ETFのおすすめ銘柄・証券会社ランキング!日本/米国ETFや選び方について徹底解説

ETF おすすめ

東京証券取引所をはじめとする金融商品取引所で取り扱う金融商品の一つにETFがある。

ETFとはExchange Traded Fundsの略称で、日本語では「上場投資信託」と訳される。

ETFとはいったいどのような金融商品なのだろうか。

今回はETFの概要、メリット・デメリット、ETFの選び方、おすすめのETF、ETFが購入可能な証券会社、ETFについてのよくある質問などについてまとめる。

この記事からわかること
  • ETFとは証券市場に上場された投資信託(上場投資信託)のこと
  • メリットは分散投資できることや低コストであること、市場でリアルタイムに売買できることである
  • デメリットは積み立てが不便であることや上場廃止のリスクがあることである
  • ETFを選ぶ際は商品内容の吟味と流動性・運用コスト・総資産額などをチェックする

ETFは長い目で見ることが現在の利益などを気軽に確認できた方が良いだろう。

幅広い金融商品があるSBI証券の公式サイトを確認しておこう。

目次

ETFとは

ETFとは現物株式などと同じく証券取引所で売買される投資信託のことだ。

インデックスファンド日経平均S&P500といった指標と連動するよう設計された投資信託であり、アクティブファンドは連動する指標を上回ることを目的とした投資信託のことだ。

多くのETFはインデックスファンドであり連動する指数の変化に応じて基準価額(投資信託の値段)が変化する。

ETFの連動する指標は株式や債券や原油・金といった商品(コモディティ)などがある。

たとえばS&P500に連動したETFを購入すると、そのETFに含まれるS&P500を構成する株式の全てを少しずつ購入したことになる。

投資信託と異なり証券取引所で売買できるETFは換金性が高く市場でも人気を博した。

ETFを利用するメリット

ETFを利用するとどのようなメリットが得られるのだろうか。

3つのメリットを取り上げる。

ETFを利用するメリット
  • 分散投資ができる
  • 低コストである
  • 証券取引所でリアルタイムに売買できる

分散投資ができる

1つ目のメリットは分散投資ができることだ。

分散投資とは1つの銘柄に集中的に資金を投じるのではなく、数多くの銘柄を分散して保有することで1つの銘柄が急落しても大きな損失を被らずに済む投資手法のことだ。

ETFは指数に連動した金融商品であり、指数に含まれる銘柄を広く・薄く購入する金融商品であるため代表的な分散投資型の商品ともいえるのだ。

分散投資を実践することで1度に多くの資産を失うというリスクを回避できるのである。

低コストである

2つ目のメリットは低コストであることだ。

投資信託とETFはほぼ同じ仕組みの金融商品だが、ETFの大半はコストが低いインデックスファンドだ。

インデックスファンドはアクティブファンドに比べると管理費用である信託報酬がかなり低く設定されているためコストが安いのだ。

コスト面以外でも少額から取引可能な点や初心者でもわかりやすい点など、インデックスファンドには多くのメリットがある。

証券取引所でリアルタイムに売買できる

3つ目のメリットは証券取引所でリアルタイムに売買できることだ。

一般の投資信託は注文から約定までの間でタイムラグが発生し、約定した日の基準価額が取引金額となる。

したがって、購入注文を基準価額が10,000円に出したとしても、約定日の基準価額が12,000円なら支払うのは12,000円だ。

売る時も同じで、売却注文を出した日の基準価額ではなく約定した日の基準価額が売却金額となるのである。

一方、ETFは証券取引所で即座に売買されるため、スリップしたとしても提示されている金額の前後で売買が成立する。

ETF投資に興味が湧いた方は幅広い金融商品を持つSBI証券の公式サイトをまず確認しよう。

ETFを利用するデメリット

ETFを利用する際のデメリットを2点取り上げる。

ETFを利用するデメリット
  • 積立が不便である
  • 上場廃止のリスクがある

積立が不便である

1つ目のデメリットは積み立てが不便であることだ。

一般的な投資信託の場合、「〇〇円」分の投資信託を毎月購入するといった金額指定の自動積立に対応しているものが大半である。

しかし、ETFの場合、購入単位が1株であるため投資信託のような金額指定の積み立ては難しい。

ただ、株数単位での積み立ては自動であれ手動であれ可能であるため、ETFを積み立て購入する際は株数単位で積み立てるとよい。

上場廃止のリスクがある

2つ目のデメリットは上場廃止のリスクがあることだ。

ETFは株式と同様、上場廃止となるリスクがあり、廃止が決まると「整理銘柄」に指定される。

整理銘柄に指定される期間は1か月間で、その期間が上場廃止予定のETFを市場で取引できる最後の期間となる。

整理銘柄期間にETFを売却しなかった場合、ETFの保有者は運営会社に対しETFの買い取り請求を行い換金します。

ETFの選び方・ポイント

ETFはどのように選べばよいのだろうか。

ETFを選ぶ4つポイントを開設する。

ETFの選び方・ポイント
  • 商品内容を吟味する
  • 流動性が高いものを選ぶ
  • 運用コストが低いものを選ぶ
  • 総資産額が大きいものを選ぶ

商品内容を吟味する

選び方ポイントの1つ目は商品内容を吟味することだ。

主なETFの商品内容は以下の通りである。

ETF商品内容
  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 国内債券
  • 外国債券
  • REIT(上場不動産投資信託)
  • 商品(コモディティ)

これらの中から自分のとれるリスクなどを考慮して商品を選択しなければならない。

もし、ETFを初めて購入するのであれば最もメジャーな国内株式や先進国株式のインデックスタイプを選ぶのが無難である。

流動性が高いものを選ぶ

選び方ポイントの2つ目は流動性が高いものを選ぶことだ。

流動性とは金融商品の監禁のしやすさの度合いを表すもので、流動性が高い商品は現金化しやすく、流動性が低い商品は現金化しにくいといえる。

ETFは市場で売買されるため、投資信託や定期預金よりも流動性は高いものの、中には取引量が少ないため売買が不活発で、なかなか取引が成立しないものもある。

ETFを選ぶ際は流動性が高く取引が活発なETFを選ぶとよいだろう。

運用コストが低いものを選ぶ

選び方ポイントの3つ目は運用コストが低いものを選ぶことだ。

ETFを含む投資信託のコストには購入手数料・信託報酬・信託財産留保額の3つがある。

このうち、運用期間中かかり続けるのが信託報酬だ。

いかに魅力的な商品内容と配当金であっても、信託報酬が高額になれば利益が目減りしてしまうため、利益を増やすには信託報酬ができるだけ低いETFを選ぶ必要がある。

一般に、アクティブファンドよりも信託報酬が低いインデックスファンドが大半を占めるETFは信託報酬が低めだが、その中でもより信託報酬が低いものを選ぶと、コストを徹底して削減できるだろう。

総資産額が大きいものを選ぶ

選び方ポイントの4つ目は総資産額が大きいものを選ぶことだ。

総資産額が大きければ、それだけ上場廃止になるリスクを低減できる。

ただし、総資産額が大きければ利益率が高くなるというわけではないため注意が必要だ。

SBI証券は幅広い金融商品を取り扱っている。

この機会に豊富な商品ラインナップをSBI証券の公式サイトから確認しておこう。

種類別おすすめETFを紹介

米国株ETFと日本株ETFでそれぞれのおすすめのETFを紹介する。

米国株ETF

米国株ETF
  • iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)
  • パワーシェアーズ QQQ (QQQ)
  • iシェアーズ コア米国総合債券ETF(AGG)

iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)

銘柄名iシェアーズ・コア S&P 500 ETF
ティッカーIVV
ベンチマークS&P500指数
運営会社ブラックロック
総資産額278,269.39百万米ドル
基準価額379.86ドル(2022年7月14日)
分配回数/年4回
直近分配金1.2826ドル(2022年6月9日)

iシェアーズ・コア S&P 500 ETFは世界的な投資会社であるブラックロックが運営するETFだ。

S&P500指数に連動するよう設計されたETFでアップルやマイクロソフト、アマゾンといった日本でも知名度が高い有名株式を数多く組み入れている。

米国景気をストレートに反映しているETFだといえ、米国の成長性に投資したい人にとってベースとなるETFといえるだろう。

パワーシェアーズ QQQ (QQQ)

銘柄名パワーシェアーズ QQQ
ティッカーQQQ
ベンチマークNasdaq100指数
運営会社インベスコ
総資産額153,160.99百万米ドル
基準価額286.67ドル(2022年7月14日)
分配回数/年4回
直近分配金0.5274ドル(2022年6月9日)

パワーシェアーズQQQはインベスコが運営するETFでNasdaq100指数に連動するよう設計されたETFである。

ナスダック100指数はナスダックの上場する時価総額上位100銘柄を抽出したものだ。

ナスダックはアメリカにある株式市場の一つでニューヨーク証券取引所と並ぶ著名な市場でマイクロソフトやアップルといったハイテク関連企業・IT関連企業が数多く上場している。

iシェアーズ コア米国総合債券ETF(AGG)

銘柄名iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF
ティッカーAGG
ベンチマークブルームバーグ 米国総合債券インデックス
運営会社ブラックロック
総資産額81,113.79百万米ドル
基準価額101.825ドル(2022年7月14日)
分配回数/年12回
直近分配金0.1856ドル(2022年7月1日)

iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETFはアメリカで発行される米国債や投資適格社債などの指数である「ブルームバーグ米国総合債券インデックス」と連動するよう設計されたETFだ。

米国債券に手軽に投資できるETFで、株式よりも利率が低い債券ETFの中では比較的高い分配金を出している。

信用格付けが最も高いAAAの債権を中心に構成されているため値動きが比較的小さく、株式ETFよりも価値が安定しているのが特徴だ。

日本株ETF

日本株ETF
  • NEXT FUNDS TOPIX連動型上場投信(1306)
  • NEXT FUNDS 日経225連動型上場投信(1321)
  • 上場インデックスファンド日本高配当(1698)

NEXT FUNDS TOPIX連動型上場投信(1306)

銘柄名NEXT FUNDS TOPIX連動型上場投信
銘柄コード(証券コード)1306
ベンチマーク東証株価指数(TOPIX)
運営会社野村アセットマネジメント
総資産額158,669.4億円
基準価額195,185円(2022年7月14日)
分配回数/年1回
直近分配金4,640円(2022年7月10日)

NEXT FUNDS TOPIX連動型上場投信は東証株価指数(TOPIX)に連動するよう設計されたETFだ。

TOPIXは東京証券取引所に上場する銘柄を対象として抽出された株価指数で日経平均と並ぶ日本を代表する株価指数である。

日経平均に比べ多くの銘柄を含むことから、TOPIXは日本市場全体の状況を表す指数として投資信託などで多用される。

日本市場全体に投資したい人にとって基本となるETFの一つといえるだろう。

NEXT FUNDS 日経225連動型上場投信(1321)

銘柄名NEXT FUNDS 日経225連動型上場投信
銘柄コード(証券コード)1321
ベンチマーク日経平均株価(日経225)
運営会社野村アセットマネジメント
総資産額74,185.7億円
基準価額272,962円(2022年7月14日)
分配回数/年1回
直近分配金4,970円(2022年7月10日)

NEXT FUNDS 日経225連動型上場投信は日経平均株価に連動するよう設計されたETFだ。

日経平均株価は日本経済新聞社が発表する株価指数のことで、「業種のバランス」と「流動性の高さ」を基準として225銘柄が選定される。

トヨタやNTT、ソニー、ソフトバンク、KDDIなど有名企業が数多く含まれているのが特徴だ。

上場インデックスファンド日本高配当(1698)

銘柄名上場インデックスファンド日本高配当
銘柄コード(証券コード)1698
ベンチマーク東証フォーカス100指数
運営会社日興アセットマネジメント
総資産額103.74億円
基準価額195,681円(2022年7月14日)
分配回数/年4回
直近分配金18円30銭(2022年7月10日)

上場インデックスファンド日本高配当は東証フォーカス100指数に連動するよう設計されたETFだ。

東証フォーカス100指数とは上場銘柄の中でも、時価総額および配当利回りが上位の銘柄で構成された株価指数であり、この指数を通じて「日本を代表する高配当企業」の動きがとらえられるのである。

分配回数は年4回と日本のETFの中では回数が多いほうであり、こまめに分配金を受け取りたい投資家に人気がある。

ETFが購入できるおすすめ証券会社

ETFが購入できるおすすめ証券会社を5社紹介する。

ETFが購入できるおすすめ証券会社
  • SBI証券
  • LINE証券
  • IG証券
  • PayPay証券
  • DMM.com証券

SBI証券

SBI証券-top
名称SBI証券
最低取引単位1株(数百円)
手数料無料
外国株米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、シンガポール、インドネシア、タイ、マレーシア
公式サイトSBI証券の公式サイト
関連記事SBI証券の評判

SBI証券はSBIホールディングス傘下の企業でインターネット最大手の証券会社だ。

国内株式をはじめ米国・中国・韓国・ロシアなど幅広い外国株式、海外ETF、国内外の債券、CFD取引など幅広い金融商品を取り扱っている。

取扱商品の一つである米国ETFには積み立てサービスがあるため、労力を省いて米国ETFに投資することもできる。

SBI証券の商品ラインナップなどについてはSBI証券の公式サイトを参照してほしい。

LINE証券

LINE証券-top
名称LINE証券
最低取引単位1株(数百円)
手数料55円~
外国株取扱なし
公式サイトLINE証券の公式サイト
関連記事LINE証券の評判

LINE証券は大手メッセージアプリ運営会社LINEの関連企業が運営しているネット証券会社だ。

LINEと連動しているため操作や情報の入手が簡単で非常に使いやすいのが長所だ。

手数料の安さや最低取引単位の小ささがLINE証券の魅力といえるだろう。

残念ながら外国株式や米国ETFは取り扱っていないが、国内株式なら手ごろな手数料で取り扱っているためおすすめの証券会社である。

手数料などの詳しい情報はLINE証券の公式サイトを参照されたい。

IG証券

ig証券
名称IG証券
最低取引単位1株
手数料1株あたり片道2.20セント
オンライン取引最低手数料:16.50ドル
外国株日本株、米国株、ヨーロッパ株
公式サイトIG証券の公式サイト

IG証券はイギリスのロンドンに本拠地を構えるグローバルな投資企業だ。

FX(外国為替証拠金取引)やCFD(差金決済取引)、バイナリーオプションといった先進的な金融商品を数多く取り揃えている。

国内ETFの現物取引はできないが、CFD取引の中にある株価指数CFDを利用すればETFを取引したのとほぼ同じ効果を得られる。

取扱商品や手数料などについてはIG証券の公式サイトにて確認してほしい。

PayPay証券

PayPay証券-top
名称PayPay証券
最低取引単位1,000円
手数料「基準価格」に0.5%を乗じた価格
外国株米国株
公式サイトPayPay証券の公式サイト
関連記事PayPay証券の評判

PayPay証券は「1,000円からはじめられる資産運用」をアピールしている証券会社だ。

利用者の70%が初心者であることからわかる通り、PayPay証券はリスクを抑えた少額投資に向いた証券会社である。

スマートフォンで取引や資産管理が完結できるため、初心者からしてもわかりやすいのがPayPay証券の魅力だ。

取引方法や手数料などについてはPayPay証券の公式サイトで調べてみよう。

DMM.com証券

DMM株--top
名称DMM.com証券
最低取引単位単元株ごと(原則、100株・1株単位)
手数料55円~
外国株米国株
公式サイトDMM.com証券の公式サイト

DMM株はDMM.com証券が運営するネット証券である。

DMM.com証券全体ではFXやCFDを取り扱い、株式についてはDMM株が取り扱っていると考えるとよいだろう。

DMM株の手数料は業界でもかなり低めに設定され低コストで株取引ができ、取引ツールがシンプルなので初心者でも安心して利用できる。

DMM株の詳しい取引内容はDMM.com証券の公式サイトにて確認してほしい。

おすすめETFに関するよくある質問

ETFに関するよくある質問についてまとめる。

おすすめETFに関するよくある質問
  • ETFはNISAの対象となるのか?
  • ETFが上場廃止になるとどうなるのか?
  • ETFは販売手数料がかかるのか?

ETFはNISAの対象となるのか?

ETFも一般的な株式と同じくNISAの対象となる。

NISA口座でETFを購入すると売却益や分配金が課税されないため、利益を大きくすることができる。

ETFが上場廃止になるとどうなるのか?

ETFが上場廃止になると保有している口数に応じて現金が返金される。

ただし、上場廃止の直前に基準価額が大幅に値下がりしてしまうと、値下がりした価格で返金されるので大きな損失を被る可能性がある。

ETFは販売手数料がかかるのか?

ETFの販売手数料は取り扱っている証券会社によって異なる。

販売手数料がかかっているかどうかは各ETFの目論見書などで確認可能だ。

おすすめETFのまとめ

今回はおすすめETFについて整理した。

この記事からわかること
  • ETFとは証券市場に上場された投資信託(上場投資信託)のことだ
  • メリットは分散投資できることや低コストであること、市場でリアルタイムに売買できることである
  • デメリットは積み立てが不便であることや上場廃止のリスクがあることである
  • ETFを選ぶ際は商品内容の吟味と流動性・運用コスト・総資産額などをチェックする
  • おすすめの米国株ETFは、シェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)・パワーシェアーズ QQQ (QQQ)・iシェアーズ コア米国総合債券ETF(AGG)
  • おすすめの日本株ETFは、NEXT FUNDS TOPIX連動型上場投信(1306)・NEXT FUNDS 日経225連動型上場投信(1321)・上場インデックスファンド日本高配当(1698)

ETFとは上場投資信託のことで、証券市場で取引されている投資信託をさす。

ETFには分散投資という投資信託のメリットに加え、コストが安く市場でリアルタイムに売買できるというメリットがあるが、積み立てが不便なことや上場廃止のリスクといったデメリットがある。

ETFを選ぶ際は商品内容を吟味するとともに流動性や運用コスト、総資産額といった項目をチェックし、いざというときに売買しやすいかどうか確認しておくべきだろう。

まずはSBI証券の公式サイトを確認して自分に合ったETFを探してみよう。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

ETF おすすめ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる