ビットコイン(BTC)・仮想通貨の今後の見通しは?暴落理由や価格予想/将来性を徹底解説

ビットコイン

新たな投資対象として注目されつつあるビットコイン(BTC)を含めた仮想通貨だが、2021年より下降相場が続いている。

今後も下降相場が続くようであれば、心配で投資できないと考える人もいるだろう。

そこで、この記事ではビットコイン(BTC)の今後の見通しについて紹介する。

この記事から分かること
  • テスラ社が、それまで保有していたビットコインの大部分を売却したこと
  • ブラックロックがビットコイン私募投信を開始する発表をしたこと
  • 米国市場の影響を受けビットコインも下落傾向にあるものの、価格上昇の可能性もあること
  • 2024年には半減期を控えているため、過去の傾向から予想すると価格が上昇する可能性が高い
  • ビットコインを購入する場合は、各種取引手数料が無料の「DMM Bitcoin」が使いやすいこと

ビットコインは仮想通貨を代表する銘柄の一種で、2022年8月時点で仮想通貨の時価総額ランキングにおいて1位を記録している。

仮想通貨の王様としても名高いビットコインは、長期的に見ると価格が上昇する可能性が高い。

そのため、ビットコインの将来性を期待している人は、直近の底値に近い今のうちに購入するのも得策かもしれない。

この機会にビットコインを購入したいと考える人に向けて、仮想通貨取引所のなかでも人気のある「DMM Bitcoin」を紹介する。

DMM Bitcoinは各種手数料が無料であることに加えて、登録開始から最短1時間で取引が可能だ。

スマホがあれば簡単に登録できるため、この機会にDMM Bitcoin公式サイトで詳細を確認しておこう。

目次

【2022年】ビットコイン(BTC)に関する最新ニュース

2022年9月時点のビットコイン(BTC)に関する最新ニュースは以下の通りだ。

ビットコインの最新ニュース
  • テスラ社、保有ビットコインの大部分を売却
  • ブラックロックがビットコイン私募投信を開始
  • イーサリアムの「Merge(マージ)」の日程が決まる

テスラ社、保有ビットコインの大部分を売却

2022年7月20日、アメリカの大手EVメーカーであるテスラ社は、保有していたビットコインの4分の3(75%)を売却したことを発表した。

As of the end of Q2, we have converted approximately 75% of our Bitcoin purchases into fiat currency.

2022年度第2四半期決算報告書「FINANCIAL SUMMARY」-Tesla

イーロン・マスク率いるテスラ社がビットコインを購入したことを発表したのは2021年2月のことだったが、それが報道されるとビットコインが急騰し、過去最高値を更新した。
※後述する「ビットコイン(BTC)の過去の価格推移」にて確認できる。

その後は仮想通貨市場が白熱し、ビットコインを含むあらゆる仮想通貨がピークを迎えた。

しかし、その後は仮想通貨市場全体が後退の兆しを見せるようになり、相場が急落した2021年5月時点では、同社CEOであるイーロン・マスクはビットコインを売却しない姿勢を見せていた。

ところが、それから約1年後である2022年7月、保有ビットコインの大部分を売却してしまったのである。

売却理由としては、キャッシュポジションを最大化するためと説明している。

背景には、新型コロナの感染拡大により、中国拠点の工場稼働が停止してしまっていること、また、再開時期の見通しが経たないことを挙げている。

つまり、この売却は一時的なものであり、中国の状況次第では再度ビットコインを購入する可能性もあるのだ。

実際、7月21日付のYahoo!ニュースによれば、決算説明会にてイーロン・マスクは将来的にビットコインの保有量を増やす可能性も示唆しているため、ビットコイン市場から撤退する意向を示しているわけではないようだ。

ブラックロックがビットコイン私募投信を開始

ブラックロック(BlackRock)といえば、アメリカに拠点を構える世界最大の資産運用の企業である。

2022年8月11日付のロイター通信によれば、ブラックロックがビットコイン私募投信を開始することを発表した。

これにより、今後はビットコインへの投資が、より身近で親しみやすいものになる可能性がある。

ブラックロックがビットコインの私募投信を新たに始めることになると、機関投資家がビットコインに投資ができるようになるためである。

ビットコインのようなデジタル資産は、伝統的な投資をしてきた人々からすると、まだまだ「得体の知れないもの」かもしれない。

そのような中で、大手企業がビットコインの私募投信を始めるとなると、仮想通貨投資がより身近なものになり、ひとつの投資先としての確固たる地位を確立できるようになる。

今後、仮想通貨はさらに投資家の間に浸透するようになり、結果としてビットコインを含む仮想通貨市場全体が盛り上がりを見せる可能性がある。

ブラックロックがビットコイン私募投信を開始することで、今後どのような影響が出るのかが楽しみである。

イーサリアムの「Merge(マージ)」の日程が決まる

現在も数多く存在する仮想通貨の中で、最も時価総額が大きい銘柄はビットコインだが、2番目の銘柄はイーサリアムである。

この2銘柄は仮想通貨市場を代表するものであり、したがって、しばしばお互いに強く影響を受けることがある。

今回はイーサリアムに大きな動きがあったため、その影響を受けて、ビットコインの価格も大きく上昇する可能性がある。

2022年8月24日、イーサリアム財団は、イーサリアムの大型アップデート「Merge(マージ)」公式スケジュールを発表した。

イーサリアムはこれまで「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」というコンセンサスアルゴリズム(取引承認の仕組み)を採用してきた。

今回のMergeにより、コンセンサスアルゴリズムが現行のPoWから「PoS(プルーフ・オフ・ステーク)」に移行される。

この移行が実現すると、エネルギー効率は向上し、また、ネットワークの安全性も高くなることが予測される。

肝心のMergeのスケジュールだが、発表によれば2022年9月15日頃となるようだ。

ところで、2021年7月にも大型アップデートが行われたが、その前後2週間でイーサリアムは大きく上昇した過去がある。

そのため、今回もMergeの前後2週間はイーサリアムの価格が大きく上昇する可能性がある。

もしもイーサリアムの価格が大きく上昇した場合、ビットコイン価格もそれに影響を受け、上昇する可能性が高い。

したがって、9月中はビットコイン価格が大きく変動する可能性があり、注目しておくべきである。

ビットコインの今後に期待したいならば、DMM Bitcoinでの口座開設を検討しておいても良いだろう。

【2022年9月】ビットコイン(BTC)の現在の価格推移

2022年に入ってから同年9月現在のビットコイン(BTC)の価格推移は以下の通りである。

現在のBTCチャート
引用元:Trading View

2022年6月中旬頃から上昇を続けてきた米国市場だが、同年8月中旬~下旬頃から下落を始めた。

ビットコインを始めとする仮想通貨市場は、世界の経済、特にアメリカの経済の動きに影響を受けやすい性質があるが、今回も例外では無かった。

8月のアメリカの金融市場における大きな関心事といえば、FRBの金融政策が挙げられる。

FRBには、1970年代に反省すべき金融政策を行った過去がある。

1970年代、FRBは進みつつあったインフレを抑えるための対策として利上げを行った。

ところが、1973年頃から景気が悪化してくると、まだインフレが収まっていなかったにもかかわらず利下げを始めた。

結果として経済は混乱することとなり1980年代に入っても景気は回復せず、インフレの鎮静化に数年を要してしまった。

2022年8月上旬まで過熱が続いた米国市場だったが、FRBは1970年代の反省を活かし、経済の必要以上な過熱を抑える方向に動き始めた。

そして、8月中旬~下旬を皮切りに、市場は落ち着きを取り戻す動きを見せ始めた。

その動きの影響を受け、ビットコイン価格も下落の兆しを見せている。

今後も価格下落が続く可能性については、充分に注意が必要である。

しかし、8月にはブラックロックのビットコイン私募投信開始の発表があったことや、9月にはイーサリアムがMerge(大型アップデート)を行うことなど、上昇要因となりうる可能性については無視できない。

今後のビットコイン価格が回復をするとしたら、価格を下げている今こそ買い時とも考えられる。

ビットコインの将来性に期待できると考えるならば、DMM Bitcoinで取引準備をしてみてはいかがだろうか。

ビットコイン(BTC)の過去の価格推移

ビットコイン(BTC)の過去の価格動向を以下の通りにまとめた。

ビットコイン(BTC)の過去の価格動向
  • 〜2013年(ビットコイン誕生)
  • 〜2018年(ビットコインバブル到来と停滞期)
  • 〜2021年(過去最高値更新)

〜2013年(ビットコイン誕生)

BTC~2013年の価格動向
引用元:Trading View

2000年代のリーマンショックを受けて開発されたビットコイン(BTC)は、2009年から利用され始める。

その後、個人間取引ができるとインターネット上で話題になり、2010年にはビットコインを利用した取引が成立

2010年のビットコイン価格はわずか0.2円程度で、同時期に100枚のビットコインを購入したとしても20円しかかからない。

今や同じ100枚を購入するとなると3億円近くかかることから、この時期にビットコインを仕込んでいたら、億万長者を狙えたのも事実だ。

そして、徐々にメディアに露出しつつあったビットコインは、2012年末に1,000円台にまで価格が上昇している。

さらに、2013年には中央銀行に対する信用が低下した影響によってビットコインへの信頼性が上昇して、7万円もの価格を記録した。

〜2018年(停滞期とビットコインバブル到来)

BTCの価格動向~2018年
引用元:Trading View

2014年からのビットコイン(BTC)はマウントゴックスの流出事件が起きた影響で、価格が下降気味になる。

一時8万円近くつけていたビットコインの価格は、2015年始めに2万5,000円程度にまで落ち着いてしまった。

以降は2017年4月頃まで長いボックス相場に入り、価格の停滞期に突入する。

チャートを確認すると2017年4月頃から徐々に価格が上昇しているが、仮想通貨交換業者の登録が開始したのが影響とされている。

また、同時期に流行し出したのがICOである。

ICOとは?
  • Initial Coin Offeringの略称で、新規仮想通貨上場を意味する
  • 株式投資におけるIPOにあたる

ICOの流行によって再び盛り上がりを見せた仮想通貨市場につられるようにしてビットコインの価格も上昇。

2018年のビットコインは当時過去最高値となる190万円近くを記録した。

〜2021年(過去最高値更新)

BTCの価格動向~2021年
引用元:Trading View

2018年の高騰を皮切りに仮想通貨への注目はさらに集まるようになり、投資対象としても注目されるようになった。

実際にマイクストラテジーテスラなどの大企業がビットコイン(BTC)を購入していることも発表している。

大企業がビットコインを購入している影響もあり、市場はさらに加熱し、2021年11月には過去最高値となる777万円を記録した。

ビットコイン(BTC)を購入するタイミング・買い時は?

ビットコイン(BTC)を購入するタイミングの目安は以下の通りである。

ビットコイン(BTC)を購入するタイミングは?
  • テクニカル分析を参考にする
  • 半減期を目安にする
  • 底値で拾う

テクニカル分析を参考にする

ビットコイン(BTC)を購入する際はテクニカル分析を参考にするとよいだろう。

テクニカル分析とは?
  • 過去の値動きをもとに将来的な価格推移を分析する手法
  • チャートへの理解があれば誰でもできる
  • 予想外のニュースには対応しにくい側面もある

さまざまなトレーディングツールを利用できる現代では、個人投資家でも問題なくテクニカル分析を利用できる。

ただし、あくまでも分析手法の一環としてテクニカル分析を利用してほしい

テクニカル分析のみを過信しすぎると、突然の悪いニュースに対応できない可能性が十分に考えられる。

そのため、テクニカル分析のみならず、普段から仮想通貨に関するニュースには耳を傾けておくのが大切だ。

半減期を目安にする

ビットコイン(BTC)を購入する際は半減期を狙うというのも1つの手法である。

ビットコインの半減期とは?
  • マイナーの受け取れる報酬が半減するタイミング
  • 4年に1度実施される

ビットコインのマイナー報酬が半減されると、価格が上昇する傾向にある。

例えば、前回の半減期であった2020年5月11日以降の週足チャートを確認すると以下の通りとなっている。

BTC前回の半減期
引用元:Trading View

明らかに5月以降から価格が上昇していることを確認可能だ。

他にも2020年より前の半減期である2016年7月11日以降のチャートを確認すると以下の通りである。

2016年以降の半減期
引用元:Trading View

2017年から2018年にかけて大幅に価格が上昇しているのが見受けられる。

いずれにせよ半減期以降の価格は上昇傾向にあるため、半減期を目安にビットコインを仕入れてみるのも良いかもしれない。

次回の半減期は2024年を予定しているため、投資の際に参考になるだろう。

底値で拾う

投資の原則ではあるが、相場の底値で購入できれば損失を計上することはない

しかし、確実に底値で拾う方法はいまだに確立されておらず、投資における永遠の課題ともいえる。

ある程度の底値でビットコイン(BTC)を購入するために、正確な取引ツールが役に立つ。

特に仮想通貨の相場は激しく変動しやすいため、スマホで気軽にチャートを確認できるとなお良いだろう。

今回紹介しているDMM Bitcoinは、PCだけでなくスマホ向けの取引ツールも提供しており、いつでもビットコインの相場を確認することができる

また、最短1時間で取引を開始でき初心者でも始めやすいことも大きな魅力だろう。

ビットコイン(BTC)の今後の予想や見通し・将来性

ビットコイン(BTC)の今後の予想や見通しは以下の通りだ。

ビットコイン(BTC)の今後や見通し・将来性
  • 2024年には半減期が到来
  • ライトニングネットワークによる利便性の向上
  • ビットコインATMの設置台数は縮小傾向

2024年には半減期が到来

2024年には半減期が到来する予定だ。

半減期の前後はビットコイン(BTC)の価格が変動しやすいため、一時的に価格の流動性が高くなるだろう。

ただし、過去の例を見ても半減期後は価格が上昇傾向にあるのも事実だ。

過去の例を信じるのであれば、2024年より前にビットコインをある程度仕込んでおくと面白い結果が訪れるかもしれない。

ライトニングネットワークによる利便性の向上

ビットコイン(BTC)は取引速度の遅さが課題とされていた。

実際にビットコインの送金スピードは理論的に10分程度であるのに対して、国際送金を目的としている「リップル(XRP)」はわずか3.3秒と言われている。(参考:How XRP Stacks Up Against Other Digital Assets)

以上のような送金スピードの課題を野放しにしていると、リップルなどのビットコインの代替銘柄に地位を奪われる可能性がある。

そこで、ビットコインではライトニングネットワークによって送金スピードの改善に取り組もうとしている

ライトニングネットワークとは?
  • ビットコインのレイヤー2ソリューション
  • ネットワーク全体に記録する必要がないため、送金スピードが早い

ライトニングネットワークをうまく活用できれば少額決済も可能になり、ビットコインが抱えていたスケーラビリティ問題も解決できる。

ただし、ライトニングネットワークはセキュリティの脆弱性も指摘されているのも事実だ。

今後ライトニングネットワークが普及していくためには、セキュリティ面の強化が待たれる。

ビットコインATMの設置台数は縮小傾向

ビットコイン(BTC)に関する将来性は良いことばかりではない。

2022年に入ってから仮想通貨の地合いが悪い影響もあり、ビットコインATMの設置台数は減少傾向にある。

特に同年5月のビットコインATM設置台数は過去最低水準だったようだ。

しかし、6月に入ってからビットコインATMの設置台数は回復の兆しを見せている。

そろそろビットコインの価格も回復するだろうという期待も込められているのだろう。

もし、今後の期待を込めてビットコインを購入するのであれば、ぜひDMM Bitcoinの公式サイトを確認しておこう。

ビットコイン(BTC)を購入するのにおすすめの取引所

ビットコイン(BTC)を購入するのにおすすめの取引所は以下の通りだ。

ビットコイン(BTC)を購入するためにおすすめの取引所3選
  • DMM Bitcoin
  • ビットフライヤー
  • LINE BITMAX
  • コインチェック

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin-top
引用元:DMM Bitcoin公式サイト
現物取引販売所…11銘柄
レバレッジ取引15銘柄
最小発注量現物…0.0001BTC相当額
レバレッジ…0.01BTC相当額
取引手数料販売所…0円
レバレッジ取引…0円
公式サイトDMM Bitcoinの公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinはレバレッジ取引の取り扱い銘柄数が国内取引所でNo.1を誇る取引所だ。

さらに、各種手数料が無料であるため、手数料を気にせずに取引を楽しめる点も魅力だと言える。

365日対応サポートも実施しているので、仮想通貨初心者でも安心して取引に臨めるだろう。

仮想通貨初心者から中級者までおすすめの取引所なので、この機会にDMM Bitcoin公式サイトで詳細を確認していこう。

LINE BITMAX

LINE-BITMAX_公式サイト-1-1024x638-1-top
引用元:LINE BITMAX公式サイト
現物取引販売所…6銘柄
レバレッジ取引6銘柄:最大2倍(売りのみ)
最小発注量販売所…0.00000001BTC
取引手数料販売所…0円
公式サイトLINE BITMAXの公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

LINE BITMAXは、メッセージアプリ「LINE」で手軽に取引できる仮想通貨サービスである。

LINEグループが発行するオリジナルの仮想通貨リンク(LN)を含む6銘柄の取引に対応している。

1円相当から取引が可能なため、仮想通貨取引を少額から始めたい人でも気軽に始められるのが特徴だ。

また、LINEアプリで取引が可能なため、別途アプリをインストールする必要が無い点も嬉しい。

仮想通貨取引に興味がある方は、ぜひLINE BITMAXで取引を始めてみてほしい。

\ 最短5分で申込完了! /

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer-top
引用元:bitFlyer公式サイト
現物取引販売所…15銘柄
取引所…1銘柄
レバレッジ取引1銘柄
最小発注量販売所…0.00000001BTC
取引所…0.001BTC
取引手数料(ビットコインの場合)販売所…0円
ビットコイン簡単取引所…約定数量 × 0.01 ~0.15%
公式サイトbitFlyerの公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

ビットフライヤーはビットコイン取引量において、6年連続No.1を記録した国内取引所である。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの15銘柄を1円から買付できるので、なんとなく仮想通貨に投資してみたい人ほど利用してほしい。

また、業界最長7年以上ハッキング件数0というセキュリティの高さも注目である。

クイック本人確認を利用すれば最短10分で口座開設できるので、今すぐ取引を始めることも大きな魅力だろう。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck
引用元:Coincheck公式サイト
現物取引販売所…16銘柄
取引所…5銘柄
レバレッジ取引なし
最小発注量販売所…500円相当額、0.001BTC相当額
取引所…0.005BTC以上かつ500円(相当額)以上から
取引手数料販売所…0円
取引所…0円
公式サイトCoincheckの公式サイト
関連記事Coincheckの評判
コンビニ入金、クイック入金は受付一時停止

コインチェックはダウンロード数No.1を記録している国内取引所

コンビニ入金、クイック入金は受付一時停止している点は注意して頂きたいが、取引所の手数料がかからず、何よりも仮想通貨に関するサービスが充実している点が魅力的と言えるだろう。

コインチェックで展開している仮想通貨サービスは以下の通りだ。

コインチェックの主な仮想通貨サービス
  • Coincheckつみたて
  • Coincheck IEO
  • Coincheck NFT(β版)
  • Coincheckでんき
  • Coincheckガス

流行りのNFTに関するサービスも展開しているため、国内で仮想通貨に関するサービスを利用したいのであればコインチェックも使いやすいと言える。

ビットコイン(BTC)の今後の予想まとめ

ビットコイン(BTC)の今後の予想で特筆すべきポイントは以下の通りだ。

この記事のまとめ
  • 米国市場の動きに合わせてビットコインも価格を下げているが、今後回復する可能性があること
  • ビットコインを購入するタイミングはテクニカル分析だけでなく、さまざまな外的要因も加味するべきであること
  • 2024年に到来する半減期によって、価格の変動が激しくなる可能性があること
  • ビットコインを購入する場合は、口座開設まで1時間しかかからない「DMM Bitcoin」が使いやすい

2022年9月時点では下降相場が続いているビットコイン。

将来的に価格が上昇することも期待されるため、今のうちに購入しておくのも1つの手段だろう。

ビットコインを購入するのであれば、登録開始から最短1時間で取引できるDMM Bitcoinを確認してみてほしい。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

ビットコイン

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる