東南アジアの英語力はさまざま

東南アジアといっても色々な国があり、全部で11カ国あります。当然、ぞれぞれの英語力に差はあります。フィリピンの英語は公用語であり、英語力が非常に高い国の一つといわれています。また、シンガポールやマレーシアなども比較的高いといわれています。

反対にそれほど英語力が高くないのは、ベトナムやタイです。カンボジアもあまり高くないとの統計は出ているのですが、プノンペン近郊で生活しているとタクシー運転手やカフェの店員なども普通に英語を話せるので、首都近郊ではタイより英語力が高いと個人的には感じます。 

国名公用語英語レベル*
インドネシア インドネシア語 普通
カンボジア クメール語(カンボジア語)普通
シンガポール 中国語、英語、マレー語、タミル語高め
タイ タイ語 低め
フィリピン タガログ語(フィリピン語)、英語高め
ベトナム ベトナム語 低め
マレーシア マレー語、タミル語、中国語、英語 高め

*あくまで筆者の主観による

私も当初、海外移住といったら、東南アジアでもどこでも英語ペラペラの状態じゃなきゃいけないと思っていました。しかしながら、彼らにとっても英語は外国語であり、そこまで流暢に話せるものでもありません。ですから東南アジアで働くことを考えた時に、英語の習得をそこまで大きな壁と考える必要はないのです。

もちろん、英会話ができるようになるためには毎日しっかり訓練を重ね、ある程度長い期間をかける必要があります。英会話は話した量に比例して上達し、話す量が減れば衰退していく性質を持っています。あせらず毎日訓練を重ねれば、誰でもできるようになると思います。

また、TOEIC試験対策などの教材を通して毎日コツコツと勉強を重ね、会計業界特有の言い回しや語彙を着実に覚えて、毎日の会話でどんどん使っていくことも大事です。

日本で英語を勉強してから、東南アジアに来ることもできますが、それでもやはり現地で覚えていくほうが非常に効率も良いので、事前勉強をたくさん重ねることにそこまでこだわる必要もないと思われます。

参考までに、筆者が移住前後に学んでいた教材をご紹介します。