ドージコイン(DOGE)とは?今後の見通し/将来性や買い方・購入方法を徹底解説

dogecoin

現在の仮想通貨市場では、様々なミームコインが取引されており、その筆頭とも言えるのがドージコイン(DOGE)だろう。

世界で最も有名な企業の一つであるテスラモーターズのCEOであるイーロン・マスクも、ドージコイン(DOGE)の愛好家として知られている。

この記事では、そんなドージコイン(DOGE)の特徴や価格動向、今後の見通しなどをわかりやすく解説していく。

この記事からわかること
  • ドージコイン(DOGE)とは、インターネット上で有名になったDogeをモチーフにしているミームコイン
  • ドージコイン(DOGE)のリリースは2013年12月と比較的古く、ビットコインを模倣して作られた経緯がある
  • ドージコイン(DOGE)は、テスラモーターズのCEOであるイーロン・マスクも注目しており、今後テスラモーターズでの決済手段として本格的に導入される可能性がある
  • ドージコイン(DOGE)を取引するなら、国内取引所の中でも人気が高いFTX Japanの公式サイトも要チェック

これからドージコイン(DOGE)の投資を考えている方は、まずドージコイン(DOGE)の購入原資となるで仮想通貨を取引する必要がある。

これからドージコイン(DOGE)の取引を考えている方は、ぜひこの機会にFTX Japanの公式サイトを詳しく確認してみてはいかがだろうか。

目次

ドージコイン(DOGE)とは

ドージコインDOGE_top
引用:ドージコイン(DOGE COIN)公式サイト
通貨名ドージコイン(DOGE COIN)
シンボルDOGE
価格(2022年7月現在)9.42円
時価総額(2022年7月現在)1,247,112,833,986円
時価総額ランキング(2022年7月現在)11位
主な取引所GMOコイン、FTX Japan、Binance、CoinBase、FTX、KuCoinなど
公式サイトドージコイン(DOGE COIN)公式サイト

ドージコイン(DOGE)とは、2013年12月に開発されたビットコインを模倣しているミームコインだ。

インターネットで話題となった犬の画像をモチーフに作られており、その名前もDogのスラングであるDoge(ドージ)からきている。

もともとはミームコインとして作られたものの、2022年8月現在では時価総額ランキング11位に位置するほど成長しており、多くの投資家からも注目を集めていると言えるだろう。

今後、ドージコイン(DOGE)の投資を検討している方は、ぜひFTX Japanの公式サイトもチェックしてみてほしい。

ドージコイン(DOGE)の基本的な特徴

ここでは、ドージコイン(DOGE)のさらに詳しい特徴について確認していこう。

ドージコイン(DOGE)の基本的な特徴
  • ビットコインを模倣しているミームコイン
  • 通貨の発行上限がない
  • トランザクションの処理速度が速い

ビットコインを模倣しているミームコイン

ドージコイン(DOGE)は、その仕組みの多くをビットコインに模倣しているミームコインだ。

実際、ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムにはビットコインと同じPoW(Proof of Work)が採用されており、発行枚数やトランザクションの処理速度以外は、ほとんどビットコインと同様の設計がされている。

また、熱狂的なファンが多いこともドージコイン(DOGE)の特徴となっており、2022年8月現在、Twitterのフォロワーは340万人を超える勢いを見せている。

通貨の発行上限がない

ドージコイン(DOGE)の特徴として、通貨の発行上限が定められていないことが挙げられる。

通常、仮想通貨では過剰な供給によりインフレを起こさないことを目的に発行上限が決められていることが多く、事実ビットコインでは発行上限が2,100万枚とされている。

しかし、ドージコイン(DOGE)ではそういった上限は規定されていないため、将来的に大きなインフレが起こる可能性があると言えるだろう。

トランザクションの処理速度が速い

ドージコイン(DOGE)はトランザクションの処理速度が速く、決済手段に向いている仮想通貨だと言える。

その処理スピードはビットコインの10倍とされており、非常にスピーディーに決済を行えると言えるだろう。

また、2021年6月には取引手数料に関するアップデートが行われ、取引時に発生するガス代も大きく削減することに成功している。

これからドージコイン(DOGE)取引を考えている方は、国内取引所の中でも人気が高いFTX Japanの公式サイトを詳しく確認することを推奨する。

【2022年最新】ドージコイン(DOGE)の現在の価格推移

ドージコインDOGEの現在の価格推移
引用:TradingView

ここでは、ドージコイン(DOGE)の2022年の価格推移を見ていこう。

上記の画像は、2022年のドージコイン(DOGE)の価格推移を表したチャートとなっているが、一貫して下落相場が継続している。

この原因としては、アメリカのFRBによる大規模な利上げ政策によるものであり、それに伴い仮想通貨や株式などのリスク資産が売却されていることが考えられる。

しかし、2022年7月に開催されたFOMCでは利上げにある程度の見通しが見えたことから、直近では一旦の反発が起こっている状況となっている。

これからドージコイン(DOGE)の購入を考えている方は、ぜひこのタイミングでFTX Japanの公式サイトを詳しく確認してみて欲しい。

ドージコイン(DOGE)の過去の価格推移

次に、ドージコイン(DOGE)の過去の価格推移を確認していこう。

ドージコイン(DOGE)の過去の価格推移
  • 2021年1月〜6月の価格推移
  • 2021年7月〜12月の価格推移

2021年1月〜6月の価格推移

ドージコインDOGEの過去の価格推移1
引用:TradingView

まずは、2021年1月〜6月のドージコイン(DOGE)の価格推移を見ていこう。

2021年1月〜6月はドージコイン (DOGE)が大きく躍進した期間となっており、約0.007USDから最高で約0.74USDまでの値上がりを記録している。

これはイーロン・マスクによるTwitterでの投稿が原因となっており、イーロン・マスク自身のことを「ドージコインの父」と語り大きな話題となった。

このように、ドージコイン(DOGE)はイーロン・マスクなどの著名人の発言によって、大きく価格を上昇させる特徴があると言えるだろう。

2021年7月〜12月の価格推移

ドージコインDOGEの過去の価格推移2
引用:TradingView

次に、2021年7月〜12月のドージコイン(DOGE)の価格推移を確認してこう。

2021年7月〜12月のドージコイン(DOGE)の価格は大きく変動することはなく、レンジ相場が継続していたと言えるだろう。

しかし、年末にかけて仮想通貨市場が下落したことをきっかけにドージコイン(DOGE)も価格を落としており、最高値から4分の1程度の価格を記録した。

今後、ドージコイン(DOGE)への投資を検討している方は、ぜひ国内取引所の中でも評判が良いFTX Japanの公式サイトを詳しく確認してみてはいかがだろうか。

ドージコイン(DOGE)の今後の予想/将来性

次に、ドージコイン(DOGE)の今後の動向や将来性について確認していこう。

ドージコイン(DOGE)の今後の予想/将来性
  • 新しい国内取引所への上場
  • テスラモーターズで本格的な決済手段として利用される
  • ビットコインにあわせて大きく価格上昇する可能性がある

新しい国内取引所への上場

ドージコイン(DOGE)の今後の展望として、新しい国内取引所への上場が考えられる。

というのも、国内取引所として有名なGMOコインやFTX Japanがドージコイン(DOGE)を新規上場させており、日本国内でも需要が高まっていると言える。

今後はGMOコインやFTX Japan以外にも、ドージコイン(DOGE)を上場させる取引所が現れてもおかしくないだろう。

テスラモーターズで本格的な決済手段として利用される

ドージコイン(DOGE)の今後の予想として、テスラモーターズでの本格的な決済手段として利用されることも予想できるだろう。

テスラモーターズのCEOであるイーロン・マスクは、ドージコイン(DOGE)の愛好家として知られており、過去にドージコイン(DOGE)でのグッズ購入の決済を導入している。

今後、 本格的にテスラの自動車をドージコイン(DOGE)で購入できる未来が到来する可能性は非常に高いのではないだろうか。

ビットコインにあわせて大きく価格上昇する可能性がある

先ほども解説したように、ドージコイン(DOGE)はビットコインを模倣して作られたという経緯がある。

また、ビットコインと同じくPoW(Proof of Work)というコンセンサスアルゴリズムを採用しているなど、暗号資産としての仕組みも同様のものとなっている。

そのため、市場を牽引するビットコインが大きく価格上昇したタイミングでは、ドージコイン(DOGE)の価格も急上昇する可能性が考えられるだろう。

これからドージコイン(DOGE)の購入を考えている方は、FTX Japanの公式サイトにもアクセスしてみて欲しい。

ドージコイン(DOGE)を購入するタイミング・買い時

ここでは、ドージコイン(DOGE)を購入するのによいタイミング・買い時をいくつかご紹介していこう。

ドージコイン(DOGE)を購入するタイミング・買い時
  • 価格が底を打つタイミング
  • イーロン・マスクによるポジティブな発言があったタイミング

価格が底を打つタイミング

ドージコイン(DOGE)の買い時として、価格が底を打つタイミングがよいだろう。

基本的に価格が底打ちすると、急激ではないにしろ長期的には上昇相場に転換するので、大きな利益を得ることが可能となる。

しかし、底打ちのタイミングを完璧に把握するのは専業の投資家でも難しいため、ドル・コスト平均法で購入したり、ある程度の下落が発生したタイミングで分割して購入するのが無難と言える。

イーロン・マスクによるポジティブな発言があったタイミング

イーロン・マスクによるポジティブな発言があったタイミングも、ドージコイン(DOGE)の買い時としてはおすすめだろう。

これまでの価格推移を見てみると、ドージコイン(DOGE)はイーロン・マスクによる発言によって大きく価格を変動させてきた過去があり、こういったタイミングで購入することで短期的に大きな利益を獲得できる可能性がある。

しかし、タイミングによっては価格が下落する危険性もあるので、その点はしっかりとリスク管理する必要があると言える。

今後、ドージコイン(DOGE)の保有を考えている方は、FTX Japanの公式サイトにもアクセスすることを推奨する。

ドージコイン(DOGE)投資のリスク/注意点

ここでは、ドージコイン(DOGE)に投資する際のリスク・注意点について詳しく見ていこう。

ドージコイン(DOGE)投資のリスク/注意点
  • 投機目的での購入も多い
  • イーロン・マスクによる発言で大きく価格が変動する
  • 発行枚数の上限がないので価格が下落する危険性がある

投機目的での購入も多い

ドージコイン(DOGE)への投資の注意点として、投機目的で購入している投資家が多いことが挙げられる。

もともとドージコイン(DOGE)はミームコインとして作られているため、例えばイーサリアムのように分散型アプリケーションのプラットフォームになるといった明確な開発目的がない。

投機目的でのみ投資されている場合、何かのタイミングで大きく価格が急落する危険性も考慮しておく必要がある。

イーロン・マスクによる発言で大きく価格が変動する

ドージコイン(DOGE)の特徴として、イーロン・マスクの発言一つで大きく価格が変動することだ。

こういった発言による値動きは、テクニカル分析では決して把握できないため、思わぬ損失を被ってしまう危険性も知っておくべきだろう。

発行枚数の上限がないので価格が下落する危険性がある

ドージコイン(DOGE)の特徴でも解説したように、ドージコイン(DOGE)は通貨として発行上限が定められていない。

基本的に発行上限がない通貨は1枚の価値が下落しやすい傾向にあるため、そういったリスクがあることは把握しておくようにしよう。

これからドージコイン(DOGE)の取引を考えている方は、ぜひこの機会にFTX Japanの公式サイトを詳しく確認してみてはいかがだろうか。

ドージコイン(DOGE)投資におすすめの取引所

記事の最後に、ドージコイン(DOGE)の投資におすすめの取引所を厳選してご紹介していく。

ドージコイン(DOGE)投資におすすめの取引所
  • FTX Japan (FTXジャパン)
  • DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Coincheck (コインチェック)

FTX Japan (FTXジャパン)

FTXJapan_top
引用:FTX Japan(FTXジャパン)公式サイト
名称FTX Japan (FTXジャパン)
取扱銘柄現物:12銘柄
レバレッジ取引:17銘柄
最低取引額0.0001BTC
サービス取引所
販売所
パーペチュアル取引
クロスマージン取引
サブアカウント機能
自動取引ツール「クオンツゾーン」
公式サイトFTX Japan公式サイト

FTX Japanは、香港にて設立された仮想通貨取引所FTXが、日本在住者に向けて設立した取引所だ。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの主要銘柄はもちろん、ドージコイン(DOGE)のほか、ソラナ(SOL)やエフティーティー(FTT)といった珍しい銘柄も取引できる、日本では数少ない取引所のひとつである。

また、仮想通貨取引における懸念事項のひとつは手数料だが、FTX Japanでは日本円の入金・出金ともに手数料が無料となっている。

さらに、日本円の即時入出金に対応していることもメリットのひとつと言える。

手数料を気にせずに取引がしたい方は、ぜひこの機会にFTX Japan公式サイトをチェックしてみてはいかがだろうか。

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

引用:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)公式サイト
名称DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
取扱銘柄現物:13銘柄
レバレッジ取引:20銘柄
最低取引額0.0001BTC
サービス取引所
販売所
レバレッジ取引
BitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)は、各種インターネット事業を展開している大手のDMMグループが運営する仮想通貨取引所だ。

数ある国内取引所の中でもレバレッジ取引の評判がよく、国内でも最大規模となる20種類もの仮想通貨をレバレッジをかけて取引することができる。

また、仮想通貨の取引画面もユーザーに配慮されており、これまで投資の経験がない方でも安心して利用できるだろう。

実際の利用者からの評判も良いので、少しでも気になる方はぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてはいかがだろうか。

bitFlyer (ビットフライヤー)

引用:bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト
名称bitFlyer (ビットフライヤー)
取扱銘柄15銘柄
最低購入金額(BTC)0.00000001BTC
サービス取引所
販売所
bitFlyer Lightning
ステーキングリワードサービス
レバレッジ取引
詳細bitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判・口コミ

bitFlyer (ビットフライヤー)は、複数ある国内取引所の中でも特に人気が高く、ユーザーからの評判が良い仮想通貨取引所だ。

bitFlyer (ビットフライヤー)は6年連続えビットコイン取引量No.1にも輝くなど、実績も申し分ない仮想通貨取引所と言えるだろう。

取り扱い銘柄も国内最大級となる15銘柄をラインナップしているので、ビットコインからアルトコインまで幅広く投資できるのも大きな魅力となっている。

興味がある人は、一度bitFlyer公式サイトで詳細を確認してみてほしい。

Coincheck (コインチェック)

Coincheck-top
引用:Coincheck(コインチェック)公式サイト
名称Coincheck (コインチェック)
取扱銘柄18銘柄
最低取引額500円以上
サービス取引所
販売所
Coincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
Coincheck NFT
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連サイトCoincheckの評判

Coincheck (コインチェック)は、国内にある取引所の中でも最大規模となる18銘柄の仮想通貨を取り扱いしている取引所として知られている。

Coincheck (コインチェック)は「Coincheckつみたて」「Coincheck NFT」「貸仮想通貨」なども提供しており、仮想通貨の取引以外にも様々なサービスにアクセスすることができる。

また、アプリダウンロード数No.1にも輝いているので、これから仮想通貨投資をしていきたい方には安心して利用できるだろう。

様々な仮想通貨の取引を楽しみたい方は、Coincheck公式サイトでの口座開設を検討していただきたい。

ドージコイン(DOGE)の今後の予想のまとめ

今回の記事では、ビットコインを模倣して作られた特徴があるドージコイン(DOGE)の特徴や今後の見通しなどを解説してきた。

最後に、今回の記事の内容をもう一度振り返っておこう。

この記事のまとめ
  • ドージコイン(DOGE)とは、インターネット上で有名になった犬のDogeをモチーフにして作られたミームコイン
  • ドージコイン(DOGE)の開発は2013年12月と数ある仮想通貨の中でも古く、ビットコインを参考にして作られたという経緯がある
  • テスラモーターズのCEOであるイーロン・マスクもドージコイン(DOGE)の愛好家として知られており、今後テスラモーターズでの決済手段として本格的に導入されると考えられる
  • 今後、ドージコイン(DOGE)を取引していきたい方は、数ある国内取引所の中でも人気が高いFTX Japanの公式サイトも確認しておこう

ドージコイン(DOGE)は、テスラモーターズのCEOであるイーロン・マスクも注目しており、今後に期待できる仮想通貨となっている。

また、テスラモーターズにて本格的な決済手段として受け入れられたら、さらに価格が急騰する可能性も考えられるだろう。

これからドージコイン(DOGE)の購入を考えている方は、ぜひこのタイミングでFTX Japanの公式サイトを詳しく確認してみてはいかがだろうか。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

dogecoin

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる