元素騎士ONLINE(オンライン)とは?始め方/稼ぎ方や攻略方法を徹底解説

現在、NFTゲームが注目を浴び、国内でも魅力的なゲーム作成の動きが活発化している。

中でも、将来性を期待されているのが、「元素騎士オンライン」だ。

現在開発段階にあるが、Twitterではすでに10万人に近いフォロワーを獲得しており、その注目度の高さがうかがえるだろう。

この記事では、元素騎士オンラインの特徴や今後の予想について解説していく。

この記事からわかること
  • 元素騎士オンラインはエレメンタルナイツを元に開発されたWeb3プロジェクト
  • 現在はクローズドβ版を配信しており、年内に正式リリース予定
  • ゲームプレイや獲得したNFTを売却して稼げるPlay to Earnに対応
  • Play and ECOを掲げ、ゲームプレイによってゲーム内経済を循環させている
  • NFT装備の制作やランドでのコンテンツ提供など自由度が高い
  • 独自トークンとなるMVはすでに海外取引所で取り扱いがスタート

元素騎士オンラインは、大人気ゲーム「エレメンタルナイツ」をベースとして開発されたNFTゲームだ。

メタバース・ブロックチェーンといった技術を搭載し、ゲームプレイでユーザーが稼げるPlay to Earnに対応している。

また、独自トークンであるMVは、ByBitを始めとした大手取引所ですでに取り扱いが始まっている。

MVの入手には、まず国内取引所の口座開設から進めていこう。

LINE BITMAXであればLINEアプリ上から口座開設を進められるため、興味のある方は公式サイトをチェックしてみよう。

\ 最短5分で申込完了! /

関連記事
M&A Onlineファイナンスナビ
NFTゲームとは?おすすめ人気ランキングや特徴/仕組みを徹底解説! | M&A Onlineファイナンスナビ NFTゲームは、仮想通貨が稼げるとして現在注目されているトピックの1つだ。 ただし、NFTゲームといっても多数の種類があり、どれをプレイするべきか悩んでいる方も少なくな...
目次

元素騎士ONLINE(オンライン)とは

元素騎士オンライン_top
引用:元素騎士オンライン
名称元素騎士オンライン -Meta World-
リリース日2022年11月リリース予定
対応端末iOS/Android/Windows/Mac
ブロックチェーン基盤Polygonチェーン
基軸通貨MV、ROND
公式サイト元素騎士オンライン公式サイト

元素騎士オンラインは、複数人のユーザーと共に共闘・交流が行えるMMORPGの一種だ。

14年に及ぶロングタイトルとなる、「エレメントナイツ」をベースとして開発されており、その正統な続編という位置付けである。

エレメンタルナイツとは?
エレメンタルナイツ_top
引用:エレメンタルナイツ公式サイト

スマホやPS4などで提供され、クロスプレイに対応したMMORPG。

2012年に台湾で「Game of year金賞」を受賞、国内外累計800万ダウンロードを記録するなど、ゲームとしての注目度は申し分ない。

元素騎士オンラインは、そんなエレメンタルナイツにメタバース・ブロッチェーン技術が統合したNFTゲームとなる。

ゲームプレイによる独自トークンの獲得はもちろん、NFTの制作やランド売買など収益化の手段は幅広い。

その上、ゲームへの登録はSNS認証のみという手軽さを実現し、参入ハードルが低く設定されてある。

また、独自トークンであるMVは、保有することで装備・アイテムの購入や運営への意思決定へ参加できる通貨だ。

正式リリース前にあらかじめMVを準備しておけば、スムーズにゲームスタートできるだろう。

まずは、LINE BITMAXといった国内取引所で口座開設を行い、元手となる仮想通貨を入手していこう。

\ 最短5分で申込完了! /

元素騎士ONLINE(オンライン)の特徴

元素騎士オンラインの持つ特徴は、以下の4つだ。

元素騎士オンラインの特徴
  • 初期費用なしでプレイスタート
  • NFTゲームとして圧巻のクオリティ
  • Play and ECOの実現を目指す
  • UGC to Earnに対応

初期費用なしでプレイスタート

元素騎士オンラインは、初期費用なしで手軽にプレイできるのが特徴だ。

なぜなら、運営には「メタバース空間の可能性を最大限に活かす」というビジョンがあるためだ。

「より多くのプレイヤーにゲームを始めてもらいたい」という思いが、Flee to Playへの対応につながっている。

課金を前提にしたゲームプレイでは、参入ユーザーの幅を狭めてしまうデメリットがある。

一部の経済的余裕のあるユーザーのみが参加するNFTゲームは、運営が理想とするところではないのだ。

NFTゲームとして圧巻のクオリティ

元素騎士オンラインクオリティ
引用:元素騎士オンライン

エレメンタルナイツを基盤にしているため、元素騎士オンラインのクオリティは申し分ないだろう。

従来のNFTゲームは収益目ばかりが注目され、いまいちゲームとしての面白みにかける部分があった。

グラフィックが一昔前のゲーム機並みであれば、稼げたとしても心から楽しめることはない。

その点、元素騎士オンラインではその世界観、自身が操作するアバターは高クオリティなのが特徴だ。

例えば、公式が開催したNFTオークションでは、一部のアバターが66,600MV(現在価格:約180万円)で落札されている。

元素騎士オンラインオークション
引用:元素騎士オンライン

単にゲームへの期待のみならず、アバターの完成度の高さに魅力を感じたのも、価格に大きく影響したと考えられる。

Play and ECOの実現を目指す

元素騎士オンラインは、独自の仕組みとなる「Play and ECO」の実現を目指している。

Play and ECOとは、3つのECOを基軸としてメタバースプラットフォームの経済圏を形成する考え方だ。

Play and ECOの3つの柱
  • Economy(経済)
    ゲーム内経済への積極的な参加で仮想通貨を獲得
  • Ecoystem(生態系)
    プレイヤーがメタバースの一員となり、エコシステムを循環させる
  • Economical/Eco-Friendly(エコ)
    物理的な移動など、オンライン活動によって時間の短縮を図る

「メタバースで回るエコ」をテーマに、元素騎士オンラインは経済圏を拡大させていく狙いだ。

ユーザーに対して魅力的なゲーム体験を与えることで、上記の3つをうまく成り立たせることを目指している。

UGC to Earnに対応

元素騎士オンラインUGC
引用:元素騎士オンライン

NFTアイテムを企業や個人が作成・販売できる仕組みとなる、「UGC to Earn」に対応しているのも特徴である。

UGCとは、「ユーザー生成コンテンツ」の略称だ。

例えば、元素騎士オンラインではランド(土地)活用により、以下のようなUGC to Earn体験が可能だ。

ランド活用によるUGC to Earn
  • 建物やダンジョンの制作
  • オブジェクトやモンスターの配置
  • ドロップアイテムや報酬の設定

この機能性は、大手メタバースプラットフォームである「The Sandbox」を彷彿とさせる。

しかし、MMORPGというジャンルでUGCを体現するのは、元素騎士オンラインが初となるだろう。

もちろん、ランド活用のみならず、NFT化した装備・武器なども生成できる。

今後は企業やメーカー、大手IP等と提携を進め、プラットフォームを盛り上げていく予定だ。

注意しておきたいのは、UGC to Earnを行う条件として、一定のMVをステーキングしておくことである。

まずは、国内取引所を準備して、MVのステーキングに備えておこう。

LINE BITMAXでは最小1円から仮想通貨取引が可能なため、興味のある方はぜひ公式サイトをチェックしてみよう。

\ 最短5分で申込完了! /

元素騎士ONELINE(オンライン)の始め方

元素騎士オンラインは、現在開発段階にある状況だ。

しかし、体験版となるクローズドβ版を配信しており、その世界観を一足先に体験できる。

ここでは元素騎士オンラインの始め方について解説していこう。

クローズドβ版には今から参加できる?

結論、今からのクローズドβ版への参加は不可能だ。

クローズドベータ版への参加には、事前に配布が行われているチケットが必要である。

プロモーションやキャンペーン等により、参加チケットを獲得するチャンスがあったのは、2022年4月までとなっている。

よって、元素騎士オンラインの正式リリースからゲームスタートする他ないだろう。

正式リリース後の始め方

元素騎士オンライン正式リリース後の始め方は、公式サイトからSNS認証を行うのみ。

現状、利用できるSNSは以下の通りとなっている。

認証に利用できるSNS
  • Facebook
  • Twitter
  • Wechat
  • LINE

ほとんどのユーザーが利用しているサービスばかりなので、改めてインストールする手間がない。

また、ゲームプレイに際してMetaMaskといったウォレットが必要ないのも特徴だろう。

そうした点も、元素騎士オンラインへの参入ハードルを下げている要因である。

しかし、NFT・仮想通貨の取引を行う場合は、あらかじめウォレットが必要となる。

ゲーム内で稼いだトークンを換金するためにも、MetaMaskとセットで国内取引所の口座開設も行なっておきたい。

LINE BITMAXであればLINE上から簡単に仮想通貨取引が可能なため、まずは公式サイトから詳細をチェックしよう。

\ 最短5分で申込完了! /

元素騎士ONLINE(オンライン)の稼ぎ方/攻略方法

では、実際に元素騎士オンラインでどのような稼ぎ方・攻略が行えるのだろうか。

具体的には、以下の4つの方法から収益化や攻略を目指していくのが基本となる。

元素騎士オンラインの稼ぎ方/攻略方法
  • NFTの販売
  • MVのステーキング
  • スカラーシップによるNFTの貸し出し
  • ランド上の運用

NFTの販売

元素騎士オンラインNFT

メインとなる稼ぎ方は、ゲーム内で獲得したNFTを販売を通して仮想通貨を稼ぐ方法だ。

獲得した仮想通貨を、取り扱いのある取引所からリアルマネーへ交換するという流れとなる。

NFTはゲームプレイでモンスターを倒して獲得するだけでなく、自身で生成することも可能だ。

生成したNFTに人気が集まれば、マーケットにて高値で取引される可能性も高いだろう。

これまで、エレメンタルナイツは多くのユーザーを獲得しており、ユーザーからの注目度はなおも高い。

そのため、元素騎士オンラインが今後正式リリースを迎えることで、NFTの価値や需要の高騰にも期待できるだろう。

MVのステーキング

元素騎士オンラインステーキング
引用:元素騎士オンライン

独自トークンのMVは、ステーキングを行うことで利益を獲得できる。

具体的には、MVをあらかじめ購入しておき、ゲーム内に送金しておくだけでよい。

MVの預け入れ量に比例したRONDを、ステーキング報酬として獲得できる仕組みとなる。

また、10,000MV以上をステーキングすると、運営よりサプライズNFTの獲得権利が付与されるのもポイントだ。

サプライズNFTは過去に3回配布されており、NFTマーケットプレイスに売却して収益を狙うことも可能である。

スカラーシップによるNFTの貸し出し

元素騎士オンラインは、スカラーシップでNFTを貸し出すことでも収益化可能だ。

スカラーシップ制度とは、言わば「NFTのレンタル機能」である。

NFTを保有するユーザーが、スカラー(NFTの借り手)にNFTをレンタルし、スカラーがゲームプレイで獲得した報酬を2人で分配するという仕組みだ。

報酬の分配率は貸し手が決められるため、比率を多くすることで不労所得のように稼ぐこともできる。

しかし、スカラーが魅力を感じるような、強力なNFTの保有が必須となってくるだろう。

そのため、初期費用が高額になりやすく、必ずしも原資回収できるわけではない点に注意が必要だ。

ランドの運用

元素騎士オンラインランド
引用:元素騎士オンライン White paper

入手したランドを売買したり、ランド上に創作したコンテンツを提供することでも収益化できる。

ランド上では自身でダンジョン作成、建物やモンスターの配置など、自由なコンテンツ作成が行える。

また、自身の保有するランドを他のユーザーが利用する際は、入場料としてRONDが発生する仕組みだ。

運営に手数料として15%差し引かれる点がネックだが、ゲームプレイなしでも収益化できる点は魅力だろう。

ゲームの注目度が高まり、実際に多くのプレイヤーが参入すれば、その分収益率も期待できるはずだ。

しかし、ランドの入手には、まず一定のMVをステーキングし、オークションへの参加権利を得る必要がある。

ランドを入手するためにも、MVの元手となる仮想通貨をLINE BITMAXといった国内取引所で準備しておこう。

\ 最短5分で申込完了! /

元素騎士ONELINE(オンライン)の使い方

ここでは元素騎士オンラインの具体的な使い方を見ていこう。

ゲームスタート後は、これから紹介する3つの手順を実践してみてほしい。

ダンジョンやメタバースの世界を探索

元素騎士オンライン探索
引用:元素騎士オンライン

元素騎士オンラインでは、広大なオープンワールドの世界が導入されている。

まずは元素騎士オンラインの世界観に触れるため、ダンジョンやメタバースの世界を探索してみよう。

探索の最中では、当然ながら行手を阻むモンスターとバトルになるだろう。

バトルシステムは、エレメンタルナイツの仕組みを受け継いだターン制が採用されている。

仮にクリアが困難な場合は、MMORPGの特徴を活かし、他のプレイヤーと協力して探索を進めることも可能だ。

ダンジョンのクリア報酬や独自トークンを使用し、強力な装備を整えて高難度のダンジョンに挑んでいこう。

他のユーザーとの交流

元素騎士オンライン交流
引用:元素騎士オンライン

探索を一休みして、他のユーザーとの交流も楽しむこともできる。

元素騎士オンラインでは、ユーザーとの円滑なコミュケーションを実現するために、以下の機能を実装する予定だ。

実装予定のコミュニケーション機能
  • チャット、グループチャット
  • エモーション(数百種類)
  • フレンド機能
  • パーティー機能
  • ギルド機能
  • 掲示板、伝言板
  • ブログ機能
  • メール機能
  • SNS

1ゲームとしては、かなり豊富なコミュニケーションツールが揃っているといえるだろう。

また、単にメッセージのやり取りだけではなく、ブログや掲示板があるのもポイントだ。

探索の備忘録や何気ない記録を残すだけでも、「メタバースで活動している」という体感ができるだろう。

上記の機能を活用した交流を図りながら、まったり親睦を深めていくのも楽しみ方のひとつだ。

ゲームプレイから実際に稼ぐ

あとは実際にゲームプレイを進めて、独自トークンを稼いでいこう。

元素騎士オンラインでは、プレイだけで生計を立てられる規模のプラットフォーム作りを目指している。

Play and ECOの仕組みを循環させる中でバランスを調整していくため、ゆくゆくは「ゲームで暮らせる」が実現する可能性もあるだろう。

具体的な稼ぎ方は、上記で解説した通りとなる。

しかし、何かとMVのステーキングが必要なシーンも多いため、まずはMV入手を進めていきたい。

LINE BITMAXではMVの元手となる仮想通貨を簡単に入手できるため、興味のある方は公式サイトをチェックしてみよう。

\ 最短5分で申込完了! /

元素騎士ONELINE(オンライン)の今後の予想/将来性

元素騎士オンラインでは、以下の3つのポイントが今後を判断する上で重要になってくる。

元素騎士オンラインの今後の予想/将来性
  • コンシューマーゲームとしての実績
  • エレメンタルナイツユーザーの流入が見込める
  • NFTゲームとしての注目度が高い

コンシューマーゲームとしての実績

運営元である「Winlight」のコンシューマーゲームとしての実績は、将来性を感じさせるポイントだ。

エレメンタルナイツは14年もの運営実績があり、1タイトルとしては比較的息が長い。

累計800万ダウンロードを記録している点からも、多くのユーザーの心を掴むゲーム性を提供していることがわかる。

このゲーム性は、NFTゲームである元素騎士オンラインでも変わらず発揮される可能性が高いだろう。

エレメンタルナイツユーザーの流入が見込める

元素騎士オンラインは、過去作のファンを多く取り込む可能性がある。

NFTゲームとはいえ、エレメンタルナイツの世界観をそのまま再現しているためだ。

ちなみに、エレメンタルナイツのプレイ層は以下の通りとなっている。

エレメンタルナイツ ユーザー層
元素騎士オンライン White paper

利用者は1ヶ月で約2.5万人と比較的多く、年齢層で言うと30代のプレイヤーが多い印象だ。

つまり、資金面に余裕のあるユーザーが多く、ゲームプレイでより多くのお金を落とす可能性が考えられる。

仮に既存ユーザーが参入することになれば、メタバース経済圏の成長にもそれなりに期待できるだろう。

NFTゲームとしての注目度が高い

元素騎士オンラインは、NFTゲームとしてすでに多くの期待と注目度を集めている。

その注目度の高さは、以下の快挙を成し遂げている点からもうかがえるだろう。

元素騎士オンラインの快挙
  • 公開からたった20日間でコミュニティ登録者数10万人突破
  • ByBitのMVローンチプールに69,000人が参加、ステーキングは220億円を達成
  • MEXCでのKickstarterでは、わずか10分で目標投票率500%を達成
  • TrustPadで史上最速の完売記録

リリース前の段階でこれだけの記録を打ち立てたのは、元素騎士オンラインの他にない。

今後、正式リリースが近づくにつれて、よりユーザーからの期待値が高まり、独自トークンやNFTが高騰する可能性も考えられる。

そのため、MVは手頃な価格で購入できる今のうちに入手しておくのがおすすめだ。

LINE BITMAXではMV入手に必要な仮想通貨をスマホから購入できるため、興味のある方は公式サイトをチェックしよう。

\ 最短5分で申込完了! /

元素騎士ONELINE(オンライン)に関するQ&A

元素騎士オンラインは今後どんな活動を予定していますか?

元素騎士オンラインは、2023年までの具体的なロードマップを公式サイトに掲げている。

2022年8月以降は、以下の予定の通りだ。

元素騎士オンライン ロードマップ
元素騎士オンライン

直近ではマーケットプレイスの公開やランドNFTオークションが控えている。

11月には正式版がリリースされ、翌月からは各種権利のNFT化が本格化する流れだ。

また、2023年には運営をDAOに移し、分散型ネットワークに切り替える予定となっている。

元素騎士オンラインはスマホアプリで配信されますか?

現状スマホアプリの配信予定はなく、ブラウザのみでの対応となっている。

仮にスマホでプレイする場合は、ブラウザからのプレイになる点に注意が必要だ。

独自トークンは国内取引所に上場しますか?

正式リリース後の動向次第では、国内での上場も考えられるだろう。

やはり、国内発となるNFTゲームである点が一番大きな理由だ。

国内のみならず、海外からの注目度も高いため、今後の取引所の動向に期待したい。

一方、海外取引所ではすでにMVの取り扱いがスタートしている。

今後、海外大手取引所への採用が進めば、国内でも上場の動きが見られるかもしれない。

元素騎士ONELINE(オンライン)のまとめ

ここまで、元素騎士オンラインの特徴や今後の予想を解説してきた。

今回の内容をまとめると以下の通りである。

この記事のまとめ
  • 元素騎士オンラインはエレメンタルナイツを元に開発されたWeb3プロジェクト
  • 現在はクローズドβ版を配信しており、年内に正式リリース予定
  • ゲームプレイや獲得したNFTを売却して稼げるPlay to Earnに対応
  • Play and ECOを掲げ、ゲームプレイによってゲーム内経済を循環させている
  • NFT装備の制作やランドでのコンテンツ提供など自由度が高い
  • コンシューマーゲームとしての実績やさまざまな快挙から将来性が高い
  • 独自トークンとなるMVはすでに海外取引所で取り扱いがスタート

元素騎士オンラインは、コンシューマーゲーム並みのクオリティと、ユーザーの利益を追求したエコシステムが特徴的なNFTゲームだ。

特にUGC to Earnは、MMORPG分野では新たな試みとして、ユーザーからの注目度や期待度も高い。

すでにエレメンタルナイツで実績を証明していることもあり、NFTゲーム初心者でも安心してゲームプレイできるはずだ。

快適にゲームプレイを始めるためにも、まずは国内取引所を利用してMV入手の準備を進めておきたい。

LINE BITMAXではLINE上からの仮想通貨取引に対応しているので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる