DRIVEZ(ドライブゼット)とは?特徴や始め方/稼ぎ方を徹底解説

DRIVEZ(ドライブゼット)とは、自動車を運転することで仮想通貨を獲得できる「Drive to Earn」という新しいジャンルのNFTゲームだ。

この記事では、DRIVEZの特徴や始め方、今後の将来性・予想などを初心者にもわかりやすく解説していく。

これからDRIVEZを始めたいと思っている方は、ぜひ最後まで参考にしてみてほしい。

この記事からわかること
  • DRIVEZ(ドライブゼット)とは、自動車を運転することでお金を稼ぐことができるDrive to Earnのプロジェクト
  • DRIVEZ(ドライブゼット)は、開発ブロックチェーンにBSC(バイナンススマートチェーン)を採用している
  • DRIVEZ(ドライブゼット)では、「DRIV」「INCO」という2種類のトークンを発行するデュアルトークンシステムを採用している
  • DRIVEZ(ドライブゼット)では、今後NFTのレンタル機能やゲーム内土地のLANDの販売、マルチチェーンへの対応などが予定されている
  • これからDRIVEZ(ドライブゼット)を始めるためには、まず国内取引所で仮想通貨を取引し、Mystery Car Box(ミステリー・カー・ボックス)を購入する必要がある
  • 数ある国内取引所の中でも、取引画面が見やすく初心者でも安心して利用できる取引所としてLINE BITMAXが挙げられる

DRIVEZを始めるためには、まずNFTの購入原資となるビットコインなどの仮想通貨を準備する必要がある。

数ある国内取引所の中でも、LINE BITMAXは非常に使いやすく初心者でも安心の取引所なので、ぜひこの機会にLINE BITMAXの公式サイトをチェックしてみてはいかがだろうか。

\ 最短5分で申込完了! /

目次

DRIVEZ(ドライブゼット)とは

DRIVEZ_top
引用:DRIVEZ公式サイト
ゲーム名DRIVEZ(ドライブゼット)
ゲーム内トークンDRIV、INCO
ブロックチェーンBSC(バイナンススマートチェーン)
ゲームジャンルDrive To Earn
公式サイトDRIVEZ公式サイト
関連記事おすすめNFTゲーム

DRIVEZとは、歩く・走るといった運動ではなく、自動車に乗ることでお金を稼ぐことができる「Drive to Earn」のプロジェクトとなっている。

これまではSTEPNをはじめとした「歩く・走る」ことで稼げるMove to Earnが主流だったため、DRIVEZはこれまでになかったプロジェクトと言えるのではないだろうか。

また、開発ブロックチェーンは世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が提供するBSC(バイナンススマートチェーン)が採用されており、高速処理・低コストを実現していると言えるだろう。

これからDRIVEZを始めることを検討している方は、ぜひこのタイミングで国内取引所の中でも人気が高いLINE BITMAXの公式サイトを確認してみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

DRIVEZ(ドライブゼット)の特徴

ここでは、DRIVEZの特徴についてより詳しく解説していく。

DRIVEZの特徴
  • 自動車を運転して稼げるDrive to Earnのプロジェクト
  • BSC(バイナンススマートチェーン)で開発が行われている
  • 「DRIV」「INCO」という2種類のトークンを発行している

自動車を運転して稼げるDrive to Earnのプロジェクト

先ほども少し解説したように、DRIVEZとは自動車を運転することでお金を稼ぐことができる「Drive to Earn」のプロジェクトだ。

STEPNなどのMove to Earnと同じように、まずはVehicleという車のNFTを購入してから自動車を運転することで、INCOトークンという独自の仮想通貨を獲得することができる。

また、DRIVEZの特徴として、あくまでユーザーが「通勤時間などを楽しめること」を目的としており、長時間の運転を推奨していないこともポイントだ。

さらに環境保護の観点から、プロジェクトで得た収益の一部を植林のために活用される点も特徴の一つと言えるだろう。

BSC(バイナンススマートチェーン)で開発が行われている

DRIVEZでは、開発ブロックチェーンにBSC(バイナンススマートチェーン)が採用されている。

BSC(バイナンススマートチェーン)とは、大手仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)が開発しているブロックチェーンであり、トランザクションを高速で処理できるという特徴がある。

また、イーサリアムのように取引時に発生するガス代が高くないので、ユーザーとしても負担を軽減して利用することが可能だ。

「DRIV」「INCO」という2種類のトークンを発行している

DRIVEZの最後の特徴として、「DRIV」「INCO」という2種類のトークンを発行するデュアルトークンシステムを採用していることが挙げられる。

DRIVEZのトークンの種類
  • DRIV:DRIVEZの運営に参加することができるガバナンストークン。発行上限は10億枚に制限。
  • INCO:運転することで獲得できるゲーム内トークン。発行枚数は無限大。

上記のように、2種類のトークンによってその役割が大きく異なっているのがよくわかる。

STEPNを例にして考えると、DRIVトークンがガバナンストークンの「GMT」であり、INCOトークンが歩いて稼げる「GST」と理解すれば問題ないだろう。

これからDRIVEZのプレイを検討している方は、NFTの購入原資を取引できるLINE BITMAXの公式サイトも詳しくチェックしてみてはいかがだろうか。

\ 最短5分で申込完了! /

DRIVEZ(ドライブゼット)の始め方

次に、DRIVEZの始め方の手順をご紹介していく。

なお、今回はDRIVEZの公式サイトにて「Mystery Car Box(ミステリー・カー・ボックス)を購入する」手順に焦点を当てて見ていこう。

DRIVEZの始め方
  • 国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を取引する
  • 購入した仮想通貨をBUSDを取り扱う海外取引所に送金する
  • BUSDを購入してMetaMaskに送金する
  • DRIVEZのアプリをダウンロードする
  • DRIVEZの公式サイトでMystery Car Box(ミステリー・カー・ボックス)を購入する

国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を取引する

これからDRIVEZを始めるためには、まず国内取引所でNFTの購入原資となるビットコインなどの仮想通貨を取引しなければならない。

数ある国内取引所の中でも、LINE BITMAXであれば仮想通貨初心者でも安心して利用することができるだろう。

LINE-BITMAX_top
引用:LINE BITMAX公式サイト

LINE BITMAXのアカウントを作成できたら、日本円を入金してビットコインなどの仮想通貨を購入してほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

購入した仮想通貨をBUSDを取り扱う海外取引所に送金する

国内取引所で仮想通貨を購入できたら、次にBUSDを取り扱う海外取引所に送金していく必要がある。

BUSDとは、Binance(バイナンス)が発行している米ドルの価格に連動したステーブルコインのことである。

BUSDをラインナップしている海外取引所の一例
  • Binance(バイナンス)
  • Bybit(バイビット)

2022年9月現在、BUSDを取り扱う海外取引所の例としては、上記を挙げることができるだろう。

いずれかの海外取引所のアカウントを作成し、国内取引所で購入したビットコインなどの仮想通貨を送金していこう。

BUSDを購入してMetaMaskに送金する

送金した仮想通貨を原資にして海外取引所でBUSDを購入できたら、次にMetaMaskへと送金する必要がある。

MetaMaskとは、仮想通貨やNFTを保管できるウォレットであり、DRIVEZのNFTを購入するために必ず必要になってくるものだ。

metamask_top
引用:MetaMask公式サイト

まだMetaMaskのウォレットを作成していない方は、MetaMaskの公式サイトにアクセスしてアカウントを作成しておこう。

アカウントの作成が完了したら、海外取引所からMetaMaskへとBUSDを送金しておいてほしい。

DRIVEZのアプリをダウンロードする

DRIVEZのアプリをダウンロードする
引用:DRIVEZ公式サイト

ここまでの手順が完了したら、DRIVEZのアプリをダウンロードしていこう。

ダウンロードリンクはDRIVEZの公式サイトに掲載されているので、自分が使っているスマホの機種に合わせてインストールしてほしい。

インストールできたら、画面に沿ってアカウント作成の手続きを進める必要がある。

DRIVEZの公式サイトでMystery Car Box(ミステリー・カー・ボックス)を購入する

Mystery-Car-Box
引用:DRIVEZ公式サイト

最後に、DRIVEZの公式サイトにアクセスし、先ほど作成したDRIVEZのアカウントで「Sign up」を行う。

「Sign up」ができたら、MetaMaskとDRIVEZの公式サイトを接続していこう。

MetaMaskとの接続が完了し、送金したBUSDを原資としてMystery Car Box(ミステリー・カー・ボックス)を購入すれば、DRIVEZを始めることができる。

ここまでご紹介したように、これからDRIVEZを始めることを検討している方は、まずNFTの購入資金となる仮想通貨を取引できるLINE BITMAXの公式サイトを確認してみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

DRIVEZ(ドライブゼット)の稼ぎ方/攻略方法

次に、DRIVEZでの具体的な稼ぎ方について確認していこう。

まだDRIVEZでの具体的な稼ぎ方をイメージできない方は、ぜひ詳しくチェックすることを推奨する。

DRIVEZの稼ぎ方/攻略方法
  • 自動車で移動することでINCOトークンを獲得して稼ぐ
  • NFTをMirroring(ミラーリング)して稼ぐ

自動車で移動することでINCOトークンを獲得して稼ぐ

DRIVEZの最も基本的な稼ぎ方としては、自動車で移動することでINCOトークンを獲得することが挙げられる。

DRIVEZの始め方でもご紹介したように、まずはVehicleと呼ばれる車のNFTを購入し、移動時にアプリを起動させるようにしよう。

特に車での通勤をしている方は、毎朝DRIVEZのアプリを起動させることを習慣にすると良いだろう。

NFTをMirroring(ミラーリング)して稼ぐ

DRIVEZでの稼ぎ方として、車のNFTをMirroring(ミラーリング)して稼ぐ方法もある。

Mirroring(ミラーリング)とは、保有している車のNFTから新しいNFTを生み出す方法であり、他のプロジェクトでは一般的にMint(ミント)などと呼ばれることが多い。

また、DRIVEZではユーザーによるMirroring(ミラーリング)によって過剰にNFTが市場に流通しない仕組みとなっており、価格を下落させないという特徴が挙げられるだろう。

DRIVEZで本格的に稼いでいきたいという方は、今後Mirroring(ミラーリング)の利用も視野に入れても良いのではないだろうか。

これからDRIVEZを始めることを考えている方は、数ある国内取引所の中でも使いやすいと言われているLINE BITMAXの公式サイトにもアクセスしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

DRIVEZ(ドライブゼット)の使い方

次に、DRIVEZのアプリの基本的な使い方も確認していこう。

DRIVEZの使い方
  • 自動車などに乗る際にアプリを起動する
  • 車のNFTの修理・チューニングやアップグレードを行う

自動車などに乗る際にアプリを起動する

DRIVEZの基本的な使い方としては、やはり自動車に乗る際にアプリを起動させることだろう。

DRIVEZは、アプリを起動させて移動することでGPSによる確認が行われ、自動的にトークンを獲得できる仕組みとなっている。

また、移動中は安全のためにアプリを操作できなくなるので、事前に起動させておくことをおすすめする。

車のNFTの修理・チューニングやアップグレードを行う

DRIVEZでは、移動することで車のNFTの体力が減少する仕組みとなっているため、定期的に修理やチューニングなどのメンテナンスを行う必要がある。

また、車のNFTのレベルアップやパーツの追加などを行い、アップグレードすることも可能だ。

これらを行うことで稼げるトークンの数量が増加するので、しっかりとした収益を上げていきたい方はNFTのアップグレードも検討してはいかがだろうか。

今後、DRIVEZを始めていきたい方は、ぜひこの機会にLINE BITMAXの公式サイトも詳しくチェックしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

DRIVEZ(ドライブゼット)の今後の予想/将来性

長期的にDRIVEZのプロジェクトに関わっていきたい方は、今後の将来性・予想についても確認していこう。

DRIVEZの今後の予想/将来性
  • ゲーム内の土地であるLANDが販売される
  • BSC(バイナンススマートチェーン)以外のブロックチェーンに対応する
  • 車のNFTのレンタル機能が実装される

ゲーム内の土地であるLANDが販売される

DRIVEZの今後の予想としては、LANDと呼ばれるゲーム内の土地NFTの販売が挙げられる。

LANDには、車のNFTの修理ができるガレージやガソリンスタンドを建設することができ、それらを利用したユーザーから手数料を獲得できるとされている。

つまり、LANDを保有することでDRIVEZから不労所得を獲得することも不可能ではないだろう。

BSC(バイナンススマートチェーン)以外のブロックチェーンに対応する

DRIVEZのロードマップによると、マルチチェーンに対応していくことも記載されている。

2022年9月現在、DRIVEZではBSC(バイナンススマートチェーン)で開発されているが、今後は他のブロックチェーンにも対応することが発表されるだろう。

まだどのブロックチェーンに対応するかは分からないが、今後の動向には注視していく必要がある。

車のNFTのレンタル機能が実装される

DRIVEZでは、2022年12月までに車のNFTのレンタル機能の実装も予定されている。

このレンタル機能が実装されることでNFTを購入する資金がない方でも参入が可能となり、多くの新規ユーザーを獲得することが予想できるだろう。

NFTを貸し出す側としても不労所得を得られる機会になるので、将来的にレンタル機能の利用も検討してみてもよいかもしれない。

これからDRIVEZを始めていきたい方は、まずはNFTの購入資金となる仮想通貨取引ができるLINE BITMAXの公式サイトも詳しく確認してみてはいかがだろうか。

\ 最短5分で申込完了! /

DRIVEZ(ドライブゼット)に関するQ&A

記事の最後に、DRIVEZに関するよくあるQ&Aをご紹介していく。

まだ、DRIVEZに関する疑問が残っている方は、ぜひ最後まで確認してみてはいかがだろうか。

DRIVEZに関するQ&A
  • DRIVEZのアプリはiPhone・Androidの機種に対応している?
  • DRIVEZは英語だけでなく日本語にも対応している?
DRIVEZのアプリはiPhone・Androidの機種に対応している?

DRIVEZは、iPhone・Androidの両方の携帯機種に対応したアプリをリリースしている。

アプリのダウンロードリンクはDRIVEZの公式サイトにあるので、そこから自分のスマートフォンにインストールしよう。

DRIVEZは英語だけでなく日本語にも対応している?

DRIVEZのアプリは、仮想通貨関連のプロジェクトでは珍しく日本語にも対応している。

英語が苦手な方でも使いやすい点は、DRIVEZの一つのメリットと言えるのではないだろうか。

DRIVEZ(ドライブゼット)のまとめ

今回は、自動車を運転することでお金を稼ぐことができるDrive to Earnのプロジェクト、DRIVEZの特徴や今後の見通しなどを解説してきた。

記事の最後に、もう一度今回の内容を振り返っていく。

この記事のまとめ
  • DRIVEZ(ドライブゼット)とは、自動車を運転することで仮想通貨を獲得することができるDrive to Earnプロジェクト
  • DRIVEZ(ドライブゼット)は、世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)が提供するBSC(バイナンススマートチェーン)にて開発が行われている
  • DRIVEZ(ドライブゼット)では、「DRIV」「INCO」という2種類のトークンを発行するデュアルトークンシステムを採用
  • DRIVEZ(ドライブゼット)では、マルチチェーン対応やゲーム内土地のLANDの販売、NFTレンタル機能などを計画している
  • DRIVEZ(ドライブゼット)を始めるためには、まず国内取引所から海外取引所を経由してBUSDを取引し、Mystery Car Box(ミステリー・カー・ボックス)を購入する必要がある
  • 複数ある国内取引所の中でも、初心者でも安心して利用できるLINE BITMAXの公式サイトを確認することが推奨される

ここまででもご紹介したように、これからDRIVEZを始めるためには、NFTの購入原資となるBUSDというステーブルコインを準備する必要がある。

しかし、BUSDは海外取引所でしか取引できないため、まずは国内取引所から海外取引所にビットコインなどの仮想通貨を送金しなければいけない。

国内取引所の中でも、LINE BITMAXは取引画面が見やすくユーザーからの評判も良いので、このタイミングにLINE BITMAXの公式サイトを確認してみてはいかがだろうか。

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる