仮想通貨10set(テンセット/TENSET)とは?買い方や将来性・今後の見通しを徹底解説

10set

Tensetは、Tensetのトークンである10setを保有することで、ETFの運用益を間接的に得られるプロジェクトだ。

デフレになる仕組み(希少価値が上がる仕組み)を採用しており、価格を上昇させるための施策も多数見られる。

この記事では、そんなTensetの概要から特徴、購入方法などについて徹底的に解説している。

この記事からわかること
  • Tensetは仮想通貨で構成したETFを運用するプロジェクト
  • ETFの運用益で10setが買い戻される
  • さまざまなサービスが提供されており利用には10setが必要
  • 今後もポートフォリオの拡大や、サービスの提供などが期待できる。

現状では、Tensetのトークンである10setは国内仮想通貨取引所では取り扱われていない。

そのため、国内仮想通貨取引所で口座開設を行って、仮想通貨を購入し海外仮想通貨取引所などで購入する必要がある。

まだ、国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、まずはDMM Bitcoinからスタートしてみよう。

DMM Bitcoinであば、最短1時間から取引をスタートすることが可能だ。(スマホでスピード本人確認を利用した場合)

また、レバレッジ取引では国内最多の20銘柄を超える銘柄を扱っているため、さまざまな仮想通貨を取引したいという方もチェックしてみてほしい。

目次

仮想通貨Tenset(10set/テンセット)とは

10set
引用元:Tenset公式サイト
シンボル10set
現在の価格(2022年8月18日)390円
時価総額(2022年8月18日)810億円
時価総額ランキング(2022年8月18日)3551位
公式サイトTenset公式サイト

Tensetは、仮想通貨と株式市場の接続を目指しており、トークン保有者向けにさまざまなサービスを提供するプロジェクトの総称だ。

Tensetの最も大きな特徴は、これまでの一般的なETFのポートフォリオに、トークン保有やステーキングなどを組み込んでいいるプロジェクトになっていることが挙げられる。

また、Tensetの独自のトークンである10setに用途・ユーティリティなどを持たせるため、さまざまなサービス・機能をリリースしている。

そのため、ETFとしての側面を持つのはもちろん、さまざまなサービス・機能を提供するプラットフォームに近い側面も持っているのだ。

Tensetのトークンである10setを購入するには、仮想通貨が必要だ。

まだ、仮想通貨を保有していないという方は、国内仮想通貨取引所の口座開設からスタートしよう。

スマホでスピード本人確認を利用した場合、DMM Bitcoinであれば、最短1時間で取引をスタートすることが可能だ。

仮想通貨Tenset(10set/テンセット)の特徴

これから、Tensetの特徴について「ETF2.0と株式市場」「価格を上昇させる工夫」「Tenset保有者が利用できるサービス」という3つの観点から解説していく。

Tensetの特別なポイントや強みをチェックしていこう。

ETF2.0と株式市場

Tensetの最も大きな特徴は、10setを保有することにより、さまざまな資産が含まれているETFの運用益を間接的に得られる点だ。

10setの価格が上昇する背景は後述するが、簡略的に解説すると、ETFによって得られた運用益を10setの購入資金に当てることにより、10setの価格を上昇させ保有者に利益を共有する。

一連のスキームやフローのことをTensetは、ETF2.0と呼称している。

今後の取り組み・広がりによっては、Tensetのエコシステムを利用することで、株式市場と仮想通貨市場にアクセスできる可能性も期待できるだろう。

価格上昇をさせる工夫

Tensetでは、独自のトークンである10setの価格上昇させるためのさまざまな取り組みを行っている。(デフレさせていく)

取り組みの一例は以下のとおりだ。

デフレにするための仕組み(バーンは仮想通貨を消去するという意味)
  • ETFの運用益を原資に10setが買い戻され、そのトークンをバーン
  • Tensetのさまざまなサービスで利用された10setのバーン
  • 取引手数料の一部をバーン

2022年8月時点で、バーンされた(消去された)10setは1,700万枚にも及び、今後も市場に供給される10setの枚数は減少していく予定となっている。

市場に供給される10setが減少し希少性が上がることにより、価格が上昇していく可能性も考えられる。

10set保有者が利用できるサービス(10setのユーティリティ)

Tensetは、10set保有者を対象としたサービスや、10setを利用できるサービスが提供されている。

これから、Tensetにより提供されている代表的な10setの用途・サービスを2つ解説していく。

TENSET GEMによるセール

10set
引用元:Tenset公式サイト

Tensetでは、TENSET GEMというトークンセールが提供されている。

TENSET GEMは、Tensetがピックアップした注目プロジェクトのトークンセールを実施するサービスだ。

10setを1年間ロック(一時的に移動できない状態に)することで、TENSET GEMのセールの参加権を得られる。

過去には、以下のようなトークンのセールが実施されている。

トークンのセール
  • Satoshi Island
  • Fame MMA
  • Everdome
  • Metahero
  • Kanga Exchange

また、今後も類似のトークンセールは実施されていく方針だ。

保有者対象のエアドロ

10set
引用元:Tenset公式サイト

Tensetでは、TENSET InfinityAirdropという10set保有者向けのエアドロ(エアドロップ)も展開されている。

エアドロとは、仮想通貨を無料で配布することを指し、10setをロックすることで、対象のエアドロの参加権を得ることができる。

過去には、以下のようなトークンのエアドロが実施され、200万ドル以上のトークンが配布された。

トークンのエアドロ
  • Everdome
  • MEtarix
  • Subpad
  • ShinobiVerse

こちらについても、積極的に開催されており、今後も実施が期待できるだろう。

前述したようなサービスは基本的にTensetの保有者が対象なっている。

Tensetの購入には何らかの仮想通貨が必要になり、仮想通貨の購入には国内仮想通貨取引所での口座開設が必要だ。

まだ、国内仮想通貨取引所を開設していないという方は、DMM Bitcoinをチェックしてみよう。

スマホでスピード本人確認を利用した場合、DMM Bitcoinであれば、最短1時間から取引をスタートすることが可能だ。

【2022年最新】仮想通貨Tenset(10set/テンセット)の価格動向

これから、10setの最新の価格動向をチェックしていく。

直近3ヶ月の価格動向は、以下の通りだ。

価格推移
引用元:TradingView提供チャート

直近では、基本的に2ドル後半から4ドル前半あたりを行き来しており、価格が乱高下していることが分かる。

2022年8月時点では、価格は下落気味であると言えるだろう。

上記のような価格推移になっている10setが気になるという方は、まずは国内仮想通貨取引所で仮想通貨を購入しよう。

まだ、国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、DMM Bitcoinをチェックしてみてほしい。

DMM Bitcoinなら、最短1時間で取引のスタートが可能(スマホでスピード本人確認)となっており、スピーディーな口座開設できる。

仮想通貨Tenset(10set/テンセット)の過去の価格動向

10setの過去の価格動向を3つの期間に分けて解説していく。

10setの価格動向を把握して、買い時を探っていこう。

2021年6月〜9月

価格推移

10setの価格が計測されはじめている2021年6月では3ドル程度の価格を付けており、7月〜9月にかけて1ドル後半を維持していることが分かる。

基本的に3ドル前半〜1ドル後半の価格を行き来していると言えるだろう。

2021年9月〜12月

価格推移
引用元:TradingView提供チャート

9月〜10月についても、同様に1ドル後半を推移していが、11月には大幅な価格下落が発生しており、1ドルを切る場面も見られる。

しかし、12月には価格が回復し、3ドルに到達する場面も見られることが分かるだろう。

2022年1月〜4月

価格推移
引用元:TradingView提供チャート

2022年以降は、一時的に2ドルを切る場面も見られるものの、基本的には2ドル〜4ドル程度の価格を推移している。

数ヶ月単位で、大きな価格変動を見せていることが分かるはずだ。

大きな価格変動を見せているTensetが気になるという方は、まずは国内仮想通貨取引所の口座開設からスタートしよう。(10setの購入には仮想通貨が必要なため)

まだ、国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、DMM Bitcoinをチェックしてみてほしい。

DMM Bitcoinであれば、スマホでスピード本人確認を利用した場合最短1時間から取引をスタートすることが可能になっており、その分Tensetの取引開始も早まるはずだ。

仮想通貨Tenset(10set/テンセット)の今後の見通し・将来性

Tensetの今後の見通し・将来性について解説していく。

Tensetのこれからをチェックしていこう。

ポートフォリオの拡張

Tensetは、手広くさまざまなサービスを展開しているプラットフォームに近い存在になりつつあるが、最もベースにあるのはETFだ。

さまざまな仮想通貨をポートフォリオに組み込んでいくのはもちろん、ステーキングなどもポートフォリオには組み込まれていくだろう。

さまざまな資産がポートフォリオに組み込まれていく予定となっており、ポートフォリオの拡張や調整は今後も発生する可能性が高い。

NFTなどへの展開

Tensetは、さまざまなサービスを展開しているが、直近ではNFTやメタバースなどの領域にも参入している。

例えば、TensetではNFTマーケットプレイスのようなものが展開されている。(現状では特定のNFTを扱うもので、OpenSeaなどとは特性が異なる)

直近の動向などを考慮すると、今後もNFTやメタバース関連で何らかの動きを見せる可能性があるだろう。(新規のNFTのセールなど)

さまざまな可能性が考えられるTensetの10setを購入するには、仮想通貨が必要だ。

仮想通貨を購入する国内仮想通貨取引所の口座開設がまだ済んでいないなら、DMM Bitcoinをチェックしてみよう。

DMM Bitcoinであれば、取引手数料無料で仮想通貨が購入可能となっており、お得に仮想通貨を入手可能だ。

仮想通貨Tenset(10set/テンセット)の買い方・購入方法

これから、Tensetのトークンである10setの買い方・購入方法などについて解説していく。

10setの購入するための一連の流れをチェックしていこう。

国内仮想通貨取引所で仮想通貨購入

まず、前提として10setは国内仮想通貨取引所では扱われていない。

そのため、仮想通貨を購入後、海外仮想通貨取引所に仮想通貨を送金するといった流れが必要になる。

まだ、仮想通貨を購入する国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないなら、DMM Bitcoinなどの仮想通貨取引所への口座開設を済ませよう。

DMM Bitcoinなら、最短1時間から口座開設が可能になっており(スマホでスピード本人確認を利用した場合)、スピーディーに取引をはじめることが可能だ。

国内仮想通貨取引所での口座開設が済んだら、ETHBTCなど代表的な仮想通貨を購入しよう。

(代表的な仮想通貨であれば、海外仮想通貨取引所でも取り扱われていることが多く、利便性が高い)

海外仮想通貨取引所への送金と換金

国内仮想通貨取引所での購入が済んだら、海外仮想通貨取引所やDEXなどで、10setを購入しよう。

10setは、Gate.ioやPancakeSwapなどで取り扱われている。

Gate.ioは海外仮想通貨取引所のため、予め購入した仮想通貨をGate.ioに送金し、Gate.ioにて10setを購入することが可能だ。

PancakeSwapに関しては、BSC上に構築されているDEX(分散型取引所)のため、MetaMaskなどのウォレットを作成し、ウォレットに仮想通貨を送金後、PancakeSwapと接続し取引を行うことになる。

ただし、Gate.io・PancakeSwapともに、国内仮想通貨取引所のように金融庁での登録が済んでいない業者・取引所になっている。

利用にはリスクが伴い、自己責任で利用するのが原則だ。

前述したように、10setの購入には前提として国内仮想通貨取引所での口座開設が必要になる。

まだ、口座開設が済んでいないなら、DMM Bitcoinをチェックしてみてほしい。

DMM Bitcoinであれば、安心の国内仮想通貨取引所でさまざまな銘柄の取引が可能となっており、特にレバレッジ取引に関しては国内最多の20銘柄を扱っている。

また、スマホでスピード本人確認を利用すれば、最短1時間で取引をスタートできる。

仮想通貨Tenset(10set/テンセット)の注意点

これから、Tensetの注意点について解説していく。

Tensetのリスクや押さえておきたい点をチェックしていこう。

市場の動きにより大きな損失を受ける可能性

TensetのETFのポートフォリオは、現状では限定的だ。

現状では仮想通貨の保有やステーキングなどに留まっている。

Tensetのポートフォリオ(一部)
  • BTC
  • FAME
  • EVERDOME
  • KNGの保有とステーキング
  • ETHの保有とステーキング
  • USDCの保有とステーキング

仮想通貨関連の資産のみでポートフォリオを構成しており、そのバリエーションも豊富な訳ではない。

ポートフォリオの資産が、仮想通貨市場の動きによって大きな損失を受ける可能性などは否定できないだろう。

デフレが実際に作用するかは不透明

Tensetのプロジェクトは全体を俯瞰すると、10setの価格に依存している部分が多い。

このような背景から、Tensetでは前述したようなサービスで10setの用途を作るのはもちろん、デフレ(10setの希少価値を上げる)にするための仕組みが随所で導入されている。

しかし、仮想通貨市場はボラティリティは大きく、10setについても価格動向で解説したように価格変動が激しい面は否めない

このような点を考慮を考慮すると、中長期的にデフレがどの程度実現されるのか?という点は不透明な点もある。

致命的なバグやトラブルが発生する可能性

これは、仮想通貨関連のプロジェクト全体に言えることだが、致命的なバグやトラブルが発生する可能性は否定できない。

各仮想通貨におけるブロックチェーンや、その上に構築されているDeFi、Play to Earnなど、仮想通貨にはさまざまなトピック・レイヤーが存在している。

しかし、どのトピック・レイヤーでも、ハッキングや致命的なバグなどが発覚し、プロジェクト全体が壊滅的な状態になるケースもみられる。

Tensetでも同様のことが言え、常に潜在的なリスクが存在していることは押さえておきたい。

さまざまな注意点・リスクを押さえた上でも10setが気になるという方は、仮想通貨の購入に必要な国内仮想通貨取引所での口座開設からスタートしよう。

まだ、国内仮想通貨取引所の口座開設が済んでいないなら、DMM Bitcoinをチェックしてみてほしい。

DMM Bitcoinであれば、最短1時間で口座開設を行うことが可能だ。(スマホでスピード本人確認を利用した場合)

仮想通貨Tenset(10set/テンセット)のまとめ

この記事では、Tensetについて解説した。

この記事のまとめ
  • TensetはETFを運用するプロジェクト
  • ETFの利益は10setの購入資金に当てられる
  • さまざまな方法で10setがデフレになるよう設計されている
  • いくつかの10set保有者向けサービスが展開
  • 今後もポートフォリオの拡張などが期待できる

Tensetは、ETFの仕組みを活用した斬新なプロジェクトであり、トークンの価格を維持するためにさまざまな工夫も行われている。

今後も、注目したい仮想通貨関連のプロジェクトであると言えるだろう。

10setの購入には仮想通貨であり、仮想通貨の購入には国内仮想通貨取引所での口座開設が必要だ。

まだ、口座開設が済んでいないという方は、DMM Bitcoinをチェックしてみよう。

DMM Bitcoinでは、国内最多の20銘柄を扱ったレバレッジ取引を提供しており、現物についても13銘柄が提供されている。

豊富な銘柄からTenset以外にも、魅力的な銘柄を見つけられる可能性もあるだろう。

また、申し込み〜取引まで最短1時間でスタートすることができるため「早く始めたい」という方も、チェックしてみてほしい。

ご留意事項

本サイトに記述してある情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本サイトの記述内容は、将来の制度変更に応じて変わる場合があります。お客様が本サイトの情報を活用して行う一切の行為について、それにより発生した利害についてM&Aオンラインは一切その責任を負わないものとします。

10set

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる