Genopets(ジェノペッツ)の稼ぎ方・遊び方を徹底解説|特徴や今後の見通しを紹介

genopets

2021年、「Move to Earn」という運動の対価で稼げる仕組みが注目を浴び、SNSを中心に話題となった。

中でもGenopets(ジェノペッツ)は、これまでのMove to Earnアプリとは少し毛色が違ったプロジェクトだ。

Twitterではすでに17万人を超えるフォロワーを集めており、ユーザーからの期待度が高まっているといえるだろう。

この記事ではGenopets(ジェノペッツ)の特徴や今後の予想などについて解説していく。

この記事からわかること
  • Genopets(ジェノペッツ)はMove to EarnとPlay to Earnを掛け合わせた新たなプロジェクト
  • 実際に歩くことでペットとなるモンスターを育成・進化できる
  • ゲームスタート時にペットが配布されるため初期費用が不要
  • PvPバトルやオープンワールド探索機能が今後追加予定
  • ゲーム内トークンとなるGENEはガバナンストークンとして機能
  • Genopetsの購入に必要なSOLは海外取引所で入手する

Genopets(ジェノペッツ)はペットの育成と運動を掛け合わせた、新ジャンルのNFTゲームだ。

イメージとしては、たまごっちに歩数計と稼げるシステムが導入されたものを想像するとよいだろう。

ゲーム内のペットはNFT化しており、取引には仮想通貨のSOLが必要となる。

まずは国内取引所で元手となる仮想通貨を入手することから始めよう。

LINE BITMAXであればLINE上から簡単に仮想通貨を購入できるため、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

目次

Genopets(ジェノペッツ)とは

Genopets公式サイト
引用:Genopets
名称Genopets(ジェノペッツ)
リリース日未定
対応デバイスiPhone / Android
ブロックチェーン基盤Solana
基軸通貨GENE、KI
公式サイトGenopets(ジェノペッツ)公式サイト

Genopets(ジェノペッツ)は3Dモデル化したペットの育成や運動によって稼げるNFTゲームだ。

他のゲームと異なり、Play to Earn・Move to Earn両方の要素を楽しめるのが特徴。

歩くことでペットを育成・進化させていくのが基本的な遊び方となる。

レベルアップによりステータス強化・外見が変化していくため、オリジナリティあふれるペットの育成が可能。

ペットはNFTとして一点物であることが証明されているので、NFTマーケットでもユーザー間で売買できる

NFTを購入する際は、Solanaチェーンの独自通貨SOLが必要となる。

そのため、まずは国内取引所で仮想通貨を準備し、SOL購入に備えておこう。

LINE BITMAXならばスマホから簡単に仮想通貨を購入できるため、ぜひ公式サイトから詳細をチェックしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

Genopets(ジェノペッツ)の特徴

Genopets(ジェノペッツ)の特徴は以下の通りだ。

Genopets(ジェノペッツ)の特徴
  • Play to EarnとMove to Earnの要素から稼げる
  • 初期費用が不要である
  • 3種類のNFTを取り扱う
  • 独自トークンによる経済圏の形成

Play to EarnとMove to Earnの要素から稼げる

Genopets(ジェノペッツ)では、Play to EarnとMove to Earnの異なるジャンルが融合しているのが特徴だ。

Play to Earnではペットの育成・進化を行い、NFTとして売却することで収益化できる。

NFTとなる施設を使用する、独自トークンや強化アイテムを使用するなど、育成効率を高める仕組みも搭載されている。

また、Move to Earnでは、ユーザーが実際に歩くことで経験値やエネルギーを獲得可能。

獲得した経験値はペットの育成に使用でき、エネルギーは課金を行うことでゲーム内トークンへの換金が行える。

Play to EarnとMove to Earnの要素をうまく組み合わせて利益を狙える点が魅力だろう。

初期費用が不要である

Genopets(ジェノペッツ)は初期費用不要でスタートできる点も特徴である。

従来のNFTゲームでは、初期費用の用意がないとスタートできないものも少なくない。

例えば、現在SNSを中心に人気を集める「Runblox」では、稼ぐためにNFTスニーカーの事前購入が必要だ。

現在のフロア価格は3.5AVAX、約13,000円となっており、初期費用額としては小額とは言えないだろう。

その点、Genopets(ジェノペッツ)ではNFTペットの事前購入やスニーカーなどを準備する必要がない。

ゲームに必要となるペットが無料配布されるため、無課金からでも十分に稼ぎを狙えるのがポイントだ。

独自トークンによる経済圏の形成

Genopetsトークン
引用:Genopets

Genopets(ジェノペッツ)では「GENE」「KI」の2種類のトークンがゲーム内で機能している。

それぞれのトークンの特徴は以下の通りだ。

スクロールできます
トークン名ゲーム内での役割特徴
GENEガバナンストークン・運営に対して発言権を得られる
・1GENE=約1,000円と高騰
・時価総額ランキング529位
KIユーティリティトークン・ゲーム内通貨として機能
・ペットの育成やアイテム生成に利用
・ステーキングによって獲得可能

GENEはガバナンストークンとなるため、投資家からの注目を集めている。

過去には約4,000円にまでの価格高騰を見せており、投資家からの需要の高さがうかがえるだろう。

また、KIはペットの育成や強化アイテムの生成に必要となるため、ユーザーが最も触れ合う頻度の高い通貨となる。

上記の2つのトークンがそれぞれ機能性を発揮し、Genopets (ジェノペッツ)の経済圏を支えているのが特徴だ。

3種類のNFTを取り扱う

Genopets-NFT
引用:Genopets

Genopets(ジェノペッツ)では3種類のNFTを取り扱っているのも特徴だろう。

具体的なNFTの種類は以下の通りである。

スクロールできます
NFT特徴NFTとしての売買
Genopets(ジェノペッツ)・ユーザーのペット
・ゲーム開始時に一体無料で獲得
・育成・進化が可能
可能
クリスタル・ペットの育成用アイテム
・独自トークンを使用して生成
・形や種類がそれぞれ異なる
可能
ハビタット・ペットの育成施設
・他のNFTゲームでいう土地
・貸出によって収益化可能
可能

それぞれがNFTとして希少性があるため、ユーザー間で取引できるのがポイントだ。

特にハビタットはクリスタルの生成や独自トークンの獲得に必須となる。

ゲームの注目度が高まり、価格が高騰する前に入手しておけば、購入時価格よりも大きな値上がりを期待できるだろう。

NFTを購入するためには、海外取引所でSOLを入手する必要がある。

まずはLINBITMAXといった国内取引所を利用し、元手となる仮想通貨を準備するとよいだろう。

\ 最短5分で申込完了! /

Genopets(ジェノペッツ)の始め方

Genopets(ジェノペッツ)は現状、アプリのリリースを控えている段階である。

ここではこれからの正式リリースに備え、今できることを解説しておく。

Genopets (ジェノペッツ)を始める前の事前準備

ゲームをスタートするためには、まず以下の準備を済ませておきたい。

ゲームスタート前の事前準備
  • 国内取引所の口座開設
  • 海外取引所の口座開設
  • Phantomウォレットの作成

国内取引所の口座開設

NFT購入に必要なSOLの元手となる仮想通貨を入手するため、国内取引所で口座開設を行おう。

購入する仮想通貨はビットコインやイーサリアムなど、主要な通貨を選んでおけば問題はないだろう。

しかし、この後解説する海外取引所への送金は、通貨によって手数料が異なる場合があるので注意が必要だ。

LINE BITMAXであれば比較的安価な手数料から仮想通貨の送金が行える。

例えば、イーサリアム(ETH)の送金は0.005ETHとなっており、現在価格で約1,300円での送金を実現している。

他にも少額からの買い付け、レンディングサービスにも対応しているので、詳細はLINE BITMAX公式サイトからチェックするとよいだろう。

\ 最短5分で申込完了! /

海外取引所の口座開設

次にSOLを入手するため、海外取引所の口座開設を行なっておこう。

SOLの取り扱いがある海外取引所は以下の通りである。

SOLを取り扱う海外取引所
  • Binance
  • Coinbase
  • Huobi Global

それぞれの取引所ではSOLとの交換に対応した通貨ペアが異なる場合がある。

あらかじめどんな通貨が通貨ペアとして採用されているか、チェックした上で口座開設を進めていこう。

また、海外取引所では詐欺コインをつかまされる可能性もゼロではない。

金融庁からも警告が出ているため、海外取引所の利用は自己責任で進めていただきたい。

Phantomウォレットの作成

Phantomウォレット
引用:Phantomウォレット

最後に、Phantomウォレットの作成を行なっていこう。

PhantomウォレットはSolana基盤の通貨専用ウォレットであり、Solana系ではメジャーに利用されている。

ウォレットとして一般的なMetaMask同様、ブラウザの拡張機能からインストール可能だ。

公式サイトからインストール後は、リカバリーフレーズの保存やパスワードの作成等、ガイダンス通りにウォレット作成を進めていこう。

Genopets(ジェノペッツ)を始める流れ

上記の事前準備ができたら、以下のような手順でGenopets(ジェノペッツ)をスタートできる。

Genopets(ジェノペッツ)を始める流れ
  1. 国内取引所で仮想通貨を購入
  2. 海外取引所へ仮想通貨を送金
  3. 海外取引所でSOLを購入
  4. SOLをPhantomウォレットへ送金
  5. Genopets(ジェノペッツ)とPhantomウォレットの連携

現状、ウォレットの連携後にはベータ版への参加申請が可能となっている。

しかし、Genopets(ジェノペッツ)のベータ版は完全招待制であり、運営が選んだユーザーでなければプレイできない。

ベータ版へのサインアップ自体は誰でも行えるが、テスターとして選ばれるには、

  • NFT化したペットの保有
  • Descord内での貢献度が高いユーザー
  • 初回限定版のハビタットの保有
  • トレジャーハントの上位1,000名

といったいずれかの条件クリアが必要となる。

つまり、NFTを保有し、アクティブな活動を行うユーザーほどテスターの対象になりやすいわけだ。

正式リリースを待つ間に上記の条件をクリアし、テスターを目指しておくのもよいだろう。

Genopets(ジェノペッツ)の稼ぎ方/攻略方法

Genopets(ジェノペッツ)の稼ぎ方は大きく分けて以下の通りである。

Genopets(ジェノペッツ)の稼ぎ方/攻略方法
  • NFTの売却
  • GENEのステーキング
  • ハビタットを貸し出す

NFTの売却

Genopets-NFTマーケットプレイス
引用:Magic Eden

Genopets(ジェノペッツ)を育成・進化させて売却するのがメインの稼ぎ方となる。

どのユーザーもゲームスタート時にペットを無料で獲得できるため、そのまま育成して売却までが可能だ。

基本的には実際にユーザーが歩くことで育成していくが、クリスタルといったNFTでペットの育成を促進できる

NFTを利用して早い段階で育成・進化できれば、収益化までの時間的コストの削減につながるだろう。

また、クリスタルやハビタットもペットと同様、NFTマーケットプレイスでの売買が可能だ。

育成のために生成したクリスタルを売却したり、逆に購入してペットの育成を促したりと、稼ぎ方にも応用が効く仕組みがポイントである。

GENEのステーキング

Genopetsステーキング
引用:Genopets

ガバナンストークンであるGENEは、ステーキングすることで報酬を獲得できる。

資産のロック期間はユーザーが自由に選択でき、期間が長くなるほど多くの報酬を獲得できる仕組みだ。

また、トークンによるインセンティブ以外にも、ステーキングによるメリットは大きい。

GENEステーキングのメリット
  • NFTアイテムの配布
  • キャンペーンやイベントへ優先的に参加
  • 新機能へ早期アクセスが可能

現在は約60万GENEがステークされており、その総額は円換算で6億円を超えるほどだ。

GENEによる報酬のみならず、魅力的なインセンティブが受けられるのが大きな魅力だろう。

ハビタットを貸し出す

GenopetsHabitat
引用:Genopets Whitepaper

自身が保有するハビタットは売却のみならず、貸出しすることで収益化が可能である。

ハビタットはペットの育成施設としての機能性を持ち、クリスタルやKIの生成に必須となる要素だ。

そのため、Genopets(ジェノペッツ)での稼ぎの基盤としてユーザーからの需要は高いだろう。

他のNFTゲームでいう土地と同様に、他のユーザーに貸出すことにより、大きな収益を獲得できる可能性がある。

ハビタットといったNFTの購入にはSOLが必要だ。

まずはLINE BITMAXといった国内取引所で仮想通貨を入手し、海外取引所を経由してSOLに換金していこう。

\ 最短5分で申込完了! /

Genopets(ジェノペッツ)の使い方

実際にアプリインストール後、どのようにゲームを進めていけばよいのだろうか。

ここではGenopets(ジェノペッツ)の使い方について見ていこう。

Genopets(ジェノペッツ)の使い方
  • 実際に歩く
  • PvPバトル
  • オープンワールドの探索

実際に歩く

アプリスタート後は、実際に歩いてペットを育成していくこととなる。

スマホの歩数計を利用して歩数を計測でき、どんどん歩いて経験値を獲得してペットを育成していこう。

また、ハビタットを保有していれば、経験値と同時にKIを獲得できるのがポイントだろう。

初期投資を行なってNFTを入手しておくことで、より収益性が増していく仕組みとなっている。

今後のロードマップではウェアラブルデバイスへの対応を示唆

Apple Watch等に対応すればより身軽に運動ができ、効率よくペットを育成できるだろう。

PvPバトル

Genopets(ジェノペッツ)はKIを獲得できる、ターン制のPvPバトルが実装される予定だ

3Dによる没入感の高いバトルにて、歩いて育成したペットの腕試しができるだろう。

また、今後は他のユーザー同士のバトルを観戦できるモードも搭載される予定。

単に観戦するだけでなく、対戦結果を予想することでKIを獲得するといった稼ぎ方も可能となる。

オープンワールドの探索

今後はオープンワールドとなるジェノバーズ上を探索できる機能が追加予定だ。

ジェノバースを侵略してくる敵と戦うというストーリーとなっており、ストーリー上のクエストに挑戦できる。

ソロでのプレイはもちろん、他のプレイヤーと協力してクエスト攻略が可能。

未開の地を発見やレアアイテム作成のためのレシピ等を入手できる予定だ。

アプリの正式リリース前に仮想通貨を準備しておき、NFT購入に備えておこう。

LINE BITMAXであればLINE上から仮想通貨取引が可能なため、ぜひ公式サイトをチェックしてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

Genopets(ジェノペッツ)の今後の予想/将来性

ユーザーがGenopets(ジェノペッツ)の今後の動向に期待する理由は次の通りである。

Genopets(ジェノペッツ)の今後の予想/将来性
  • 大手VCや著名人の多くが出資
  • 出品されるNFTの高騰
  • Move to Earnの盛り上がりと共に普及

大手VCや著名人の多くが出資

Genopets(ジェノペッツ)はすでに大手VCや投資家からの資金調達を実施している。

Genopets(ジェノペッツ)に出資を行うVC
  • 海外大手の取引所に出資する「Pantera Capital」
  • NFT業界への出資で有名な「YGG」
  • 仮想通貨取引所FTXとの関わりが深い「ALAMEDA RESEARCH」

また、プロサッカー選手である本田圭佑氏も出資を行なっている投資家の一人だ。

その影響もあり、Genopets(ジェノペッツ)は国内での注目度を一手に集めている。

これまでに9億円を超える資金調達を完了させているため、Genopets(ジェノペッツ)の今後への期待度は高いだろう。

出品されるNFTの高騰

Genopets(ジェノペッツ)は現在、アプリのリリース前にもかかわらずNFTの価格が高騰している。

プロジェクトの独自性に期待するユーザーが増加し、Genopets(ジェノペッツ)の相場がどんどん引き上げられている状態だ。

例えば、NFTマーケットプレイス「Magic Eden」では、ペットのフロア価格が19SOL(約12万円)と高騰。

中には500SOL(約300万円)を超える価格で出品されるペットも多く、ユーザーからの期待や関心の高まりが価格に反映しているといえる。

今後の正式リリースではより価格が高騰する可能性があり、プロジェクト自体の盛り上がりも期待できるだろう。

Move to Earnの盛り上がりと共に普及

Genopets(ジェノペッツ)の普及は、今後のMove to Earnの流行に大きく左右されるだろう。

2021年のSTEPN流行をきっかけにさまざまなMove to Earnプロジェクトが登場し、新規ユーザーを開拓してきた。

特にSNSの影響力は強く、SNSでの発言をきっかけにブームが到来するプロジェクトも少なくない。

Genopets(ジェノペッツ)も今後の動向次第では、SNSを中心にブームが訪れる可能性もゼロではないだろう。

Move to Earnが今後も盛り上がりを見せれば、その流れに乗ってGenopets(ジェノペッツ)の広い普及も考えられる。

まずは国内取引所で仮想通貨を準備し、Genopets(ジェノペッツ)の正式リリースに備えておこう。

LINE BITMAXではスマホ上から簡単に仮想通貨取引が行えるため、興味のある方は公式サイトから詳細をチェックしよう。

\ 最短5分で申込完了! /

Genopets(ジェノペッツ)に関するQ&A

ここではGenopets(ジェノペッツ)でよくある疑問について答えていく。

これからゲームプレイを考えている方は、ぜひチェックしておいてほしい。

Genopets(ジェノペッツ)に関するQ&A
  • 無課金ではどんなプレイ制限がかかるの?
  • Genopets(ジェノペッツ)の最新情報はどこで入手できる?
  • Genopets(ジェノペッツ)は今後どんな活動を予定している?
無課金ではどんなプレイ制限がかかるの?

無課金の状態では、以下のような行動が制限される。

  • クリスタルの生成や販売
  • ハビタットの生成や販売
  • KIの獲得

つまり、収益化を加速させることができず、課金時と比べて稼ぎにくい。

仮に課金しない場合は、歩いてペットを育成・進化させ、NFTマーケットプレイスで売却。

新たなペットを購入して育成といったようなサイクルで稼ぐことになるだろう。

Genopets(ジェノペッツ)の最新情報はどこで入手できる?

最新情報は以下から入手可能である。

特にDiscordでは活発に活動するユーザーが多いため、最新情報が得られやすい。

登録やゲーム内容に関しての疑問を投げかければ、丁寧に回答してもらえるだろう。

また、Discordでの貢献はベータ版の参加条件となっているため、ぜひとも利用しておきたい。

Genopets(ジェノペッツ)は今後どんな活動を予定している?

Genopets(ジェノペッツ)では公式サイトでロードマップを掲載しており、今後の動向について触れている。

ロードマップは全3フェーズの予定であり、現在はすでに第1フェーズが完了している。

今後の流れとしては、ベータ版の機能性の充実を予定。

また、2023年にはオープンワールドの探索やストーリーの追加を目指している。

詳細なビジョンについては、ぜひ公式サイトを参考にしてほしい。

Genopets(ジェノペッツ)のまとめ

ここまでGenopets(ジェノペッツ)の特徴や今後の予想について解説してきた。

今回の内容をまとめると以下の通りである。

この記事のまとめ
  • Genopets(ジェノペッツ)はMove to EarnとPlay to Earnを掛け合わせた新たなプロジェクト
  • 実際に歩くことでペットとなるモンスターを育成・進化できる
  • ゲームスタート時にペットが配布されるため初期費用が不要
  • 現在は開発段階であり、招待制にてベータ版のプレイが可能
  • NFTの売却やバトルコンテンツの報酬などから収益化が可能
  • 大手VCからの資金調達やNFTの高騰により将来性が高い
  • Genopetsの購入に必要なSOLは海外取引所で入手する

正式リリース前にもかかわらず、大手VCやユーザーからの注目を集めているGenopets(ジェノペッツ)。

育成と運動の両立や無課金からスタートできる点は、多くのユーザーが魅力を感じる部分だろう。

今後はバトル機能やオープンワールドの導入を予定しており、続報が待ち遠しいところだ。

リリース前の今できることは、テスターとしてベータ版に参加し、Genopets(ジェノペッツ)の世界観に触れることだ。

まずはペットとなるNFTを購入するため、国内取引所から仮想通貨を準備しておこう。

LINE BITMAXではLINE上から簡単に口座開設が行えるため、公式サイトから詳細をチェックしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

genopets

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる