menu
Social media

ビジネス

これはおすすめ 企業買収ドラマ5作品 洋画編

Cover 3fa4fe85 be5e 44cf 928f faf5d6dc3996

これはおすすめ 企業買収ドラマ 洋画編

企業買収にまつわる専門用語を映画で学んでしまおう、という方におススメ。洋画5作品をM&A Online編集部がピックアップしてみた。

○『プリティ・ウーマン』1990年

ラブコメの定番なのだが、リチャード・ギアが演じる主人公エドが買収を繰り返す事業家という設定なのはご存知だろうか。エドが造船会社の買収&解体を目論むが・・・。そんな視点で改めて観ると面白い発見があるかも。

プリティ・ウーマン


○『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』2012年

リチャード・ギアつながりでもう1作品。こちらは一転してサスペンス調のドラマ。投資の損失を補填するため会社売却を画策するのだが・・・
原題は「Arbitrage(アービトラージ;裁定取引)」。どんな危険な賭けかは、観てのお楽しみ。

キング・オブ・マンハッタン


○『ウォール街』1987年

マイケル・ダグラスが演じるゴードン・ゲッコーは、かつて「ジャンク債の帝王」と呼ばれ、1990年に連邦証券法違反で有罪となったマイケル・ミルケン氏をモデルにしたといわれている。続編の「ウォール・ストリート」(2010年)より、こちらの方がおススメ。まだ観ていないという方は是非。

ウォール街


○『アザー・ピープルズ・マネー』1991年

ダニー・デヴィート演じる乗っ取り屋ラリーが企むドタバタ劇。ラリーが好むのはもちろん「<アザー・ピープルズ・マネー(他人のお金)」。舞台チックな展開なのは、オフ・ブロードウェイミュージカルの同名演劇を映画化したから。

アザー・ピープルズ・マネー


○『BARBARIANS AT THE GATE』(邦題:企業買収/250億ドルの賭け)1993年

KKRによるRJRナビスコ買収のドキュメンタリー作品。原作の「BARBARIANS AT THE GATE(邦題:野蛮な来訪者たち)<上><下>(日本放送出版協会)」を108分にギュギュっと凝縮。現在DVD、書籍ともに廃盤のため中古だと高値なのが難点か。

BARBARIANS AT THE GATE

文:M&A Online編集部

【こちらの記事もどうぞ】
これはおすすめ 経済TVドラマ 5作品

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


エンタメ・映画

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

えっ ソニーも巨額減損?

えっ ソニーも巨額減損?

大企業の減損損失が相次いで話題に。ソニーも映画事業における減損計上をリリースしました。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92