ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【GMOインターネット】オーガニックとM&Aグロースで一大グループ企業へ

alt
※画像はイメージです。
年月 GMPアドパートナーズが行った内容
2008.11 連結子会社であるGMOサンプランニング株式会社を吸収合併
2010.10 GMOアドホールディングスの子会社であるNIKKOの株式を全株式取得し、完全子会社化
2010.11 100%子会社であるサノウを吸収合併
2011.8 資本提携先であるExysの共同出資による合弁会社(GRAPH TURN)を設立
2011.12 モバイル・スマートフォン領域でネット広告配信を行うサーチテリアの株式67%を取得、2億円にて子会社化
2012.11 子会社GMO NIKKO、アイ・エム・ジェイから広告代理事業(売上高9億円)を4億円にて譲り受け
2013.4 連結子会社でインターネット広告事業を行うシードテクノロジーを吸収合併
2013.5 トライステージとインターネット広告支援事業を手掛ける合弁会社(トライズデジタルベース)を設立
2013.7 アフィリエイトをはじめ成果報酬型広告を得意とするイノベーターズ(売上高4億円)の株式90%を3億円にて取得、子会社化
2013.9 中国4 都市において各種フリーペーパーの編集制作、広告代理などを行うチャイナ・コンシェルジュ(売上高3億円)の株式51%取得、8千万円にて子会社化
2013.12 株式交換によりWEBサイト集客支援事業のGMOソリューションパートナー(売上高27億円)を完全子会社化
2014.4 持分法適用会社で、トライステージとの合弁会社トライズデジタルベースを清算
2015.6 統合アドプラットフォームを展開する株式会社アドクラウドの株式を取得、連結グループ会社化

NEXT STORY

【今週のピックアップ】アメリカ最新派遣M&Aレポートと 日本の人材派遣企業動向

【今週のピックアップ】アメリカ最新派遣M&Aレポートと 日本の人材派遣企業動向

2016/04/16

昨年9月、労働者派遣法が改正され物議を醸している。「一般労働者派遣」と「特定労働者派遣」 の区別なく派遣期間が最長3年までなった。この改正によって、働き方や派遣業に変化が起こるのは必至の情勢だ。方やアメリカではどうなっているのか、興味深いレポートが寄せられた。その他人材を扱う企業の動向をまとめた。

関連のM&Aニュース