金ETFの特徴やメリット・デメリットを徹底解説!おすすめ銘柄や証券会社を紹介

金ETF

資産運用に注目が集まるなか、リスクが低く希少価値が高い金への投資を考えている方は多いだろう。

今回の記事では、金への投資方法の1つである金ETF投資をご紹介する。

金ETFの特徴やおすすめの金ETFや、また合わせて、金ETFにおすすめの証券会社も紹介するのでぜひ参考にしていただきたい。

この記事からわかること
  • 金のETFとは金価格に連動するように設計されたETFで、金の価値が上がれば金ETFの価格も上がり、金の価値が下がれば金ETFの価格も下がる仕組み
  • 金のETFのメリットは「保管コストや盗難リスクがない」「少額から取引が可能」「リスクの分散になる
  • おすすめの金のETFは「SPDRゴールドシェア(GLD)」「NEXT FUNDS 金価格連動型上場投資信託(1328)」「ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETF(GDX)
  • 金のETF投資におすすめの証券会社はSBI証券IG証券
  • IG証券では、新規口座開設 + 取引条件クリアで最大50,000円のキャッシュバックを開催中
IG証券

金のETFとは金価格に連動するように設計されたETFであり、金の価値が上がれば金ETFの価格も上がる仕組みだ。

現物の金を保有することと比較すると、保管コストや盗難リスクがないこと、少額から取引が可能であること、リスクの分散になることなどさまざまなメリットがあるため人気が高い。

金ETF投資を始めるなら、世界一のCFDカンパニーとして有名なIG証券がおすすめだ。

レバレッジ効果を利用して少額の資金でも大きな利益を狙えるチャンスがあるため初心者から上級者まで人気が高い証券会社だ。

いまなら、新規口座開設 + 取引条件クリアで最大50,000円のキャッシュバックを開催中だ。

まだIG証券の口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会にIG証券公式サイトで詳細を確認しておこう。

\ 最大5万円もらえるキャンペーンを実施中!/

目次

金ETFとは?

まず、金ETFとはなにか詳しく説明する。

ぜひ、ポイントを押さえてご自身の投資の参考にしていただきたい。

金ETFとは?
  • 金ETFは、金価格に連動するように設計されたETFで、金の価値が上がれば金ETFの価格も上がり、金の価値が下がれば金ETFの価格も下がる仕組み
  • リアルタイムで取引をすることが可能で自由度が高い

金ETFとは?

まず、ETFとは「Exchange Traded Fund」の略称で、日本語では上場投資信託と呼ばれており、日経平均株価TOPIX(東証株価指数)NYダウ等の指数に連動するように運用されている。

金ETFは、金価格に連動するように設計されたETFで、金の価値が上がれば金ETFの価格も上がり、金の価値が下がれば金ETFの価格も下がる仕組みになっている。

現物の金を保有せずに金に投資をすることが可能であるため、リスクが低く投資家の人気を集めているのだ。

リアルタイムで取引が可能

金ETFは上場しているため、株式投資と同様にリアルタイムで取引をすることが可能だ。

投資信託と異なり、値動きを見ながら投資をすることが可能であり自由度が高いことことが魅力である。

そのため、個人投資家だけでなくプロ投資家にも人気が高いのだ。

金ETF投資を始めるならIG証券がおすすめだ。

IG証券はイギリスのロンドンに本拠地を構え45年以上の歴史を持つ金融サービスプロバイダー、IGグループの子会社である。

IG証券では、初心者向けのコンテンツも充実しており投資の知識が浅い方でも始めやすい特徴がある。

まだIG証券の口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会にIG証券公式サイトを確認しておこう。

\ 最大5万円もらえるキャンペーンを実施中!/

金ETFのメリット

続いて、金ETFのメリットについて解説する。

3つご紹介するので、ぜひポイントを押さえて投資の参考にしていただきたい。

金ETFのメリット
  • 保管コストや盗難リスクがない
  • 少額から取引が可能
  • リスクの分散になる

それでは3つのメリットについて1つずつ解説していく。

保管コストや盗難リスクがない

金ETFのメリットの1つ目は、保管コストや盗難リスクがないことである。

金を実際に保有する場合、買いに行く手間がかかったり、管理費がかかったりするため時間もお金も必要だ。

しかし、金ETFは実際に保有する必要がないため手間もコストもかからないため初心者でも簡単に始められる。

また、金ETFであれば保管する必要もないため盗難リスクもないため安心である。

ネット証券であれば、インターネットやスマホでたった数分で金ETFの購入ができるためおすすめだ。

少額から取引が可能

金ETFのメリットの2つ目は、少額から取引が可能であることだ。

金を実際に保有する場合は、まとまった金額を用意する必要があるが金のETFは1万円以下と少額から投資が可能だ。

株式投資などと比べても初期資金が少なくても始めやすいため、初心者でも挑戦しやすい投資商品であるだろう。

リスクの分散になる

金ETFのメリットの3つ目は、リスクの分散になることだ。

金ETFの対象となる指数は、複数の銘柄から構成されているためリスクを分散して投資をすることが可能なのだ。

また、金は株式の下落局面で値上がりしやすいため、株式投資を保有している方にとってはリスクヘッジとして利用ができる。

コロナショックなど世界的に経済打撃があった時には、株価は下落したが金の価格は上昇トレンドとなっていたのだ。

株式だけでなくポートフォリオに金を含むことでリスクの分散につながるというわけだ。

金ETF投資を始めるなら、世界一のCFDカンパニーとして有名なIG証券がおすすめだ。

IG証券は金ETFを含め、豊富な投資商品を取り扱っているためご自身が投資をしたい銘柄が見つかるだろう。

いまなら、新規口座開設 + 取引条件クリアで最大50,000円のキャッシュバックを開催中だ。

まだIG証券の口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会にIG証券公式サイトを確認しておこう。

\ 最大5万円もらえるキャンペーンを実施中!/

金ETFのデメリット

続いて、金ETFのデメリットについて解説する。

ぜひ、ポイントを押さえて投資の参考にしていただきたい。

金ETFのデメリット
  • 経費率が高い
  • 配当金を受け取れない

それでは金のETFのデメリット2つを解説していく。

経費率が高い

金ETFのデメリットの1つ目は、経費率が高いということだ。

経費率とは、純資産総額に対して運用するために必要な費用がどれくらいの割合かを示したもの

金ETFに投資をするには運用会社に経費を払う必要があるのだ。

株式投資では0.03~0.1%程度に対して、金ETFは0.4~0.5%程度と高いため毎日支払うことを考えるとコストがかさんでしまうだろう。

しかし、現物を保有することに比べればコストはかなり抑えることが可能であると言える。

配当金を受け取れない

金ETFのデメリットの2つ目は、配当金を受け取れないことである。

金ETFでは、株式投資と異なり配当や利息を受け取ることができないのだ。

株式投資では配当利回り5%など高配当の銘柄も多くあるため、長期的に保有することで大きな利益を受けることができる。

そのため、配当金狙いの投資家にとっては金ETFに配当金がないことはデメリットであると感じるだろう。

金ETF投資を始めるなら、世界一のCFDカンパニーとして有名なIG証券がおすすめだ。

IG証券ではレバレッジ効果を利用して少額の資金でも大きな利益を狙えるチャンスがあることが最大の魅力である。

また、売りからも購入ができるため取引チャンスが多いことも人気の理由の一つだ。

まだIG証券の口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会にIG証券公式サイトを確認しておこう。

\ 最大5万円もらえるキャンペーンを実施中!/

金ETFのおすすめ銘柄

次に、金ETFのおすすめ銘柄ランキングについてご紹介する。

3つご紹介するので、ぜひ投資の参考にしていただきたい。

金ETFのおすすめ銘柄
  • SPDRゴールドシェア(GLD)
  • NEXT FUNDS 金価格連動型上場投資信託(1328)
  • ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETF(GDX)

SPDRゴールドシェア(GLD)

SPRDゴールドシェア
Trading View
商品名(ティッカーシンボル)SPDRゴールドシェア(GLD)
運用会社ワールド・ゴールド・トラスト・サービシズ・エルエルシー
設定日2004年11月18日
経費率0.40%
取り扱いのある証券会社IG証券SBI証券

SPDRゴールドシェア(GLD)は米国の金価格との連動を目指した金ETFであり、世界で最も人気の高い金ETFである。

経費率は0.40%は高めであるが、流動性が高いことが人気の理由である。

チャートを見ると2008年のリーマンショックや2020年のコロナショックの際に値を上げておりリスクヘッジの役割を果たしていることが分かる。

リスクを分散したい方は、SPDRゴールドシェア(GLD)に投資をすることがおすすめだ。

NEXT FUNDS 金価格連動型上場投資信託(1328)

NEXT FINDS 全価格連動型上場投資信託
Trading View
商品名(銘柄コード)NEXT FUNDS 金価格連動型上場投資信託(1328)
運用会社野村アセットマネジメント
設定日2007年08月10日
経費率0.55%
取り扱いのある証券会社IG証券SBI証券

NEXT FUNDS 金価格連動型上場投資信託は、ロンドンの金取引価格への連動を目指す金ETFである。

野村アセットマネジメントが管理しており、利回りが26.88%と高いため人気が高い。

また、上場日は2007年8月10日と金ETFのなかでも歴史が長いため信頼性が高いETFである。

さらに6,000円台と少額から購入することが可能であるため、手元の資金が少なくても投資を始めやすい銘柄の1つだ。

ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETF(GDX)

ヴァンエック・ベクトル金鉱株
Trading View
商品名(ティッカーシンボル)ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETF(GDX)
運用会社ヴァン・エック・グローバル
設定日2006年5月16日
経費率0.51%
取り扱いのある証券会社IG証券SBI証券

ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETF(GDX)は、主に大手の金鉱株銘柄を扱っているETFである。

金鉱株ETFとは、金を採掘している企業(鉱山会社)に投資ができるETFのことで値動きは金価格に連動している。

ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETF(GDX)は大手銘柄が中心であるため安定性が高いETFとして投資家の間で人気が高い。

金鉱株に興味がある方にはぜひおすすめしたい銘柄の1つだ。

金ETF投資を始めるなら、世界一のCFDカンパニーとして有名なIG証券がおすすめだ。

IG証券では金ETFを含め、豊富な投資商品を取り扱っており少額から投資を始めることが可能だ。

いまなら、新規口座開設 + 取引条件クリアで最大50,000円のキャッシュバックを開催中だ。

まだIG証券の口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会にIG証券公式サイトで詳細を確認してみよう。

\ 最大5万円もらえるキャンペーンを実施中!/

金ETFにおすすめの証券会社

ここでは、金ETFにおすすめの証券会社についてご紹介する。

IG証券SBI証券の2つの人気証券会社のそれぞれの特徴や、現在開催中のお得なキャンペーンなども紹介するのでぜひ参考にしてほしい。

金ETFにおすすめの証券会社
  • 【世界一のCFDカンパニー】IG証券
  • 【個人取引シェアNo.1】SBI証券

それでは1つずつ解説していく。

【世界一のCFDカンパニー】IG証券

ig証券
証券会社の名称IG証券
購入できる金融商品国内株式、外国株式、投資信託、債券、先物・オプション、FX、債券、CFD 他
手数料銘柄によって異なる
サービスPC用取引、スマホアプリ
ノックアウトポジション
バイナリーオプション
初心者向け学習コンテンツ
公式サイトIG証券の公式サイト

IG証券はイギリスのロンドンに本拠地を構え45年以上の歴史を持つ金融サービスプロバイダー、IGグループの子会社である。

世界一のCFDカンパニーとして有名な証券会社であり、レバレッジ効果を利用して少額の資金でも大きな利益を狙えるチャンスがあることが最大の魅力である。

さらに買いだけでなく売りから購入もできるため取引チャンスが多いことも人気の理由だ。

IG証券では金ETFを含め、豊富な投資商品を取り扱っており、初心者向けのコンテンツも充実しているため投資の知識が浅い方でも始めやすい。

いまなら、新規口座開設 + 取引条件クリアで最大50,000円のキャッシュバックを開催中だ。

まだIG証券の口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会にIG証券公式サイトをしてみよう。

\ 最大5万円もらえるキャンペーンを実施中!/

【個人取引シェアNo.1】SBI証券

SBI証券-top
証券会社の名称SBI証券
購入できる金融商品国内株式、外国株式、投資信託、債券、先物・オプション、FX、債券、CFD 他
手数料銘柄によって異なる
サービス自動積立 
ロボアドバイザー「WealthNavi」 
オンラインセミナー 
Tポイント投資
公式サイトSBIの公式サイト
関連記事SBI証券の評判

金ETF投資を始めるなら、日本で最大のネット証券会社SBI証券おすすめだ。

SBI証券は累計口座開設数が800万口座を超えており、個人取引シェアNo.1を誇る証券会社で人気が高い。

豊富な投資商品を取り揃えているためご自身が投資したい銘柄が見つかるだろう。

また、SBI証券はNISAやつみたてNISAも取り扱っているため節税しながら投資をしたい人におすすめだ。

投資によりお得にVポイントやTポイントが貯まって使うこともできることもSBI証券の魅力である。

まだSBI証券の口座をお持ちでない方はこの機会に公式サイトを確認しておこう。

\ 証券口座開設数840万突破! /

金ETFに関するよくある質問

金ETFついてまだ分からない方もおられるだろう。

ここでは、金ETFに関するよくある質問について解説する。

金ETFに関するよくある質問
  • どのように金ETF投資をすることができますか?
  • 金ETFのリスクはありますか?
  • 金ETFはNISAで購入可能ですか

それでは1つずつ解説していく。

金ETFのリスクはありますか?

比較的リスクの低い金ETFでも、損失を受けるリスクや元本割れをするリスクがあるため注意が必要だ。

しかし、株式投資などと比較するとリスクは低く、さらに金ETFでは複数の銘柄に投資をするためリスクが分散される。

低リスクで金への投資を始めたい方にはおすすめだ。

金ETFの税金はどのくらいかかりますか

金ETFに投資して得た運用益は、株式や投資信託などと同様に分離課税の譲渡所得となる。

税率は20.315%(所得税が15.315%、住民税が5%)で確定申告が必要だ。

金ETFは株式や投資信託と損益通算(同一年分の利益と損失を相殺すること)が可能なことも覚えておこう。

金ETFはNISAで購入可能ですか

金ETFはNISAやつみたてNISAで購入することが可能だ。

NISAは年間120万円まで、つみたてNISAは40万円まで非課税で投資が可能だ。

そのため確定申告をする手間もかからないため、投資に慣れていない初心者におすすめだ。

前述したように金ETFへの投資はリスクヘッジとして利用できるため、投資先の候補にぜひ検討してみてほしい。

金ETFのまとめ

いかがだっただろうか。

こちらが今回の金ETFの記事のまとめである。

金ETFの記事の記事のまとめ
  • 金のETFとは金価格に連動するように設計されたETFで、金の価値が上がれば金ETFの価格も上がり、金の価値が下がれば金ETFの価格も下がる仕組み
  • 金のETFのメリットは「保管コストや盗難リスクがない」「少額から取引が可能」「リスクの分散になる
  • おすすめの金のETFは「SPDRゴールドシェア(GLD)」「NEXT FUNDS 金価格連動型上場投資信託(1328)」「ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETF(GDX)
  • 金のETF投資におすすめの証券会社はSBI証券IG証券
  • IG証券では、新規口座開設 + 取引条件クリアで最大50,000円のキャッシュバックを開催中

金のETFとは金価格に連動するように設計されたETFであり、金の価値が上がれば金ETFの価格も上がる仕組みとなっている。

現物の金を保有することと比較すると、保管コストや盗難リスクがないこと、少額から取引が可能であること、リスクの分散になることなどさまざまなメリットがあるため人気が高い。

金ETF投資を始めるなら、世界一のCFDカンパニーとして有名なIG証券がおすすめだ。

レバレッジ効果を利用して少額の資金でも大きな利益を狙えるチャンスがあるため初心者から上級者まで人気が高い証券会社だ。

さらに買いだけでなく売りから購入もできるため取引チャンスが多いことも魅力だ。

いまなら、新規口座開設 + 取引条件クリアで最大50,000円のキャッシュバックを開催中だ。

まだIG証券の口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会にIG証券で口座を開設してみよう。

\ 最大5万円もらえるキャンペーンを実施中!/

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

金ETF

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる