株式会社シー・レップ(CCGグループ)
1990年の起業以来、印刷業⇒販促ツール製作業⇒販促支援業へと事業変革を繰り返し、業績を右肩上がりで成長させております。当社はCCGグループ(5社10事業部)の中核企業として、MAによるデジタルマーケやキャンペーンサイトの制作~運用受託、また販促ツール製作&イベント運営~事務局代行のリアル領域までのバリューチェーンを強みとしています。 PR
譲渡案件(売り)を買収希望企業へご提案の方へ
本サービスは、無料で直接交渉を行えるものです。ご提案のM&A案件が成約に至った場合でも、追加のお手数料を当社が請求することはございません。

募集内容

業種
IT・ソフトウェア・Web、出版・印刷・広告
規模
5~10億円
エリア
関東
概要
独自のマーケットに強みを持つデジタルマーケティングの企業を求めています

デジタルとリアルの融合によるクライアント価値向上を、これまで以上に進めるため、デジタルマーケティング領域の強化を経営方針に掲げています。
その領域で当社のクライアント業界を強みとする(専門学校・塾、不動産等)企業または飲食や流通業界のクライアント実績を有する企業を求めています。

「選ばれる存在になるために」という私たちのフィロソフィーは、社員一人ひとりの「自分がどこまでいけるか」を体現するクリエイティブマインドであり、クライアントと共創しつづけるプロモーションパートナーであるための原点となります。そして、マーケットに特化して認知・集客・販売促進へとつなげるミッションを重ねながら、クライアントの生涯型利益を追求し、ビジネスに確かな未来価値をもたらしていく。それこそが選ばれる理由となる、私たち独自のスタイルです。
 B to B受注産業によく見る請負企業や価格勝負の企業ではなく、目指すのは、その枠を超えたB to B to Cの価値を創造する企業として、「クライアントと消費者との出会いを演出する」こと。明日、5年後、10年後、どこまでいけるか。シー・レップは、100年成長発展する事業の基盤づくりを目的に、2015年に中期経営計画「NEXT100」を策定しました。グループ連結売上100億円の達成、独自のビジネスモデルや商品・サービスといった100通りの展開、リーダーマインドを持った100人の人材育成、そして、100%の働きがい。
 今はまだ少し背伸びをした目標ではありますが、この「NEXT100」は、私たちの目指すべき未来の姿そのものです。規模の大小ではなく、世の中やクライアントの課題を解決するために多様性のある事業を設立し、次世代のリーダーを育成していくことは、企業としてはもちろん、社会を前進させるチカラにもなると考えます。歩みを止めることなく、さらに進化していきます。

株式会社シー・レップ(CCGグループ)のM&A実績

Basic image

非公開

投資概要
大手広告代理店を主力先に、クライアント先への常駐型運用受託やキャンペーンサイト、LP&バーナー広告のクリエイティブを提供しています

投資に至った経緯・背景
主要取引先の魅力と自社商品&サービスのクオリティ
当社グループ各事業との融合が実現する人材と組織風土

企業名
株式会社シー・レップ(CCGグループ)
代表者名
北田浩之
設立年度
1990年
従業員数
87人
売上高
30億円(グループ連結48億円 2020年5月期予測)
資本金
5,164万円
本社所在地
東京都東京都千代田区九段南2-3-14
業種
IT・ソフトウェア・Web、出版・印刷・広告
事業概要
マーケット(業界・シーン・カスタマー)特化型販促支援サービス業 自社メディアの編集・発行及びオウンドメディアの制作代行 Webサイト~デジタルマーケ及びグラフィックデザイン
特徴/強み
①販促支援をワンストップで実現するサプライチェーンによるグループ体制
②クライアント業界、カスタマー&ユーザー、ビジネスシーンといった独自の視点でセグメントした事業部制組織
上記2点が生み出す「専門性」と「発注利便性」がグループとしての強みです
URL
https://c-rep.jp/
譲渡案件(売り)を買収希望企業へご提案の方へ
本サービスは、無料で直接交渉を行えるものです。ご提案のM&A案件が成約に至った場合でも、追加のお手数料を当社が請求することはございません。

ウェブからお問い合わせ

  • 1. 情報入力
  • 2. 確認
  • 3. 完了
1990年の起業以来、印刷業⇒販促ツール製作業⇒販促支援業へと事業変革を繰り返し、業績を右肩上がりで成長させております。当社はCCGグループ(5社10事業部)の中核企業として、MAによるデジタルマーケやキャンペーンサイトの制作~運用受託、また販促ツール製作&イベント運営~事務局代行のリアル領域までのバリューチェーンを強みとしています。