menu
Social media

ビジネス

編集部おすすめの1冊 「バリュエーションの教科書 企業価値・M&Aの本質と実務」

Cover 9d1c9062 d39e 4528 95c6 b0a79561ba1a

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。M&Aに関するものはもちろん、日々の仕事術や経済ニュースを読み解く知識として役立つ本も紹介する。

森生 明著 「バリュエーションの教科書  企業価値・M&Aの本質と実務」

バリュエーションの教科書

 企業価値の算定は専門家でないとできないものではない―。書名のバリュエーションはvalue=価値のあることに、状態などを表すtionを付けた言葉で、価値を価格にして表すことを指す。M&Aなどで企業価値や株価を算定する際に用いる。

 30年にわたって企業価値算定にかかわってきた著者は「バリュエーションは簡単な公式に美しく収斂する。それさえ理解すれば経営者や実務家として十分」と主張する。そしてその公式が「PBR=PER×ROE」と「PV=C/r-g」の2つ。PBRは株価純資産倍率。PERは株価収益率。ROEは株主資本利益率。PVは将来キャッシュフローの現在価値。Cは現在生み出しているキャッシュフロー。rは割引率。gは成長率。これら指標を用いた公式を解説し、重要性を説いたのが第Ⅰ部と第Ⅱ部。

 第Ⅲ部では実務応用編として、理論と実務の橋渡しを試みている。「リスク」「経営支配権の価値」「オプション価値」の3つのキーワードを理解すれば、M&Aなどの本質が分かると説く。バリュエーションは身近で手触り感のあるものでなければならないとの立場で全編を通しており、分かりやすく仕上げてある。(東洋経済新報社発行、税別2600円)

 森生明氏(グロービス経営大学院教授)略歴

1983年京都大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。1991年ゴールドマン・サックスでM&Aアドバイザー業務に従事。その後独立し、2009 年から現職。1959年生まれ、大阪府出身。

文:M&A Online編集部

【関連リンク】その他の「編集部おすすめの1冊」はこちら

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


おすすめ本

NEXT STORY

日本ペイント メジャーの夢、絶たれる

日本ペイント メジャーの夢、絶たれる

日本ペイントが米大手塗料メーカ-の買収を断念。メジャーの夢が絶たれた。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344