フランスの著名な映画批評家、アンドレ・バザンは言っています。

「映画の美学は現実を明らかにするリアリズムであるべきだ」と。

映画とは、各時代を映し出す、鏡の一つと言えるかもしれません。そしてその鏡は、私たちが生きる現代を俯かんして見るための手助けともなるのではないでしょうか。

“今”を見つめるビジネスマン/ビジネスウーマン必見!オススメの最新映画をご紹介します。

©Universal Pictures .

世界からビートルズがいなくなったら?

主人公のジャックを演じるヒメーシュ・パテルは現在30歳。ビートルズ世代ではない彼が奏でる名曲たちを、監督のダニー・ボイルは「ビートルズへの敬意を表しながらも、完全に自分のものにしている」と絶賛する。

新たな息吹をもたらすパテルに対し、製作・脚本のリチャード・カーティスは長年の大ビートルズファンとして知られており、ボイルもビートルズをリスペクトし、彼らの音楽は世界大戦を終えた再生の時代、人々の原動力になったと語る。

新旧多大なビートルズ愛に満ち溢れた本作は、アカデミー賞録音賞を獲得した実績を持つサイモン・ヘイズの職人技の録音技術により、音楽シーンは全てライブレコーディングで行われたというこだわりようだ。世界からビートルズがいなくなったら? その答えの一つを示す、最高峰の音楽映画が誕生した。