仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)とは?特徴や今後の見通し/将来性を徹底解説

Fantom(ファントム)は、処理速度が速く、イーサリアムキラーとも呼ばれている仮想通貨である。

イーサリアムキラーと呼ばれている仮想通貨はいくつかあるが、そのなかでもファントムは優れた技術も持っている。

この記事では、そんなファントムの特徴やこれまでの価格推移、今後の将来性、オススメの取引所について解説していく。

これからファントムを買いたい方にはぜひ参考にしていただきたい。

この記事からわかること
  • Fantomは2021年に価格が急上昇した
  • イーサリアムキラーと呼ばれ、処理速度がかなり速い
  • コンセンサスメカニズム「Lachesis」を導入している
  • Fantomを開発したのは韓国人のAhn Byung Ik博士が創立したFantom財団である
  • Fantomは国内取引所には上場していないため海外取引所でしか入手できない
  • 国内取引所なら取引手数料が無料のCoincheckが使いやすい

ファントムは現在国内取引所では取り扱いがない。

そのため国内取引所のアカウントと海外取引所のアカウントが必要だ。

まずは、Coincheckでアカウントを作っておけば元手となる通貨を入手することができるだろう。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

目次

Fantomとは

fantom 公式サイト

Fantomは、2019年12月に韓国人のAhn Byung Ik博士が創立したFantom財団によってローンチされた。

そして、Fantomが作られた目的はブロックチェーンのトリレンマを解決するためである。

ブロックチェーンのトリレンマとは、スケーラビリティ(処理速度)、分散性、安全性の3つを同時に実現できないという問題のことを指す。

例えば、ビットコインやイーサリアムは分散性と安全性には優れているが、スケーラビリティが遅い。

そこで、分散性と安全性を保ちながらも、スケーラビリティを速めるために開発されたのFantomというわけだ。

イーサリアムよりも速い処理速度を誇るため、イーサリアムキラーとも呼ばれている。

イーサリアムキラーとして注目されているFantomを入手するためには、国内取引所のアカウント作成が必須である。

Coincheckなら、アプリが使いやすいので海外取引所に送るときに便利だ。

公式サイトから情報をチェックしてぜひアカウントを作成しておこう。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Fantomの基本的な特徴

続いて、Fantomの基本的な特徴について解説していこう。

どのような点が優れているのかをぜひ参考にしてほしい。

Fantomの基本的な特徴
  • Lachesisというコンセンサスメカニズムを使用し、取引速度が速い
  • DAGテクノロジーという技術を採用し、ブロックチェーンのトリレンマを解決している
  • アメリカの格付け機関から最高評価のAランクを獲得

Lachesisというコンセンサスメカニズムを使用し、取引速度が速い

まず1点目が、Lachesisというコンセンサスメカニズムを使用しているため、取引速度が非常に速いという点だ。

Lachesisなら低コストかつ高スピードを実現できる。

先述したが、ビットコインやイーサリアムは取引速度が遅いことが問題である。

ビットコインは送金に10分ほどかかるが、Fantomなら2秒ほどで送金が完了する。

このように、取引速度が速い点がFantomの優れている点だと言える。

DAGテクノロジーという技術を採用し、ブロックチェーンのトリレンマを解決する

続いて2点目が、DAGテクノロジーという技術を採用しているという点である。

DAGテクノロジーとは、ブロックチェーンのように取引データを格納せず、複数の取引データを同時に処理する技術のこと。

こうすることで、送金にかかる処理時間を大幅に減らすことが可能になる。

処理時間を減らすことで、ブロックチェーンのトリレンマを解決することができる。

アメリカの格付け機関から最高評価のAランクを獲得

最後3点目は、アメリカの格付け機関「Weiss Ratings」から最高評価のAランクを獲得している点である。

Fantomはスケーラビリティや分散性、安全性において高い評価を得てAランクを獲得している。

ちなみに、イーサリアムはBランク、ビットコインはCランクである。

このことからも、Fantomがいかに高い評価を得ているかがわかる。

今後も期待されているFantomを入手するには、国内取引所のアカウントを開設しないといけない。

Coincheckは、セキュリティも高く、取り扱いの仮想通貨数も豊富なためオススメの取引所だ。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

【2022年最新】Fantomの現在の価格推移

それでは、ここからはFantomの現在の価格推移についてみていこう。

今回は直近3ヶ月のFantomの価格チャートを解説していく。

下記が直近3ヶ月のFantomのチャートである。

Fantom 現在価格のチャート
引用元:tradingview

直近3ヶ月のチャートを見ると、価格の変動がかなり激しいとわかる。

6月後半〜8月中頃にかけては価格が上昇したが、8月中頃以降は急下落している。

ビットコインなどの仮想通貨全体で、変動が激しかったためその影響を受けたと考えられる。

現在の価格は下落気味なので、今後は上昇していく可能性も高いのではないだろうか。

価格の低いタイミングで購入するには、まず国内取引所Coincheckのアカウントを開設することが必要だ。

アプリの使いやすさに定評があるため、公式サイトを確認しておこう。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Fantomの過去の価格推移

続いては、より過去にさかのぼってFantomの価格推移を見ていこう。

どのように現在の価格にまで推移してきたのかをチェックすることで、今後の価格予想にも役立てて欲しい。

今回は、2019年7月〜2022年6月までの3年間の価格推移を見ていく。

1年ごとの期間に区切ってわかりやすく解説する。

Fantomの過去の価格推移
  • 2019年7月〜2020年6月の価格推移
  • 2020年7月〜2021年6月の価格推移
  • 2021年7月〜2022年6月の価格推移

2019年7月〜2020年6月の価格推移

Fantom 2019年7月〜2020年6月チャート
引用元:tradingview

2019年7月〜2020年6月の時期を見てみると、価格は下落傾向にあったとわかる。

この時期は仮想通貨のバブルが終わった頃だったため、Fantomの価格も伸びていない。

この時期に買っていた方は、あまり利益を上げられなかっただろう。

2020年7月〜2021年6月の価格推移

Fantom 2020年7月〜2021年6月チャート
引用元:tradingview

上記のチャートを見ると、2021年に入ってから価格が急上昇していることがわかる。

最高値で約10倍ほど価格が上がっている。

この頃は仮想通貨市場が好調だったため、全体的に価格が上がった時期だった。

また、イーサリアムのガス代(手数料)が高騰したこともあり、イーサリアムキラーと呼ばれる通貨が注目を浴びた。

その影響もあり、Fantomの価格が高騰したと言えるだろう。

2021年7月〜2022年6月の価格推移

Fantom 2021年7月〜2022年6月チャート
引用元:tradingview

この1年間はかなりチャートの値動きが激しい。

2021年11月まではかなり上昇していたが、それ以降は価格が大幅に下落している。

特に2022年1月以降の下落の幅がかなり大きい。

2022年1月以降は仮想通貨市場全体が落ち込んでいたため、Fantomの価格も下落してしまっている。

この時期は、利確のタイミングがかなり難しい1年だっただろう。

ただ、価格が下がっている今は買い時のチャンスとも言える。

初心者にも使いやすく人気が高いので、ぜひCoincheckの公式サイトをチェックしてみよう。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Fantomの今後の予想/将来性

将来的に見ると、Fantomの価格はどうなっていくのだろうか。

さまざまなデータをもとに今後のFantomの将来性について予想していく。

ぜひ今後Fantomを入手しようと考えている方は参考にしてほしい。

Fantomの今後の予想/将来性
  • 他のイーサリアムキラーと比べて時価総額が低い
  • 他のイーサリアムキラーの仮想通貨と比べて性能が高い
  • FantomのDappsを開発したアンドレ・クロンジェ氏がFantom財団から脱退した

他のイーサリアムキラーと比べて時価総額が低い

他のイーサリアムキラーと呼ばれている仮想通貨の中には、Fantomよりも時価総額が高い仮想通貨がある。

例えば、時価総額ランキング9位の Solana(SOL)や、時価総額ランキング16位のアバランチ(AVAX)など。

ただ、Fantomの性能自体はSOLやAVAXに劣っていないため、今後のプロジェクト次第ではSOLやAVAX同様に時価総額が上がっていく可能性も十分考えられる。

他のイーサリアムキラーの仮想通貨と比べて性能が高い

Fantomは、その他のイーサリアムキラーと呼ばれる仮想通貨と比べても、性能はかなり高い。

他のイーサリアムキラーとどのくらい性能が違うか、少し比べてみよう。

通貨名FantomAVAXDOTSOL
送金手数料1円以下5円30円1円以下
送金速度1~2秒1~2秒64秒14秒
トランザクション30万件4500件1000件50000件

いかがだろうか?

上記の表を見ると、Fantomがどれだけ性能が高いかがわかる。

どの点においてもその他のイーサリアムキラーを上回っている

Fantomは、他の3銘柄より時価総額ランキングが低いにも関わらず、これほどのパフォーマンスができるので、今後時価総額がより上がる可能性は十分あるだろう。

FantomのDappsを開発したアンドレ・クロンジェ氏がFantom財団から脱退した

優れた性能を持つFantomだが、そのFantomのDapps(分散型アプリケーション)を開発したアンドレ・クロンジェ氏がFantom財団から抜けたことがネットでも話題となった。

脱退の発表は2022年3月にされ、その影響を受け約20%ほど価格が下落してしまった。

今後も、他の主要メンバーが抜けることがあれば価格が下落する可能性はあるだろう。

Fantomを購入するタイミング・買い時

では、一体Fantomの購入するタイミングはいつなのだろうか。

購入のタイミングを間違えると大きな損失にもつながってしまう。

少しでもリスクを減らすために、購入するタイミングをいくつか紹介していくので参考にしてみてほしい。

Fantomを購入するタイミング・買い時
  • Fantomを含め、仮想通貨全体の価格が下がっているとき
  • Fantom財団から今後の新プロジェクトが発表されたとき

Fantomを含め、仮想通貨全体の価格が下がっているとき

まずは、Fantomを含め仮想通貨全体の価格が下がっているときである。

仮想通貨の投資をする際に大事なのは、高値掴みをしないことだ。

価格の高いときに買えば買うほど、価格が下落した際に損をしてしまう。

なので、できるだけ価格が下がっているタイミングでFantomを買うようにしよう。

Fantom財団から今後の新プロジェクトが発表されたとき

また、Fantom財団から今後の新プロジェクトが発表された時も買い時である。

仮想通貨の投資家たちは、新しいプロジェクトに対して期待をしたときにその仮想通貨を購入する。

なぜなら、今後そのプロジェクトが伸びていくと予想するからである。

そのため、何か新プロジェクトが発表された時は、その内容をしっかりチェックしておく必要がある。

そのときに備えておくためにも、今のうちからCoincheckでしっかりとアカウントを作成しておこう。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Fantom投資のリスク/注意点

続いて、Fantomへ投資する際のリスクについて紹介していく。

仮想通貨への投資はリスクが必ずついてくる。

仮想通貨以外においても、リスクが全くない投資など存在しないだろう。

そこで今回は、Fantomへ投資する際にどのようなリスクがあるのかを紹介するので、今後の参考にしてほしい。

Fantom投資のリスク/注意点
  • 買った時よりも大幅に価格が下がってしまう
  • Fantom財団がプロジェクトを辞めてしまう
  • 海外取引所に仮想通貨を送金するときに間違って資金を失う可能性がある

買った時よりも大幅に価格が下がってしまう

まず、よくあるリスクとしては、買った時よりも大幅に価格が下がってしまうことだ。

仮想通貨はボラティリティ(価格の変動)が激しいため、資産が一瞬にしてなくなってしまうこともよくある。

そのため、買い時にはしっかりと注意して、少額から始めることが大切だ。

Fantom財団がプロジェクトを辞めてしまう

Fantom財団がプロジェクトを辞めてしまうことも可能性としてはゼロではない。

今ある複数のプロジェクトが終わってしまえば、もちろんFantomへ投資する人はいなくなってしまう。

そうなると大暴落にもつながるので、注意することが必要だ。

海外取引所に仮想通貨を送金するときに間違って資金を失う可能性がある

Fantomは海外取引所でしか取り扱いがないため、必ず海外取引所を開設する必要がある。

まだ海外取引所を作ったことがない人にとっては、少しハードルが高いだろう。

海外取引所に慣れていない初心者がよく起こしてしまうミスが送金のミスである。

例えば、国内取引所で買ったビットコインを海外取引所に送る際に、海外取引所の入金アドレスを入力する必要がある。

この際に、1つでもアドレスを間違えてしまうと、送金されなくなり資産が消えてしまう。

こういった少しのミスによって資産が消えてしまうことがあるので、注意しないといけない。

Fantom投資におすすめの取引所

ここからは、Fantomの投資におすすめの取引所を紹介する。

Fantomは海外の取引所でしか取り扱いができないため、国内の取引所から海外取引所へ送金する必要がある。

そうなると、国内取引所を選ぶポイントは各取引手数料の安さだ。

海外取引所に送金する際の手数料が低い取引所の方がいいと言える。

今回は、Fantomの投資にオススメの国内取引所を3つ紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

Fantom投資にオススメの取引所
  • DMM Bitcoin
  • bitFlyer
  • Coincheck

Coincheck

Coincheck-top
引用元:Coincheck
取り扱い通貨数19種類
最低取引数量(BTC)0.001BTC
取引手数料販売所形式:無料(スプレッド有り)
取引所形式:無料
入金手数料銀行振込:無料(振込手数料負担)
コンビニ:770円(3万円以上1,018円)
クイック:770円(3万円以上1,018円)
出金手数料407円
レバレッジなし
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

コインチェックは、アプリのダウンロード数が国内No.1であり、ユーザー数もかなり多い。

そのため、知名度で取引所を選びたい方にオススメだと言える。

ただ、海外取引所への送金手数料はかかってしまうため、手数料を抑えたい方には少しデメリットだ。

取り扱いの通貨数は多いため、多くの仮想通貨に投資をしたい方には最適だろう。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
引用元:DMM Bitcoin公式サイト
取り扱い通貨数販売所:13種類
レバレッジ取引:20種類
最低取引数量(BTC)販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド及びレバレッジ手数料あり ※BitMatch注文を除く)
入金手数料無料
出金手数料無料
レバレッジ2倍
公式サイトDMM Bitcoinの公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinは、なんといっても取引手数料や出金手数料などが無料なのが嬉しいポイントである。

海外の取引所に送金する際に、出金手数料を取られるとかなりもったいない。

他の国内取引所は、送金手数料が取られることが多いため、DMM Bitcoinの方がお得である。

少しでも手数料を抑えたい方は、ぜひDMM Bitcoinでアカウントを作成してみよう。

\ 口座開設完了で即時2,000円プレゼント! /

bitFlyer

bitFlyer
引用元:bitflyer公式サイト
取り扱い通貨数17種類
最低取引数量(BTC)0.00000001BTC
取引手数料販売所形式:無料
取引所形式:約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC)
入金手数料住信SBIネット銀行からの入金:無料
住信SBIネット銀行以外からの入金:330円
出金手数料出金手数料:220円~
レバレッジ2倍
公式サイトビットフライヤー公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

ビットフライヤーは、7年連続でハッキング被害が0件と、セキュリティ面でかなり安心できる取引所だ。

送金手数料はビットコインだと0.0004 BTCかかる。

ただ、リップルとモナコイン、ステラルーメンの3銘柄は無料で送金ができるためお得である。

手数料を抑えつつ、セキュリティでも安心したい方にオススメ。

Fantomの今後の予想のまとめ

今回はFantomの特徴や、価格推移、将来性についてまとめた。

Fantomの魅力やリスクなどについても知っていただけたのではないだろうか。

Fantomはイーサリアムキラーとして期待されている仮想通貨なので、今後の動向をぜひチェックしていこう。

この記事からわかること
  • FantomはLachesisというコンセンサスメカニズムを使用し、取引速度が速い
  • Fantomはブロックチェーンにおけるトリレンマを解決している
  • Fantomの価格は2021年に比べると下落している
  • 他のイーサリアムキラーの仮想通貨と比べると時価総額は低い
  • Fantomは海外取引所でしか入手できないため、Coincheckから送金する必要がある

先述していたが、Fantomは海外の取引所でしか入手できない。

そのためまずは国内取引所のアカウントを作成しておこう。

Coincheckはアプリが使いやすく人気が高いため、ぜひ公式サイトをチェックして、アカウントを作ってみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる