仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)とは?今後の見通しや将来性を解説

BAT(ベーシックアテンショントークン)は、Webブラウザを提供するbrave社による仮想通貨銘柄となっており、現在大きな注目を集めている銘柄の一つとなっている。

これから仮想通貨の取引や保有を検討している方には、気になる銘柄の一つであることは間違いないだろう。

この記事では、そんなBAT(ベーシックアテンショントークン)の特徴や過去の価格動向、今後の見通しや予想について詳しく紹介する。

この記事からわかること
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)とは、Webブラウザを提供するbrave社によって発行されている仮想通貨銘柄のこと
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)はユーザーが「Brave」のブラウザをダウンロードし、広告の視聴を選択することで獲得することができる
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)の今後の動向は、「Brave」のユーザー数をどれだけ伸ばすことができるかによって大きく変わる
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)は、YouTubeでの投げ銭機能以外にも様々な利用用途が増えることで、さらなる盛り上がりが期待されている
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)を取引するなら、DMM Bitcoinをはじめとした国内取引所のアカウントを作成する必要がある

これからBAT(ベーシックアテンショントークン)の取引を考えている方は、まず仮想通貨を取引できる国内取引所のアカウントを作成する必要がある。

数ある国内取引所の中でも、DMM Bitcoinは非常に使いやすく初心者にも安心の取引所なので、この機会にDMM Bitcoinの公式サイトを確認しておこう。

目次

BAT(ベーシックアテンショントークン)とは

引用:ベーシックアテンショントークン公式サイト
通貨名BAT(ベーシックアテンショントークン)
シンボルBAT
価格(2022年7月現在)57.68円
時価総額(2022年7月現在)86,623,949,533円
時価総額ランキング(2022年7月現在)64位
主な取引所DMM Bitcoin、Coincheck、GMOコインなど
公式サイトベーシックアテンショントークン公式サイト
関連記事仮想通貨のおすすめ銘柄

BAT(ベーシックアテンショントークン)とは、ウェブブラウザ「Brave」上で利用できる仮想通貨銘柄の一つとなっている。

開発の基盤にはイーサリアムブロックチェーンの技術が使われており、Firefoxの共同創設者として有名なBrendan Eichによって開発されたという特徴を挙げることができるだろう。

「Brave」はデフォルトで広告をブロックする機能が搭載されているが、ユーザーが広告を見ることを選択することで獲得できる仕組みとなっている。

つまり、BAT(ベーシックアテンショントークン)が普及するかどうかは、「Brave」の利用人口が増加するということと直結していると言えるだろう。

これからBAT(ベーシックアテンショントークン)の取引を考えている場合は、この機会にDMM Bitcoinの公式サイトもチェックしておこう。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の基本的な特徴

ここでは、BAT(ベーシックアテンショントークン)の基本的な特徴について確認していく。

BAT(ベーシックアテンショントークン)に関する知識を深めたい方は、ぜひ詳しくチェックすることを推奨する。

BATの基本的な特徴
  • ブラウザの「Brave」を使用することで獲得できる仮想通貨
  • BATはYouTubeなどの投げ銭にも利用することができる

ブラウザの「Brave」を使用することで獲得できる仮想通貨

先ほども少し触れたように、BAT(ベーシックアテンショントークン)はウェブブラウザの「Brave」を使用することで獲得できる仮想通貨となっている。

具体的には、ユーザーが自分のパソコンに「Brave」をダウンロードし、広告を視聴することを選択することで獲得することができる。

普段利用しているブラウザを「Brave」に変更することで仮想通貨を獲得できるので、非常にユニークなサービスと言えるだろう。

BATはYouTubeなどの投げ銭にも利用することができる

BAT(ベーシックアテンショントークン)の特徴として、クリエイターに対する投げ銭としても利用できることが挙げられる。

中でも動画投稿サイトとして有名なYouTubeともBAT(ベーシックアテンショントークン)は提携しており、自分の好きな動画コンテンツに対して投げ銭ができるのは嬉しい機能と言えるだろう。

他にもe-sportsのプレイヤーに投げ銭もできるなど、今後もその活用範囲は広がっていくことが予想できる。

今後、BAT(ベーシックアテンショントークン)を取引をしてみたい人は、DMM Bitcoinの公式サイトにもアクセスしておくことを推奨する。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の過去の価格推移

ここでは、BAT(ベーシックアテンショントークン)の過去の価格推移について確認していこう。

BAT(ベーシックアテンショントークン)のこれまでの価格推移を知っておくことで、これからの取引タイミングなどにも参考になるだろう。

2021年1月〜12月までの価格推移

2021年1月〜12月までの価格動向
引用:TradingView

まずは、2021年1月〜12月までのBAT(ベーシックアテンショントークン)の価格動向を確認していこう。

2021年はBAT(ベーシックアテンショントークン)だけでなく、仮想通貨市場全体が大きく躍進する年となった。

2021年の初めには約0.2ドル程度の価格帯だったBAT(ベーシックアテンショントークン)は大きく価格上昇し、最高1.8ドルを超えるまでの価格変動を見せている。

これは、新型コロナウイルスによる金融緩和策によっていわゆる金余り状態が起きたことにより、仮想通貨市場に大幅な資金流入があったことが挙げられる。

また、ビットコイン先物ETFの承認や、エルサルバドルが世界で初めてビットコインを法定通貨に採用するなど、良いファンダメンタルズがあったことも忘れてはならないだろう。

2022年1月〜現在までの価格推移

2022年1月〜現在までの価格動向
引用:TradingView

次に、2022年1月〜現在までのBAT(ベーシックアテンショントークン)の価格動向を確認していく。

上記の価格動向を表しているチャートのように、2021年12月から継続的な下落相場に直面している。

この原因としては、FRB(連邦準備制度)による大幅な利上げ、金融引き締め政策が大きく影響しており、この状況に懸念を示した投資家がリスク資産となる仮想通貨を売却していることが挙げられるだろう。

しかし、これはBAT(ベーシックアテンショントークン)だけでなく、仮想通貨市場ひいては株式市場全体が下落相場に直面している。

まだまだ先行きは不透明であるため、今後のBAT(ベーシックアテンショントークン)の価格動向には注意しておく必要があるだろう。

これからBAT(ベーシックアテンショントークン)をはじめとした仮想通貨取引を考えている方は、この機会にDMM Bitcoinの公式サイトも確認しておこう。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の今後の予想/将来性

ここでは、BAT(ベーシックアテンショントークン)の今後の予想を解説していく。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の保有を考えている方は、必ず今後の見通しは確認するようにしておこう。

BATの今後の予想
  • 「Brave」のブラウザを利用するユーザー数の増加
  • 新しい国内の仮想通貨取引所への上場

「Brave」のブラウザを利用するユーザー数の増加

BAT(ベーシックアテンショントークン)の今後の予想としては、「Brave」のブラウザを利用するユーザー数が増加することが考えられる。

というのも、ブラウザを利用するだけで仮想通貨を獲得できるのは非常に魅力的であり、BAT(ベーシックアテンショントークン)の知名度が向上することで「Brave」に乗り換えるユーザーは一定数いると考えられるだろう。

また、まだ「Brave」は一般的に有名なブラウザではないため、ユーザー数を増加される余地は十分に残っているとも考えられる。

新しい国内の仮想通貨取引所への上場

BAT(ベーシックアテンショントークン)は、今後新しい国内取引所への上場も考えられるだろう。

2022年7月現在、BAT(ベーシックアテンショントークン)は以下の国内取引所でランナップされている。

BAT(ベーシックアテンショントークン)を取り扱う国内取引所

上記のように、BAT(ベーシックアテンショントークン)はすべての国内取引所で取り扱われている訳ではなく、まだ上場の余地を残している。

新しい国内取引所への上場が決定することで、BAT(ベーシックアテンショントークン)への資金流入が考えられるため、価格が変動することも十分に考えられるだろう。

今後、BAT(ベーシックアテンショントークン)の取引をしていきたい方は、この機会にDMM Bitcoinの公式サイトを確認しておくと良いだろう。

BAT(ベーシックアテンショントークン)を購入するタイミング・買い時

BAT(ベーシックアテンショントークン)を取引するタイミングとしては、以下が考えられる。

BATの買い時
  • 短期売買ならテクニカル分析を参考にする
  • ビットコインの半減期を参考にする

それぞれ順番に詳しく確認していこう。

短期売買ならテクニカル分析を参考にする

主に短期売買でBAT(ベーシックアテンショントークン)を取引したい方は、テクニカル分析を参考にする方法がある。

テクニカル分析とは、チャートの形状や移動平均線などのテクニカルな方法で値動きを予想する取引方法であり、現在ではな様々なツールも無料で利用することができる。

ただし、テクニカル分析だけでは突発的なニュースに対応することができないので、ファンダメンタルズとも向き合いながらBAT(ベーシックアテンショントークン)の買い時を探ることを推奨する。

ビットコインの半減期を参考にする

BAT(ベーシックアテンショントークン)の買い時を探る方法として、ビットコインの半減期を参考するのも良いだろう。

ビットコインは約4年に一度のペースでマイナーの報酬が半減するタイミングがあり、そこでは通貨の供給量が減少するため価格が上昇しやすい傾向にある。

仮想通貨市場はビットコインの値動きとほぼ連動しているため、半減期にはBAT(ベーシックアテンショントークン)の価格も上昇しやすいと言えるだろう。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の保有を少しでも考えてている方は、初心者でも使いやすいDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみて欲しい。

BAT(ベーシックアテンショントークン)投資のリスク/注意点

ここでは、BAT(ベーシックアテンショントークン)を取引する上で、注意したいリスクについてもご紹介していく。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の取引を考えてる方は、事前にしっかり確認しておくことを推奨する。

BAT投資のリスク/注意点
  • 「Brave」のブラウザを利用する人口はまだまだ少ない
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)の使い道が広がらない可能性もある

「Brave」のブラウザを利用する人口はまだまだ少ない

BAT(ベーシックアテンショントークン)の注意点・リスクとしてまず考えられるのが、「Brave」のブラウザを利用する人口はまだまだ少ないことだろう。

「Brave」のブラウザを利用する人口はまだまだ少ない
引用:Statcounter Global Stats

上記の画像は、世界で利用されているブラウザのシェア率を示したものであり、ここに「Brave」がランクインすらできていない状況となっている。

それだけ「Brave」の伸び代があるとも言えるが、思うようにユーザー数を増やすことができないリスクも考えておく必要があるだろう。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の使い道が広がらない可能性もある

BAT(ベーシックアテンショントークン)のリスクとして、コインの使い道が広がらない可能性も考えられる。

現状、BAT(ベーシックアテンショントークン)の使い道としてはYouTubeなどでの投げ銭などしか使用用途はなく、使い道が限られてしまっている。

今後、さらなる利用用途がなければ、「Brave」の利用人口を増やしていくのも難しいだろう。

これからBAT(ベーシックアテンショントークン)などの仮想通貨取引を考えている方は、この機会にDMM Bitcoinなどの国内取引所のアカウントを準備してみてはいかがだろうか。

BAT(ベーシックアテンショントークン)投資におすすめの取引所

最後に、BAT(ベーシックアテンショントークン)の取引に便利な取引所をご紹介する。

まだ仮想通貨取引所のアカウントを持っていない方は、ぜひこの機会におすすめの取引所を確認しておこう。

BAT取引におすすめの取引所
  • DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
  • Coincheck (コインチェック)
  • GMOコイン(ジーエムオーコイン)

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin-top
引用:DMM Bitcoin公式サイト
名称DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
取扱銘柄現物:12銘柄
レバレッジ取引:19銘柄
最低取引額0.0001BTC
サービス取引所
販売所
レバレッジ取引
BitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinは、レバレッジ取引ができる銘柄が非常に豊富な仮想通貨取引所として有名だ。

BAT(ベーシックアテンショントークン)をはじめとした19銘柄のレバレッジ取引を行えるので、大きな利益を狙いたい方には使いやすい取引所と言えるだろう。

また、各種取引手数料も無料なので、メインで使う仮想通貨取引所としても非常に魅力的となっている。

取引画面も使いやすいと評判なので、まだ仮想通貨取引をしたことがない方はこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトを確認しておこう。

Coincheck (コインチェック)

Coincheck
引用:Coincheck公式サイト
名称Coincheck (コインチェック)
取扱銘柄17銘柄
最低取引額500円以上
サービス取引所
販売所
Coincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
Coincheck NFT
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト

Coincheck(コインチェック)は、日本でも非常に人気の高いことで知られる仮想通貨取引所だ。

コンビニ入金、クイック入金は受付一時停止しているが、国内屈指の17銘柄を取り揃えており、BAT(ベーシックアテンショントークン)など数多くのアルトコイン投資が行えるメリットがある。

また、仮想通貨の現物取引以外にもCoincheckつみたてやレンディング、Coincheck NFTなど各種サービスが充実しており、Coincheckのアカウントを作るだけで様々なサービスにアクセスすることができる。

ユーザビリティに関しても評判が良いので、少しでも気になる方はCoincheck(コインチェック)の公式サイトを確認しておくことを推奨する。

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

GMOコイン-top
引用:GMOコイン公式サイト
名称GMOコイン(ジーエムオーコイン)
取扱銘柄22銘柄
最低取引額0.0001BTC
サービス取引所
販売所
レバレッジ取引所
暗号資産FX
貸仮想通貨
つみたて暗号資産
ステーキング
公式サイトGMOコイン公式サイト

GMOコイン(ジーエムオーコイン)は、国内で最大となる22銘柄をラインナップする人気の仮想通貨取引所となっている。

様々なインターネット関連事業を展開するGMOグループによって運営されているので、非常に安心感を持って利用できるメリットが挙げられるだろう。

また、仮想通貨や日本円の出金手数料が無料に設定されているので、こまめに出金手続きを行いたい方にも使い勝手が良い特徴がある。

まだ国内取引所のアカウントを持っていない場合は、GMOコインの公式サイトも詳しく確認してみてはいかがだろうか。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の今後の予想のまとめ

今回の記事では、「Brave」のブラウザ上で獲得できるBAT(ベーシックアテンショントークン)の特徴や今後の見通し・予想などを解説してきた。

最後に今回の内容をもう一度振り返っておこう。

この記事のまとめ
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)とは、Webブラウザを開発するbrave社によって提供されている仮想通貨銘柄のことを指す
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)は、ユーザーが自身のパソコンに「Brave」のブラウザをダウンロードし、広告を視聴することで獲得することができる仮想通貨
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)のこれからの価格動向は、Webブラウザ「Brave」を利用する人口を伸ばすことができるかによって大きく変わると予想される
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)は、現在搭載されているYouTubeでの投げ銭機能以外にも多くの使い道が増えることで、さらなる利用者数の増加が見込まれる
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)を取引するなら、取引画面が見やすいと評判のDMM Bitcoinが使いやすい

BAT(ベーシックアテンショントークン)は、ウェブブラウザの「Brave」で獲得・利用できるユニークな特徴を持った仮想通貨であり、今後の動向に注目されているコインの一つとなっている。

ここまででも解説したように、BAT(ベーシックアテンショントークン)を取引するためにはまず国内取引所のアカウントを作成する必要がある。

中でも取引画面が見やすく、初心者でも安心して利用できるDMM Bitcoinの公式サイトは、ぜひこの機会に確認しておくようにしよう。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

著者名

目次
閉じる