HibikiRun(ヒビキラン)の特徴や始め方/稼ぎ方を徹底解説

Move to Earnが登場して久しいが、その流行に乗り遅れた方も多いのではないだろうか。

特にSTEPNといったバリューネームでは、プレイに必要なNFTの需要が高騰し、初心者が気軽に参入できないのが現状だ。

しかし現在、無料でプレイできるMove to Earnとして、「HIBIKIRUN」が密かに注目を集めている。

そこで、この記事ではHIBIKIRUNの特徴や今後の予想について解説していく。

この記事からわかること
  • HIBIKIRUNは運動と音楽を融合した、Move&Listen to Earnプロジェクト
  • 音楽を聴きながら歩くことで仮想通貨を稼げる
  • 分散型音楽配信プラットフォーム「Audius」と提携し、ユーザーへ楽曲を提供
  • プレイに必要なヘッドホン型のNFTは、登録時に無料で獲得可能
  • ラッフルシステムの搭載により、独自トークンやNFTの獲得チャンスがある
  • Polygonチェーンを基盤としており、NFTの購入にはMaticが必要となる

HIBIKIRUNは、Move to Earnに音楽が融合した斬新なプロジェクトである。

現在はアプリ開発段階となっており、独自トークンであるHUT・HBTは今後取引所での上場を目指している。

HBIKIRUNは開発基盤としてPolygonチェーンを採用しているため、NFTの取引にはMaticが必要だ。

まずは国内取引所の口座開設を行い、元手となる仮想通貨を準備しておこう。

LINE BITMAXではLINE上での仮想通貨取引に対応しているため、興味のある方は公式サイトをチェックしてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

目次

HIBIKIRUNとは

HIBIKIRUN_top
引用:HIBIKIRUN
名称HIBIKIRUN(ヒビキラン)
リリース日現在未定
対応端末iOS / Android
ブロックチェーン基盤Polygon
基軸通貨HUT、HBT
公式サイトHIBIKIRUN公式サイト
関連記事NFTゲームのおすすめランキング

HIBIKIRUNは、Move to Earnに音楽が融合したプロジェクトだ。

具体的には、音楽を再生しながら歩くことで、独自トークンを稼げる仕組みである。

日本に強いインスピレーションを受けており、NFTや各種アイテムは日本の「和」をイメージしているのが特徴だ。

また、運動によって稼げるHUT・HBTは、それぞれゲーム内のユーティリティトークンとして機能している。

特にHBTは、ガバナンスとしての利用用途もあるため、投資家からの需要が高まる可能性が高いだろう。

今後HBTを入手するためにも、まずは国内取引所から仮想通貨を入手しておこう。

LINE BITMAXであれば、スマホからの取引にも対応しているため、興味のある方は公式サイトをチェックしてみよう。

\ 最短5分で申込完了! /

HIBIKIRUNの特徴

HIBIKIRUNが持つ特徴は、以下の4つである。

HIBIKIRUNの特徴
  • Move to Earnと音楽の融合
  • 初期費用無料でプレイ可能
  • ヘッドホン型のユニークなNFTを採用
  • ラッフルシステムの搭載

Move to Earnと音楽の融合

HIBIKIRUNでは、単に歩く・走るだけでなく、音楽を聴くことで稼げるのが特徴だ。

普段運動するシーンを思い浮かべると、何かしらの音楽を耳にしている方も多いはずだ。

HIBIKIRUNはその「運動中の音楽再生」に着目し、収益化可能なプラットフォームの強みにまで昇華させている。

また、同じくブロックチェーン技術を活用した「Audius」が楽曲を提供しているのもポイント。

次世代の音楽プラットフォームとタッグを組むことで、HIBIKIRUNはインディーアーティストのバックアップにも積極的だ。

従来のプラットフォームに比べても、音楽との融合はHIBIKIRUN特有の革新的なアイデアといえるだろう。

初期費用無料でプレイ可能

HIBIKIRUNは、初期費用無料でプレイできるのも特徴のひとつだ。

現在主流のMove to Earnでは、プレイに際してNFTシューズが必要なケースが多いだろう。

STEPNやその類似のアプリでは、ユーザー数の増加によりNFTの価格が高騰し、Move to Earnを体験したい新規ユーザーの参入の大きな壁となっている。

その点、HIBIKIRUNではプレイに必須となるNFTを、登録時に無料で獲得できるのが特徴だ。

誰でもすぐにプレイして仮想通貨を稼ぐことができ、収益化できる点が魅力のひとつだろう。

ヘッドホン型のユニークなNFTを採用

HIBIKIRUN-NFT
引用:HIBIKIRUN

HIBIKIRUNでは、ヘッドホン型のNFTを採用しているのも特徴だ。

ヘッドホンでのNFT採用からも、開発陣がより音楽に重点を置いていることが見て取れるだろう。

各NFTは他のプロジェクトと同様、それぞれ以下のように7つのレアリティに分類されている。

HIBIKIRUNでのNFTレアリティ
  • Dope
  • Rebel
  • Mirage
  • Fantom
  • Soul
  • Legendary
  • Titan

各レアリティのNFTは、レベルアップ時にステータスに割り振れるポイントを獲得できる。

NFTのレアリティが高いほど獲得ポイント数が増加し、以下の4つのステータスに割り振り可能だ。

NFTが持つ4つのステータス
  • Quality:HUTの獲得量に影響
  • Sensitivity:運のレベルが上昇
  • Comfort:HBKの獲得量に影響
  • Endurance:バッテリーの消耗速度に影響

中でも、QualityやComfortは収益に直結する重要なステータスなので、優先的にポイントを振っていきたい。

また、NFTは以下の4つの属性に分類され、それぞれで視聴できる音楽ジャンルが異なるのも特徴だ。

属性による音楽ジャンルの違い
  • Gold:全てのジャンルの音楽
  • Electric:エレクトロニックハウスミュージック
  • Water:ジャズ・R&B・クラシック
  • Fire:ヒップホップ

NFTの基本的な仕組みは、STEPN等のNFTシューズとほとんど同じである。

しかし、視聴できる音楽ジャンルを属性での分類は、ユーザーのNFT需要を高めるための仕掛けといえるだろう。

ラッフルシステムの搭載

HIBIKIRUN ラッフルシステム

HIBIKIRUNでは、Move to Earnでは珍しい「ラッフルシステム」を搭載しているのも特徴だ。

ラッフルシステムとは、簡単にいえばガチャ機能の一種である。

プレイで獲得したHUTを消費することで、以下のような景品を獲得できる仕組みだ。

ラッフルシステムでの景品
  • HUT、HBKトークン
  • NFT(ファンアートやミュージックNFT、ヘッドホン)
  • ゲームアセット(お守り)
  • ホワイトリスト(優先的にNFTを購入できる権利)

また、ラッフルシステムでは外部プロジェクトの受け入れ態勢をとっているのもポイントだ。

具体的には、外部のプロジェクトがNFTやホワイトリストを提供できるようになるとのこと。

ラッフルシステムの活用で自社のプロジェクトの宣伝が可能なため、外部プロジェクトへの注目や需要高騰が期待できるだろう。

ラッフルシステムを活用するためにも、今後取引が開始されるHUTを保有しておきたい。

まずは、LINE BITMAXといった国内取引所で口座開設を行い、元手となる仮想通貨を入手しておこう。

\ 最短5分で申込完了! /

HIBIKIRUNの始め方

現在、HIBIKIRUNは開発段階にあり、正式リリースは未定だ。

しかし、すでにパブリックβ版を配信しており、一足先にHIBIKIRUNを体験できる。

ここではパブリックβ版の参加方法、正式リリース後の始め方について見ていこう。

パブリックβ版の参加方法

パブリックβ版は誰でも参加可能となっており、以下の手順からアプリを体験できる。

パブリックβ版の参加手順
  1. テストアプリのインストール
  2. アカウント作成

1. テストアプリをインストール

まずは、パブリックβ版の参加に必要なテストアプリのダウンロードを行う。

テストアプリはiOS・Android共に配信されているため、以下のリンクからダウンロードしておこう。

インストール完了後、アプリを起動し「テスト開始」をタップし、HIBIKIRUNのインストールを進めてほしい。

HIBIKIRUN テストアプリインストール

2. アカウント作成

次に、HIBIKIRUNでのアカウント作成を進めよう。

まずは、「SIGIN UP」をタップし、メールアドレスとパスワード設定を行う。

HIBIKIRUN-アカウント作成①

次に、「Send Code」をタップし、登録したメールアドレスにて認証コードを受け取る。

その後、受け取ったコードを入力して「VERIFY」をタップ。

HIBIKIRUN-アカウント作成②

アプリが起動するので、あとはHIBIKIRUNのガイダンス通りにゲームのチュートリアルを進めていけばよい。

HIBIKIRUN正式リリース後の始め方

現状、正式リリース後の始め方は不確かな部分が多い。

今後、始め方にも手が加えられる可能性はあるが、以下の手順からアプリをスタートできるだろう。

HIBIKIRUN正式リリース後の始め方
  1. 国内取引所で仮想通貨を購入
  2. 海外取引所へ送金・ Maticの入手
  3. Maticをゲーム内ウォレットへ送金
  4. ヘッドホンNFTを購入

1. 国内取引所で仮想通貨を購入

ヘッドホンNFTの購入にあたり、まずは元手となる仮想通貨の入手が必要だ。

そのため、国内取引所の口座開設を行い、日本円の入金から仮想通貨取引を進めていこう。

取引所も数多く存在するが、LINE BITMAXであればLINE上から簡単に口座開設が可能だ。

最小1円からの仮想通貨取引に対応し、LINE PAYを連携した入出金も手軽で利用しやすい。

興味のある方はLINE BITMAX公式サイトをチェックし、仮想通貨入手の準備を進めておこう。

\ 最短5分で申込完了! /

2. 海外取引所へ送金・Maticの入手

次に、海外取引所を利用してMaticを入手していこう。

公式のマーケットプレイスでは、現状MaticにてNFT取引が行われているためだ。

具体的には、以下の海外取引所からMatic取引を進めていこう。

Maticを取り扱う海外取引所
  • Binance
  • Coinbase
  • KuCoin

注意しておきたいのは、金融庁が海外取引所の利用に難色を示している点だ。

過去に金融庁はユーザー保護の観点から、さまざまな海外取引所に対して警告を発している。

利用する取引所によっては詐欺コインが紛れている可能性もあるため、海外取引所の利用は自己責任で進めていただきたい。

3. Maticをゲーム内ウォレットへ送金

次に、ゲーム内ウォレットの作成を行い、Maticの送金を進めていこう。

ゲーム内ウォレットの作成は、ホーム画面から右上の通貨のアイコンをタップすることで進められる。

画面をスワイプしてPolygonウォレットを表示させ、「CREATE A NEW WALLET」をタップ。

HIBIKIRUN-ウォレット作成①

IM READY」をタップすると、シークレットパスワードが表示されるので、しっかり記録しておきたい。

次に「ACCEPT」をタップし、順番に該当するパスワードを選択した後、「COFIRM」をタップ。

以上でウォレットの作成は完了だ。

HIBIKIRUN アカウント作成②

あとは作成したウォレットへ、海外取引所からMaticを送金しておこう。

ウォレット画面から「Receive」をタップすると、ウォレットアドレスが表示される。

ウォレットアドレスをコピーしてから、取引所で送金作業を進めていただきたい。

HIBIKIRUN-アカウント作成③

4. ヘッドホンNFTを購入

Matic送金完了後は、公式マーケットプレイスからヘッドホンNFTを購入するだけだ。

購入したいNFTをタップすれば、詳細なステータスやレベルを確認できる。

あとは「Buy 〇〇MATIC」をタップして、購入を進めていこう。

HIBIKIRUN-NFT購入

HIBIKIRUNの稼ぎ方/攻略方法

ここでは、HIBIKIRUNの具体的な稼ぎ方について見ていこう。

現状分かっている稼ぎ方は、以下の3つとなる。

HIBIKIRUNの稼ぎ方/攻略方法
  • 音楽を聴きながら運動を行う
  • NFTの売買
  • ラッフルマシンで独自トークンを獲得

音楽を聴きながら運動を行う

音楽を聴きながらの運動がメインの稼ぎ方となるだろう。

HIBIKIRUNでは音楽を聴きながら運動することで、単に運動するよりもHUT獲得量が1.2倍となる。

装備するNFTのレベルを上げたり、お守りを装着したりなど、収益効率を最大限に高めた上で運動していこう。

しかし、上記でも解説した通り、仮想通貨を獲得するためにはヘッドホンNFTの装着が必須となる。

より効率的に稼ぎたい場合は、公式マーケットから高レアリティのNFTを購入することを検討してみてほしい。

NFTの売買

ヘッドホンやラッフルマシンから獲得できるNFTは、売買によって収益化が可能だ。

高レアリティのNFTであれば、収益効率の良さから高値で購入される可能性もあるだろう。

  • 購入額以上の価格でNFTを出品し、差額によって稼ぐ
  • 2つのヘッドホンを利用して、新たにミントしたNFTを出品する
  • ラッフルマシンから獲得したガシャポンを出品する

など、稼ぎ方もさまざまなため、自身の資産やスタイルに合った稼ぎ方を実践していこう。

ラッフルマシンで独自トークンを獲得

ラッフルマシンで、独自トークンの獲得を狙うのも収益化の手段となる。

上記でも解説したように、ラッフルマシンではランダムでHUT・HBTが排出される仕組みだ。

現状、どの程度のトークンを獲得できるかは不詳だが、消費HUTよりも多くのトークンが排出される可能性も考えられる。

獲得した独自トークンは、そのまま仮想通貨取引所を経由し、日本円に換金していこう。

HUTを日本円に換金していくためにも、まずは国内取引所の口座開設を進めておきたい。

LINE BITMAXであればスマホからの仮想通貨取引が行えるため、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

HIBIKIRUNの使い方

ここではHIBIKIRUNの具体的な使い方、進め方について見ていこう。

アプリスタートから独自トークンの獲得までは、以下の手順で進められる。

HIBIKIRUNの使い方
  • 無料でヘッドホンNFTを獲得
  • 音楽を再生して実際に運動を行う

無料でヘッドホンNFTを獲得

まずはアプリをダウンロードし、無料のヘッドホンNFTを獲得しよう。

アプリインストール後、無料でもらえるガシャポンを開封可能だ。

獲得できるNFTは、ランダムなDopeランクのヘッドホンであり、全ての能力値が1からスタートする。

独自トークンを使用すれば、レベルアップ・ステータス向上も可能なので、全く稼げないということはない。

しかし、Rebel以上に成長するまではウォレットへ送付できない、ミントに利用できないといった縛りがある。

マーケットで流通しているヘッドホンNFTとは、性能が大きく異なる点には注意しよう。

音楽を再生して実際に運動

ヘッドホンNFT獲得後は、実際に音楽を再生して運動を行うのみだ。

まずは、無料で獲得したヘッドホンNFTを装着しておこう。

メニューのヘッドホンのアイコンから装着したいヘッドホンNFTを選択し、「WEAR」をタップすれば装着完了だ。

HIBIKIRUN-使い方①

そのまま「START」をタップすることで、ランニングセッションを開始できる。

その際、「I just want music」をタップし、ランニング中に音楽を再生できるよう設定しておこう。

HIBIKIRUN-使い方②

あとは実際に音楽を再生しながら運動することで、画面中に獲得したHUTが表示される仕組みだ。

また、獲得したHUTを換金していくためにも、LINE BITMAXといった国内取引所の準備を事前に行なっておこう。

\ 最短5分で申込完了! /

HIBIKIRUNの今後の予想/将来性

運動と音楽の融合といった独自の強みを持っていることから、HIBIKIRUNの将来性にも大きく期待できる。

その他にも、HIBIKIRUNの今後を予想する上では以下の3つが重要になってくるだろう。

HIBIKIRUNの今後の予想/将来性
  • クロスチェーンに対応
  • 独自トークンのIEOを実施予定
  • アーティストへの寄付機能の搭載

クロスチェーンに対応

HIBIKIRUNはクロスチェーンへの対応予定のため、より多くのユーザーからの注目を集める可能性がある。

クロスチェーンとは?

異なるブロックチェーン同士をまたいで利用できる仕組み。

ブロックチェーン版のインターネットと称され、今後のWeb3.0に必須となる技術のひとつ。

HIBIKIRUNは今後、他のレイヤー1チェーンへも同時展開する予定である。

すでにSolanaNearが候補に上がっており、どちらもスケーラビリティ問題の解消を目指すチェーンだ。

クロスチェーン導入により仲介不要、かつ高速・低コストでNFTや仮想通貨取引が行えるようになるだろう。

そのため、メリットを感じるユーザーが増加し、独自トークンの価格高騰に大きく影響する可能性も考えられる。

独自トークンのIEOを実施予定

HIBIKIRUNは今後、IEOの実施を予定しており、HUT・HBTに注目が集まる可能性が高い。

IEOとは?

仮想通貨取引所を介して、資金調達を行う手法。

誰でも参加可能であり、トークンを先行販売することで投資家からの資金を集める。

IEOでは取引所が事前に通貨の審査を行うため、一定の信頼性が担保されている。

IEOでの仮想通貨は取引所上場前ということもあり、ユーザーとしては安い価格で購入しやすい。

プロジェクトに将来性を感じたユーザーがトークンを大量購入し、大きく価格高騰する可能性も考えられるだろう。

アーティストへの寄付機能の搭載

HIBIKIRUNでは寄付機能により、直接アーティストを応援できる仕組みを実装予定だ。

具体的には、運動によって稼いだトークンをそのままアーティスト寄付できるとのこと。

自身で寄付先や金額を設定でき、ユーザーにとって透明性の高いシステムになる予定だ。

まさにHIBIKIRUNは、ファンとアーティストの直接的な架け橋を担っているといえるだろう。

そのため、音楽提供を行う「Audius」と共に、Web3.0時代のプラットフォームとして台頭していく可能性も考えられる。

寄付によってアーティストを応援するためにも、まずは仮想通貨を準備してNFTを購入しておきたい。

LINE BITMAXであればLINE上から簡単に仮想通貨取引可能なため、興味のある方は公式サイトをチェックしよう。

\ 最短5分で申込完了! /

HIBIKIRUNに関するQ&A

ここでは、HIBIKIRUNでよく寄せられる質問について回答していく。

HIBIKIRUNをこれからスタートしたい方は要チェックだ。

β版のプレイ内容は正式版に引き継げますか?

獲得した独自トークン等は、引き継ぎ不可となっている。

しかし、公式では以下の2つのみ引き継ぎ可能と明記されている。

  • ジェネシスヘッドホンのホワイトリスト
  • 外部プロジェクトとコラボしたNFT

共通しているのは、どちらもラッフルマシンから獲得できるという点だ。

正式版を優位に進めるためにも、できる限りラッフルマシンを活用していこう。

現在、いくらからヘッドホンNFTを購入できますか?

現在、公式マーケットでのフロア価格は、1200MATIC(14万円)と比較的高騰している。

しかし、NFTの価格はユーザーの需要のみならず、仮想通貨市場の影響も受けやすい。

購入するタイミングを常にうかがいながら、公式マーケットをチェックしておこう。

今後のロードマップはどんな予定になっていますか?

上記でも解説した通り、今後はIEOを始めとした動きが予定されている。

本格的なHIBIKIRUNのマーケティング開始やコミュニティイベントが順次行われる予定だ。

また、ロードマップについては、今後予定が変更されるケースも考えられる。

公式サイト公式Discordなどをチェックし、最新情報を入手していこう。

HIBIKIRUNのまとめ

ここまで、HIBIKIRUNの特徴や今後の予想について解説してきた。

今回の内容をまとめると以下の通りである。

この記事のまとめ
  • HIBIKIRUNは運動と音楽を融合した、Move&Listen to Earnプロジェクト
  • 音楽を聴きながら歩くことで仮想通貨を稼げる
  • 分散型音楽配信プラットフォーム「Audius」と提携し、ユーザーへ楽曲を提供
  • プレイに必要なヘッドホン型のNFTは、登録時に無料で獲得可能
  • ラッフルシステムの搭載により、独自トークンやNFTの獲得チャンスがある
  • 今後クロスチェーンへの対応やIEOの実施などにより、大きく注目される可能性が高い
  • Polygonチェーンを基盤としており、NFTの購入にはMaticが必要となる

HIBIKIRUNは運動&音楽で仮想通貨を稼げる、新ジャンルのMove to Earnだ。

初期費用不要で誰でも稼げるため、これまで高額な初期費用に難を示した方でも始めやすいだろう。

現在はパブリックβ版を配信しているため、ぜひこの機会にHIBIKIRUNを体験していただきたい。

また、今後の正式リリースに備えて、仮想通貨を準備しておくことも重要だ。

LINE BITMAXではLINE上からの仮想通貨取引に対応しているため、詳細は公式サイトをチェックしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる