仮想通貨ポルカドット(DOT)の今後の見通し・予想は?特徴や将来性を徹底解説

polkadot

ポルカドット(DOT)は、時価総額ランキングが現在11位の仮想通貨である。

ポルカドットは、2016年にスイスのWeb3財団によって設立されたプロジェクトだ。

そして、このポルカドットのプロジェクトで用いられるトークンがDOT(ドット)である。

2021年に入ってから価格が急騰したことで、人気が高まっているDOT。

今回はそんなDOTの特徴や将来性、オススメの取引所について解説していく。

この記事からわかること
  • DOTはパラチェーンというブロックチェーン技術を使用している
  • パラチェーンを使用することでスケーラビリティ問題を解決できる
  • DOTは異なるブロックチェーン同士を繋いで相互運用できる
  • DMM Bitcoinなどの国内取引所でも入手可能

需要の高さから今後も更なる発展が期待されているDOT。

今のうちにDOTを保有しておくためには、国内取引所のアカウントを作成しておく必要がある。

現在はいくつかの国内取引所で入手できるDOTだが、DMM Bitcoinならアカウントを作成するだけで2000円もらえる

その2000円でDOTを入手できるため、初期費用を抑えたい方はぜひDMM Bitcoinで取引しよう。

目次

ポルカドット(DOT)とは

polkadot_top
引用元:ポルカドット公式サイト
名称ポルカドット(Polkadot)
シンボルDOT
現在の価格(2022年8月現在)¥1,266.96
時価総額(2022年8月現在)¥1,400,647,767,449
時価総額ランキング(2022年8月現在)10位
取り扱いのある取引所国内取引所:DMM BitcoinGMOコインビットフライヤー
海外取引所:バイナンス、KuCoin、Gate.ioなど
公式サイトポルカドット公式サイト

ポルカドットは、イーサリアムの創設者でもあるGavin Wood氏によって開発された。

イーサリアムは現在時価総額2位の仮想通貨であるため、ポルカドットも今後に期待されている。

現在は時価総額ランキング10位だが、今後はもっとランキング上位に入る可能性はあるだろう。

ポルカドットはブロックチェーンの相互運用とスケーラビリティの向上を目指すプロジェクトである。

DOTは実用性の高さから今後も期待されているトークンであり、国内取引所でも入手できる。

DMM Bitcoinは取引手数料がかからないため、お得に取引したい方はDMM Bitcoinで取引を開始しよう。

ポルカドット(DOT)の基本的な特徴

今後も期待されているDOTだが、具体的にどのような特徴があるのか。

期待されている理由にもなるため、DOTの具体的な特徴について紹介していく。

ポルカドット(DOT)の基本的な特徴
  • スケーラビリティ問題を解決可能
  • 異なるブロックチェーンをつなぐことが可能
  • ステーキングによりDOTの保有枚数を増やすことが可能

スケーラビリティ問題を解決可能

まず1点目の特徴は、スケーラビリティ問題を解決できる点である。

スケーラビリティ問題とは、取引量が多くなる際に手数料が高くなってしまう問題だ。

実際にイーサリアムは、取引量が多い時にガス代と呼ばれる手数料が高騰してしまう。

ただ、ポルカドットはParachain(パラチェーン)と呼ばれるブロックチェーン技術を使用しているため、トランザクションの処理速度を高めることができる。

そうすることで、取引手数料を抑えられるのだ。

異なるブロックチェーンをつなぐことが可能

続いて2点目の特徴は、異なるブロックチェーンを繋ぐことが可能だという点である。

通常、ビットコインやイーサリアムなどはブロックチェーンが違うため、通貨の交換をする際は取引所などで取引する必要がある。

ただ、ポルカドットは異なるブロックチェーンを繋ぐ「インターオペラビリティ(相互運用性)」という技術があるため、取引所を経由しなくても交換が可能である。

そうなれば、仮想通貨の投資家は気軽に色んな通貨に投資することができる。

そのため、ポルカドットのインターオペラビリティの技術が使われることは増えるだろう。

ステーキングによりDOTの保有枚数を増やすことが可能

3点目の特徴は、ステーキングをすることでDOTの保有枚数を増やすことができるという点である。

ステーキングとは、一定期間トークンを預けて引き出せないようにする代わりに、利息がもらえる仕組みである。

例えば、90日間DOTをステーキングすれば年利7%がもらえる場合、90日間はDOTを売れなくなる代わりに年利7%分のDOTがもらえる。

直近で売る予定がない場合や、最低1年や3年間は保有しておこうと考えている方はステーキングをした方が年利がもらえるのでお得だ。

取引所やウォレットによって利息は変わるので、少しでも利息の大きい取引所でステーキングをしたほうが良い。

まず、DOTを手に入れるには国内取引所のアカウント作成が必要だ。

DMM Bitcoinなら、取引手数料がかからずDOTを入手できるためオススメである。

【2022年最新】ポルカドット(DOT)の現在の価格推移

DOTの特徴について述べてきたが、実際にDOTの価格推移は現在どうなっているのだろうか。

今回は、直近3ヶ月間のDOTの価格推移を見ていこう。

DOT現在価格チャート
引用元:tradingview

2022年5月中頃〜8月上旬のチャート全体を見ると、価格は大きく下落したが、その後また上がってきていることがわかる。

特に5月中頃〜6月中頃にかけて約2分の1の価格まで下落している。

7月の中頃までは下落が続いたが、7月の下旬からは価格が上昇している。

2022年に入ってから仮想通貨市場全体の下げ相場が続いていたが、そろそろ上げ相場に移ろうとしている可能性もある。

そのため、今のうちにDOTを購入し保有しておくのもいいだろう。

DMM Bitcoinなら、最短1時間でアカウント作成ができるため、DOTもすぐに入手できる。

ぜひ公式サイトからアカウントを作成してみよう。

ポルカドット(DOT)の過去の価格推移

先ほどは、直近3ヶ月のDOTの価格推移を紹介した。

ただ、より過去のDOTの価格推移も気になっている方も多いだろう。

そこで、続いては過去のDOTの価格推移を見ていこう。

今回は、2020年8月〜2022年8月までの価格推移を約1年ごとに分けて見ていく。

ポルカドット(DOT)の過去の価格推移
  • 2020年9月〜2021年8月の価格推移
  • 2021年9月〜2022年8月の価格推移

2020年9月〜2021年8月の価格推移

まずは、2020年9月〜2021年8月の価格推移を見ていこう。

この期間のチャートは下記である。

DOT2020年8月〜2021年チャート
引用元:tradingview

2020年9月〜2021年8月の価格推移を見てみると、約1年間で価格は7倍ほど上昇していることがわかる。

もし2020年9月にDOTを100万円買っていれば、2021年8月には700万円になっている計算になる。

およそ600万円の利益なのでかなり大きいと言えるだろう。

ただ、この1年間の最高値は2021年の5月である。

2020年9月と比べると、なんと約12倍である。

もし100万円分のDOTを持っていれば、2021年5月には約1200万円になっている計算だ。

このようにかなりの価格上昇をした1年だったため、大きく利益を得た人は多かったと予想される。

ただ、2021年5月の最高値で買ってしまった人は、その後7月にかけて価格が急下落しているため、大きく損をしてしまった人も多かったのではないだろうか。

そのため、DOTの買い時がかなり難しかった1年とも言える。

2021年9月〜2022年8月の価格推移

続いて、2021年9月〜2022年8月の価格推移を見ていこう。

上記の期間のチャートは下記である。

DOT-2021年9月〜2022年8月のチャート
引用元:tradingview

上記のチャートを見るとわかるように、この1年間は価格が大きく下落している。

2020年9月〜2021年8月のチャートと比べると一目瞭然である。

ただ、2021年11月には最高値を更新しており、9月と比べると約2倍になっている。

たった2ヶ月ほどで約2倍なので、価格が大きく上昇していることがわかる。

だが、最高値を更新した後は価格が下がり続けている一方である。

最高値と比べると、2022年8月現在は約6分の1の価格にまで下落している。

ただ、今後もし過去の最高値を更新すれば、大きく利益を得られる可能性もある。

過去のチャートを見ても、価格が今後上昇する可能性はあるため、今が買うチャンスとも捉えられる。

DMM Bitcoinなら、新規アカウント作成をした方全員に2000円のプレゼントキャンペーンを行っている。

初期費用を抑えて、よりリスクを減らした投資をしたい方は、ぜひDMM Bitcoinでアカウント作成をして2000円を手に入れよう。

ポルカドット(DOT)の今後の予想/将来性

DOTのこれまでの価格推移についてみてきたが、今後はどのように予想されるだろうか。

将来性も踏まえて、今後のDOTについて予想していくのでぜひ今後の参考にしてみて欲しい。

ポルカドット(DOT)の今後の予想/将来性
  • 今後複数のプロジェクトが予定されているため価格が上がる
  • 国内取引所に上場し価格が上昇する
  • ステーキングが広まると認知度が上がり価格が上昇する

今後複数のプロジェクトが予定されているため価格が上がる

まず1点目が、今後複数のプロジェクトが予定されているという点である。

これまでポルカドットを活用したプロジェクトの数は300を超えていると言われている。

ポルカドットの特徴でも述べたように、さまざまな技術がポルカドットには使用されている。

今後も、ポルカドットの技術を用いたプロジェクトも予定されているため、今後価格が上昇していく可能性はある。

国内取引所に上場し価格が上昇する

続いて、ポルカドットが今後も他の国内取引所に上場する可能性があるという点である。

仮想通貨が新しい取引所に新規上場すると価格が上昇しやすい傾向にある。

最近では、2022年8月3日に国内取引所のビットバンクでもDOTの取り扱いが開始された。

このように、今後も他の取引所での取り扱いが増える可能性があるため、新規上場のニュースは要チェックである。

ステーキングが広まると認知度が上がり価格が上昇する

最後に、ステーキングが広まりDOTの認知度が上がるという点である。

DOTの特徴で先述したように、DOTにはステーキングという機能がついている。

ステーキングは、仮想通貨を預けているだけで利息がもらえるため、かなり利益を稼げる可能性もある。

そのため、DOTをステーキングする人が増え、DOTを買う人数が増えれば価格が上昇する可能性は十分考えられる。

DOTのステーキングは主に海外の取引所やウォレットで行うことができる。

そのため、まずは国内取引所のDMM BitcoinでDOTを入手してみよう。

ポルカドット(DOT)を購入するタイミング・買い時

続いて、ポルカドット(DOT)を購入するタイミングについてみていこう。

買い時を間違えると大きく損をしてしまうため、特に注意が必要だ。

ポルカドット(DOT)を購入するタイミング・買い時
  • 価格が下がっているとき
  • 今後のプロジェクトが発表されたとき
  • 著名人がDOTについて良い発表をしたとき

価格が下がっているとき

まずは、価格が下がっているときである。

仮想通貨の過去のチャートを見るとわかるように、価格が下落した後は価格が上昇しやすい傾向にある。

DOT以外の仮想通貨もそうだが、価格が上がっているタイミングで購入してしまうと、その後に価格が下がってしまう可能性が高まる。

いわゆる高値掴みをしないためにも、過去の価格と比べて価格が下がっているタイミングで買う方がリスクを減らせる。

今後のプロジェクトが発表されたとき

また、今後のプロジェクトが新しく発表されたときも買い時だと言える。

なぜなら、今後のプロジェクトを聞いたうえで、DOTに可能性を感じた投資家がDOTを購入するからだ。

仮想通貨を開発している企業は、なんとかして自分たちが開発した仮想通貨を広めたいと考えている。

そのために、ユーザーにメリットのあるプロジェクトを随時発表していく企業が多い。

そのタイミングで、仮想通貨が買われる可能性は大いにあるため、 DOTの今後のプロジェクトも必ずチェックしておこう。

著名人がDOTについて良い発表をしたとき

著名人がDOTについて前向きな発表をしたときに価格が上昇する可能性はある。

例えばドージコインを例に挙げると、2021年5月にテスラ社のCEOであるイーロンマスク氏がドージコインについてのツイートをした後、たった5日間で価格が2倍以上まで上昇した。

ドージコインは2021年1月から5月にかけても価格が100倍以上にまで上昇したことで話題になったが、イーロンマスク氏のツイートによりさらに価格が上昇する結果となった。

このように、影響力のある著名人がその仮想通貨について良いコメントをすれば、買いたいと考える人が増えるため価格が上がりやすい。

そのため、著名人のSNSなどもチェックしておくことが必要だ。

買い時を逃さないためにも、まずはしっかりと口座のアカウントを作っておこう。

国内取引所は、DMM Bitcoinなら手数料がかからないためオススメだと言える。

ポルカドット(DOT)投資のリスク/注意点

続いて、DOTに投資をする際のリスクや注意点について解説していく。

しっかりとリスクを把握したうえで投資をすることが大事なので理解しておこう。

ポルカドット(DOT)投資のリスク/注意点
  • ボラティリティが激しいため大きく損をする可能性がある
  • ステーキングをしている間に価格が下落する可能性がある
  • ポルカドットよりも優れた仮想通貨が現れる可能性がある

ボラティリティが激しいため大きく損をする可能性がある

まず、仮想通貨全体に言えることだが、ボラティリティ(値動き)が激しいため大きく損をする可能性がある。

過去のDOTの価格推移を先述したが、価格が6分の1にまで下がっている期間もあった。

大きく利益を得る可能性も高いが、その分リスクも大きいので少額ずつ投資をする方が良い。

ステーキングをしている間に価格が下落する可能性がある

ステーキングで預けている間に価格が下落する可能性がある点もリスクとして知っておく必要がある。

ステーキングでは基本的に、30日間や60日間などの期間で預けるため、その期間に価格が下落しても売ることができない。

ステーキングで利益を得られるメリットはあるが、こうしたデメリットがあることも覚えておこう。

ポルカドットよりも優れた仮想通貨が現れる可能性がある

ポルカドットよりも優れた機能を持った仮想通貨が広まれば、ポルカドットの価値が下がる可能性がある。

例えば、送金スピードもポルカドットよりも早く、よりユーザーにとっても便利な機能が多い仮想通貨があれば、当然その仮想通貨の方がいいだろう。

ブロックチェーン技術の発展スピードも速いため、今後より進化した仮想通貨が出てきた場合には注意が必要だ。

ポルカドット(DOT)投資におすすめの取引所

続いて、ポルカドット(DOT)を投資する際におすすめの取引所はどこなのか紹介していこう。

今回は、3つの取引所について紹介していくのでぜひ参考にしてみて欲しい。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin-top
引用元:DMM Bitcoin公式サイト
取り扱い通貨数販売所:13種類
レバレッジ取引:20種類
最低取引数量(BTC)販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド及びレバレッジ手数料あり ※BitMatch注文を除く)
入金手数料無料
出金手数料無料
レバレッジ2倍
公式サイトDMM Bitcoinの公式サイト

DMM Bitcoinは、取り扱い通貨数も豊富でレバレッジ取引も可能。

そのため、少ない資金で大きなリターンを狙うこともできる。

また、取引手数料や入金手数料なども無料なので利益をその分大きく得られる。

取引手数料がかからない取引所はあまり多くないため、手数料を抑えたい方はぜひDMM Bitcoinでアカウント作成をしてみよう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer-top
引用元:ビットフライヤー公式サイト
取り扱い通貨数17種類
最低取引数量(BTC)0.00000001BTC
取引手数料販売所形式:無料
取引所形式:約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC)
入金手数料住信SBIネット銀行からの入金:無料
住信SBIネット銀行以外からの入金:330円
出金手数料出金手数料:220円~
レバレッジ2倍
公式サイトビットフライヤー公式サイト
関連記事bitFlyerの評判・口コミ

ビットフライヤーは、国内ではビットコインの取引量が6年連続No. 1の取引所である。

また、7年連続でハッキングの被害が0件なのでセキュリティ面でも安心できる。

国内大手で安心して取引したい方にオススメだと言える。

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT-top
引用元:ビットポイント公式サイト

日本で初めてKLAY(クレイ)という仮想通貨の取り扱いを始めたことで話題になっている。

また、ステーキングサービスも行なっており、日本の取引所ではGMOコインとビットポイントのみである。

今後も新しいサービスや日本に上場していない仮想通貨を取り扱う可能性もあるため、他の仮想通貨にも投資してみたい方にオススメだと言えるだろう。

ポルカドット(DOT)の今後の予想のまとめ

今回は、ポルカドット(DOT)の特徴や今後についてまとめた。

時価総額の順位も高く、機能性の高さから今後も期待されているポルカドット。

他の仮想通貨にはない機能もあるため、今後も大きく期待できるのではないだろうか。

この記事からわかること
  • DOTは異なるブロックチェーンを繋ぐことが可能
  • DOTはステーキングで枚数を増やすことができる
  • 2022年に入ってからDOTの価格は下落傾向にある
  • 価格が10倍以上にもなったことはあるため今後も期待できる
  • DMM Bitcoinで手に入れることができる

DOTを手に入れるには、まず国内取引所のアカウントを作成する必要がある。

DMM Bitcoinなら、新規でアカウント作成した方全員に2000円プレゼントを行っている。

また、レバレッジ取引ができたり、取引手数料も無料であったりとメリットも多い。

まずは、プレゼントの2000円を使ってDMM Bitcoinで取引を開始してみてはいかがだろうか。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

polkadot

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる