ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【大和ハウス工業】電力小売りから介護、ロボットまで、M&Aで事業の多角化を進める

alt
※画像はイメージです

■事業別売上高

■事業別営業利益

 売上高、営業利益は順調に成長しているが、バランスシートに目を向けて見ると、ここ数年で資産の構成に占める事業施設部門の資産の割合が増えていることが分かる。6年前には17%に過ぎなかった事業施設事業の総資産に占める割合が34%まで拡大している。大型買収と積極投資の結果であるが、気掛かりな点は、ここ最近は事業施設部門の総資本利益率(ROA)が低下傾向にあることだ。

NEXT STORY

「登録小売電気事業者」199社の経営調査

「登録小売電気事業者」199社の経営調査

2016/06/12

2016年4月1日、電力の小売自由化が始まって2カ月が経過した。ちまたではCMや広告をよくみかけるようになり、電力会社のみならず、石油やガスなどのエネルギー産業の参入などさまざまな異業種が小売電気事業者として登録している。ここでは企業データで知られる東京商工リサーチがまとめた登録された小売電気事業者の経営調査を紹介する。

関連のM&A速報