出前館、資本金を550億円減資し1億円 中小企業扱いに

alt
※画像はイメージです

出前館、資本金を550億円減資し1億円へ

公開日付:2021.11.12

 フードデリバリーサービスなどを手がける(株)出前館(TSR企業コード:571655947、渋谷区、JASDAQ)は11月12日、資本金を約550億円減少し1億円に減資すると発表した。資本金の額のみ減少し、減少分をその他資本剰余金に振り替える。減資の目的は、「今後の資本政策の柔軟性・機動性の確保と税負担の軽減を図るため」。11月29日の株主総会を経て、2022年1月6日に効力が発生する予定。

 出前館が10月14日に発表した2021年8月期(連結)は、売上高290億800万円(前期比181.5%増)と伸ばした。ただ、営業利益179億9100万円の赤字(前期26億2300万円の赤字)、当期純利益206億5100万円の赤字(同41億1200万円の赤字)と大幅な赤字を計上していた。同日公表した2022年8月期の連結営業利益は配達員の確保など積極的な投資により、最大550億円の赤字を見込む。

 資本金1億円超から1億円以下に減資する企業が急増している。財務内容の改善効果や税制上の大企業から中小企業へ扱いが変わり、税負担の低減も見込まれる。1億円以下に減資した企業は、2020年度(2020年4月-2021年3月)が997社(前期比39.4%増、前期715社)で、2021年度も上半期(2021年4-9月)だけで684社と判明。2021年度は大幅に前年度を上回る見通しだ。

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

配達員の手数料が重くのしかかる「出前館」先行投資で赤字拡大

配達員の手数料が重くのしかかる「出前館」先行投資で赤字拡大

2021/07/09

出前館の2021年8月期第3四半期売上高は前期比171.0%増の184億9,300万円となったものの、129億円もの営業損失を計上し、純損失は147億円となりました。同社は配達員のインセンティブを高めに設定しており、先行投資ともいえる戦略で赤字が膨らんでいます。