menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】モノを言う株主村上氏 VS 黒田電気

Cover 5848e093 9b53 4057 b97a e2a5e184f6d6
画像はイメージです。

 SPLENDID21は、企業力総合評価分析で、企業本体の持つ存続・成長の力を測定評価する。そのため、株主視点での評価とは結果が異なるのだ。

営業効率の下位指標を示す。

4期連続増収であり、ナンカイ エンバイロテックなど、ベトナム、インドネシア、フィリピン、中国、台湾、メキシコの企業をM&Aしており、1473億円の売上高増し分のうち831億円(56.41%)は子会社の売上増加による。

 ここで問題なのは、売上総利益率がたった4年間で3.51%も悪化してしまったことである。増収の中見逃されがちだが、これは営業効率の悪化の先行指標である。それでも営業効率が改善トレンドなのは売上高営業利益率の改善でカバーしているためだ。販売費及び一般管理費率を改善しているので良いという単純な答えにもならない(純粋増し分参照)。販売費は攻めのコストであり、一般管理費は効率化のコストであり、それを減らせば、いずれゆがみが現れてくるリスクを背負うからだ。


 上図は、電子部品卸売業の上場企業全51社の売上高・売上高経常利益率の散布図である。規模が大きくなると売上高経常利益率が悪化していることがわかる。規模の拡大は「規模の利益」が獲得できるのであれば、その意味があるが、実態として同業界は得ていないと言える。

<まとめ>
 黒田電気が、営業効率悪化のアラームが鳴っている中で、1兆円規模を目指すことは、最善の策とは言えないだろう。「規模の利益」を得られない理由を調べ、利益率を改善できる体制を整えてから規模拡大を目指すべきではないだろうか。株主視点を尊重すべきであることに異論はないとしても、企業本体が本当の成長を遂げるかどうかと株主視点とは一致するとは限らないのだ。

文:株式会社SPLENDID21 代表取締役社長 山本純子

山本 純子(やまもと・じゅんこ)

C7a25e34 dbf9 412e bd67 7b12a25e7712

岐阜県出身、奈良女子大学卒業。経営分析専門会社を経営。企業に対し、多変量解析を使った経営分析を研修、分析報告サービスも行っている。関西学院大学大学院経営戦略研究科で財務分析講座の教壇に立ち、後進の育成に努める。
会社概要はこちらから http://www.sp-2.com

トップコンサルタントの計数力

企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【現場の声】創業者が語る。息子に会社を継承できなくなった場合

【現場の声】創業者が語る。息子に会社を継承できなくなった場合

高齢で創業者が勇退へ。息子に会社を継承させたくてもできなかったため、事業承継型M&Aを選択した事例をご紹介します。


注目の記事

Thumb 1134c05f 3167 49d0 8054 850e187c25e8

【パナソニック】M&Aなどの戦略投資に1兆円

「2018年度に向けて(M&Aなどで)戦略投資として1兆円を投じる」 パナソニック<6752>の津賀一宏社長は2015年度の事業方針発表会で、こう高らかに宣言した。2011年に陥った業績不振から脱却し、創業100周年となる2018年からは再び成長軌道を描ける企業に変身させるのが狙いだ。これまで戦略投資は着実に実施しており、あとは現在の事業計画の最終となる2018年1年を残すのみとなった。パナソニックの成長力を左右する2018年のM&Aにはどのようなドラマが隠されているのか。投資家のみならず、多くの関係者の視線が自ずと集まる。

Thumb fdb0639d 10bc 4042 ad71 2177901e1c55
Thumb de51ba52 1959 4e55 a041 5403be07ad69
Thumb 3b3eed12 3389 40bd a9f9 fe69accc9586