポイントは、「インデックス型」と「アクティブ型」のどちらを選ぶかということが挙げられる。

インデックス型:日経平均株価東証株価指数(TOPIX)などの指数と同じ値動きを目指す投資信託
アクティブ型:指数を上回るパフォーマンスを目指す投資信託

「インデックス型」では信託報酬が安く、市場の動きと連動したパフォーマンスになるため比較的安定している。

「アクティブ型」はインデックス型に比べると信託報酬が高く、リスクがあるが大きなリターンを期待できるのだ。

どの程度のリスクとリターンを狙うのかによって、自分に合った運用商品を選ぶようにしよう。

投資地域

3つ目のiDeCoを選ぶポイントは投資の対象地域が挙げられる。

対象して主に国内・先進国・新興国が投資先の地域として挙げられる。

グローバル企業が多く、値動きが安定している先進国の銘柄や、高い成長を期待できるがその分リスクの大きい新興国の銘柄など自分の好みに合わせて選択が可能だ。

銘柄の中には全世界対象の商品もあるため、幅広く分散投資をして安定した運用をしたい方や初心者にはこちらがおすすめだろう。

投資対象

続いて、4つ目のiDeCoを選ぶポイントは投資対象である。

投資対象は主に以下の4つに分類されて、それぞれリスクの程度が異なるのだ。

iDeCoの投資対象
  • 株式:値動きが大きいため、リスクは高いがハイリターンを狙える
  • 債券:値動きが小さく、安定性が高い
  • コモディティ(原油、金、銅など商品):分散効果が高くインフレに強い
  • 不動産(REIT):値動きが小さく、安定している

株式などのリスクが高い商品と、それらと異なる値動きをするコモディティや不動産を組み合わせることでリスクを抑えた投資ができるだろう。

iDeCo(イデコ)を始めるなら、個人取引シェアNo.1SBI証券おすすめだ。

SBI証券は累計口座開設数が720万口座を超えており、日本で最大のネット証券会社である。

また、SBI証券のiDeCoは15年を超える運営実績を誇るため信頼性が高いため口座をお持ちで無い方はこの機会に口座を開設してみよう。

iDeCo(イデコ)のおすすめ銘柄・商品

それでは、iDeCo(イデコ)のおすすめ銘柄・商品を5つご紹介していく。

ぜひ、ご自身の投資の参考にしていただきたい。

iDeCo(イデコ)のおすすめ銘柄・商品
  • eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • たわらノーロード バランス(8資産均等型)
  • eMAXIS Slim先進国株式インデックスファンド
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド

それでは1つずつ解説していく。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)  

基準価格13,770円(基準日:2022年08月10日)
純資産総額158,687百万円
信託報酬0.15%
運用会社三菱UFJ国際投信株式会社 
購入できる証券会社SBI証券楽天証券ほか

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は、8つの資産に均等に投資する投資信託である。

このファンド1本で、国内・先進国・新興国株式、国内・先進国・新興国債券、国内・先進国不動産投資信託証券の計8資産に幅広く分散投資ができるのだ。

8資産の割合はそれぞれ12%でバランス型に分類されるため、リスク軽減を図りながら運用をしたい方におすすめだ。

2007年から2021年の平均リターンは6.4%であり、投資信託のなかでも常に上位に位置しており人気が高い。

また、信託報酬も0.15%と低くく、コストを抑えて運用することが可能であるため初心者にもおすすめだ。

ニッセイ外国株式インデックスファンド

基準価格26,770 円 (基準日:2022年08月10日)
純資産総額4185.35 億円
信託報酬0.1023%
運用会社ニッセイアセットマネジメント
購入できる証券会社SBI証券楽天証券ほか

ニッセイ外国株式インデックスファンドへ1つ投資することで、世界の主要先進国に分散して投資が可能だ。

「ニッセイ外国株式インデックスマザーファンド」を通じて、日本を除く世界主要先進国の株式に投資することにより、MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざしている。

組入銘柄は現在1283銘柄であり、業種別では情報技術や金融、ヘルスケアの比率が高いことが特徴だ。

コロナ禍で一時的に下落したものの、すぐに回復をして最高値を上回っているためパフォーマンスが良い商品と言えるだろう。

たわらノーロード バランス(8資産均等型)

基準価格13,552 円(基準日:2022年08月10日)
純資産総額340.54 億円
信託報酬0.154%
運用会社アセットマネジメントOne
購入できる証券会社SBI証券楽天証券ほか

たわらノーロード バランス(8資産均等型)はアクティブ型の商品でさまざまな投資対象や地域に分散して投資することができる。

1本のファンドで国内・先進国・新興国の株式と債券、国内・先進国リートの合計8資産にバランスよく投資することが可能だ。

割合としては、先進国(除く日本)37.94%、日本37.24%、新興国24.22%、その他0.6%となっている。

為替ヘッジなしで為替変動の影響を受けるため注意が必要だが、パフォーマンスが高いためおすすめだ。

ぜひ、たわらノーロード バランス(8資産均等型)で投資を始めてみよう。

eMAXIS Slim先進国株式インデックスファンド

基準価格20,262 円 (基準日:2022年08月10日)
純資産総額3598.14 億円
信託報酬0.1023%
運用会社三菱UFJ国際投信株式会社 
購入できる証券会社SBI証券楽天証券ほか

eMAXIS Slimシリーズの「eMAXIS Slim先進国株式インデックスファンド」も人気が高い。

「外国株式インデックスマザーファンド」通じて、日本を除く先進国22か国の株式から構成されるMSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)と連動する投資成果をめざしている。

22カ国のうち7割が米国株であり、成長を期待できる銘柄を多く含むためリスクはあるがハイリターンを狙えるファンドだ。

また業界最低水準の運用コストであるため、長期積み立てにおすすめの銘柄である。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド

基準価格16,106 円 (基準日:2022年08月10日)
純資産総額687.60 億円
信託報酬0.1102%
運用会社SBIアセットマネジメント
購入できる証券会社例SBI証券楽天証券ほか

SBI・全世界株式インデックス・ファンドは愛称「雪だるま(全世界株式)」と呼ばれる。

「グローバル株式インデックスマザーファンド」を通じて、日本を含む世界の株式へ投資を行い、FTSE グローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指して運用を行っている。

国別では米国が50%を占めてその後に日本と中国が続いており、成長性の高い多くの銘柄を含む。

着実に総資産額を積み上げているファンドであり、多くの投資家が信頼を寄せているためおすすめだ。

iDeCo(イデコ)を始めるなら、個人取引シェアNo.1SBI証券おすすめだ。

SBI証券のiDeCoは15年を超える運営実績を誇り、豊富な商品ラインナップがあるため人気が高いため、口座をお持ちで無い方はこの機会に口座を開設してみよう。

iDeCo(イデコ)におすすめの証券会社/金融機関

ここでは、iDeCo(イデコ)におすすめのネット証券会社を紹介する。

SBI証券LINE証券楽天証券の3つの人気証券会社のそれぞれの特徴や、現在開催中のお得なキャンペーンなども紹介するのでぜひ参考にしてほしい。

iDeCo(イデコ)におすすめの証券会社

それでは1つずつ紹介していく。

口座開設数No.1】SBI証券

SBI証券-top
証券会社の名称SBI証券
購入できる金融商品国内株式、外国株式、投資信託、債券、先物・オプション、FX、債券、CFD 他
運営管理手数料無料
取り扱い銘柄eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)、SBI・全世界株式インデックス・ファンド等
公式サイトSBIの公式サイト
関連記事SBI証券の評判

iDeCo(イデコ)を始めるなら、個人取引シェアNo.1SBI証券おすすめだ。

SBI証券は累計口座開設数が720万口座を超えており、日本で最大のネット証券会社である。

また、SBI証券のiDeCoは15年を超える運営実績を誇るため初心者でも安心して運用が可能だ。

豊富な種類の商品を取り扱っているため、ご自身のニーズに合った銘柄が見つかるだろう。

また、三井住友カードをクレカ積立設定するとお得にVポイントが貯まるため中長期的な運用におすすめである。

まだSBI証券の口座をお持ちで無い方はこの機会に口座を開設してみよう。

スマホで簡単】LINE証券

LINE証券-top
証券会社の名称LINE証券
購入できる金融商品外国為替、個別株(国内)、投資信託、ETF(国内)など
運営管理手数料無料
取り扱い銘柄野村国内株式インデックスファンド・TOPIX、ひふみ年金等
公式サイトLINE証券の公式サイト
関連記事LINE証券の評判

スマホ証券NO.1のLINE証券はiDeCo(イデコ)の運用におすすめだ。

LINE証券では、スマホ一台で厳選されたiDeCoの銘柄を簡単に運用できることが人気の理由の1つである。

LINE証券のiDeCoは90年以上の歴史を誇る大手証券会社「野村證券」が運営管理機関として運営しており安心感が高い。

また、LINEアプリで投資の情報をタイムリーに通知してくれることも魅力だ。

さらにLINEPayやLINEポイントを投資信託の購入資金に充てることもできためお得である。

今なら、口座開設してクイズに正解すると最大1,000相当の株がタダで買え、 さらに翌月末までに1万円以上の株取引で3,000円のプレゼントキャンペーン中だ。

まだLINE証券の口座をお持ちで無い方は、ぜひこの機会に口座を開設してみよう。

楽天ポイントをお得にゲット】楽天証券

楽天証券Top
証券会社の名称楽天証券
購入できる金融商品国内株式、外国株式、投資信託、債券、先物・オプション、FX、債券、CFD 他
運営管理手数料無料
取り扱い銘柄ニッセイ外国株式インデックスファンド、eMAXIS Slim先進国株式インデックスファンド等
公式サイト楽天証券の公式サイト
関連記事楽天証券の評判

楽天証券は楽天グループが運営している大手のネット証券会社である。

3年連続でiDeCoの新規加入者数がNo.1となっており、楽天証券でiDeCoを始める人が増えている。

厳選された32本の商品ラインナップから、自分に合った商品を選択し運営手数料無料で投資が可能だ。

また、管理画面の操作もシンプルであるため初心者でも分かりやすいことも人気の理由である。

さらに貯まっている楽天ポイントを投資信託の購入に充てたり、投資により楽天ポイントがお得に貯まることも魅力だ。

まだ楽天証券の口座をお持ちで無い方は、ぜひこの機会に口座を開設してみよう。

iDeCo(イデコ)に関するQ&A

投資信託についてまだ分からない方もおられるだろう。

ここでは、iDeCo(イデコ)に関するよくある質問について解説する。

iDeCo(イデコ)に関するQ&A
  • iDeCoとNISAの違いは何ですか?
  • iDeCoの注意点は何ですか?

それでは1つずつ解説していく。

iDeCoとNISAの違いは何ですか?

NISAは、株式や投資信託などの運用益や配当金などが非課税になる制度のことだ。

年間120万円までであれば自由に投資金額の設定が可能であるが、iDeCoは毎月の掛金の上限は職業などにより決まっている。

NISAの最長保有期間は5年であるいっぽうで、iDeCoは60歳まで運用が可能であるため長期的に運用が可能だ。

iDeCoの注意点は何ですか?

iDeCoは老後の資産形成のために行うものであるため、掛金や運用益は原則60歳まで引き出すことができないため注意が必要だ。

そのため、大きな支出に備えた預金などと分けて運用を行うようにしよう。

また、iDeCoは投資であるため元本割れのリスクがあることを理解しておく必要があるだろう。

なかには元本保証の金融商品もあるが低リスクである分、リターンが少ない特徴があるためご自身のニーズに合わせて選択しよう。

iDeCo(イデコ)のまとめ

いかがだっただろうか。

こちらが今回のiDeCo(イデコ)の記事のまとめである。iDeCoこちらが今回のiDeCo(イデコ)の記事のまとめである。

この記事のまとめ
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の一つ
  • 運用益が非課税になるなど税制優遇があるため注目が高まっている
  • iDeCoを選ぶ4つの方法は、「元本確保型」または「元本変動型」「インデックス型」または「アクティブ型」投資地域」「投資対象
  • iDeCoにおすすめの証券会社は、LINE証券SBI証券楽天証券

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の一つである。

運用益が非課税になるなど税制優遇があるなど様々なメリットがあるため人気が高まっている。

より豊かな老後生活を送る準備として、ぜひこの機会にiDeCoを始めてみよう。

iDeCo(イデコ)を始めるなら、個人取引シェアNo.1のSBI証券がおすすめだ。

また、SBI証券のiDeCoは15年を超える運営実績を誇り、iDeCoの加入者数が最も多い証券会社である。

運営管理手数料が無料であるため、コストを押さえてiDeCoの運用が可能なので、SBI証券の口座をお持ちで無い方はこの機会に口座を開設してみよう。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

ideco おすすめ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる