イーサリアムクラシック(ETC)の今後の予想/将来性や価格高騰の理由を解説

ETC

数ある仮想通貨の中でも、時価総額2位に位置しており、非常に人気が高い銘柄として知られているのがイーサリアム(Ethereum)である。

そんなイーサリアムからハードフォーク(分岐)を行い誕生した仮想通貨が、イーサリアムクラシックとなっており、いくつかの国内取引所でもラインナップされているのを見たことがあるのではないだろうか?

この記事では、イーサリアムクラシックの特徴や誕生した経緯、また今後の見通しなどをわかりやすく解説していく。

この記事からわかること
  • イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分岐(ハードフォーク)したブロックチェーンとして知られている
  • イーサリアムクラシックが誕生した経緯としては、大規模なハッキングである「The DAO事件」がきっかけ
  • イーサリアムクラシックは、IoT(Internet of Things)のプラットフォームになることを目的に開発されている
  • イーサリアムクラシックを取引するなら、DMM BitcoinbitFlyerCoincheckなどの国内取引所が必要

イーサリアムクラシックは、分散型アプリケーションのプラットフォームとして利用されているイーサリアムとは異なる方向性で開発されている仮想通貨銘柄だ。

これからイーサリアムクラシックの取引を行っていきたい方は、初心者でも安心して利用でき、利用者からの評判も良いDMM Bitcoinの公式サイトを確認しておこう。

目次

イーサリアムクラシックとは

イーサリアムクラシック
引用:Ethereum Classic公式サイト
通貨名Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)
シンボルETC
価格(2022年7月現在)1,963.57円
時価総額(2022年7月現在)266,578,112,839円
時価総額ランキング(2022年7月現在)29位
主な取引所DMM BitcoinbitFlyerCoincheckなど
公式サイトEthereum Classic公式サイト

イーサリアムクラシックとは、分散型アプリケーション開発の基盤として有名なイーサリアムと分岐してできた仮想通貨銘柄として知られている。

もともとは同じブロックチェーンであったものの、「The DAO事件」というハッキング事件が発生したことにより、誕生した経緯を持っている。

イーサリアムの最も大きな特徴として、様々なスマートコントラクトを記述できることにあるが、イーサリアムクラシックも同様の機能を持っている特徴は把握しておくべきだろう。

後に詳しく解説するが、イーサリアムクラシックはイーサリアムと異なり、IoTプラットフォームにあるという独自の方向性で開発が進められている。

これからイーサリアムクラシックの保有に興味がある方は、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトにもアクセスしてみてはいかがだろうか。

イーサリアムクラシックの基本的な特徴

ここでは、イーサリアムクラシックの特徴について、さらに詳しく解説していく。

イーサリアムクラシックの基本的な特徴
  • IoTプラットフォームになることを目的に開発されている
  • The DAO事件をきっかけに誕生したブロックチェーン
  • トークンの発行枚数に制限がある

上記の3つの特徴を順番に確認していこう。

IoTプラットフォームになることを目的に開発されている

イーサリアムクラシックは、IoTプラットフォームになることを目的に開発されているブロックチェーンとして知られている。

IoTとは、Internet of Thingsの略語であり、あらゆるものがインターネットと接続される世界を表す言葉のことである。

こういったIoTを実現するためには膨大な量のデータを高速で処理する必要があり、そのために比較的ガス代が安いイーサリアムクラシックを利用する計画が立てられている。

The DAO事件をきっかけに誕生したブロックチェーン

イーサリアムクラシックの特徴として、The DAO事件というハッキング事件によって誕生したことも知っておく必要がある。

The DAO事件とは、当時世界最大の自律分散型組織であり、ベンチャーキャピタルを行っていく予定だったThe DAOというコミュニティがハッキングされた事件のことである。

この事件によって、約360万ETHというとんでもない金額がハッキングされてしまい、このハッキングをなかったものとするために行われたハードフォーク(ブロックチェーンの分岐)によって、イーサリアムとイーサリアムクラシックが誕生した。

ハッキングをなかったことにしたブロックチェーンが現在のイーサリアムであり、ハッキングの記録も受け継いでいるのがイーサリアムクラシックとなっている。

トークンの発行枚数に制限がある

イーサリアムクラシックの最後の特徴として、トークンの発行枚数に制限があることも挙げられるだろう。

現在のイーサリアムではトークンの発行枚数に制限はないが、イーサリアムクラシックでは約2億1,000万〜2億3,000万ETCが発行上限として決められている。

基本的に発行枚数が少ない通貨はデフレ的な要素があるため、需要が増えることで大きく価格上昇が期待できるだろう。

今後、イーサリアムクラシックを取引したい方は、ぜひDMM Bitcoinの公式サイトを詳しく確認することを推奨する。

イーサリアムクラシックの過去の価格動向

次に、イーサリアムクラシックの過去の価格動向について、時期を区切って確認していく。

イーサリアムクラシックの過去の価格動向
  • 2021年1月〜12月の価格動向
  • 2022年1月〜7月の価格動向

2021年1月〜12月の価格動向

2021年1月〜12月の価格動向
引用:TradingView

まずは、2021年1月〜12月のイーサリアムクラシックの価格動向を確認していこう。

上記のチャートの通り、イーサリアムクラシックは2021年に大きな価格上昇を見せ、2021年5月には過去最高値(ATH)となる120ドルを超える価格を記録している。

これは仮想通貨市場全体が大きな上昇相場にあったことが主な原因となっており、その流れに乗じてイーサリアムクラシックも価格を大きく上昇させた経緯がある。

しかし、その後は中国での仮想通貨禁止のニュースなどにより、上昇分を打ち消すような下落相場に突入している。

2022年1月〜7月の価格動向

2022年1月〜7月の価格動向
引用:TradingView

2022年1月〜7月の価格動向は、上記の通り継続した下落相場と言えるだろう。

これはアメリカの連邦準備制度による大幅な緊縮政策が主な原因となっており、イーサリアムクラシックをはじめ仮想通貨や株式市場が大暴落と言えるような下落相場に直面している。

しかし、そろそろ底打ちが近いとの意見も出てきているので、近いうちに反転相場に転じる可能性も考えておく必要があるだろう。

これからイーサリアムクラシックを取引してみたい場合は、ぜひ初心者でも安心して使えるDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてほしい。

イーサリアムクラシックの今後の予想

次に、イーサリアムクラシックの今後の見通しや予想をご紹介していく。

イーサリアムクラシックへの投資を検討している場合は、事前にチェックしておくことを推奨する。

イーサリアムクラシックの今後の予想
  • コンセンサスアルゴリズムはPoW(Proof of Work)を継続する
  • サイドチェーンが実装される

コンセンサスアルゴリズムはPoW(Proof of Work)を継続する

現在、イーサリアムではPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Stake)へとコンセンサスアルゴリズムのアップデートを行っている。

しかし、イーサリアムクラシックでは、今後も現在採用しているPoW(Proof of Work)を継続していくことが考えられるだろう。

PoW(Proof of Work)はPoS(Proof of Stake)に比べると、電気代などの環境問題は抱えているものの、非中央集権的な要素が強い運営ができるというメリットも把握しておく必要がある。

サイドチェーンが実装される

現在、イーサリアムクラシックでは、様々な取引を別のブロックチェーン上で行う「サイドチェーン」の実装を計画している。

もしサイドチェーンの実装が完了すれば、よりガス代を抑えながら取引を承認したり、スマートコントラクトを使用することができるだろう。

サイドチェーンの実装は、今後のイーサリアムクラシックの価格にも影響を与える可能性も十分に考えられる。

これからイーサリアムクラシックの取引をしていきたい方は、取引画面も見やすく使いやすいDMM Bitcoinの公式サイトを詳しく確認してみてはいかがだろうか。

イーサリアムクラシックの買い時

これからイーサリアムクラシックの取引を考える場合、どのタイミングで購入するべきか迷うことも多いだろう。

ここでは、イーサリアムクラシックの買い時について確認していこう。

イーサリアムクラシックの買い時
  • ポジティブなファンダメンタルズが発表されたタイミング
  • 価格が底打ちするタイミング
  • ビットコインの半減期のタイミング

ポジティブなファンダメンタルズが発表されたタイミング

イーサリアムクラシックの買い時として、ポジティブなニュースなどのファンダメンタルズが発表されたタイミングが挙げられる。

実際、仮想通貨はファンダメンタルズによって大きく価格変動することは珍しくなく、過去にはポジティブな発表やニュースによって数10倍〜数100倍にまで価格上昇した銘柄もある。

今後、イーサリアムクラシックに関する新しい発表やニュースに関しては、注目しておく必要があるだろう。

価格が底打ちするタイミング

価格が底打ちするタイミングもイーサリアムクラシックを取引するタイミングとしては良いだろう。

基本的に下落相場において価格が底打ちした後は上昇相場に転じることが多いので、短期売買・長期売買のどちらにおいても利益を得ることが可能となる。

しかし、下落相場において底打ちするタイミングを事前に把握するのは非常に難しく、日々仮想通貨に関連するニュースを確認して自分なりの予想をしていく必要があるだろう。

長期的な保有を検討している場合は、底打ちまでは行かずともある程度自分が納得できる価格帯で購入していくのも一つの手段と言える。

ビットコインの半減期のタイミング

最後にイーサリアムクラシックの買い時として、ビットコインの半減期のタイミングも推奨できる。

例外はあるが、基本的にどの仮想通貨でもビットコインの値動きに追随することが多く、ビットコインが大きく上昇する局面でアルトコインも値上がりすることが多い。

ビットコインは約4年に1度の周期でマイナー達への報酬が半減する「半減期」というものが存在しており、その翌年には大きな上昇相場を経験してきた。

そういった半減期のタイミングは、イーサリアムクラシックの買い時となることは把握しておこう。

これからイーサリアムクラシックの取引をしていきたい方は、ぜひ初心者でも安心して利用できるDMM Bitcoinの公式サイトにアクセスしてみてはいかがだろうか。

イーサリアムクラシック投資のリスク/注意点

ここでは、イーサリアムクラシックへ投資する際に知っておきたいリスクや注意点を確認していく。

イーサリアムクラシック投資のリスク/注意点
  • イーサリアムと比較しても時価総額・人気ともに低い
  • ハッカーによって過去に3回の51%攻撃を受けている

イーサリアムと比較しても時価総額・人気ともに低い

イーサリアムクラシックの投資リスクとして、やはりイーサリアムなどの大型銘柄と比較しても時価総額や人気が低いことが挙げられる。

時価総額が低いと、どうしても取引の流動性が低くなりがちなため、一人の大口投資家による取引が全体の相場に大きな影響を与えることになる。

もちろんタイミングによっては大きな収益を上げることも可能だが、逆に大きな損失を被ってしまう危険性があることも把握しておくべきだろう。

ハッカーによって過去に3回の51%攻撃を受けている

イーサリアムクラシックは、過去3度に渡ってハッカーにより51%攻撃を受けているという危険性がある。

51%攻撃とは「特定の団体や企業が計算処理の51%を支配してしまうこと」であり、この51%攻撃が発生すると理論上は不正な取引でも承認することができるようになってしまう。

大手の海外取引所であるOKExでは、こういったイーサリアムクラシックの危険性から上場廃止を検討しているというニュースもあるほどである。

イーサリアムクラシックへの投資を検討する際は、こういったリスクや危険性も事前に把握しておく必要があるだろう。

これからイーサリアムクラシックの取引を考えている方は、ぜひDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてほしい。

イーサリアムクラシック投資におすすめの取引所

最後に、イーサリアムクラシックを取引する際のおすすめの取引所を3つに厳選してご紹介していく。

イーサリアムクラシック投資におすすめの取引所
  • DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Coincheck (コインチェック)

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
名称DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
取扱銘柄現物:12銘柄
レバレッジ取引:19銘柄
最低取引額0.0001BTC
サービス取引所
販売所
レバレッジ取引
BitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinは、様々なインターネットビジネスを展開しているDMMグループが運営する仮想通貨取引所として知られている。

DMM Bitcoinの大きな特徴としては、レバレッジ取引ができる仮想通貨銘柄の豊富さとなっており、国内最大となる19銘柄をラインナップしている。

また、顧客の資産の95%をコールドウォレットで保管しているなど、セキュリティ面でも安心して利用できるだろう。

少しでも気になる方は、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてはいかがだろうか。

bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyer (ビットフライヤー)
名称bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱銘柄15銘柄
最低購入金額(BTC)0.00000001BTC
サービス取引所
販売所
bitFlyer Lightning
ステーキングリワードサービス
レバレッジ取引
詳細bitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判・口コミ

bitFlyerは、非常に取引画面も見やすく、かつ利用者からの評判が良いことで知られる仮想通貨取引所だ。

数ある国内取引所の中でも、6年連続でビットコイン取引量No.1に輝いている実績があるなど、安心感を持って利用することができるだろう。

国内最大規模となる15銘柄をラインナップしており、業界最長となる7年連続でハッキングなどの詐欺に遭遇していない点も魅力的と言える。

口座開設の手続きも非常に簡単なので、気になる方はbitFlyerの公式サイトをチェックしておこう。

Coincheck (コインチェック)

Coincheck
名称Coincheck (コインチェック)
取扱銘柄18銘柄
最低取引額500円以上
サービス取引所
販売所
Coincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
Coincheck NFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト

Coincheckは、複数ある国内取引所の中でもダウンロード数No.1を誇る人気の高い取引所として知られている。

また、仮想通貨の現物取引以外にも、Coincheckつみたてや貸仮想通貨などの関連サービスが充実しており、Coincheckだけで様々なサービスを利用できるだろう。

コンビニ入金、クイック入金は受付一時停止しているが、国内最大規模の18銘柄を取り扱いしているので、少しでも気になる方はCoincheckの公式サイトにもアクセスしてみてはいかがだろうか。

イーサリアムクラシックの今後の予想のまとめ

今回の記事では、現在のイーサリアムとハードフォークして誕生したイーサリアムクラシックの特徴が今後の見通しなどを解説してきた。

最後に、記事の内容をもう一度振り返ってみよう。

この記事のまとめ
  • イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分岐(ハードフォーク)をきっかけに誕生したブロックチェーン
  • イーサリアムクラシックが生まれた原因としては、約360ETHが盗まれたハッキング事件「The DAO事件」がきっかけ
  • イーサリアムクラシックは、IoT(Internet of Things)のプラットフォームになることを目的として開発されている
  • イーサリアムクラシックを取引するなら、DMM BitcoinbitFlyerCoincheckなどの国内取引所がおすすめ

ここまで解説してきたように、イーサリアムクラシックはイーサリアムと異なりIoTに特化したプラットフォームの開発を進めているブロックチェーンとなっている。

また、イーサリアムではトークンの発行枚数は無限であるものの、イーサリアムクラシックには制限があり、需要が高まれば価格が上昇しやすい傾向にあることは間違いない。

これからイーサリアムクラシックへの投資を考えている場合は、ぜひこのタイミングでDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてはいかがだろうか。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

ETC

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる