ウォルマートCEOからエグゼクティブへの宿題!チェーンストア関係者の必読書?

編集部おすすめの1冊 vol.24『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』(日経BP社)

今回は、米国在住流通コンサルタントの後藤文俊氏おすすめの「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」を紹介します。

◆  ◆  ◆

あなたがグローバル企業のCEOとなったら、役員や部下にどんな本を読ませたいか?

ダグ・マクミラン氏が昨年2月、ウォルマートCEO就任した。就任から数週間後、マクミラン氏が役員会で出席者に渡した本がある。世界ナンバーワン企業のエグゼクティブに課された宿題は、ライバル企業アマゾン創業者ジェフベゾスの伝記を読むことだった。その本とは、ジャーナリストのブラッド・ストーン氏が書いた「ジェフ・ベゾス 果てなき野望(The Everything Store)」だ。ハードカバーの原文では400ページ近くもあり、日本語訳では500ページを超える大作となる。ジェフ・ベゾス氏の生い立ちも含め、アマゾン創業時から今にいたるまで詳細に書かれている。

ジェフベゾス氏はアマゾンをウォルマートの「スピード」と「実験」を手本に巨大企業にした。一貫した信念を持ってアマゾンを成長させた軌跡をウォルマートの若きCEOが学ぼうとしていたのだ。ウォルマートのエグゼクティブが学ばせようとしたのはベゾス氏がウォルマートから学んだスピードや実験だけではない。オンラインショッピングと言う新たな潮流に対して、大手チェーンストアのトップや役員が学ぼうとしなかった。アマゾンがオンライン通販で急成長している時でさえ、大手チェーンストアが業界の慣習や小売の常識に囚われてしまっていた。過去の成功体験の呪縛から、小売の将来を見誤ったことが記されていることを読ませたかったのだ。ネット通販で致命的に出遅れてしまった教訓を共有したかったのだ。

世界一の小売企業ウォルマートが読んでいる本だ。チェーンストアを標榜する日本の経営者や役員、関係者にとっては必読書となる。