Avalanche(AVAX/アバランチ)の今後の見通し・将来性や買い方を解説

avalanche

現在の仮想通貨市場では、DeFi関連のプロジェクトを開発する基盤としてはイーサリアムブロックチェーンが最も利用されている。

しかし、イーサリアムはスケーラビリティの問題によりガス代が高騰していることから、イーサリアムキラーと呼ばれるブロックチェーンがいくつか台頭してきている。

今回の記事では、イーサリアムキラーの中でも非常に有望なブロックチェーンとして有名なアバランチ(AVAX)の特徴や、今後の見通しなどを詳しく解説していく。

この記事からわかること
  • アバランチ(AVAX)とは、高速化・低コスト化を実現したレイヤー1のプロジェクト
  • アバランチ(AVAX)はその性能の高さから、イーサリアムキラーの筆頭候補として知られている
  • イーサリアムをはじめとした様々なブロックチェーンと相互運用性がある
  • これからアバランチ(AVAX)を取引するためには、DMM Bitcoinなどの国内取引所から海外取引所に仮想通貨を送金する必要がある

2022年7月現在、アバランチ(AVAX)は国内の取引所では取り扱いされていないため、海外取引所に仮想通貨を送金する必要がある。

これからアバランチ(AVAX)の取引を検討している方は、この機会に国内取引所の中でも評判が良いDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてはいかがだろうか。

目次

アバランチ(AVAX)とは

アバランチAVAX公式サイト
引用:アバランチ(AVAX)公式サイト
通貨名Avalanche(アバランチ)
シンボルAVAX
価格(2022年7月現在)3,173.55円
時価総額(2022年7月現在)907,695,472,945円
時価総額ランキング(2022年7月現在)14位
主な取引所Binance、CoinBase、FTX、KuCoinなど
公式サイトアバランチ(AVAX)公式サイト
関連記事おすすめ仮想通貨ランキング

アバランチ(AVAX)とは、2020年9月にリリースされたDappsと呼ばれる分散型アプリケーションを開発するためのブロックチェーンだ。

アメリカにあるコーネル大学のエミン・ガン・サイラー教授が立ち上げたプロジェクトとなっており、現在は「Ava Labs」という企業によって運営が行われている。

アバランチ(AVAX)特徴としては、トランザクションの高速処理にあり、1秒間で4,500件もの取引を処理することが可能となっている。

複数あるイーサリアムキラーの中でも特に注目されているプロジェクトなので、今後の動向には注目しておく必要があるだろう。

これからアバランチ(AVAX)の購入を考えている方は、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトにもアクセスしてみてはいかがだろうか。

アバランチ(AVAX)の基本的な特徴

ここでは、アバランチ(AVAX)の特徴についてさらに詳しく解説していく。

アバランチ(AVAX)に関する知識を身につけておきたい方は、詳しく確認することを推奨する。

アバランチ(AVAX)の基本的な特徴
  • スケーラビリティ問題を解決できるトランザクションのスピード
  • 他のブロックチェーンとの相互運用性
  • 独自のブロックチェーンやネットワークを作成できる

スケーラビリティ問題を解決できるトランザクションのスピード

アバランチ(AVAX)の大きな特徴として、スケーラビリティ問題を解決できるトランザクションの処理速度が挙げられる。

アバランチ(AVAX)の処理速度は1秒間に4,500件もの取引を承認できるとされており、これはイーサリアムをはじめとしたブロックチェーンの能力を大きく凌駕している。

この処理速度を高めている要因としては、アバランチ(AVAX)独自のコンセンサスアルゴリズムである「アバランチ・コンセンサス」が採用されていることだろう。

この「アバランチ・コンセンサス」により高速化・低コストを実現していることこそ、アバランチ(AVAX)のブロックチェーン の最も大きな特色となっている。

他のブロックチェーンとの相互運用性

アバランチ(AVAX)の特徴として、他のブロックチェーンとの相互運用性も挙げられるだろう。

特にイーサリアムブロックチェーンとの互換性に優れており、イーサリアム独自のプログラミング言語である「Solidity」にも対応している。

実際、AAVEやCurveといった有名なDeFiプロジェクトもアバランチ(AVAX)に対応してきており、今後もこの流れは継続していくものと見られている。

独自のブロックチェーンやネットワークを作成できる

アバランチ(AVAX)の最後の特徴として、「サブネット」と呼ばれる独自のネットワークを作成できることも考えられるだろう。

自分のサブネットを作成すれば、その中に独自のブロックチェーンを作ることも可能となっており、さらにプライベートチェーンとパブリックチェーンなどを選択することもできる。

自分のニーズに合わせていろいろなカスタマイズができることは、アバランチ(AVAX)の大きなメリットと言える。

これからアバランチ(AVAX)の購入を検討している方は、この機会に国内取引所の中でも使いやすいと評判のDMM Bitcoinの公式サイトを確認して送金の準備をしてみてはいかがだろうか。

【2022年最新】アバランチ(AVAX)の現在の価格推移

アバランチAVAXの現在の価格推移
引用:TradingView

ここでは、アバランチ(AVAX)の現在の価格動向を確認していこう。

上記のチャートはアバランチ(AVAX)の2022年の価格動向を表したものになっているが、継続した下落トレンドが続いている。

この原因としては、FRB(連邦準備制度)によるインフレ対策を目的とした大幅な利上げ政策となっており、仮想通貨をはじめとしたリスク資産が大きく売られている現状となっている。

しかし、ここ最近では利上げのペースにもある程度の見通しが出てきたため、直近では仮想通貨や株式が反発しており、先行きとしては若干リスクオフのムードが漂っているのも確かだろう。

これからアバランチ(AVAX)の保有を検討している方は、このタイミングにDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてはいかがだろうか。

アバランチ(AVAX)の過去の価格推移

次に、アバランチ(AVAX)の過去の価格推移も確認していこう。

アバランチ(AVAX)の基本的な特徴
  • アバランチ(AVAX)の2021年1月〜6月までの価格推移
  • アバランチ(AVAX)の2021年7月〜12月までの価格推移

アバランチ(AVAX)の2021年1月〜6月までの価格推移

2021年1月〜6月までの価格推移
引用:TradingView

まずは、アバランチ(AVAX)の2021年1月〜6月までの価格推移を見ていこう。

上記のチャートの通り、2021年1月〜6月の期間のアバランチ(AVAX)は一時的に60ドルを超えるような価格を記録したものの、全体的には少し停滞気味と言えるのではないだろうか。

アバランチ(AVAX)がローンチされたのが2020年9月であり、まだリリースから日が短いことも原因としては考えられるだろう。

アバランチ(AVAX)の2021年7月〜12月までの価格推移

2021年7月〜12月までの価格推移
引用:TradingView

次に、2021年7月〜12月までのアバランチ(AVAX)の価格推移を確認していく。

2021年7月〜12月はアバランチ(AVAX)が大きく躍進した期間となっており、最高値では140ドルに近い価格を記録している。

この原因としては、ビットコイン先物ETFの承認やエルサルバドルがビットコインを法定通貨にしたことなどが挙げられ、よいファンダメンタルズがあれば、アバランチ(AVAX)は大きく価格上昇することがよくわかる結果になったと言えるだろう。

これからアバランチ(AVAX)の購入を考えている方は、ぜひこのタイミングでDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてはいかがだろうか。

アバランチ(AVAX)の今後の予想/将来性

次に、アバランチ(AVAX)の今後の予想・将来性を詳しく見ていこう。

アバランチ(AVAX)の今後の予想/将来性
  • 様々なDeFi関連プロジェクトがアバランチ(AVAX)で開発される
  • NFT関連のプロジェクトが増加する

様々なDeFi関連プロジェクトがアバランチ(AVAX)で開発される

アバランチ(AVAX)の今後の予想・将来性として最初に挙げられるのが、様々なDeFi関連プロジェクトがアバランチ(AVAX)で開発されることだ。

アバランチ(AVAX)の特徴の一つとしてブロックチェーンを跨ぐ互換性があり、すでに多くのDeFiプロトコルが開発されているイーサリアム上のプロジェクトもアバランチ(AVAX)に対応する動きを見せている。

また、アバランチ(AVAX)はトランザクションの処理スピードが速いため、今後も様々なDeFiプロジェクトで利用されることが予想できるだろう。

NFT関連のプロジェクトが増加する

アバランチ(AVAX)の見通しとして、NFT関連のプロジェクトが増加することも考えられる。

すでにアバランチ(AVAX)のブロックチェーン上にはNFTゲームやアートを中心にNFTのプロジェクトが立ち上げられており、今後もその数は増加していくことが予想できるだろう。

今後、アバランチ(AVAX)の購入を検討している方は、原資となる仮想通貨を購入できるDMM Bitcoinの公式サイトをチェックすることを推奨する。

アバランチ(AVAX)を購入するタイミング・買い時

ここでは、アバランチ(AVAX)を購入するタイミングや買い時についてご紹介していく。

少しでもアバランチ(AVAX)で利益を上げたい方は、ぜひ参考にしてみて欲しい。

アバランチ(AVAX)を購入するタイミング・買い時
  • 押し目のタイミング
  • ビットコインの半減期のタイミング

押し目のタイミング

アバランチ(AVAX)を購入するタミングとして、やはり価格が下落した押し目のタイミングがよいだろう。

基本的に価格が底打ちするようなタイミングで購入できた場合、長期的にはキャピタルゲインを得られるケースは非常に多い。

もちろん底打ちや押し目のタイミングを完璧に把握することは難しいが、日々マーケットの情報を確認し、買い時を探っていくのは非常に重要と言えるだろう。

ビットコインの半減期のタイミング

ビットコインの半減期のタイミングも、アバランチ(AVAX)を購入するのによい時期と言える。

仮想通貨の市場を牽引しているのはやはりビットコインであり、ビットコインの値動きにあわせて他の通貨も価格を変動させるケースは非常に多いだろう。

特にビットコインの価格が上昇しやすい半減期では、アバランチ(AVAX)の価格が上昇することも十分に考えられる。

今後、アバランチ(AVAX)の購入を検討している方は、この機会にDMM Bitcoinの公式サイトを確認することを推奨する。

アバランチ(AVAX)投資のリスク/注意点

次に、アバランチ(AVAX)を投資する上でのリスク・注意点について詳しく解説していく。

アバランチ(AVAX)投資のリスク/注意点
  • イーサリアム(ETH)のスケーラビリティ問題の解決
  • 他の有望なレイヤー1プロジェクトの台頭

イーサリアム(ETH)のスケーラビリティ問題の解決

アバランチ(AVAX)に投資するリスクとして、イーサリアム(ETH)のスケーラビリティ問題の解決が挙げられるだろう。

現在、イーサリアムは「The Merge」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムのアップデートを控えており、今後は徐々にスケーラビリティ問題が改善していくのではないかと予想されている。

イーサリアム(ETH)のスケーラビリティ問題が解決されれば、アバランチ(AVAX)をはじめとしたイーサリアムキラーの需要が少なくなる危険性も考慮した方が良いだろう。

他の有望なレイヤー1プロジェクトの台頭

現在、仮想通貨市場では競争が激化しており、今後も様々なレイヤー1系のプロジェクトが台頭してくることが予想できる。

もしアバランチ(AVAX)の特徴や性能を大きく超えるようなレイヤー1系のプロジェクトが台頭した場合、大きくシェアを奪われるリスクは考えておくべきと言えるだろう。

これからアバランチ(AVAX)への投資を検討している方は、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトもチェックしてみてはいかがだろうか。

アバランチ(AVAX)投資におすすめの取引所

記事の最後に、アバランチ(AVAX)への投資におすすめの取引所を3つに厳選してご紹介していく。

アバランチ(AVAX)投資におすすめの取引所
  • DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Coincheck (コインチェック)

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

引用:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)公式サイト
名称DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
取扱銘柄現物:13銘柄
レバレッジ取引:20銘柄
最低取引額0.0001BTC
サービス取引所
販売所
レバレッジ取引
BitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)は、様々なインターネット事業を展開するDMMグループが運営する仮想通貨取引所として知られている。

特にレバレッジ取引に定評があり、国内最大となる20銘柄の仮想通貨でレバレッジ取引を行うことが可能だ。

取引画面も非常に見やすく、これまで投資に触れたことがない方でも安心して利用できるだろう。

セキュリティ対策にも大きな力を入れているので、アバランチ(AVAX)への投資を検討している方は、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてはいかがだろうか。

bitFlyer (ビットフライヤー)

引用:bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト
名称bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱銘柄15銘柄
最低購入金額(BTC)0.00000001BTC
サービス取引所
販売所
bitFlyer Lightning
ステーキングリワードサービス
レバレッジ取引
詳細bitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判・口コミ

bitFlyer (ビットフライヤー)は、数ある国内取引所の中でも人気が高く、国内最大級の15銘柄をラインナップしている取引所だ。

また、bitFlyer (ビットフライヤー)はビットコイン取引量6年連続No.1に輝いているなど、多くの実績を残してきているので、信頼感を持って利用することができる。

DMM Bitcoinと同様にレバレッジ取引も行えるので、少ない資金で大きなリターンを狙うこともできる取引所と言えるだろう。

Coincheck (コインチェック)

Coincheck
引用:Coincheck(コインチェック)公式サイト
名称Coincheck (コインチェック)
取扱銘柄18銘柄
最低取引額500円以上
サービス取引所
販売所
Coincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
Coincheck NFT
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheck (コインチェック)は、国内最大規模となる18種類の仮想通貨を取り扱いしている仮想通貨取引所だ。

Coincheck (コインチェック)の大きな特徴としては、仮想通貨の取引だけでなく「Coincheckつみたて」「貸仮想通貨(レンディング)」「Coincheck NFT」をはじめとした様々なサービスを利用できることだろう。

コンビニ入金、クイック入金は受付一時停止しているが、国内取引所の中でもダウンロード数No.1に輝く実績も持っているので、安心感を持って利用することができる取引所となっている。

アバランチ(AVAX)の今後の予想のまとめ

今回の記事では、イーサリアムキラーとして有名なレイヤー1プロジェクト、アバランチ(AVAX)の特徴や今後の見通しなどを解説してきた。

最後に記事の内容を振り返っていこう。

この記事のまとめ
  • アバランチ(AVAX)とは、高速化・低コスト化を実現しているレイヤー1系のブロックチェーンプロジェクト
  • アバランチ(AVAX)はその機能・性能の高さから、イーサリアムキラーとしても非常に有名
  • イーサリアムをはじめとしたブロックチェーンを跨いで運用性できる機能がある
  • これからアバランチ(AVAX)を取引するためには、まずDMM Bitcoinなどの国内取引所で原資となる仮想通貨を購入する必要がある

ご紹介したように、アバランチ(AVAX)はトランザクションの処理速度が速く、今後のDeFi開発のプラットフォームになっていくことが期待されている。

そんなアバランチ(AVAX)だが2022年7月現在、日本の国内取引所では取り扱いされていないため、まずは国内取引所から海外取引所に仮想通貨を送金する必要がある。

これからアバランチ(AVAX)の取引を考えている方は、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトを詳しく確認してみてはいかがだろうか。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

avalanche

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

著者名

目次
閉じる