エイダコイン(ADA/カルダノ)とは?今後の見通し・将来性や価格推移を徹底解説

カルダノ

国内取引所で取り扱われる仮想通貨は、すべて上場前の厳しい審査を通り抜けている。

そのため、仮想通貨としての安全性や信頼性は、海外取引所で取り扱われているアルトコインよりも高いといえるだろう。

その中でも近年、複数の国内取引所に上場を果たし、その存在感を強めているのがエイダコイン(カルダノ/ADA)だ。

この記事では、エイダコイン(カルダノ/ADA)の特徴や将来性などについて解説していく。

この記事からわかること
  • エイダコイン(カルダノ/ADA)はオンラインカジノ内の通貨として開発
  • 分散型アプリケーション(DApps)の開発基盤としても活用が進む
  • 独自の取引承認を採用することで従来の仕組みより環境に配慮している
  • 学術的な知見や研究から安全性や透明性を証明
  • 独自のスマートコントラクトで修正・変更が容易
  • 国内外での取引所の多くで上場している

エイダコイン(カルダノ/ADA)はブロックチェーンプラットフォーム「カルダノ」内で利用されている仮想通貨だ。

海外のみならず、国内取引所でも続々取り扱いがスタートし、現在の時価総額ランキングは8位と上位をキープ。

ビットコインで課題となっている消費電力の問題をクリアしており、これからの活用が期待できる通貨といえるだろう。

なお、エイダコイン(カルダノ/ADA)は2022年5月にDMM Bitcoinでの取り扱いがスタートしている。

DMM Bitcoinは取引手数料無料・高いセキュリティが強みであるため、興味のある方は公式サイトをチェックしてほしい。

目次

エイダコイン(カルダノ/ADA)とは

エイダコイン公式サイト
引用:Cardano
名称エイダコイン
シンボルADA
価格$0.4718
時価総額(2022年7月現在)$15,917,716,190
時価総額ランキング(2022年7月現在)8位
購入できる取引所DMM Bitcoin、BITPOIN、GMOコイン
公式サイトCardano公式サイト

エイダコイン(カルダノ/ADA)は2016年10月にリリースされた、分散型アプリケーション(DApps)の開発プラットフォームだ。

カルダノ財団とIOHK社によって開発されており、史上初のプログラマーである「エイダ・ラブレス氏」から名称の着想を得ている。

元々エイダコイン(カルダノ/ADA)は、オンラインカジノ「カルダノ」での利用目的として開発

従来のカジノが持つ不透明な部分を解消しており、その有用性から教育や金融といった分野でも現在活用が進んでいる。

また、日本人が開発チームに参画していることもあり、国内での認知度を高めている仮想通貨のひとつだろう。

エイダコイン(カルダノ/ADA)はDMM Bitcoinから簡単に取引できる。

スマホからの取引にも対応しているため、興味のある方はDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてほしい。

エイダコイン(カルダノ/ADA)の基本的な特徴

エイダコイン(カルダノ/ADA)が持つ特徴は以下の通りである。

エイダコイン(カルダノ/ADA)の基本的な特徴
  • 独自のコンセンサスアルゴリズムの採用
  • 従来の課題を解消するスマートコントラクトの導入
  • 大型アップデートにより機能性を向上

独自のコンセンサスアルゴリズムの採用

エイダコイン(カルダノ/ADA)は独自のコンセンサスアルゴリズムである「ウロボロス」を採用しているのがポイントだ。

コンセンサスアルゴリズムとは?

ブロックチェーン上の取引内容の正誤性を判断し、承認するための仕組み。

非中央集権で管理されるブロックチェーンでの絶対的ルールとなっている。

ウロボロスは心理学や経済哲学、数々の研究を土台として開発されているのが特徴だ。

学術的に安全性が証明されているため、ブロックチェーンの持続性を保ち、ユーザーが信頼感を持ってネットワークに参加できるだろう。

また、ウロボロスはPoSの一種となっており、エイダコイン(カルダノ/ADA)の保有量によって取引承認者が決まる

PoSは従来の取引承認の仕組みとなる「PoW」と異なり、取引承認をめぐってユーザー間での競争をする必要がない。

PoWが持つ電力消費による環境問題を解消している点が、エイダコイン(カルダノ/ADA)の活用が進んでいる大きな要因といえるだろう。

従来の課題を解消するスマートコントラクトの導入

エイダコイン(カルダノ/ADA)は独自のスマートコントラクト「Plutus」を導入している点も特徴だ。

従来のスマートコントラクトでは、決済や計算などといった作業を1つの台帳でまとめて行なってきた。

そのため、細かな修正や変更を行う場合は、システム全体の変更が必要となる。

しかし、Plutusは異なる大腸を紐付けするレイヤーという仕組みを搭載し、個別での修正に対応しているのがメリットだ。

また、論理的な間違いが起こりにくいプログラミング言語の使用や個人情報の記録などを可能にしており、従来のスマートコントラクトよりも大きく機能性を向上させている。

大型アップデートにより機能性を向上

カルダノロードマップ
引用:Cardano

エイダコイン(カルダノ/ADA)の基盤となる「カルダノ」は、5段階の開発に分類されているのも特徴だ。

公式ページでは以下のような開発を計画しており、アップデートが行われる度に仮想通貨としての注目を集めてきた。

カルダノのアップデート
  • Byron:カルダノの基礎部分の開発
  • Shelley:分散化による安全性と堅牢性の向上
  • Goguen:スマートコントラクトの統合
  • Basho:スケーラビリティの改良
  • Voltaire:ガバナンスシステムの実装

現在はブロックチェーンとPlutusの重要アップデートを行なっており、スケーラビリティの改善に努めている状況だ。

今後も大型のアップデートを控えていることからも、エイダコイン(カルダノ/ADA)はこれからの伸び代が期待できる通貨といえるだろう。

【2022年最新】エイダコイン(カルダノ/ADA)の現在の価格推移

時価総額ランキングも上位に位置しており、注目度を高めているエイダコイン(カルダノ/ADA)。

ここでは現在の価格推移を見ていこう。

以下は2022年最新のエイダコイン(カルダノ/ADA)のチャートとなっている。

2022年エルダコイン価格推移
引用:Trading View

2022年、エイダコイン(カルダノ/ADA)の価格は$1未満で推移している。

年初ではカルダノ基盤のメタバースプラットフォームの発表やDEXの登場などにより、価格高騰の期待値が高まった。

その結果、$1.6ほどまでに価格を上昇させるものの、1月中頃には$1までに価格が抑えられている。

4月・5月には株式市場の影響やLUNAショックが要因となり、仮想通貨市場が大きく下落

エイダコイン(カルダノ/ADA)もその煽りを受け、価格の上昇が抑えられたまま推移を続けている。

現在、エイダコイン(カルダノ/ADA)はDMM Bitcoinでの取り扱いがスタートしている。

興味のある方はDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてほしい。

エイダコイン(カルダノ/ADA)の過去の価格推移

現在、$1未満の価格帯で推移しているエイダコイン(カルダノ/ADA)。

では、過去の価格はどのようになっているのだろうか。

ここでは以下の期間に分けて、エイダコイン(カルダノ/ADA)の価格推移をチェックしていこう。

エイダコイン(カルダノ/ADA)の過去の価格推移
  • 2020年8月〜2020年12月
  • 2021年1月〜2021年12月

2020年8月〜2020年12月

2020年8月〜2020年12月エイダコイン価格推移
引用:Trading View

2020年のエイダコイン(カルダノ/ADA)は注目度が低く、$0.1とほぼ横ばい状態である。

年内には価格上昇に影響する大きなニュースがなかったため、価格変動幅が小さいのも無理もないだろう。

11月の中頃からは少し動きが見られ、価格を$0.2近くまで上昇させて推移している。

2021年1月〜2021年12月

2021年1月〜2021年12月エイダコイン価格推移
引用:Trading View

2021年は仮想通貨ブームの再来により、エイダコイン(カルダノ/ADA)にも大きな変化が見られた。

前年までは$0.2であった価格は1月に入ると価格が上向き始め、5月の中頃には$2と10倍までの価格上昇を見せた。

同時期に発表された「イーサリアム系トークンの互換性機能」は、価格上昇に大きく影響したといえるだろう。

その後は価格を一時的に落としたが、8月に入ると価格は再度上昇。

国内取引所BITPOINTへの上場をきっかけに、9月3日には過去最高額となる$2.96の終値をつけている。

売りの圧力により年末には$0.8ほどまでに価格を落としたが、エイダコイン(カルダノ/ADA)が大きく飛躍した年となった。

価格が落ち着いている今だからこそ、仮想通貨の買い時だといえる。

DMM Bitcoinでは取引手数料を気にせず仮想通貨を入手できるため、興味のある方は公式サイトをチェックしてみよう。

エイダコイン(カルダノ/ADA)の今後の予想/将来性

独自のコンセンサスアルゴリズムやスマートコントラクトなど、エイダコイン(カルダノ/ADA)は仮想通貨としての将来性を感じさせる部分は少なくない。

他にも、今後のエイダコイン(カルダノ/ADA)の価格が上昇していくかは、以下のポイントが重要になるだろう。

エイダコイン(カルダノ/ADA)の今後の予想/将来性
  • 国内での上場が進んでいる
  • 数々の企業との提携
  • 決済通貨としての活用

国内での上場が進んでいる

エイダコイン(カルダノ/ADA)は国内での上場が進んでおり、国内進出を継続できるかがポイントだ。

事実、2022年5月にはHuobi Japan、2022年6月にはCoinTradeと相次いで国内取引所への上場を果たしている。

このことからも、「エイダコイン(カルダノ/ADA)の安全性・信頼性が国内で認められた」という見方もできるだろう。

今後も上場が進めばエイダコイン(カルダノ/ADA)の国内ユーザーの関心が高まり、価格が上昇していく可能性が考えられる。

数々の企業との提携

エイダコイン(カルダノ/ADA)はこれまで数々の企業とのパートナーシップを提携、その認知度の高まりを見せている。

例えば、カルダノ財団は2021年9月に開催された「カルダノ・サミット2021」にて、以下のような企業との提携を発表している。

提携が発表された企業
  • 米国の衛星放送サービス企業「Dish Network
  • 分散型オラクルプロジェクト「Chainlink」
  • 土地修復テクノロジー企業「Veritree

また、国内でもカルダノが手掛ける企業「EMURGO」は2018年の夏に東京理科大でのブロックチェーン講座を開催するといった動きを見せている。

大手企業との提携は、仮想通貨が知名度を高める絶好の機会となる。

今後も企業とのパートナーシップを積極的に行うことで、エイダコイン(カルダノ/ADA)の価格上昇に大きく影響してくるだろう。

決済通貨としての活用

エイダコイン(カルダノ/ADA)はDAppsの開発のみならず、決済通貨としての普及を推し進めている。

カルダノ財団は2019年11月にブロックチェーン企業と手を組み、「AdaPay」という決済サービスをリリースしている。

Adapay公式サイト
引用:AdaPay
AdaPayとは?

QRコードを読み取ることで、簡単にエイダコイン(カルダノ/ADA)決済が行えるサービス。

35種類の法定通貨を利用でき、リアルタイムでの両替に対応している。

AdaPayはすでに国内外に多くの加盟店を抱えており、その普及が広がっている。

エイダコイン(カルダノ/ADA)が今後普及していくかには、AdaPayの広い利用拡大も大きく影響してくるだろう。

現在、エイダコイン(カルダノ/ADA)はDMM Bitcoinから入手可能だ。

スマホからの仮想通貨取引にも対応しているため、興味のある方はDMM Bitcoin公式サイトからチェックしてみてほしい。

エイダコイン(カルダノ/ADA)を購入するタイミング・買い時

せっかくエイダコイン(カルダノ/ADA)を購入するのであれば、そのタイミングはしっかりと見極めたいところだ。

ここではエイダコイン(カルダノ/ADA)の購入タイミングや買い時について解説していく。

エイダコイン(カルダノ/ADA)を購入するタイミング・買い時
  • 大型アップデート発表直後
  • 大手取引所へ上場するタイミング
  • 仮想通貨市場の低迷時

大型アップデート発表直後

エイダコイン(カルダノ/ADA)の大型アップデート前後はユーザーの期待値が高まり、通貨価格が高騰しやすい。

大型アップデートを今後も控えているエイダコイン(カルダノ/ADA)は、今後も買い時のチャンスがあるだろう。

例えば、2021年9月の「Alonzo」アップデートが発表された際、7月後半ごろから価格が徐々に上昇。

$1であった価格は$3近くと、3倍以上に価格が高騰している。

エイダコイン大型アップデート
引用:Trading View

このように、通貨ホルダーの期待値は通貨価格の上昇につながりやすい。

そのためアップデート情報を常に収集しておき、次の大型アップデートを狙って取引を行なっていこう。

大手取引所へ上場するタイミング

エイダコイン(カルダノ/ADA)が大手取引所に上場する際も、絶好の買い時といえる。

価格高騰を期待するユーザーがその勢いに乗っかろうと仮想通貨を大量に購入するためだ。

前述した2021年9月の価格上昇は、国内取引所BITPOINTへの上場決定も大きく影響しているだろう。

今後、CoincheckやbitFlyerなど、国内のメインとなる取引所への上場が決まれば、大きく取り上げられる可能性は高い。

価格上昇から利確までのスパンが短いこともあり、なるべく早期のタイミングでエイダコイン(カルダノ/ADA)を入手しておきたいところだ。

仮想通貨市場の低迷時

エイダコイン(カルダノ/ADA)は仮想通貨市場が落ち込んでいるタイミングが購入しやすい。

仮想通貨市場全体の価格が軒並み低下するため、普段よりも安価な価格帯から購入できるだろう。

また、他の仮想通貨の価格動向に引っ張られて下落するパターンも多い。

エイダコイン(カルダノ/ADA)の価格帯は異なるものの、現在ビットコインと似た下落相場で推移している。

ビットコイン価格推移
引用:Trading View

ビットコインは時価総額1位を誇る通貨であり、多くのアルトコインの価格に影響を左右する存在でもある。

そのため、少なくともエイダコイン(カルダノ/ADA)にもビットコインの下落が響いているといえるだろう。

通貨価格の下落・今後の値上がりが期待できる点から、市場の熱が冷めている今が絶好の買い時である。

DMM Bitcoinであれば取引手数料を気にせず仮想通貨取引ができるため、興味のある方は公式サイトをチェックしてほしい。

エイダコイン(カルダノ/ADA)投資のリスク/注意点

エイダコイン(カルダノ/ADA)へ投資する際は、以下の注意点についてしっかり押さえておく必要がある。

エイダコイン(カルダノ/ADA)投資のリスク/注意点
  • ロードマップの進行に遅れが出た過去がある
  • 以前に詐欺コインとレッテルを貼られている

ロードマップの進行に遅れが出た過去がある

カルダノはブロックチェーンソフトの開発の遅れにより、エイダコイン(カルダノ/ADA)の発行が遅延したという過去がある。

予定されていた期間の半年以上経ってから通貨発行が行われ、投資家からの不信感を生み出す要因となってしまった。

こうしたプロジェクトの遅延により通貨価格が暴落し、保有する仮想通貨によって損失が生まれる可能性があるだろう。

現在、カルダノはプロジェクトの進捗情報を逐一公開し、大型アップデートを進めている。

最新情報は常にチェックした上で、エイダコイン(カルダノ/ADA)の購入を進めてほしい。

以前に詐欺コインとレッテルを貼られている

エイダコイン(カルダノ/ADA)はリリース当初、悪い噂が絶えず、詐欺コインと称された時期もある。

上記で解説した仮想通貨リリースの遅延も影響しているが、以下のような理由も挙げられる。

詐欺コインと疑われた理由
  • プレリリース時の販売価格が高額であったため
  • ICO時の94%が日本からの出資であったため
  • 情報商材屋を宣伝担当に任せていたため

上記の理由から投資家からの不安や猜疑心を招く結果となり、エイダコイン(カルダノ/ADA)リリース当初の価格が伸び悩んでいたのは事実だ。

過去のプロジェクト動向も購入判断材料にし、自己責任の下エイダコイン(カルダノ/ADA)購入を進めてほしい。

DMM Bitcoinでは2022年5月よりエイダコイン(カルダノ/ADA)の取り扱いをスタートしている。

興味のある方はぜひDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみよう。

エイダコイン(カルダノ/ADA)投資におすすめの取引所

エイダコイン(カルダノ/ADA)は現在、多くの国内取引所に上場している。

中でも、エイダコイン(カルダノ/ADA)投資におすすめな取引所は以下の通りだ。

エイダコイン(カルダノ/ADA)投資におすすめの取引所
  • DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
  • BITPOINT(ビットポイント)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin-top
引用:DMM Bitcoin
名称DMM Bitcoin
取り扱い通貨数現物取引:11種類
レバレッジ取引:15種類
売買手数料無料 ※BitMatch取引手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM BitcoinはDMMグループが運営する国内大手の仮想通貨取引所である。

DMMグループが運営していることもあり、セキュリティの高さと安心して取引できるの点が特徴だ。

エイダコイン(カルダノ/ADA)を始めとしたアルトコインを数々取り扱っており、現物取引では11種類の通貨取引が行える。

取引にかかる手数料は全て無料であるため、頻回な取引でも余計なコストの心配をする必要がない。

また、レバレッジ取引に対応し、効率的な資産形成が行えるのも魅力である。

最大2倍のレバレッジが可能であるため、少ない資金から大きな利益を狙えるだろう。

取引画面の視認性や操作性が優れているため、ぜひDMM Bitcoin公式サイトから詳細をチェックしてみよう。

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT-top
引用:BITPOINT
名称BITPOINT
取り扱い通貨数13種類
売買手数料無料 
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス現物取引
貸して増やす
ステーキング
公式サイトBITPOINT公式サイト

BITPOINTはリミックスポイントが運営している仮想通貨取引所だ。

リミックスポイントは東証2部に上場しており、取引所としての信頼性やセキュリティの高さを売りにしている。

公式サイト上では仮想通貨に関する記事を掲載しているため、仮想通貨を取引したことがない人でも学びながら取引を進められる点は魅力だろう。

国内で最初にエイダコイン(カルダノ/ADA)の取り扱いをスタートしており、他にもJMYやDEPなどの珍しい通貨も取引可能だ。

また、エイダコイン(カルダノ/ADA)に関してはステーキングに対応している。

年利3.5%〜5.3%の高金利から運用できるのが魅力となっており、事前の申し込みが不要ですぐにスタートできるだろう。

登録自体も簡単に行えるため、興味のある方はBITPOINT公式サイトから詳細をチェックしてみよう。

エイダコイン(カルダノ/ADA)の今後の予想のまとめ

エイダコイン(カルダノ/ADA)の特徴や今後の予想について解説してきた。

今回の内容をまとめると以下の通りである。

この記事のまとめ
  • エイダコイン(カルダノ/ADA)はオンラインカジノ内の通貨として開発
  • 分散型アプリケーション(DApps)の開発基盤としても活用が進む
  • 独自の取引承認を採用することで従来の仕組みより環境に配慮している
  • 国内取引所への上場、AdaPayの普及などが進めば価格が高騰する可能性がある
  • 過去にはプロジェクトの遅延や詐欺コインと称された点に注意
  • 大型アップデート時や大手取引所への上場時が買い時となる

エイダコイン(カルダノ/ADA)元々、オンラインカジノでの利用目的として開発された通貨だが、現在は幅広い分野で活用が進んでいる。

直近では国内取引所への進出も続いているため、今後は国内でも大きく話題に取り上げられる可能性があるだろう。

そんなエイダコイン(カルダノ/ADA)は現在、$1未満と低価格で推移している。

DMM Bitcoinではエイダコイン(カルダノ/ADA)を手軽にスマホから取引できるため、興味のある方は公式サイトからチェックしてみてほしい。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

カルダノ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる