仮想通貨のウォレットとは?特徴/仕組みやおすすめランキングを徹底解説

ウォレット

仮想通貨取引に欠かせないウォレットであるが、具体的に何なのかを理解しようとすると、ブロックチェーンの技術用語が多く登場し、難しいというイメージを持たれている人もいるだろう。

仮想通貨取引が広まることで、仕組みを理解しないまま利用できるようになったことは良いものの、その原理を理解しておくことで、自分の資産を守る助けになるはずだ。

そこで今回は、仮想通貨のウォレットについて解説する。

この記事からわかること
  • 仮想通貨のウォレットとは、鍵を保管する場所
  • 鍵には秘密鍵と公開鍵の2種類がある
  • 鍵という名前であるが、実際は数字とアルファベットが並んだ文字列
  • 新たにウォレットを作ると、秘密鍵と公開鍵のペアが生成される
  • 仮想通貨のウォレットには5種類ある
  • 「オンラインウォレット」の「取引所アカウント」が、最初に作るウォレットとして最適

今回の記事で、仮想通貨のウォレットについての知識を深めることが出来たら、一度ご自身でウォレットの作成と取引を体験すると、より理解が進むであろう。

その際は、後述する、オンラインウォレットと呼ばれる「取引所アカウント」が最も手軽に体験できる手段であるため、DMM Bitcoinなどの国内取引所の公式サイトにアクセスし、アカウント開設を進めると良いだろう。

目次

仮想通貨のウォレットとは

仮想通貨取引をすると耳にする機会の多いウォレットとは、一体何なのだろうか。

まずは改めて、仮想通貨のウォレットとは何なのかを振り返ってみる。

仮想通貨のウォレットとは
  • 鍵を保管する場所のこと
  • 鍵には、秘密鍵と公開鍵の2種類がある
  • ウォレットを作成するとは、「新たに秘密鍵と公開鍵のペアを作成する」事である

鍵を保管する場所のこと

仮想通貨のウォレットとは、鍵を保管する場所の事である。

元々の言葉の意味に従えば、ウォレット(財布)は「お金を入れ、保管する場所」である。

それでは、仮想通貨のウォレットの中には、実際に仮想通貨が入っているのだろうか。

確かに、仮想通貨のウォレットを開くと、ビットコイン(BTC)がいくら、イーサリアム(ETH)がいくらなど、金額が表示されるため、実際に通貨が入っているように感じるが、実はそうではない。

仮想通貨のウォレットの正体は、「鍵を保管する場所」なのである。

なぜ鍵が必要かと言うと、ブロックチェーン上に保有している仮想通貨の所有権を表すためだ。

そもそも仮想通貨とは、通貨という名前が記されているが、実態は「ネットワーク」である。

仮想通貨の代表格である、ビットコイン(BTC)の公式サイトでも述べられているように、仮想通貨はネットワークであり、そのネットワークは、ブロックチェーン技術を用いた「公開台帳」でなのある。

台帳とは、商品の売買された額や数値などを記録する書類の事である。

公開と名付けられているように、インターネット上で、誰が(どのウォレットが)、誰に(どのウォレットに)、何枚の通貨を、いつ送金したのか、という記録された情報に誰でもアクセスすることができる。

ただ、公開されているのは上記の情報であり、「通貨の所有権」ではない。

この世界中の無数の人がアクセスできる公開台帳(ネットワーク)の中で、「私はこれだけの枚数の通貨を持っている」という所有権を証明するために必要なのが、鍵なのである。

鍵には、秘密鍵と公開鍵の2種類がある

ブロックチェーン上で所有権を証明するために求められる鍵には、秘密鍵と公開鍵の2種類がある。

秘密鍵は、別名署名鍵とも呼ばれ、一方、公開鍵は検証鍵とも言われる。

という名前がついているが、実態は秘密鍵、公開鍵どちらも疑似乱数(無作為で、予測不可能な文字列)であり、数字とアルファベットが並んだ列で表現される。

仮想通貨-ウォレット_数字とアルファベットが並んだ列で表現
引用:https://gaiax-blockchain.com/key#i-3

重要な点は、秘密鍵はその名の通り、他人に秘密にしておくことが求められ、もし秘密鍵が他人に知れ渡ると、そのブロックチェーン上に記録された自分の資産は、全て秘密鍵を持つ他人がコントロールできることになってしまう。

なぜなら、秘密鍵は、送金が正しいことを証明する「署名」を作成するために使われるため、秘密鍵を持つ他人が、いつでも好きな時に署名を作成できるようになるからである。

また、公開鍵は、第三者に公開されている文字列で、仮想通貨を送金する際にブロックチェーン上に送付し、「その送金が本当に正しい」仮想通貨の送金先アドレスを生成する時に使用される。

ウォレットが保管する鍵には、秘密鍵、公開鍵の2種類が有るという点を留意すると良いだろう。

ウォレットを作成するとは、「新たに秘密鍵と公開鍵のペアを作成する」事である

仮想通貨のウォレットを作成するという事は、「新たに秘密鍵と公開鍵のペアを作成する」事を意味する。

ユーザーが仮想通貨ウォレット作成、という動作を行うと、自動的に秘密鍵と公開鍵のペアが作成される。

技術的には、「鍵生成アルゴリズム」によって、秘密鍵と公開鍵が出力されるのである。

このように、仮想通貨のウォレットとは、通貨ではなく「秘密鍵」と「公開鍵」の保管、生成をする場所なのである。

ここまで、仮想通貨のウォレットとは何か、について振り返ってきた。

次の章「仮想通貨のウォレットの種類」で開設するように、ウォレットの種類はいくつか有るが、仮想通貨を入手、保管をスムーズに行いたい方は、DMM Bitcoinのような取引所ウォレットが最も使いやすいだろう。

仮想通貨のウォレットの種類

仮想通貨のウォレットには、どのような種類があるのだろうか。

ホットウォレット、コールドウォレットという名称を聞いたことが有る方もいるかも知れない。

これらは、「ウォレットが常にインターネットと接続されているか」によって区分された名称である。

接続されているものが「ホットウォレット」、常には接続されていないものが「コールドウォレット」と呼ばれる。

一方、ウォレットには「使用環境」で区分された名称もある。

今回は、そんな使用環境で区分した、以下5種類を解説する。

仮想通貨のウォレットの種類
  • オンラインウォレット
  • デスクトップウォレット
  • モバイルウォレット
  • ブラウザ拡張機能ウォレット
  • ハードウェアウォレット

オンラインウォレット

1つ目オンラインウォレットだ。

オンラインウォレットとは、パソコンやスマートフォンのインターネットブラウザからアクセスする形のウォレットである。

取引所のウォレットがそれに当たり、インターネット接続可能なので、ホットウォレットに分類される。

デスクトップウォレット

2つ目デスクトップウォレットである。

デスクトップウォレットとは、パソコンのデスクトップにダウンロードして使用する、ソフトウェア型のウォレットを指す。

例として、Guarda(グアルダ)Exodus(エクソダス)が挙げられる。

尚、これら2つのように、多くのデスクトップウォレットは、後述するモバイルウォレットと、ブラウザ拡張機能ウォレットも利用可能だ。

尚、デスクトップウォレットもホットウォレットの1つだ。

モバイルウォレット

3つ目モバイルウォレットだ。

モバイルウォレットとは、iOSやアンドロイドアプリなど、スマートフォンアプリとして利用できるウォレットの事である。

メタマスクや、ファントムがその例だ。

また、モバイルウォレットもネット接続可能なため、ホットウォレットに分類される。

ブラウザ拡張機能ウォレット

4つ目ブラウザ拡張機能ウォレットである。

ブラウザ拡張機能ウォレットとは、インターネットブラウザに新たに機能を加える形で利用できるウォレットの事である。

1つ目に紹介したオンラインウォレットとの違いは、オンラインウォレットは、ブラウザにURLを入力してアクセスするのに対し、ブラウザ拡張機能ウォレットは、拡張機能を起動させることで使用し、URLの入力は不要だ。

利用できるブラウザは、GoogleChrome(グーグルクロム)やFirefox(ファイアフォックス)、Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)などである。

モバイルウォレットを提供するメタマスクファントムも、ブラウザ拡張機能で利用可能だ。

このように、ブラウザ拡張機能ウォレットは、ウォレットの開発会社が、外部のブラウザを活用するケースが基本だ。

一方、トークンが一部の国内取引所に上場しているBrave(ブレイブ)や、1995年からインターネットブラウザの開発を行うOpera(オペラ)など、ブラウザ開発会社が、自社のブラウザ上で仮想通貨ウォレットを提供するケースも見受けられる。

尚、ブラウザ拡張機能ウォレットもホットウォレットだ。

ハードウェアウォレット

5つ目ハードウェアウォレットである。

上述の秘密鍵や公開鍵を、物理的なものにデータとして保存できるタイプのウォレットが、ハードウェアである。

USB端子でパソコンに接続するタイプが最も多く見られるが、QRコードを印刷したカードタイプのものもある。

仮想通貨-ウォレット_カードタイプ
引用:http://dubaikhalifas.com/

USBタイプのものであれば、Trezor(トレザー)がその例だ。

また、ハードウェアウォレットは、常時インターネット環境と接続されている訳ではないため、コールドウォレットに分類される。

上述した4つのホットウォレットについては、オンラインへの接続が簡単な一方、ハッキングやマルウェア感染による秘密鍵情報の流出のリスクが、コールドウォレットよりも高くなってしまう。

よって、安全性の高さで言えば、コールドウォレットに分類されるハードウェアウォレットが一番だが、物理的なものを持ち歩く、利用時にUSBで接続する手間が掛かるなど、利便性は今ひとつだ。

このように、ウォレットには使用環境別に5種類存在し、常にインターネットに接続されているか否かでホットウォレットとコールドウォレットに分類されるのである。

ウォレットだけでもこれだけ種類があると、一体どれを使ったら良いか、迷ってしまうかもしれない。

これは仮想通貨のユーザーが全員経験する悩みであり、インターネット上の評判や経験者に聞き、ベストなものを選ぶと良いだろう。

一方、使いながら慣れることで、各ウォレットのメリット、デメリットを体感し、自分に最も合うウォレットを選ぶのも1つの手だ。

DMM Bitcoinなどの、オンラインウォレットに分類される取引所アカウントなら、無料かつ、最短で申込当日に始めることができるので、最初のウォレット作成に最適だろう。

おすすめの仮想通貨のウォレットランキング

ここで、おすすめの仮想通貨のウォレットランキングを見ていこう。

利便性の観点から見れば、オンラインウォレットが一番の選択肢であろう。

なぜなら、気軽に作成することが出来、仮想通貨の入手と保管が一度に可能で、かつ取引所でアカウントを開設するだけで、すぐに利用できるからだ。

一方、インターネットに接続されたホットウォレットであることから、安全性ハッキングのリスクが気になるところである。

そこで今回は、日本国内の取引所のおすすめのランキングを紹介するとともに、各取引所のセキュリティ体制についても注目する。

おすすめの仮想通貨のウォレットランキング
  • DMM Bitcoin
  • bitFlyer
  • Coincheck

DMM Bitcoin

DMM-Bitcoin Top
引用:DMM Bitcoin公式サイト
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(15銘柄)
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)○(21銘柄)
最小発注数量(ビットコインの場合)販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料(ビットコインの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引: 無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
入出金手数料どちらも無料
(銀行振込手数料は別途負担)
送金手数料無料
(マイナーへの手数料は別途負担)
公式サイトDMM Bitcoinの公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

もし取引所のウォレットを利用したいと思ったら、最初の候補として挙げられるのがDMM Bitcoinだろう。

一番の特徴は、4つの手数料(取引手数料、入金手数料、出金手数料、送金手数料)が無料なことであり、手数料の心配は最小限に、仮想通貨取引が可能だ。

また、セキュリティ体制も公式サイト上で細かく公開されている。

顧客の仮想通貨は95%以上をコールドウォレットで保管すること、DMM Bitcoin内でコールドウォレットからホットウォレットに移動する際は、取締役を含む2人が実施するなど、顧客資産に関しては高いセキュリティ体制を敷いている。

どのウォレットを使用したら良いか分からない、初めにオンラインウォレットを使用したいという方であれば、公式サイトにアクセスの上、アカウント開設を検討してみて欲しい。

bitFlyer

bitflyer-top
引用:bitFlyer公式サイト
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(14銘柄)
取引所形式:○(7銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)○(ビットコインのみ)
最小発注数量(ビットコインの場合)販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料(ビットコインの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:約定数量×0.01~0.15%
レバレッジ取引:無料(スワップ手数料あり)
入出金手数料入金手数料:0から330円
出金手数料:220から770円
送金手数料0.0004BTC (約1,120円)
公式サイトbitFlyer
関連記事bitFlyerの評判・口コミ

次におすすめの取引所はbitFlyerだ。

他の取引所と比べた時の最大の特徴は、その取引高の高さであり、ビットコイン取引高が日本国内No.1*なのである。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

その為、より市場価格に近い価格で取引が可能だ。

また、セキュリティ体制についても、顧客、bitFlyerが持つビットコイン(BTC)は100%をコールドウォレットに保管する、複数の秘密鍵(プライベートキー)で承認し、内1つはオフラインの場所に保存するなど、ビットコイン(BTC)に対する施策を万全に行っています。

他にもネットワーク・セキュリティの対策も目立つため、ビットコイン(BTC)の取引を中心に行う方であれば、bitFlyerでのアカウント開設が最適かもしれない。

Coincheck

Coincheck
引用:Coincheck公式サイト
現物取引(銘柄数)18種類
レバレッジ取引非対応
最小取引数量0.005BTCかつ500円相当額
取引手数料販売所:無料
取引所:メイカー、テイカー共に0%
入出金手数料入金手数料:0から1018円
(銀行振込手数料は別途負担)
出金手数料:407円
※コンビニ入金、クイック入金は受付一時停止
送金手数料0.0005BTC (約1,400円)
公式サイトCoincheck
関連記事Coincheckの評判

取引所のアカウント開設なら、Coincheckも見逃せない。

一番の強みは仮想通貨取扱数が国内トップクラスであることで、本記事執筆時点で18種類もの通貨が上場している。

そのため、なるべく1箇所の取引所で取引を完結させたい、という方には相性の良い取引所であろう。

一方、2018年1月に発生した、ハッキングによるネム流出事件から、Coincheckのセキュリティ体制に不安を覚える方もいるかもしれないが、事件から3ヶ月後に東証プライム市場に上場しているマネックスグループに買収された後、Coincheckは日本の多くのユーザーから信頼を獲得している。

その信頼は取引高にも現れており、24時間あたりの取引高だと、日本国内ではbitFlyerに次ぐ2位に位置している。

預かり資産と会社資産の完全分離など、セキュリティにも力を入れているため、安全かつ多くの銘柄を取引したいという方は、一度公式サイトをご覧になると良いだろう。

仮想通貨のウォレットに関するよくある質問

最後に、仮想通貨のウォレットに関するよくある質問を見ていくことにする。

仮想通貨のウォレットに関するよくある質問
  • 仮想通貨のウォレットは、どれが一番安全ですか。
  • 初めて仮想通貨取引をするなら、最初にどの仮想通貨のウォレットを使えば良いですか。
  • デスクトップウォレット、モバイルウォレット、ブラウザ拡張機能ウォレットの違いは何ですか。

仮想通貨のウォレットは、どれが一番安全ですか。

安全性が最も高いのは、ハードウェアウォレットである。

オンラインウォレット、モバイルウォレットなどのコールドウォレットとは異なり、インターネット経由でのハッキングのリスクが限りなく低いためだ。。

一方、ハードウェアにも紛失、盗難や火事などによる焼失など、物理的に無くすリスクはある。

よって、複数のウォレットに資産を分散することも、仮想通貨の紛失リスクを減らす手段の1つと言えるだろう。

初めて仮想通貨取引をするなら、最初にどの仮想通貨のウォレットを使えば良いですか。

仮想通貨を入手することが出来る、オンラインウォレットの取引所が良いかもしれない

他人から資産を譲渡されることを除き、仮想通貨を手に入れるには取引所での取引が求められるためである。

デスクトップウォレット、モバイルウォレット、ブラウザ拡張機能ウォレットの違いは何ですか。

ウォレットを使用する環境の違いである。

ただ、上述の通り、多くのウォレットがデスクトップ、スマートフォンアプリ、ブラウザ拡張機能の3つのバージョンをリリースしている。

3つの手段から1つのウォレットに接続可能なので、安全性やインターフェースなどからウォレットサービスを選んだ後は、好みや用途によって3つのバージョンを使い分けると良いだろう。

仮想通貨のウォレットのまとめ

今回の記事では、仮想通貨のウォレットについて解説してきた。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨のウォレットとは、鍵を保管する場所。
  • 鍵には秘密鍵と公開鍵の2種類がある。
  • 鍵という名前であるが、実際は数字とアルファベットが並んだ文字列。
  • 新たにウォレットを作ると、秘密鍵と公開鍵のペアが生成される。
  • 仮想通貨のウォレットには5種類ある。
  • 「オンラインウォレット」の「取引所アカウント」が、最初に作るウォレットとして最適。

仮想通貨ウォレットは取引所のものをオンラインウォレットとして利用することができます。

まだ取引所のアカウントを保有していない方はアプリからも利用できて使いやすいDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてください。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

ウォレット

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる