ネットアセットアプローチの計算例「A社の株価はいくらか?」

-前提条件- 

評価対象会社: A社
評価基準日 : 20×1年期末
株式発行総数:10,000百万株 

A社の貸借対照表 (単位:百万円)

A社の株価の求め方

簿価純資産法によるA社の一株当たりの純資産額:5,568,009百万円÷10,000百万円≒557

時価純資産法によるAの一株当たりの時価純資産額: 7,845,962百万円÷10,000百万円≒785

なお、時価については、金銭的に重要な資産のみについて、時価を算出し使用している。

以上、これまで、マーケットアプローチインカムアプローチ、ネットアセットアプローチの様々な手法について、数値例を用いて解説した。

次回は、これまでご紹介した評価手法を比較してまとめていきたいと思う。

文:細田聖子(公認会計士・税理士)/編集:M&A Online編集部