DarleyGo(ダーリーゴー)とは?始め方/稼ぎ方や将来性を徹底解説

DarleyGo

DarleyGoは、競馬をテーマにしたP2E系プロジェクトの1つだ。

馬をモチーフにしたNFTにレースをさせて、上位に入賞することで仮想通貨を稼ぐことが可能になっている。

また、血統・繁殖といったとトピックもあり、ゲームとしての要素が豊富だ。

この記事では、そんなDarleyGoの概要・始め方・遊び方・攻略方法などについて解説している。

この記事からわかること
  • DarleyGoは競馬がテーマのP2E系プロジェクト
  • Solana上に構築されている
  • 馬のNFTを利用をレースさせて仮想通貨を稼ぐ
  • 繁殖機能もあり、誕生した馬は売却可能

DarleyGoは、Solana上に構築されたプロジェクトであり、DarleyGoの利用にはSolanaのネイティブトークンである「SOL」を持っておくと利便性が高い。

まだ、SOLを持っていないという方は、FTX Japanをチェックしてみてほしい。

FTX Japanは唯一SOLを取り扱っている国内仮想通貨取引所になっている。

FTX Japanを利用すれば、海外仮想通貨取引所を利用しなくともSOLを手に入れることが可能だ。

目次

DarleyGo(ダーリーゴー)とは

DarleyGo
引用元:DarleyGo公式サイト
シンボルDGE
(ガバナンストークン)
現在の価格(2022年8月2日)約3円
時価総額(2022年8月2日)約30億円
時価総額ランキング(2022年8月2日)5000位
公式サイトDarleyGo公式サイト
公式TwitterDarleyGoの公式Twitter

DarleyGoは、競馬をテーマにしたP2E(Play To Earn)系プロジェクトの1つだ。

競馬をテーマにしたゲームということもあり、利用者は馬をモチーフにしたNFTを用いて、レースを行うことができる。

レースを行うことで、DarleyGoが発行する仮想通貨であるGXEが獲得可能だ。

一方で、ガバナンストークンにはDGEを発行している。

詳しく後述するが、DarleyGoの馬をモチーフにしたNFTは、各NFTごとに特性や能力が異なっており、それによってNFT自体の価値も異なってくる。

もちろん、馬のNFTを売買すること自体も可能だ。

競馬というコンテンツ自体は、日本との相性も良いので今後人気が高まっていく可能性もあるだろう。

DarleyGoはSolanaに構築されているプロジェクトということもあり、随所でSOLが必要になることが多い。

このことから、DarleyGoが気になるという方は予めSOLを購入しておこう。

SOLの購入は、FTX Japanがおすすめだ。

FTXはSolanaを強力にバックアップしている取引所であり、国内仮想通貨取引所では珍しくSOLを扱っている。

DarleyGoをプレイするなら、FTX Japanからスタートしよう。

DarleyGo(ダーリーゴー)の特徴

これから、DarleyGoの特徴についてさまざまな観点から解説していく。

DarleyGoの強み・特徴をチェックしていこう。

DarleyGo

Solana上で構築

DarleyGoは、Solanaチェーンを利用して構築されているプロジェクトだ。

Solanaとは、高い処理能力や低いガス代(ブロックチェーンを使うときの手数料)を特徴としているチェーンのことだ。

Solanaは、大手仮想通貨取引所のFTXがバックアップしていることで知られている。

このような特徴から、DarleyGoの利用には、NFTの購入やトークンの購入などに伴い、Solanaのエコシステムを利用することが多い。

レースに勝利すると仮想通貨を獲得

DarleyGoには、さまざまな機能やプレイ要素を持っているため、さまざまな遊び方が可能だ。

しかし、最もベーシックな遊び方は「馬のNFTを利用してレースをする」というものだ。

DarleyGoでは、実装されているレースモードに勝利することで、仮想通貨(GXE)を獲得できる。

遊ぶだけで稼げるというP2E系プロジェクトの基本的な特徴は、DarleyGoも持っている。

グラフィックやデザインが綺麗

DarleyGoは、全体的にNFTやゲーム画面などのグラフィックやデザインが綺麗だ。

そもそも、DarleyGoは競馬というトピックに加えて、ゲーム全体の設定として神話に関するトピックを随所に組み込んでいる。

このようなこともあって、DarleyGoの馬のNFTはきれいなデザイン・グラフィックを持っている。

もちろん、DarleyGo内では実用的な使い方(レースをするためのアイテム)をすることになるため、デザイン自体は稼ぎに直結するわけではない。

しかし、NFTがアート・コレクションの文脈において市場で取引されている現状を考慮すると、DarleyGoが作り出す世界観というのは重要な特徴の1つであると言えるだろう。

馬によって細かな能力の差を持つ

DarleyGoの馬のNFTは、多種多様な能力や特性を持っている。

というのも、DarleyGoの馬のNFTには「血統」という概念があり、大きく分けて「血統には3つ」の要素がある。

DarleyGoの血統の種類
  • ダーレー族(Darley)
  • アレオ族(Areo)
  • ハヤト族(Hayato)

基本的にダーレー族が最もレアで強く、アレオ、ハヤトと続く。

しかし、血統はNFTの能力に大きな影響を与えるものの、それだけがNFTの強さを決める訳ではない。

血統以外にも馬の適正距離や正確、走り方などは各個体によって異なり、トレーニングによって特徴を伸ばしていく事が可能だ。

DarleyGoでは、NFTの特性や個性を左右する要素が多数実装されていることが分かるだろう。

繁殖が可能

DarleyGoでは、繁殖が可能になっている。

繁殖を行うことで、新たな馬のNFTを作り出すことが可能で、場合によってはレアな馬が誕生することもある。(生まれてくる馬の特性は、親のステータスによっても左右される)

このような繁殖で産まれた馬を強化してレースに出すのも良し、繁殖させて産まれた馬を売却することも可能だ。

上記のような特徴を持つDarleyGoの利用には「SOL」が必要になる。

DarleyGoが気になるという方は、FTX JapanからSOLを購入しよう。

FTX Japanは、国内仮想通貨取引所で唯一SOLを提供している取引所になっている。

DarleyGo(ダーリーゴー)の始め方

これから、DarleyGoの始め方について解説していく。

DarleyGoを、始めるための準備を整えていこう。

SOLを購入

まず、DarleyGoを始めるためには、何らかの仮想通貨を購入する必要がある。(馬のNFTの購入などに必要)

前述の通り、基本的にDarleyGoはSolana上で構築されているため、SOLなどを購入するのがおすすめだ。

国内仮想通貨取引所であれば、FTX Japanなどで取り扱うことが可能になっている。

SOLなどを購入し、DarleyGoの馬のNFTを購入するための資金を準備しよう。

ウォレットへSOLを送金し換金

DarleyGoのNFTを購入するためには、仮想通貨を管理するためのウォレットを準備しておく必要がある。

Solana系の通貨であれば、Phantom Walletなどを利用するのが一般的だ。

このウォレットにSOLはもちろん、DarleyGoの馬のNFTなども管理していくことになる。

ウォレットを作成したら、そのウォレットにSOLなどを送金していこう。

細かな送金手順は利用している仮想通貨取引所などによって異なってくるものの、基本的にはウォレットのアドレスを入力するだけで簡単に送金できるケースが多い。

DarleyGoのNFTを購入

前述したような手順が完了したら、DarleyGoの馬のNFTを購入していこう。

DarleyGoのNFTは、公式サイトやNFTマーケットプライスなどで広く販売されており、一般的なNFT同様に取引可能だ。

NFTを購入し、ウォレットに保存できたら、DarleyGoで利用する準備は完了したことになる。

前述したとおり、DarleyGoを始めるにはSOLなどの仮想通貨が必要になっている。

まだ、SOLを持っていないという方は、FTX Japanから購入しよう。

FTX Japanは、2022年8月時点で唯一SOLを取り扱っている国内仮想通貨取引所だ。

DarleyGo(ダーリーゴー)の稼ぎ方/攻略方法

次に、DarleyGoの稼ぎ方・攻略方法について解説していく。

DarleyGoで具体的に稼ぐ方法をチェックしていこう。

レースをプレイ

DarleyGoで稼ぐなら、まず最もベーシックな機能となっているレースを利用していこう。

報酬額などは、レースによって変動してくるが、基本的にレベル1では上位でゴールすることで数百GXEを獲得できるのが一般的だ。

上位3位までに仮想通貨が配布されるため(1位が最も多く、2位3位と続く)、DarleyGoで稼ぐには上位に入賞していく必要がある。

繁殖させて能力の高い馬を作る

DarleyGoの機能はレースだけではない。

持っているNFTを利用して、繁殖させることも可能だ。

確率自体は高くないものの、レアなNFTが登場したり、双子が産まれるといった仕様もDarleyGoには実装されている。

獲得した馬は強化してレースに出したりすることができるのはもちろん、売却することもできる。

繁殖なども活用しながら、上手く稼いでいこう。

ステーキングや売買によって稼ぐ

DarleyGoでは、ゲーム以外の要素でも稼ぐことも可能になっている。

まだ実装されていないものの、ガバナンストークンの今後ステーキングが可能になるという情報もある。(参照:DarleyGo Paper)

また、シンプルにDarleyGoで獲得した仮想通貨を原資に、仮想通貨のトレードを行うことも可能だろう。

さまざまな遊び方・稼ぎ方が可能なDarleyGoをプレイしていくには、SOLなどの仮想通貨が必要になってくる。

まだ、SOLを保有していないという方は、FTX Japanへの口座開設を行おう。

FTX Japanでは、国内仮想通貨取引所で珍しくSOLを取り扱っており、海外仮想通貨取引所を利用しなくとも、SOLを入手することが可能だ。

DarleyGo(ダーリーゴー)の使い方

これから、DarleyGoの代表的な機能・画面の使い方や、できることについて解説していく。

DarleyGoが画面で迷ってしまった方は、参考にしてほしい。

MY STABLEの使い方

DarleyGoの「MY STABLE」という画面では、自身のDarleyGoに関するデータをチェックすることが可能だ。

勝率、馬の各種データ、レースに詳細な情報など気になる情報を1ページでまとめてチェックすることができる。

DarleyGoを利用する上で、気になるデータがまとめられているため、随時チェックしておくのがおすすめだ。

RACEの使い方

DarleyGoの「RACE」はその名の通り、レースの情報をチェック可能な画面だ。

現在参加可能なレース、レースの距離・レースの報酬などもチェックできるようになっている。

レースに参加したいときは「RACE」をチェックするのがおすすめだ。

また、レース自体は参加していなくとも閲覧可能となっているため、DarleyGoのプレイ画面をチェックしたいという方も、予めチェックしておくのが良いだろう。

BREEDの使い方

DarleyGoの「BREED」では、繁殖に関する機能を利用できる画面になっている。

前述したような繁殖を行うことが可能だ。

ちなみに、繁殖させた馬のNFTは、公式のマーケットプライスはもちろん、他のNFTマーケットプライスでも売却可能だ。

こういった使い方が可能なDarleyGoの利用には「SOL」などの仮想通貨が必要だ。

まだ、SOLを持っていないという方は、FTX Japanで口座開設を行おう。

FTX Japanは、国内で唯一SOLを取り扱っている。

FTX Japanを利用することで、海外仮想通貨取引所で購入する必要がなく、安心の国内仮想通貨取引所でSOLを入手可能だ。

DarleyGo(ダーリーゴー)の今後の予想/将来性

次に、DarleyGoの今後の予想・将来性などについてチェックしていこう。

主にDarleyGoが公開しているロードマップを参考に、DarleyGoのこれからを解説していく。

新しいNFTの追加

DarleyGoのロードマップによると、今後新しいNFTアイテムの追加を予定してる。

ただし、どのようなNFTアイテムとなるのか?という点については明らかになっていない。

しかし、新たなアイテムという記載があることから、馬に利用できるもの、または馬以外のなにかのNFTが発行される可能性があるだろう。

DarleyGoで稼げる効率性を上げるアイテムが出てくる可能性もあるため、注視が必要だ。

モバイル版の登場

DarleyGoは、今後モバイル版で登場する旨が明らかになっている。

モバイルに対応しているP2E系プロジェクトも多数見られるため、ユーザー数を拡大していく上では必要な対応であると言えるだろう。

今後、DarleyGoがスマホでできる時期も近いかもしれない。(詳しい時期は未定なものの、年内を目標にしている模様)

ギャラクシーモードの実装

DarleyGoでは、今後「ギャラクシーモード」と呼ばれる新機能を実装予定のようだ。

細かな内容はわかっていないものの、メタバースに関連したものになるようで、馬と利用者が同じ世界に入り込めるようなモードを予定している。

また、レース会場や土地の購入などが可能になる要素もあるようで、今後DarleyGoがメタバースとP2Eを兼ねたプロジェクトになっていくのかもしれない。

上記のような可能性を持つDarleyGoの利用には、Solanaに構築されているため、SOLが必要になる場面が多い。

まだ、SOLを入手できていないという方は、FTX Japanで口座開設を行おう。

FTXはSolanaをバックアップしている取引所として知られており、国内においてSOLの取り扱いはFTX Japanのみとなっている。

DarleyGo(ダーリーゴー)に関するQ&A

初期費用はどのくらい?

DarleyGoの初期費用は、馬のNFTの購入金額によって大きく異る。

DarleyGoのマーケットプレイスを参考にすると、数十ドルから数百ドルまで値段の幅が大きい。(基本的に高いもののほうが能力が高い)

日本円にすると、数千円から数万円でスタート可能だが、安ければ安いほど馬の能力が低いことは押さえておこう。

どんなデバイスでプレイできる?

DarleyGoは、現在基本的にPCからのみプレイが可能になっている。

前述の通り、スマホでの対応は年内には完了する見込みだ。

DarleyGo(ダーリーゴー)のまとめ

この記事では、DarleyGoについて解説した。

この記事のまとめ
  • DarleyGoは競馬をテーマにしたP2E系プロジェクト
  • 馬をモチーフにしたNFTを購入しレースさせる
  • 繁殖させてNFTとして売り出すことも可能
  • 今後モバイル対応や新機能の実装などイベントを控えている

DarleyGoは、数あるP2Eの中でも、注目が集まりつつあるプロジェクトの1つだ。

比較的、低い金額からスタートすることが可能となっているため、気になるならチェックしてみてほしい。

DarleyGoを始めるなら、SOLを予め入手しておこう。

まだ、SOLを持っていないという方は、FTX Japanをチェックしてみてほしい。

FTX Japanは、SOLを唯一扱っている国内仮想通貨取引所になっている。

FTX Japanを利用すれば、安心の国内仮想通貨取引所からDarleyGoをスタートすることが可能だ。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

DarleyGo

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる