ファクトム(FCT/Factom)の今後の見通し/将来性や下落の理由を徹底解説

ファクトム

FCT(Factom、ファクトム)は、電子データを分散管理するためのプラットフォームだ。

ブロックチェーン技術を使うことで、改ざんが不可能で安全性が高い環境を保ち、あらゆる電子データを保管・管理できる。

しかし、2020年に開発会社が解散したことで、以降の開発はストップしたままだ。

そんなFactomについて、この記事では特徴や価格推移、将来性、リスクなどを徹底解説しよう。

この記事からわかること
  • Factomブロックチェーンを利用して電子データを安全に低コストで管理できる
  • PegNetやFactomハーモニーなどの注目プロジェクトが進行していた
  • アメリカ政府や大手企業とも提携していた
  • 現時点で将来的な価格上昇は見込めない
  • FCTトークンはDMM Bitcoinから海外取引所へ仮想通貨を送金することで入手できる

Factomは、プロトコルが生きていても開発がストップしているので、アップデートされず成長が止まったままだ。

有望プロジェクトだったため、現状に何らかの変化があれば状況は変わるかもしれない。

FCTトークンを入手するなら、国内取引所DMM Bitcoinを利用してはいかがだろうか。

送金手数料無料のDMM Bitcoinから海外取引所へ仮想通貨を送ることで、FCTを購入できるだろう。

各種手数料が無料で使いやすいので、まずはDMM Bitcoinの公式サイトにも目を通していただきたい。

目次

ファクトム(FCT)とは

FCM公式サイト
FACTOM公式サイト
通貨名FCM(FACTOM、ファクトム)
現在価格¥45.71
時価総額¥474,253,323
時価総額ランキング1055位
発行上限上限なし
発行年2015年
取扱いのある国内取引所なし
(コインチェックで2022年5月に取扱い廃止)
公式サイトファクトムの公式サイト
関連記事草コインのおすすめランキング
2022年7月時点

Factomは、オープンソースの分散型データ整合性プロトコルだ。

簡単にいうと、電子データをブロックチェーン上に記録して分散管理できるプラットフォームである。

このFactomプラットフォームで使用できる仮想通貨がFCT(ファクトトイド)であり、投資家の間ではFCTをファクトムと呼ぶことが多い。

2022年現在は開発がストップしているが、FCTの価格は比較的維持を続けている。

期待が高かったプロジェクトゆえに、現在も投資家がFCTを購入しているのかもしれない。

FCTは国内取引所に上場していないので、海外取引所経由で入手する必要がある。

まだ国内取引所の口座を持っていない場合は、DMM Bitcoinを利用してみてはいかがだろうか。

DMM Bitcoinは各種手数料が無料で、送金手数料もかからないため使い勝手の良い取引所といえる。

ファクトム(FCT)の基本的な特徴

Factomの基本的な特徴を解説しよう。

安全に電子データを管理できるため、アメリカ政府機関とも連携してプロジェクトを進めていた経歴がわかる。

ブロックチェーン技術を活用して電子データを大量に管理・保管できる

Factomは、あらゆる電子データをFactomブロックチェーンに書き込んで管理・保存するプロトコルだ。

書き込んだ内容はビットコインイーサリアムのブロックチェーンに固定して公開することで、データの変更や改ざんは困難となる。

さらに、識別が可能で検証もできるため、セキュリティ性が高まり、重要なデータでも安全に保管できるのだ。

安全性については以下の確認プロセスでも確証される。

確認プロセス
  1. プロセスリストの追加
  2. 議事録の作成
  3. Factomブロックの書き込み
  4. 最終確認

さらに、Factomで構築された様々なアプリケーションのデータは、データチェーン内に保持されるため、検索や作成が高速化される。

電子データの保管だけでなく管理も徹底されているのだ。

これらのデータ管理システムを低コストで請け負うことも評価された。

ブロックチェーンに記録する際、ビットコインなら1キロバイト当たり約5.2ドル発生するが、Factomなら約0.001ドルで完了する。

元来よりスケーラビリティ問題の改善を目指していたFactomは、2トークンシステムと呼ばれる独自の書き込み方法を構築したことで実現されたのだ。

6つの注目プロジェクトが進行していた

名称概要
PegNetDeFi用のステーブルコイン変換ネットワーク
10億ドル以上の資産のトランザクションをFactomが管理
Factomアセットトークントークン化された資産を低コストで発行・取引
Factomブロックチェーンで構築
Off-BlockモバイルとウェブのデジタルIDと署名プラットフォーム
Factomブロックチェーンで構築するも現在はアクセス不可
Factom Proビットコインとイーサリアムにデータを保存するクラウドベースのプラットフォーム
Factom ハーモニーアメリカの住宅ローンなどの情報を電子データ化して保管・管理
現在はアクセス不可
サインatソースデバイス内の記録と署名されたIoTデータの処理
現在はアクセス不可

Factomは、27企業のメンバーで運営しており、上記の公共プロジェクトを展開している。

半分はアクセスできないが、重要なデータの管理・保存のシステムを構築していたことがわかる。

FCTトークン保有者は、これらのプロジェクトが商業化して成功した場合に、利益が供給される予定であった。

Factomのガバナンスもすでにアクセスできないが、投票やディスカッションの場は設けられていたので、投票を通して新たなプロジェクトを導入する予定もあった様子だ。

開発がストップしているのが悔やまれるほど、優秀な機能を持っていたことがわかる。

大手企業やアメリカ政府との提携

Factomの提携先
  • アメリカ国土安全保障省
  • アメリカ税関国境警備局
  • アメリカエネルギー省
  • マイクロソフト
  • ビル&メリンダ・ゲイツ財団

Factomは、上記のようにアメリカ政府機関や大手企業と提携していた。

ピックアップすると、ワシントンの国土安全保障省は、シリコンバレーイノベーションプログラムの一環として助成金192,380ドル(約2,500万円)を授与した。

他にも、医療記録用ブロックチェーンの開発のために、ゲイツ団体からの助成金も受け取っている。

様々な大手企業から、データの安全管理を評価され資金提供を受けていたのだ。

その名残りもあってか、FCTトークンは現在も価格を比較的保っておりトレードも可能だ。

FCTを購入するなら、国内取引所DMM Bitcoinから海外取引所を経由すれば簡単に入手できる。

仮想通貨の送金手数料が無料で使いやすいので、ぜひDMM Bitcoinを利用を検討していただきたい。

【2022年最新】ファクトム(FCT)の現在の価格推移

TradingView

FCTトークンの2022年の価格動向を見てみよう。

年始には1.4ドルだったが、毎月下落しており7月には0.3ドル辺りで停滞している。

NFTやゲーム関連の銘柄が活躍している中、開発が止まったままのFCTは上昇の兆しが見えない。

しばらくは目立つ動きはないと考えられる。

逆にいえば購入するリスクも低いと考えられるだろう。

FCTを購入するなら、国内取引所DMM Bitcoinから海外取引所に仮想通貨を送金すれば簡単だ。

DMM Bitcoinは手数料無料の項目が多く使いやすいので、口座開設しておいて損はないだろう。

ファクトム(FCT)の過去の価格推移

Factomの過去の価格推移もみてみよう。

2015年に発行され、古株であるが実際に価格に反映してきたのは2017年ごろだとわかる。

2018年までの価格推移

TradingView

FCTは発行されてから2017年夏頃まで大きな動きを見せなかった。

この時期、医療記録用ブロックチェーンの構築やシリコンバレーイノベーションプログラムも開始されていたので、徐々に価格が上がっている。

2018年には仮想通貨バブルが始まり価格が大きく跳ね上がっているのがわかる。

2019年に入る頃には徐々に価格は落ち着いていった。

2019~2021年までの価格推移

TradingView

2019年から下落傾向だ。

大きな上昇は見られず、少しずつ低下しているのがわかる。

ビットコイン暴落の時期もわずかに下落した。

この状態が2022年に入っても続いているのだ。

FCTトークンを購入するなら、DMM Bitcoinから海外取引所へ送金すると入手しやすい。

DMM Bitcoinは、豊富な仮想通貨に対応しているのでアルトコイン取引も楽しめるだろう。

まだDMM Bitcoinの口座を持っていない場合は、ぜひ利用検討していただきたい。

ファクトム(FCT)の今後の予想/将来性

Factomの今後について、将来性を予測して解説しよう。

といっても、開発が停滞しているので期待できる情報はあまりないことを理解していただきたい。

Factomの開発状況で将来は変わる

Factomの開発会社であるFactom,Incは、2020年4月に解散すると発表され、開発がストップした。

2022年現在もそのままであるが、Factomプロトコル自体は存続している。

元のメンバーに限らず、将来的にFactomの開発を進める人物が現れると状況は変わるだろう。

特に、アメリカ政府機関と提携しており、マイクロソフトやゲイツ財団からも一目置かれていたので、存在を知る者は多い。

現代に必要なセキュリティ対策の一環として、土台が培われているFactomが利用される時が来れば、将来性は明るいといえる。

技術が認められて知名度を得られるかがポイント

Factom公式サイト

Factomの実績であるPegNetや、ロードマップに記載されていた分散型ID(DID)、Factomバッジ、スマートコントラクトなど、様々な機能がすでに開発済み、または検討されていた。

これらの技術が認められて、知名度が上がるとFCTトークンの価格に反映するかもしれない。

チームが開発して2年経過しても尚、海外取引所ではトレードが行われているのも投資家が存在するためである。

Factomの復活に期待するなら、DMM Bitcoinを使って海外取引所経由でFCTトークンを入手可能だ。

スマホだけでもDMM Bitcoinに口座開設できるので、まずは公式サイトにも目を通していただきたい。

ファクトム(FCT)を購入するタイミング・買い時

WalletInvestor

Factomを購入するタイミング・買い時について、仮想通貨の予測・格付けサイトWallet InvestorでFCTトークンの将来価格を予測したところ、2023年にやや価格が上昇すると算出されている。

テクニカル分析によるものだが、参考にした場合の買い時は2022年度中ともいえるだろう。

しかし、長期的にはリスクがある仮想通貨で、ハイリターンは見込めないという分析データも出ていた。

つまり、長い目で見ても現状では価格上昇に期待できない。

もし、2023年の上昇に期待してFCTを購入するなら、余剰資産でリスクを減らして投資していただきたい。

FCTを購入するなら、DMM Bitcoinから海外取引所へ仮想通貨を送金すれば簡単だ。

セキュリティ対策が徹底しており、安全に利用できるDMM Bitcoinを利用してみてはいかがだろうか。

ファクトム(FCT)投資のリスク/注意点

Factomは開発が止まっており、価格も年々下落しているリスク通貨だ。

投資するならリスクが大きいといえる。

FCTの投資にあたって注意点をまとめよう。

現段階で上昇は期待できない

テクニカル分析の結果
  • FCTはリスクが高く、良くない投資となる予測
  • FCTの価格は今後も下がる
  • 1年で1ドルに到達することはない

Wallet Investorのテクニカル分析の結果を簡単にまとめると、上記のようにやはり弱気から抜け出せない。

1年先を見越しても、リターンに期待できないためリスクが高いのだ。

何らかの可能性に賭けて投資するのは自由だが、現状を踏まえても上昇は見込めないと考えた方がよいだろう。

国内取引所はすべて撤退した

Coincheck

FCTトークンは、かつてCoincheckに上場していたが、2022年5月に上場廃止された。

Factomのアップデート動向が見込めず、安定したサービスが提供できないと判断されたのだ。

よって、国内取引所におけるFCTトークンの取り扱いは2022年7月時点でゼロとなる。

それでもFCTを購入するなら、DMM Bitcoinを経由してはいかがだろうか。

DMM Bitcoinから手数料無料で海外取引所へ送金すれば、FCTを入手できる。

まずはDMM Bitcoinの公式サイトもチェックしていただきたい。

ファクトム(FCT)投資におすすめの取引所

Factomの投資におすすめの取引所を紹介しよう。

国内取引所にFCTは上場していないが、海外取引所へ送金することでFCTを入手できる。

まだ国内取引所の口座を持っていない場合はぜひ参考にしていただきたい。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin-top
取引所名DMM Bitcoin
取扱い通貨BTC、ETH、XRP、TRX、LTC、BCH、XLM、ETC、OMG、ENJ、BAT、MONA、ADA、DOT、IOST、XTZ、XEM、QTUM、XYM
販売所手数料無料(スプレッド有り)
取引所手数料BitMatch注文:取引単位あたり1~61円
入金手数料無料(振込手数料負担)
出金手数料無料
送金手数料無料
レバレッジ取引2倍まで
レバレッジ手数料:ポジション金額の0.04% 
最小発注数量販売所:0.0001 BTC
Bitmatch注文:0.010BTC
公式サイトDMM Bitcoinの公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判
2022年7月時点

DMM Bitcoinは、現物取引、レバレッジ取引に対応しており、独自のBitMatch注文を利用できる。

BitMatch注文とは、注文をマッチングして希望に近い価格で約定できるという販売所と取引所のメリットを掛け合わせた注文方法だ。

20種類もの仮想通貨でトレードできるため、アルトコイン取引にも適している。

FCTトークンを入手するなら、DMM Bitcoinから海外取引所へ仮想通貨を送金すればOKだ。

送金手数料は無料なので非常に使いやすい取引所だといえる。

まずはDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてはいかがだろうか。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck-top
取引所名Coincheck(コインチェック)
取扱い通貨BTC、ETH、XRP、BCH、ETC、LSK、XEM、LTC、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ、OMG、PLT、SAND
販売所手数料無料(スプレッド有り)
取引所手数料無料(振込手数料負担)
入金手数料銀行振込:無料(振込手数料負担)
コンビニ:770円(3万円以上1,018円)
クイック:770円(3万円以上1,018円)
出金手数料407円
送金手数料0.0005 BTC(通貨により異なる)
レバレッジ取引
最小発注数量500円相当
公式サイトCoincheckの公式サイト
関連記事Coincheckの評判
2022年7月時点

CoinCheckは、仮想通貨の現物取引だけでなく、ビットコイン取引所、貸仮想通貨、NFTマーケットなど様々なサービスを展開している。

仮想通貨の運用やNFT売買を楽しむなら最適の取引所だ。

スマホアプリで口座開設から取引まで可能であり、最短1日で取引開始できるため使い勝手も良い。

シンプルな見た目で使いやすいので、初心者でも迷わずに仮想通貨の売買ができるだろう。

CoinCheckでは過去にFCTを取り扱っていたが、現在は廃止しているので、入手するなら海外取引所を経由してほしい。

CoinCheckから海外取引所に送金すれば様々な仮想通貨を購入できるので、まずは公式サイトを覗いてみてはいかがだろうか。

ファクトム(FCT)の今後の予想のまとめ

この記事では、仮想通貨FCT(Factom、ファクトム)の基本情報や価格推移、将来性を徹底解説した。

FCTは開発が止まっているが、有望なプロジェクトだったことが理解できたと思う。

もう一度、Factomのポイントをおさらいしよう。

この記事のまとめ
  • 2020年に開発会社が解散しているがプロトコルは現在も存在している
  • ブロックチェーン上で電子データを分散管理するプラットフォームを展開
  • アメリカ政府や大手企業とも提携していた
  • リスク投資により長期的な価格上昇は期待できない
  • FCTを購入するならDMM Bitcoinを利用すると使い勝手が良い

Factomは、開発会社が解散してもシステムやプロトコルは続いているのだ。

かつて政府機関や大手企業から注目されたこともあり、現在でも世界の投資家がトレードしているのかもしれない。

長期的に価格上昇は見込めないが、余剰資産でFCTを購入するならDMM Bitcoinを利用してみてはいかがだろうか。

DMM Bitcoinは、20種類もの仮想通貨に対応しており、アルトコイン取引するなら使いやすい取引所だ。

まずはDMM Bitcoinの公式サイトを覗いてみていただきたい。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

ファクトム

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる