日本が誇るものづくり技術を次世代に繋ぐため、中小製造業の事業承継の受け皿となり、世界に羽ばたくグループを目指します。 PR

募集内容

業種
製造業
規模
10~50億円
エリア
全国
概要
製造業であれば、エリア・規模を限定することなく幅広く検討いたします。

■ 対象企業
・下町ロケットのような、産業を下支えする基盤技術を持つ会社に関心がございます。
・現在特に関心の高い領域 は、 「FA機器」「医療機器」「環境」「化学」「金型」「切削」になりますが、製造業であれば他の領域であっても幅広く検討いたします。
・設計・開発機能のみの会社(ファブレス)も検討可能です。
■ 譲受後の取組
・企業名・ブランド・従業員雇用は維持いたします。
・必要に応じて、技術承継機構より取締役や現場メンバーを派遣し、事業運営支援のための各種取り組みを推進いたします。
・なお、譲受企業の再譲渡は想定しておりません。

株式会社技術承継機構は、中小製造業の譲受及び譲受企業の経営支援を目的として設立した会社になります。
設立の背景は、「日本の中小製造業が保有する高水準の技術・技能を次世代に残したい」との想いです。日本の中小製造業は親族内承継を経て脈々と次世代へ受け継がれてきました。一方で近年は引継ぎ手不足から、事業内容が悲観すべきものでなくとも倒産・廃業の道を選択せざるを得ない状況に置かれている企業が日本全国に多数存在しております。現況が継続した場合、地域の雇用が失われるだけに留まらず、中小製造業が保有している競争力ある技術・技能までもが失われてしまう事態が発生しかねません。
弊社は、引継ぎ手のいない中小製造業を譲り受け、その事業を継続していくことはもちろんのこと、譲り受けました企業の永続的発展、また企業同士の相乗効果を生み出すことを試み、さらには海外市場においても比較優位を発揮できる高い競争力を持つ企業グループへと成長していくことを目指しております。

株式会社技術承継機構のM&A実績

Thumb 02f638e3 5a89 4572 8070 ce04458c9859

株式会社豊島製作所

投資概要
2019年11月末に弊社の一社目の仲間として、株式会社豊島製作所の株式を譲受いたしました。
・事業内容 :自動車部品、スパッタリングターゲット材製造
・所在地 :埼玉県東松山市
・設立 :昭和20年5月
・代表 :新居英一(技術承継機構社長と兼務)
・従業員数 :約250名
・売上高 :約50億円(2019年12月期)


投資に至った経緯・背景
豊島製作所が保有する高い加工技術は、産業を支える上で欠かせないものであり、次世代に繋いでいくべき存在であると判断し、譲受に至りました。

企業名
株式会社技術承継機構
代表者名
新居 英一
設立年度
2018年
従業員数
8人
売上高
50億円(連結)
資本金
500万円
本社所在地
東京都中央区日本橋人形町1-12-11-2008
業種
製造業
事業概要
・製造業を中心とした中小企業の譲受および譲受企業の経営支援
特徴/強み
技術を持つ中小製造業が複数社一緒になることで、強固な企業グループを構築します。
弊社はファンドではなく製造業グループです。ファンドとは違い、譲受した会社の譲渡は基本的に想定しません。
経営・技術・IT・海外進出・会計税務・資金調達等、各分野に精通したメンバーによる強力な事業運営支援を行います。
URL
https://ngt-g.com/

ウェブからお問い合わせ

  • 1. 情報入力
  • 2. 確認
  • 3. 完了
日本が誇るものづくり技術を次世代に繋ぐため、中小製造業の事業承継の受け皿となり、世界に羽ばたくグループを目指します。