チェーンリンク(Chainlink/LINK)とは?特徴・仕組みや今後の見通しを徹底解説

ブロックチェーンを活用する中で、必ずしも必要な情報がチェーン内にあるとは限らない。

無い情報は外から持ってくる他ないが、既存のブロックチェーンは直接外部データにアクセスできないという課題を抱えている。

今回紹介するChainlink(LINK)は、その課題を解決するために開発されたプロジェクトだ

この記事では、Chainlink(LINK)の特徴や今後の予想について解説していく。

この記事でわかること
  • Chainlink(LINK)はブロックチェーンと外部データの仲介を行うプロジェクト
  • 分散型オラクルを採用し、複数のオラクル検証から外部データの安全性を保つ
  • 異なるブロックチェーンに互換性を持たせることも可能
  • 3つのスマートコントラクトを搭載し、外部データとのスムーズなやり取りを実現
  • 独自トークンであるLINKは、国内取引所から入手可能

Chainlink(LINK)は、ブロックチェーンに外部データを安全に取り込むためのプロジェクトだ。

ブロックチェーンの汎用性を高め、今後さまざまな分野での活用が期待されている。

また、独自トークンであるLINKは、すでにbitFlyerを始めとした国内取引所へ上場済みだ。

bitFlyerは最小1円からの取引に対応しているため、LINK取引を行う候補として検討してみよう。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

目次

Chainlink(LINK)とは

Chainlink_top
引用:Chainlink
名称Chainlink(チェーンリンク)
シンボルLINK
現在価格(2022年9月時点)$7.80
時価総額(2022年9月時点)$3,837,051,468
時価総額ランキング(2022年9月時点)23位
購入できる取引所bitFlyer、SBI VCトレード、BITPOINT
公式サイトChainlink公式サイト
関連記事おすすめNFTゲーム

Chainlink(LINK)は、アメリカのスマートコントラクト社によって開発された分散型オラクルプロジェクトだ。

ブロックチェーンで言うオラクルとは、外部データを検証し、情報を橋渡しする仕組みのことである。

特定の管理主体が存在する中央集権型とは異なり、Chainlink(LINK)は分散型を採用しているのがポイント。

複数のオラクルで外部データを検証することで、セキュリティやデータの正誤性を保っている。

また、独自トークンとなるLINKは、「これから強気の相場が始まるのでは」と、現在価格動向に注目が集まる通貨だ。

すでに数々の国内取引所で上場しており、国内での注目度も比較的高い印象である。

中でも、bitFlyerはスマホアプリを配信しており、隙間時間で手軽にChainlink(LINK)投資が可能だ。

興味のある方は、ぜひbitFlyer公式サイトをチェックしてみてほしい。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

Chainlink(LINK)の基本的な特徴

Chainlink(LINK)が持つ特徴は以下の3つである。

Chainlink(LINK)の基本的な特徴
  • ブロックチェーンと外部データを仲介する
  • 異なるブロックチェーン間の連携が可能
  • 3つのスマートコントラクトを搭載

ブロックチェーンと外部データを仲介する

Chainlink仲介
引用:Chainlink

Chainlink(LINK)を活用することで、ブロックチェーンと外部データの相互接続が可能になる。

従来のブロックチェーンでは、安易に外部データのアクセスができない点が課題となっていた。

外部データを参照することでブロックチェーンが複数に分岐し、整合性が取れなくなるためだ。

しかし、Chainlink(LINK)が外部データとの仲介役を果たすことで、あらゆるデータを安全にブロックチェーンに取り込める。

例えば、仮想通貨の現在価格や天気情報といった、リアルタイムの情報をブロックチェーンに活用できる。

また、外部システムからのブロックチェーンデータ活用もでき、既存の企業がブロックチェーンを取り入れやすいのもポイントだろう。

異なるブロックチェーン間の連携が可能

Chainlink(LINK)は外部データとの橋渡しのみならず、異なるブロックチェーン間の仲介役も果たすのが特徴だ。

この技術はクロスチェーンと呼ばれており、今後のブロックチェーンを担う革新的な仕組みである。

そもそも、既存のブロックチェーンは、互いに互換性を持たない場合がほとんどだ。

ビットコインがその他のアルトコイン基盤で活用できないように、アルトコインもまたビットコイン基盤で活用できない。

しかし、Chainlink(LINK)をクッションにすることで、ブロックチェーン間に互換性を持たせることが可能となる。

イーサクラシック(ETC)ポルカドット(DOT)など、注目のチェーンに機能性を提供しており、それぞれのブロックチェーン間でのデータやり取りを実現させている。

3つのスマートコントラクトを搭載

Chainlink(LINK)は3つのスマートコントラクトを搭載し、外部データとのシームレスなやり取りを実現している。

スマートコントラクトとは?

ブロックチェーンに記載したプログラムを自動的に履行する仕組みのこと。

DeFiを始めとしたさまざまな分野で活用されており、ブロックチェーンの核となる要素だ。

Chainlink(LINK)が搭載するスマートコントラクトには、以下のような役割がある。

スマートコントラクト役割
アグリゲーション・コントラクト・オラクルから収集したデータを受け取る
・正確な結果を、必要とするユーザーへ提供
オーダーマッチング・コントラクト・レベルや基準と見合うオラクルとマッチング
レピュテーション・コントラクト・外部データの整合性を判断

上記のスマートコントラクトが、外部データを収集・検証することにより、Chainlink(LINK)で安全性の高いデータやりとりが可能となっている。

Chainlink(LINK)投資を行うのであれば、bitFlyerを始めとした国内取引所を利用していこう。

bitFlyerはスマホからの仮想通貨取引にも対応しているため、興味のある方はぜひ公式サイトをチェックしてほしい。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

【2022年最新】Chainlink(LINK)の現在の価格推移

Chainlink(LINK)投資で気になるのは、やはり現在価格だろう。

以下は、2022年最新のChainlink(LINK)価格推移である。

Chainlink2022年価格推移
引用:TradingView

現在、Chainlink(LINK)は$7.8で推移している状況だ。

全体を通して見ると、仮想通貨市場の低迷が価格に大きく影響したといえる。

特に、ビットコインは2万ドルを割り、他のアルトコインの下落の勢いを強めているのが現状だ。

Chainlink(LINK)は年初こそ価格が一気に高騰し、一時は$28にまで回復、これからの価格高騰にも期待が寄せられた。

しかし、1月の中頃からは勢いを失い、その10日後には$14まで価格を落としている。

4月からはさらに下落を引き起こし、5月12日には$5.2と下落を続けているような状況だ。

しかし、言い換えればChainlink(LINK)を安く入手できるチャンスともいえる。

bitFlyerではスマホから手軽にChainlink(LINK)を入手できるため、ぜひ公式サイトから詳細をチェックしてほしい。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

Chainlink(LINK)の過去の価格推移

では、Chainlink(LINK)は過去、どのような価格推移をしてきたのだろうか。

ここでは、以下の2つの期間に分けて、Chainlink(LINK)の価格推移をチェックしていこう。

Chainlink(LINK)の過去の価格推移
  • 2017年10月〜2019年12月
  • 2020年1月〜2021年12月

2017年10月〜2019年12月

Chailink2017年10月〜2019年12月価格推移
引用:TradingView

2019年までは$1未満で推移しており、通貨としての注目度が低かった時期といえる。

しかし、2019年5月には価格が上向いており、6月29日には4倍以上となる$4.8の高値を記録。

売りの圧力によって価格を$1.5まで落としたが、Chainlink(LINK)はその存在感を仮想通貨市場に示した。

その後は価格を上下させており、年末には$2に近い価格をキープしている。

2020年1月〜2021年12月

Chainlink2020年1月〜2021年12月価格推移
引用:TradingView

特に2021年は、Chainlink(LINK)が大きく注目を浴びた年だといえるだろう。

前年より着実に高騰してきた価格は、2021年5月の始めにかけて上昇トレンドを描いている。

そして、2020年7月からの小さな価格上昇をきっかけに、2021年始めから価格が一気に高騰。

$12あたりであった価格は、5月9日に$52と4倍以上に跳ね上がっている。

同時期による、中国のブロックチェーンプラットフォーム「BSN」によるChainlinkのオラクル導入発表、DeFiサービスの需要高騰などが重なったことが、価格上昇に大きく影響を与えたと考えられる。

しかし、その後は急激に勢いを失い、$12あたりまで価格を大きく下落。

その後は何度か$33ほどにまで持ち直すが、11月に入ると再度下落の波に飲まれる形となった。

現在、$7.8あたりで推移するChainlink(LINK)は、bitFlyerから購入可能だ。

口座開設も5分程度で済ませられるので、興味のある方はbitFlyer公式サイトをチェックしてほしい。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

Chainlink(LINK)の今後の予想/将来性

Chainlink(LINK)の今後を予想する上では、以下の3つがポイントとなってくるだろう。

Chainlink(LINK)の今後の予想/将来性
  • 数多くの企業やプロジェクトとの提携
  • 幅広い分野での活用が進む
  • 国内取引所での上場による注目

数多くの企業やプロジェクトとの提携

Chainlinkプロジェクト提携
引用:Chainlink

Chainlink(LINK)は数多くの企業・プロジェクトと提携し、活用の幅を広げている。

主要な提携先は以下の通りだ。

Chainlink(LINK)の提携先

Compound:プロトコルの価格取得オラクルとして採用
Euler:イーサリアムの大型アップデートThe Margeに備えて採用
Google:解析サービス「Google BigQuery」をイーサリアム上で利用するために採用

特に、SWIFT(国際銀行間通信協会)との提携はユーザーの注目の的となった。

SWIFT(国際銀行間通信協会)は、世界中の金融機関に対して国際送金・決済の環境を提供する機関だ。

2016年にChainlink(LINK)を活用した実証実験の成功後に提携を行なっており、今後の決済システムにおけるブロックチェーンの活用やプロセスの効率化が期待されている。

提携先が増えることは、さらなるユーザー獲得や利用の安心感につながるだろう。

結果的にユーザーの期待値が高まり、プロジェクトへの注目や独自トークンの価格が高騰する可能性も考えられる。

幅広い分野での活用が進む

Chainlink(LINK)は、その機能性から幅広い分野で活用が進む可能性が高いだろう。

開発元であるスマートコントラクト社は、さまざまなシーンでのChainlink(LINK)活用を目的としている。

例えば現在、DeFiを始めとした分散型金融やゲーム、決済シーンといった分野がChainlink(LINK)のメインとするところだ。

しかし、今後は公益事業や政府との連携もビジョンとして組み込んでいる点からも、さらなるプロジェクトの注目に期待できる。

Chainlink(LINK)は実用性の高さを生かして、数多くの外部データの仲介となることで、これまでブロックチェーン技術に乗り気でなかった分野からの需要を高めていく可能性も考えられるだろう。

国内取引所での上場による注目

Chainlink bitFlyer
引用:bitFlyer

近年、LINKの国内上場が相次いでいることも、Chainlink(LINK)の将来性を感じさせるポイントとなっている。

例えば、2021年9月にはSBI VCトレードにて、国内初となるLINK上場が行われた。

また、その流れに続くように、国内大手bitFlyerも2021年11月にLINKの上場を決定している。

国内取引所での相次ぐ上場は、ユーザーの期待感の高まりや通貨としての機能性が評価されたとも捉えられるだろう。

今後、Chainlink(LINK)の活用が普及していけば、他の国内大手取引所も上場に身を乗り出す可能性も考えられる。

Chainlink(LINK)を手軽に入手したいのであれば、最小1円から取引をスタートできるbitFlyerを検討してみよう。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

Chainlink(LINK)を購入するタイミング・買い時

Chainlink(LINK)の購入を進めるにあたっては、以下の2つのタイミングをチェックしておこう。

Chainlink(LINK)を購入するタイミング・買い時
  • 大手企業やプロジェクトとの提携発表時
  • 大手取引所への上場発表時

大手企業やプロジェクトとの提携発表時

Chainlink(LINK)が大手企業・プロジェクトと提携発表する際は、通貨購入タイミングと考えて良いだろう。

外部との提携はユーザーにとってプラスのニュースとなり、購入者増加によって独自トークンの高騰を招きやすいためだ。

例えば、2019年6月にはGoogleやOracleとの提携を相次いで発表しており、その期待感の表れが同時期の価格にしっかりと反映されている。

Chainlink価格高騰
引用:TradingView

それまで$0.5であった価格は、わずか1月で7倍以上にまで膨れ上がっている。

購入タイミングを逃さないためにも、日頃からChainlink(LINK)のニュースをチェックしておくと良いだろう。

大手取引所への上場発表時

大手取引所への上場タイミングも、ユーザーの期待感が価格に反映されやすい。

2021年のDeFiブームや大手企業との提携は、Chainlink(LINK)を価格高騰させた大きな要因であった。

そして、同年9月・11月の相次ぐ国内取引所上場も、少なからず価格を下支えした要素といえるだろう。

現状、全ての国内取引所が取り扱いを行なっているわけではないため、今後主要な取引所への上場も期待できるはずだ。

今すぐChainlink(LINK)を取引したいのであれば、スマホから手軽に利用できるbitFlyerを活用していこう。

ビットコインをお得に貯められる仕組みもあるため、興味のある方はbitFlyer公式サイトをチェックしてみてほしい。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

Chainlink(LINK)投資のリスク/注意点

Chainlink(LINK)投資を行う際は、以下のリスクに注意しておきたい。

Chainlink(LINK)投資のリスク/注意点
  • 仮想通貨市場に引っ張られやすい
  • 派生プロジェクト誕生によるシェア率の低下

仮想通貨市場に引っ張られやすい

Chainlink(LINK)の価格動向は、仮想通貨市場に引っ張られやすい。

そのため、市場動向が傾くことで損失を抱えてしまう可能性がある点は注意が必要だ。

特に仮想通貨の顔であるビットコインの値動きは、多くのアルトコインに影響を与える要因となる。

Chainlink(LINK)も例外ではなく、2021年からの値動きを比較してみると、ほぼ同じような価格推移になっていることがわかるだろう。

Chailink-ビットコイン価格推移
引用:TradingView

今後ビットコインの価格が急落することで、さらにChainlink(LINK)の価格下落を招いてしまうことも考えられる。

投資を行う場合は、Chainlink(LINK)のみならず、ビットコインや市場の価格動向にも目を光らせておきたい。

派生プロジェクト誕生によるシェア率の低下

現在、分散型オラクルの主流としてChainlink(LINK)が活用されているのは事実である。

しかし、今後競合となるプロジェクトの構築により、市場シェアを奪われる可能性も考えておかねばならない。

特定のプロジェクト一強の状態は、多くのチェーンが依存することにつながり、ハッキングといった攻撃の対象として見られやすくなる。

市場のリスク分散といった意味でも、今後Chainlink(LINK)の弱みを補填するプロジェクトが誕生してもおかしくはない。

その他のプロジェクトが台頭していくことで、期待値が薄まり、価格の下落に響く可能性がある点には注意しておこう

上記の注意点を理解し、国内取引所からChainlink(LINK)投資を進めてほしい。

bitFlyerであれば最小1円から取引をスタートできるため、興味のある方は公式サイトをチェックしてみよう。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

Chainlink(LINK)投資におすすめの取引所

では、Chainlink(LINK)投資を行う上でどのような取引所の選択肢があるのだろうか。

ここでは、Chainlink(LINK)投資におすすめしたい国内取引所を厳選して紹介する。

bitFlyer

bitFlyer
引用:bitFlyer
名称bitFlyer
暗号資産数17種類
売買手数料販売所:無料
取引所:約定数量×0.01〜0.15%
入金手数料無料〜330円
出金手数料220円〜770円
提供サービス販売所
bitFlyerLightning (取引所)
bitFlyerかんたん積立
bitFlyerクレカ
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは、豊富な提供サービスや利用しやすさに定評がある国内取引所だ。

17種類の取扱通貨を誇り、全てを1円から購入できるのはbitFlyerならではの強みだろう。

取引画面のシンプルさや視認性の良さも相まって、取引ハードルが比較的低いのが特徴だ。

また、取引以外からもビットコインをお得に貯められるサービスも展開中。

クレカやTポイントカードに対応しているため、詳細はぜひbitFlyer公式サイトからチェックしてほしい。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

SBI VCトレード

引用:SBI VCトレード
名称SBI VCトレード
暗号資産数12種類
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
販売所
レバレッジ取引
暗号資産積立
貸暗号資産
公式サイトSBI VCトレード公式サイト

SBI VCトレードは、オンライン証券や保険などを手掛けるSBIが運営する取引所だ。

「暗号資産もSBI」をキャッチコピーに、ユーザーが安心して取引できる環境を構築している。

金融サービスとしても名を馳せている運営元のため、信頼感や実績に関しては申し分ないだろう。

各種手数料が無料となっており、低コストからの取引はもちろん、これまで培ってきたノウハウを活かしたセキュリティ対策も万全である。

住信SBIネット銀行を活用すれば即時決済も可能であるため、詳細はぜひ公式サイトをチェックしてほしい。

BITPOINT

BITPOINT_top
引用:BITPOINT
名称BITPOINT
取り扱い通貨数13種類
売買手数料無料 
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス現物取引
貸して増やす
ステーキング
公式サイトBITPOINT公式サイト

BITPOINTは、東証2部に上場するリミックスポイントが運営している仮想通貨取引所である。

マイナーなアルトコインを数多く扱っており、JMYやDEPなどここでしか手に入らない通貨も多い印象だ。

また、対象の通貨を保有するだけで報酬を獲得できる「ステーキング」に対応

年利3.5〜5.3%と、定期預金と比べてもかなり収益効率が高い仕組みとなっている。

仮想通貨取引にかかる手数料のほとんどが無料であるため、興味のある方はぜひ公式サイトをチェックしてみよう。

Chainlink(LINK)の今後の予想のまとめ

ここまで、Chainlink(LINK)の特徴や今後の予想について解説してきた。

今回の内容をまとめると以下の通りである。

この記事のまとめ
  • Chainlink(LINK)はブロックチェーンと外部データの仲介を行うプロジェクト
  • 分散型オラクルを採用し、複数のオラクル検証から外部データの安全性を保つ
  • 異なるブロックチェーンに互換性を持たせることも可能
  • 3つのスマートコントラクトを搭載し、外部データとのスムーズなやり取りを実現
  • 大企業との提携や他分野での活用の可能性など、将来性が高い
  • プロジェクトの提携発表時や大手取引所への上場などが購入タイミング
  • 独自トークンであるLINKは、国内取引所から入手可能

Chainlink(LINK)は、ブロックチェーンと外部データを繋ぐ、重要な役割を担うプロジェクトだ。

ブロックチェーン側からはもちろん、外部データからのブロックチェーンアクセスを可能としている。

今後の活用により、これまでブロックチェーンに縁のなかった企業の参入の足がかりにもなるはずだ。

現在、Chainlink(LINK)は$7.8ほどと、主要通貨と比べても比較的購入しやすい。

bitFlyerであれば1円からChainlink(LINK)を購入できるため、この機に口座開設を進めておこう。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる