Chain of Legends(CLEG)とは?始め方/稼ぎ方や初期費用を徹底解説

Chain of Legends

Chain of Legendsは、土地のNFTなどを購入することでほぼ放置で稼げるP2E系プロジェクトだ。

ほぼ放置でもはじめられるため、忙しい方でもスタートしやすく、P2E系プロジェクトとして注目を集めつつある。

この記事では、そんなChain of Legendsについて以下の観点から解説している。

この記事からわかること
  • Chain of Legendsはほぼ放置で稼げるP2E系プロジェクト
  • 初期費用が低く無料ではじめることも可能
  • BSCにて構築されている
  • はじめるにはNFTの土地を購入する必要がある
  • 今後さまざまなアップデートが期待できる
  • CEXへの上場を予定している

Chain of Legendsは、P2E系プロジェクトの中でも低予算からはじめられるプロジェクトだ。

しかし、利用には仮想通貨の購入で、仮想通貨の購入には国内仮想通貨取引所での口座開設が必要になる。

まだ、国内仮想通貨取引所の口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXであれば、シンプルな取引画面になっているため、初心者でも比較的かんたんに利用できるはずだ。

また、日頃から使い慣れたLINEから、口座開設〜取引を完了できるため、気軽にスタートすることができる。

\ 最短5分で申込完了! /

目次

Chain of Legendsとは

Chain of Legends
引用元:Chain of Legends公式サイト
シンボルCLEG
現在の価格(2022年8月24日)約1.2円
時価総額(2022年8月24日)約12億円
時価総額ランキング(2022年8月24日)4,489位
公式サイトChain of Legends公式サイト

Chain of Legendsは、NFT化された土地を活用して施設などを運用し、資源などを獲得する放置できるP2E系プロジェクトだ。

現時点では、アクション性や戦略性などは他のP2E系プロジェクトと比較して見当たらないものの、放置で稼げるというのは大きな特徴に挙げられるだろう。

2022年8月時点で時価総額は12億円程度と、代表的なP2E系プロジェクトと比較すると大きな規模ではないものの、初期費用の少なさなどから注目を集めつつある。

Chain of Legendsをはじめるには、仮想通貨が必要だ。

まだ、仮想通貨を購入するための国内仮想通貨取引所の口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXからスタートしてみよう。

LINE BITMAXであれば、普段から慣れ親しんでいるLINEから口座開設〜取引までを完結させることができ、はじめての仮想通貨であっても気軽にスタートすることができるはずだ。

\ 最短5分で申込完了! /

Chain of Legendsの特徴

これから、Chain of Legendsの特徴について以下のポイントから解説していく。

Chain of Legendsの4つの特徴
  • ほとんど放置でOK
  • 少ない初期費用からスタート
  • BSCで構築
  • 発行上限の決まったトークン

Chain of Legendsの特徴を把握して、強みや特別なポイントを発見していこう。

ほとんど放置で稼げる

Chain of Legendsは、ほぼほぼ放置で稼ぐことが可能だ。

Chain of Legendsで必要になる作業は初期の購入や資源の回収など、定期的なメンテナンスが中心になっている。

他のP2E系プロジェクトと比較しても、放置する時間が多いと言えるだろう。

P2E系プロジェクトが気になるものの、時間が取れないため触れていないという方も始めやすいはずだ。

初期費用が少ない

Chain of Legendsは、かなり少ない初期費用からスタートすることができる

Chain of Legendsをスタートするには、土地を購入する必要があるのだが、安いものであれば数百円から購入できるものもある。

以下の画像は、Chain of Legendsのマーケットプレイス(NFT化されたゲームアイテムを購入できる画面)になるが、日本円に換算すると数百円程度で出品されているものが多数確認可能だ。

Chain of Legends
引用元:Chain of Legends公式サイト

また、場合によっては、無料でスタートすることも可能になっている。(個数に制限があるものの、無料で配布されているタイミングがある)

P2E系プロジェクトは、はじめるのに数千円から数万円を要求されるケースも多いため、Chain of Legendsの大きなメリットに挙げられるだろう。

BSCにて構築

Chain of Legendsは、BSCにて構築されている。

BSCとは、大手の海外仮想通貨取引所であるBinanceが主導して開発したブロックチェーンだ。

BSCは、イーサリアムと同様にスマートコントラクトが実装されており、複雑なプロダクトをブロックチェーン上で開発可能な上で、手数料(ガス代)もイーサリアムと比較して低い。

このような背景もあって、多数のプロジェクト・プロダクトが、BSC上で構築されつつあり、Chain of Legendsもその1つだ。

発行上限が決まっているCLEG

Chain of Legendsが実装しているトークンは「CLEG」というもので、Chain of Legends内で獲得したり、使用したりすることが可能だ。

もちろん、DEX(分散型取引所)などで売買することも可能になっている。

Chain of Legendsのトークンの配布割合は公開されており、以下の通りだ。

(Chain of Legendsにて発行するトークンを、誰に・どの程度配布するのか?という点をまとめた図)

Chain of Legends
引用元:Chain of Legends公式サイト

総発行上限は10億枚に設定されており、そのうち6割にあたる6億枚はP2E(ゲームにて)で配布される予定となっている。

このような配布割合・発行上限などは、トークンの需要と供給にも関わるため、予めチェックしておきたい。

Chain of Legendsを利用するには、仮想通貨が必要になる。

まだ仮想通貨を購入する国内仮想通貨取引所での口座開設が完了していないなら、LINE BITMAXをチェックしてみよう。

LINE BITMAXであれば、LINEから口座開設〜取引までを完結することが可能だ。

また、取引画面も非常にシンプルなため、初心者でも安心してスタートすることができる。

\ 最短5分で申込完了! /

Chain of Legendsの始め方/やり方

これから、Chain of Legendsの始め方・やり方について、以下の順番で解説していく。

Chain of Legendsの始め方
  1. 国内仮想通貨取引所で口座開設
  2. 海外仮想通貨取引所でBNB購入
  3. ウォレットの準備
  4. CLEGの入手
  5. Chain of Legendsとの接続

Chain of Legendsをはじめる準備を整えていこう。

国内仮想通貨取引所で口座開設

詳しく後述するが、Chain of Legendsをはじめるには国内仮想通貨取引所で取り扱われていない仮想通貨が必要だ。

そのため、一度国内仮想通貨取引所で仮想通貨を購入し、それを海外仮想通貨取引所などに送金し、仮想通貨 TO 仮想通貨換金を行う必要がある。

まだ、国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXなどで口座開設をしよう。

口座開設後、BTCやETHなど代表的な仮想通貨を購入しよう。(代表的な仮想通貨であれば、どのような取引所でも取り扱っているため)

海外仮想通貨取引所にてBNBを購入

次に、国内仮想通貨取引所で購入した仮想通貨を、海外仮想通貨取引所に送金して、海外仮想通貨取引所にてBNBを購入しよう。

BNBは、BSCのネイティブトークンで、イーサリアムで言えばETHにあたる仮想通貨だ。

Chain of Legendsは、BSC上で構築されたプロジェクトのため、BNBを保有しておくと何かと便利だ。

BNBは、Binanceなどの海外仮想通貨取引所で取り扱われている。

ただし、海外仮想通貨取引所は日本での登録を受けていないため、国内仮想通貨取引所と比較すると利用に伴ってリスクがある

自己責任での利用が原則である点は押さえておこう。

ウォレットの作成と設定

次に、Chain of Legendsを利用するためのMetaMaskなどのウォレットを作成しよう。

ウォレットは仮想通貨を保管しておく場所(厳密には秘密鍵)のことで、MetaMaskなどのウォレットを利用することで、各ブロックチェーン上に構築されたアプリ・プロダクトとの接続が可能になる。

MetaMaskの無料・数分程度で作成可能で、海外仮想通貨取引所からBNBをMetaMaskに送金することで、MetaMaskでBNBが扱えるようになる。

(MetaMaskはデフォルトではイーサリアムしか利用できないため、ネットワーク設定からBSCを予め登録しておこう)

BNBとCLEGの交換

次に、PancakeSwapなどのDEX(分散型取引所)で、Chain of LegendsのCLEGとBNBを交換しよう。

PancakeSwapは、BSCにおける代表的なDEXで、PancakeSwapとMetaMaskを接続するだけで利用をスタートできる。

CLEGを入手できたら、ほとんどChain of Legendsを利用するための準備は完了だ。

Chain of Legendsとの接続と購入

Chain of LegendsとBNB・CLEGが入ったMetaMaskのウォレットを接続して、土地のNFTを購入していこう。

Chain of Legends公式サイトの「PLAY NOW」を押して、「Connect Wallet」からMetaMaskとChain of Legendsを接続することができる。

Chain of Legends
引用元:Chain of Legends公式サイト

接続できたら、以下のような画面が登場するため、左下の項目の「Marketplace」へアクセスしてほしい。

Chain of Legends
引用元:Chain of Legends公式サイト

基本的に右に行けば行くほど土地のレアリティが上がり、値段も高くなる

まずはじめにお手頃なものからスタートしたいということであれば「Common」から、土地を選択するのがおすすめだ。(レアリティが低くリーズナブルなため)

土地を購入すれば、Chain of Legendsをスタートするための準備は完了だ。

前述の通り、Chain of Legendsをスタートするには、はじめの段階で国内仮想通貨取引所の口座が必要になる。

まだ、国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXからスタートしよう。

LINE BITMAXなら、メッセンジャーアプリのLINEから口座開設〜取引を済ませることができ、かんたんに仮想通貨デビュー可能だ。

\ 最短5分で申込完了! /

Chain of Legendsの稼ぎ方/攻略方法

これから、Chain of Legendsの稼ぎ方を「プレイ・NFTの売買・トークンの取引」という3つの観点から解説していく。

Chain of Legendsを効率よく進めるためにも、攻略方法をチェックしていこう。

ゲームをプレイする

Chain of Legendsで稼ぐもっともシンプルな方法は、ゲームをプレイするというものだ。

Chain of Legendsでは、土地にCLEGトークンを稼ぎ出す施設や、より効率化するための資源を確保できる施設などを作成可能になっている。

(今後、アップデートなどで複数の施設が追加予定となっている)

Chain of Legends
引用元:Youtube

そのようなシステムを活用して、ゲームをプレイすることで、CLEGを稼ぐことが可能だ。

前述の通り、放置することができるため、資源の回収などを行う際にのみプレイしていくといった利用が多くなるだろう。

NFTの転売・売買を行う

Chain of Legendsでは、土地などNFTを活用してゲームをプレイすることになる。

NFTのため、Chain of Legendsで利用していたNFTは売買することが可能だ。

ゲーム内でレベル上げしたNFTを売買するといった運用でも、稼いでいくことが可能だろう。

招待する

Chain of Legendsでは、知り合いなどを特定のリンクを通して招待することで稼げる機能がある。

友達などをChain of Legendsに招待し、招待先が利用することでCLEGなどを報酬として獲得可能だ。

Chain of Legends
引用元:Chain of Legends公式サイト

招待した人物がマーケットプレイスにて取引したり、実際にプレイなどをすることで、各項目に応じて一定の%を獲得可能になっている。

トークンの取引を行う

Chain of Legendsをプレイしなくとも、Chain of LegendsのCLEGは取引されているため、トークン自体の売買のみでも利益を出すこと自体は可能だ。

そもそも、プレイに興味がないという方であれば、そういった選択肢もあるだろう。

さまざまな方法で稼げるChain of Legendsの利用には、国内仮想通貨取引所での口座開設がはじめに必要となる。

まだ、国内仮想通貨取引所の口座を開設していないなら、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

LINE BITMAXなら、シンプルな取引画面で取引が可能となっており、初心者でも比較的かんたんに利用できるはずだ

\ 最短5分で申込完了! /

Chain of Legendsの使い方

これから、Chain of Legendsの使い方・機能を、「Home・Marketplace・My Lands」などの画面ごとに解説していく。

Chain of Legendsの使い方をマスターしていこう。

「Home」の使い方

Chain of Legendsへウォレットを接続して、はじめに出てくる画面が「Home」という名称の画面だ。

Chain of Legends
引用元:Chain of Legends公式サイト

この画面では、自身が保有している土地や施設の状況をチェック可能となっている。

また、施設から獲得できる資源も回収できる画面となっているため、頻繁に利用することになるだろう。

「Marketplace」の使い方

左下に表示されている「Marketplace」からは、Chain of Legends関連のNFT・アイテムを購入できる画面になっている。

前述の通り、Chain of Legendsをはじめるにあたって必要な土地などを購入する際に利用することになる画面だ。

こちらも、NFTの購入などに伴い、利用する機会が多いと言えるだろう。

「My Lands」の使い方

中央下、「Home」の左横にあるのが「My Lands」だ。

My Landsでは、自身が保有しているLands(土地)をチェックできる画面になっている。

上記のような使い方が可能なChain of Legendsの利用には、仮想通貨が必要だ。

まだ、仮想通貨を購入するための国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXをチェックしてみよう。

LINE BITMAXであれば、普段から利用しているLINEから口座開設〜取引までが可能となっているため、初心者でも気軽にスタート可能になっている。

\ 最短5分で申込完了! /

Chain of Legendsの今後の予想/将来性

これから、Chain of Legendsの今後・将来性について、Chain of Legendsのロードマップ(参照元:Chain of Legends公式サイト)を参考に解説していく。

Chain of Legendsのこれからをチェックしていこう。

2022年Q3〜Q4の予定

Chain of LegendsのQ3〜Q4での開発・アップデート予定は、以下の通りとなっている。

2022年Q3〜Q4での予定
  • 取引所での上場
    (DEXなど)
  • PvE要素の構築
  • PvP要素の構築
  • ギルドシステムの実装
  • CEXへの上場

2022年Q3〜Q4では、複数の予定があることが分かるが、全体的にゲームの新要素にフォーカスしていると言えるだろう。

Chain of Legendsは、まだまだ完成形のゲームとは言えず、今後時間が経つれてより完成度が高まっていく。

また、CEX(中央集権的な取引所)での上場も予定されているため、上場に伴う価格変動などには注視していきたいところだ。

2023年移行の予定

Chain of Legendsでは、2024年までの大まかなロードマップが公開されている。

その中でも、注視して行きたい開発・予定・アップデートをいくつかチェックしていく。

2023年以降のChain of Legends
  • チャットシステムの実装
  • アイテムをマーケットプレイスで取引可能に
  • 2V2などのアリーナバトルの実装
  • フィードバックを元にした開発

今後、さまざまな開発が予定されていることが分かる。

特に注目したいのは「アリーナバトルの実装」だ。

アリーナバトルについては自動化されておらず(放置不可でプレイする必要がある)、Chain of Legendsが現在実装しているモードとは大きく異なって来る可能性がある。

今後も、多数のアップデート・開発が予定されているChain of Legendsをはじめるには、国内仮想通貨取引所での口座開設が必要になる。

まだ、国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXからスタートしていこう。

LINE BITMAXであれば、LINEから口座開設〜取引までを完結することが可能になっており、気軽にはじめられるはずだ。

\ 最短5分で申込完了! /

Chain of Legendsに関するQ&A

どんなデバイスで遊べる?

PC・スマホともに、ブラウザからのプレイに対応している。

スマホからでも気軽にスタート可能だ。

どんなリスクがある?

Chain of Legendsへ投資をしても元を取れないリスクや、Chain of Legendsを利用するに伴って海外仮想通貨取引所・DEXなどを利用するリスクなどが考えられる。

原則、自己責任でプレイしていく必要がある。

Chain of Legendsのまとめ

この記事では、Chain of Legendsについて解説した。

この記事のまとめ
  • Chain of Legendsは放置で稼げるP2E系プロジェクト
  • 低い初期費用からスタートできる
  • BSCに構築されている
  • 利用にはCLEGが必要
  • 今後さまざまなアップデートが予定されている

Chain of Legendsは、放置で利用できるP2Eプロジェクトではあるが、今後のアップデートによってしっかりとプレイが必要になるゲームとなる可能性もある

CEXへの上場なども予定しているため、今後注視していきたいとプロジェクトであると言えるだろう。

Chain of Legendsの利用には、仮想通貨が必要になっており、仮想通貨の購入には国内仮想通貨取引所での口座開設が必要だ。

まだ、国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、LINE BITMAXからスタートしよう。

LINE BITMAXであれば、LINEから口座開設〜取引を完了できるため、Chain of Legendsをはじめるための仮想通貨を気軽に購入できる。

また、取引画面自体もシンプルで、初心者でもかんたんに利用できるはずだ。

はじめての仮想通貨取引所なら、LINE BITMAXをチェックしてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

Chain of Legends

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる