ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

DDTプロレスをサイバーエージェントに譲渡 経営者インタビュー

alt
サイバーエージェントの藤田晋社長とDDTプロレスの高木社長

--M&Aが進む中での不安や、譲渡するにあたっての寂しさはありましたか?

僕らは数字を出すだけだったので、本当に不安はなかったです。僕自身も藤田社長とのトップ面談の感触がとても良くて、とんとん拍子で進んでいきました。不安よりむしろ、サイバーエージェントさんと一緒になった後、「どんなことができるだろう?」というようなワクワク感ばかりでした。最終契約の前、サイバーエージェントさんからの最終回答をいただくまではドキドキしました。

NEXT STORY

M&Aを進めていますが反対されています

M&Aを進めていますが反対されています

2018/01/15

M&Aを進めているとき、反対者が出たとしても原則として株主以外の者は反対する権利はありません。しかし強引にM&Aを進めて従業員の士気が落ちたり離職者が続出すると、買い手企業も手を引いてしまいます。どう解決したらよいでしょうか?