仮想通貨Akita Inu(AKITA)とは?今後の見通し/将来性や特徴を徹底解説

現在の仮想通貨市場では、様々な犬をモチーフしたミームコインと呼ばれる仮想通貨が取引されている。

そんなミームコインの銘柄の一つとして知られるのが、Akita Inu(AKITA)だ。

この記事では、Akita Inu(AKITA)の基本的な特徴や価格動向、今後の将来性・予想などを紹介していくので、ぜひ最後まで参考にしてみてほしい。

この記事からわかること
  • Akita Inu(AKITA)とは、秋田犬をモチーフにしているミームコインと呼ばれる仮想通貨のこと
  • Akita Inu(AKITA)は、AKITA Network DAOというDAO(自律分散型組織)によって運営が行われている
  • Akita Inu(AKITA)は、DogeやShiba Inuといった他のミームコインの値動きに影響を受けることが多い
  • これからAkita Inu(AKITA)を購入するためには、Coincheckなどの国内取引所から海外取引所に仮想通貨を送金する必要がある

これからAkita Inu(AKITA)の投資を検討している方は、まず原資となる仮想通貨を取引する必要がある。

まだ国内取引所のアカウントを持っていない方は、利用者からの評判が良いCoincheckを確認してみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

目次

Akita Inu(AKITA)とは

Akita-Inu_top
引用:Akita Inu公式サイト
通貨名Akita Inu
シンボルAKITA
価格(2022年9月現在)0.00002272円
時価総額(2022年9月現在)2,095,150,834円
時価総額ランキング(2022年9月現在)3175位
主な取引所Gate.io、Uniswap、OKX、MEXCなど
公式サイトAkita Inu公式サイト

Akita Inu(AKITA)とは、秋田犬をモチーフにしているミームコインと呼ばれる仮想通貨だ。

現在の仮想通貨・ブロックチェーン業界では、DogeコインやShiba Inuをはじめとしたミームコインが取引されており、一部のファンからは熱狂的な支持を受けている。

ミームコインに共通する特徴としては、ポジティブなニュースが発表された際に急激な価格上昇を見せることだろう。

2022年9月現在、Akita Inu(AKITA)は国内取引所では取り扱いがないため、購入するためには海外取引所を利用する必要がある。

国内取引所であれば、Coincheckが使いやすいと評判なので、ぜひこの機会にCoincheckをチェックしてみてほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Akita Inu(AKITA)の基本的な特徴

ここでは、Akita Inu(AKITA)の基本的な3つの特徴を確認していこう。

Akita Inu(AKITA)の基本的な特徴
  • 秋田犬をモチーフにしたミームコイン
  • AKITA Network DAOというDAO(自律分散型組織)によって運営されている
  • gAKITAというガバナンストークンも発行している

秋田犬をモチーフにしたミームコイン

先ほどもご紹介したように、Akita Inu(AKITA)は秋田犬をモチーフにしているミームコイン銘柄の一つだ。

現在は少し勢いが落ちているものの、仮想通貨市場では一部のファンの間でミームコインが大きく盛り上がっており、Akita Inu(AKITA)もそういったファンによるコミュニティによって運営が行われている。

もともとは「ネタ」として作られたコインがここまで大きく成長する点は、仮想通貨業界の面白いポイントの一つと言えるだろう。

AKITA Network DAOというDAO(自律分散型組織)によって運営されている

Akita Inu(AKITA)の特徴として、AKITA Network DAOというDAO(自律分散型組織)によって運営されていることが挙げられる。

DAO(自律分散型組織)とは、中央集権的な管理者がいない組織のことであり、参加しているメンバーがそれぞれの自律的に活動することで成長するコミュニティと理解すればよいだろう。

AKITA Network DAOでは、熱狂的なファンによって今後のコミュニティの方向性などを議論し、運営が行われている。

gAKITAというガバナンストークンも発行している

Akita Inu(AKITA)の最後の特徴として、gAKITAというガバナンストークンも発行していることも挙げられるだろう。

このgAKITAは、先ほどのAKITA Network DAOというDAO(自律分散型組織)にて、組織の方向性を決める投票に利用されている。

つまり、gAKITAを保有することでコミュニティの意思決定に参加することが可能となる。

これからAkita Inu(AKITA)への投資を検討している方は、この機会にCoincheckにもアクセスしてみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

【2022年最新】Akita Inu(AKITA)の現在の価格推移

Akita-InuAKITAの現在の価格推移
引用:TradingView

ここでは、Akita Inu(AKITA)の現在の価格推移を見ていこう。

上記のチャートは、Akita Inu(AKITA)の2022年1月〜9月までの価格推移を表したものとなっているが、一貫して下落相場が継続している。

この理由としては、やはりFRBによる継続的な利上げ政策によるものであり、Akita Inu(AKITA)だけでなく仮想通貨や株式相場全てが下落局面に陥っている。

今後、Akita Inu(AKITA)が反発して上昇相場になるためには、FRBによる金融政策によるところが大きいと言えるだろう。

これからAkita Inu(AKITA)の購入を考えている方は、原資となる仮想通貨を購入できるCoincheckもチェックしてみてほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Akita Inu(AKITA)の過去の価格推移

次に、Akita Inu(AKITA)の過去の価格推移について確認していこう。

Akita Inu(AKITA)の過去の価格推移
  • 2021年4月〜8月までの価格推移
  • 2021年9月〜12月までの価格推移

2021年4月〜8月までの価格推移

Akita-InuAKITAの過去の価格推移1
引用:TradingView

上記は、2021年4月〜8月までのAkita Inu(AKITA)の価格推移となっている。

チャートを見て分かる通り、2021年5月には急激な価格上昇を見せており、これはShiba Inuの価格上昇に影響を受けたと考えられるだろう。

一時的に急上昇した後は利益確定により下落しているものの、よいファンダメンタルズによっては大きく価格が上昇する銘柄であることがよく分かるだろう。

2021年9月〜12月までの価格推移

Akita-InuAKITAの過去の価格推移2
引用:TradingView

2021年9月〜12月までは、一転して低迷する相場が継続した。

10月〜11月にかけて一時的に上昇を見せる場面はあったものの、一過性のものとなりレンジでの推移が継続したことが分かるだろう。

今後、kita Inu(AKITA)への投資を検討している方は、ぜひこのタイミングでCoincheckを詳しく確認することを推奨する。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Akita Inu(AKITA)の今後の予想/将来性

次に、Akita Inu(AKITA)の今後の予想・将来性を見ていこう。

Akita Inu(AKITA)の今後の予想/将来性
  • DogeやShiba Inuの動向によっては価格上昇する可能性がある
  • コミュニティが盛り上がることで価格が上昇する
  • 国内の仮想通貨取引所への上場

DogeやShiba Inuの動向によっては価格上昇する可能性がある

Akita Inu(AKITA)の今後の予想として、DogeやShiba Inuの動向によっては価格上昇する可能性がある。

というのも、先ほどの価格推移でもご紹介したように、Akita Inu(AKITA)は上場後からDogeやShiba Inuなどの価格に連動しているケースが非常に多い。

もちろん異なる値動きを示すケースもあるが、ある程度の相関性があることは間違いないだろう。

コミュニティが盛り上がることで価格が上昇する

Akita Inu(AKITA)は、AKITA Network DAOというコミュニティによって運営されている仮想通貨であるため、コミュニティの盛り上がりは価格上昇に欠かせない要素となる。

逆に言えば、コミュニティが大きく盛り上がることで価格も急激に上昇する可能性は十分に考えられるのではないだろうか。

国内の仮想通貨取引所への上場

Akita Inu(AKITA)の今後の盛り上がりによっては、国内の仮想通貨取引所に上場する可能性も考えられるだろう。

実際にここ最近では、GMOコインbitbankなどがDogeコインの取り扱いを開始しており、国内でもミームコインへの注目度が集まっていると言える。

仮に国内取引所への上場が決定した場合、大きな価格上昇を見せる可能性もあるだろう。

これからAkita Inu(AKITA)を取引したい方は、このタイミングでCoincheckを確認してみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Akita Inu(AKITA)を購入するタイミング・買い時

ここでは、Akita Inu(AKITA)を購入するおすすめのタイミング・買い時を紹介していく。

Akita Inu(AKITA)を購入するタイミング・買い時
  • ビットコインの半減期のタイミング
  • ポジティブなファンダメンタルズが発表されたタイミング

ビットコインの半減期のタイミング

Akita Inu(AKITA)を購入するおすすめのタイミングとしては、ビットコインの半減期が挙げられる。

仮想通貨の価格の傾向として、ビットコインの値動きに連動する傾向があり、それはAkita Inu(AKITA)にも少なからず影響があると考えられる。

次のビットコインの半減期は2024年に来るとされているので、これまでの傾向からすると翌年の2025年には大きな価格上昇を見せてもおかしくないだろう。

ポジティブなファンダメンタルズが発表されたタイミング

Akita Inu(AKITA)の買い時としては、ポジティブなファンダメンタルズが発表されたタイミングもよいだろう。

特に、Akita Inu(AKITA)などのミームコインはファンダメンタルズによって価格が大きく変動する傾向にあるので、そういったタイミングで購入できれば大きな利益を得られる可能性もあると言える。

今後、Akita Inu(AKITA)への投資を検討している方は、国内取引所の中でも使いやすいCoincheckにもアクセスしてみてほしい。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

Akita Inu(AKITA)投資のリスク/注意点

ここでは、Akita Inu(AKITA)に投資する上でのリスク・注意点についても確認していこう。

Akita Inu(AKITA)投資のリスク/注意点
  • 投機的な資金が入りやすい
  • 時価総額が低いので流動性が悪い
  • 悪いニュースが発表されると突然価格が下落する危険性がある

投機的な資金が入りやすい

Akita Inu(AKITA)への投資の注意点として、投機的な資金が入っていることが挙げられる。

Akita Inu(AKITA)などのミームコインには、短期間で利益をあげようとする投資家も一定数資金を入れており、大きなボラティリティが発生しやすい可能性がある。

もちろん大きな利益をあげられる可能性もあるが、反対に損失が発生する可能性も考慮する必要があるだろう。

時価総額が低いので流動性が悪い

Akita Inu(AKITA)は全ての仮想通貨の中でも時価総額が低く、流動性が悪い特徴がある。

売り買いのタイミングによっては、なかなか取引が成立しない可能性があることも知っておく必要があるだろう。

悪いニュースが発表されると突然価格が下落する危険性がある

Akita Inu(AKITA)などのミームコインは、悪いニュース・ファンダメンタルズが発表された際に、突然大きく価格が下落することがある。

反対に急上昇すれば大きな利益を得られる可能性もあるが、非常にリスクが高い投資になることは把握する必要があるだろう。

また、突然の値動きに素早く気づくためにも、普段からAkita Inu(AKITA)関連の情報には目を光らせておく必要がある。

Akita Inu(AKITA)投資におすすめの取引所

記事の最後に、Akita Inu(AKITA)の投資におすすめの取引所を3つに厳選して紹介していく。

Akita Inu(AKITA)投資におすすめの取引所
  • DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Coincheck (コインチェック)

Coincheck (コインチェック)

Coincheck-top
引用:Coincheck(コインチェック)公式サイト
名称Coincheck (コインチェック)
取扱銘柄18銘柄
最低取引額500円以上
サービス取引所
販売所
Coincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
Coincheck NFT
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheck (コインチェック)は、累計アプリダウンロード数が520万を突破を記録するなど、非常に人気が高い仮想通貨取引所として知られている。

また、「Coincheckつみたて」「Coincheck NFT」「貸仮想通貨」をはじめ、トレード以外にも様々な機能を利用することが可能であり、Coincheck (コインチェック)だけで仮想通貨に関連するサービスを完結することができる。

「取引所」形式であればビットコインなどを手数料無料で取引できるので、ぜひこの機会にCoincheckの公式サイトもチェックすることを推奨する。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin
引用:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)公式サイト
名称DMM Bitcoin (DMMビットコイン)
取扱銘柄現物:13銘柄
レバレッジ取引:20銘柄
最低取引額0.0001BTC
サービス取引所
販売所
レバレッジ取引
BitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)は、複数のインターネット事業を展開しているDMMグループによる運営の仮想通貨取引所だ。

特徴としては取引画面が見やすく使いやすいことであり、仮想通貨投資初心者の方でも問題なく利用することができるだろう。

また、国内取引所では最大規模となる20銘柄の仮想通貨をレバレッジ取引することが可能であり、少ない資金で大きなリターンを狙うことができる。

今後、Akita Inu(AKITA)などに投資していきたい方は、このタイミングでDMM Bitcoinの公式サイトの口座開設も検討してみてほしい。

\ 口座開設完了で即時2,000円プレゼント! /

bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyer
引用:bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト
名称bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱銘柄15銘柄
最低購入金額(BTC)0.00000001BTC
サービス取引所
販売所
bitFlyer Lightning
ステーキングリワードサービス
レバレッジ取引
詳細bitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyer (ビットフライヤー)は、6年連続でビットコイン取引量No.1を記録するなど国内でも非常に人気が高い仮想通貨取引所となっている。

また、国内でも最大級となる15種類の仮想通貨を売買することができ、様々な銘柄に分散して投資することができるだろう。

初心者でも使いやすくユーザーからの評判も悪くないので、気になる方はbitFlyerの公式サイトにもアクセスしてみてはいかがだろうか。

\ ビットコイン取引量6年連続No.1!/

Akita Inu(AKITA)の今後の予想のまとめ

今回の記事では、秋田犬をモチーフにしているミームコイン、Akita Inu(AKITA)の特徴や今後の見通しなどをご紹介してきた。

最後に記事の内容をもう一度振り返っていこう。

この記事のまとめ
  • Akita Inu(AKITA)とは、秋田犬をモチーフにしている「ネタ」として作られたミームコインと呼ばれる仮想通貨
  • Akita Inu(AKITA)は、AKITA Network DAOという中央集権的な管理者がいないコミュニティによって運営されている
  • Akita Inu(AKITA)は、DogeやShiba Inuなどのミームコインの値動きに影響を受けるケースが多い
  • これからAkita Inu(AKITA)に投資するためには、まずは原資となる仮想通貨を購入できるCoincheckのアカウントを作成することを推奨する

ご紹介したようにAkita Inu(AKITA)は、AKITA Network DAOというDAO(自律分散型組織)によって運営されている仮想通貨銘柄だ。

Akita Inu(AKITA)は国内取引所で取り扱いされていないため、購入するためには海外取引所を利用する必要がある。

これからAkita Inu(AKITA)への投資を考えている方は、国内取引所の中でも人気が高いCoincheckにもアクセスしてみてはいかがだろうか。

\ アプリダウンロード数国内No.1!/

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる